Dr.STONE(ドクターストーン)のアイテム・発明品まとめ

『Dr.STONE』とは、原作:稲垣理一郎、作画:Boichiによる漫画作品である。
ある日、地球を怪光線が包んだ。その光線は人類全てを石化させてしまう。それから3700年後、石神千空という少年が石化から解ける。千空は卓越した科学力を持っており、石化した人類、崩壊した文明を取り戻そうとする。
千空は試行錯誤しながら、様々なアイテムを開発していく。

セレン銀、ヒ素、テルルを使って光を電気信号に変える。録画機能はないが生放送には使える。

娯楽メディア

テレビカメラを使ってスポーツなどを中継できるようになった。

ソーラーパネル

ホワイマンの動きを監視するため、人工衛星を飛ばすことになった。データ送信用の電力を確保するためにソーラーパネルが必要になる。
フッ化マグネシウムでコーティングしたガラスと金、セレン、銅で作る。

発射台

まずは人工衛星の打ち上げのため、宝島に発射台が建てられた。

無人ロケット

人工衛星を打ち上げるための無人ロケット。

ロケットエンジン(Lv.99)

ゼノがアラシャで作ったガスタービンエンジン。ゼノはたった3年で完成させた。

人工衛星

千空のロケットとゼノのエンジンが完成したことで、いよいよ人工衛星を乗せたロケットが宇宙へ打ちあがる、ということはなく、打ち上げ成功までの長い長いトライ&エラーが始まる。
部品の精度、設計の見落とし、ただのケアレスミス、無数の失敗を何年も繰り返し、ようやく打ち上げに成功する。ロケットが宇宙へと旅立った瞬間は、さすがの千空とゼノも涙を禁じえなかった。
月の偵察だけでなく地上の詳細な状態も見られるようになった。

宇宙望遠鏡

人工衛星の次に打ち上げた。月の詳細な状態を調べられるようになった。精密な画像までは見られないが、コハクの集中力と注意力で、月面にホワイマンと思しき人工物を発見する。

杜仲茶(とちゅうちゃ)

shuichi
shuichi
@shuichi

目次 - Contents