Dr.STONEのアイテム・発明品まとめ

『Dr.STONE』とは、原作:稲垣理一郎、作画:Boichiによる漫画作品である。
ある日、地球を怪光線が包んだ。その光線は人類全てを石化させてしまう。それから3700年後、石神千空という少年が石化から解ける。千空は卓越した科学力を持っており、石化した人類、崩壊した文明を取り戻そうとする。
千空は試行錯誤しながら、様々なアイテムを開発していく。

ヒックマンポンプ

携帯電話のパーツである真空管を作るためには、電球よりももっと高度なレベルで真空にする必要があった。その真空状態を作り出すために必要なポンプ。とてつもなく複雑な構造をしており、設計図を見たカセキは目が飛び出た。
膨大な作業量を抱える千空を助けようとカセキが奮闘して完成させた。

真空管

携帯電話に必要不可欠なパーツで心臓部である。
真空管とは、電流の流れを整えたり、増幅したりすることができる。
作業は順調に進んでいたが、伝導部に発生する熱に耐えれる素材が見つからなかった事で計画は頓挫しようとする。しかし、クロムが洞窟の奥から採取してきた石の中にタングステンというレアメタルが混ざっており、それをスイカが発見した事で問題は解決した。

マンガン電池

洞窟の奥で発見したマンガン、閃亜鉛鉱が使われている。
閃亜鉛鉱から亜鉛を抽出し、その亜鉛でマンガンを包む。そして炭を埋め込むことで完成する。電池作りを命じられていたゲンは意外と簡単にできたことに胸をなでおろしたが、千空から800個の電池を作ることを命じられてしまった。

マイク・イヤホン

ワインの樽にこびりついているピンク色の結晶と、焼いた海藻をお湯で混ぜ合わせると『ロッシェル塩』という結晶ができる。ロッシェル塩は音を電気に変える性質があり、プラスチックで作ったメガホンなどに取り付けることでマイクとなる。

携帯電話

圧倒的な武力を誇る司帝国に対抗するために千空が作り出した。
千空が石神村の長となってから作り始めたコイル、バッテリー、真空管、マイクなど、全てを組み合わせた大作である。ストーンワールドにおいて、情報を伝達できる携帯電話は大きな武器となった。
携帯電話を使うためには1台だけではなく2台必要で、1台が完成して歓喜していた石神村の住人たちはそのことを聞いて卒倒した。

レコードプレーヤー

千空の父親である白夜は宇宙飛行士であり、石化の光が発生した時、宇宙にいたことで石化から逃れていた。そして地球へ戻った白夜は他の宇宙飛行士との間に子孫を作った。石神村の住人たちはいつか復活する千空のために白夜が残した子孫だった。そんな白夜は自身の音声をレコードとして残していた。そのレコードを聴くために千空が作った。
魚の骨でレコードの溝をなぞり、真空管とスピーカーによって声を出せるようにしたものと思われる。

音爆弾

水に電気を流して発生させた水素と酸素の混合ガスを鹿の膀胱などに詰めたもの。爆発させるとものすごい音がなる。千空たちを監視していたほむらの気をこれで引いた。

閃光玉

ほむらを捕まえるために千空が投げた。
海水を煮詰めて出来たにがりに電気を流してマグネシウムを作る。そのマグネシウムを電球に入れることで閃光玉ができる。これにより千空はほむらを捕まえたが、あっさりと逃げられてしまった。

鶴の恩返し
鶴の恩返し
@tsuru-no-ongaeshi

Related Articles関連記事

アイシールド21(Eyeshield 21)のネタバレ解説まとめ

『アイシールド21』とは、原作:稲垣理一郎、作画:村田雄介によって週刊少年ジャンプに掲載されていた少年漫画、およびそれを原作としたテレビアニメ作品。 パシリにより鍛えられた俊足を見込まれ、強制的に泥門高校のアメフト選手にされた小早川瀬名。選手登録名「アイシールド21」として日本のアメフト界の最高峰である全国大会決勝(クリスマスボウル)を目指し、仲間たちと共に様々な強敵を相手に奮闘する。

Read Article

スペースコブラ(Space Cobra)のネタバレ解説まとめ

「スペースコブラ」とは、寺沢武一氏の漫画「コブラ」を原作とした、1982年10月からフジテレビで公開されたSFアドベンチャーアニメである。全31話で構成され、主人公である宇宙海賊「コブラ」の宇宙で惑星と惑星の間をまわる冒険を描いている。サイコガンと言われるレーザーガンを操るコブラのその絶対に負けない力強さと、気の利いたセリフに日本中の人々が夢中になった。

Read Article

D.Gray-man(Dグレ)のエクソシスト・イノセンスまとめ

『D.Gray-man』とは、星野桂による漫画、及びそれを原作とするアニメやゲームなどのメディアミックス作品である。 育ての親であるマナを亡くしたアレン・ウォーカーは、千年伯爵の誘いに乗ってマナの魂を呼び戻し、『AKUMA』という兵器へと変えてしまう。アレンの左腕にはAKUMAを破壊することができる『イノセンス』が宿っており、アレンはAKUMAを破壊する。アレンは『エクソシスト』となり、千年伯爵たち『ノアの一族』と戦いを始める。

Read Article

ARMS(アームズ)の名言・名セリフまとめ

『ARMS(アームズ)』とは、七月鏡一原案をもとに1997年から2002年にかけて少年サンデーで連載された、皆川亮二の大ヒットSF漫画である。 主人公は、右腕にナノテクノロジーで生み出された金属生命体「ARMS」を移植された少年「高槻涼」。彼が同じARMS移植者である3人の仲間と供に、ARMSを狙う謎の組織「エグリゴリ」の刺客と果てない戦いに身を投じていくという物語である。 本作は「人間とは一体何か?」をテーマとしたSF漫画作品でもあり、登場する名言は人間の心や成長にまつわるものが多い。

Read Article

目次 - Contents