Dr.STONE(ドクターストーン)のアイテム・発明品まとめ

『Dr.STONE』とは、原作:稲垣理一郎、作画:Boichiによる漫画作品である。
ある日、地球を怪光線が包んだ。その光線は人類全てを石化させてしまう。それから3700年後、石神千空という少年が石化から解ける。千空は卓越した科学力を持っており、石化した人類、崩壊した文明を取り戻そうとする。
千空は試行錯誤しながら、様々なアイテムを開発していく。

「銅」「石炭」「木炭」「蜂の巣」から作られる。現代ではほとんどのプラスチックが石油から作られるが、千空が作ったのは石炭から作られるフェノール樹脂である。
この制作過程でホルマリンが完成している。

タングステンフィラメント

紫外線が当たると蒼く光る「灰重石」を原料にして作成したタングステン。
灰重石は千空、クロム、マグマの3人が洞窟に取りに行った。
タングステンを生成するにはガラス管の中にあるタングステンをピンポイントで加熱する装置が必要であり、今まで様々な科学の知識を学んできたクロムが千空の力を借りずに作り上げた。

電線

ケータイの血管となる電線。
わたあめ機で生成した金の細糸をより合わせて作った物。この作業ではスイカを始めとする村の子供たちが大活躍した。

暖炉

金の極細線でコイルを作っていた子供チームが寒さで震えているのを見て、千空たちが作った。
これにより作業効率が上がり、また凍死する可能性が大きく減った。また、プラスチックに使う石炭の燃えカスも手に入れることができた。
暖炉を見たコハクの父は暮らしを豊かにする科学の凄さを知り、千空のことを認めた。

ヒックマンポンプ

携帯電話のパーツである真空管を作るためには、電球よりももっと高度なレベルで真空にする必要があった。その真空状態を作り出すために必要なポンプ。とてつもなく複雑な構造をしており、設計図を見たカセキは目が飛び出た。
膨大な作業量を抱える千空を助けようとカセキが奮闘して完成させた。

真空管

携帯電話に必要不可欠なパーツで心臓部である。
真空管は、電流の流れを整えたり、増幅したりすることができる。
作業は順調に進んでいたが、伝導部に発生する熱に耐えられる素材が見つからなかった事で計画は頓挫しようとする。しかし、クロムが洞窟の奥から採取してきた石の中にタングステンというレアメタルが混ざっており、それをスイカが発見した事で問題は解決した。

マンガン電池

洞窟の奥で発見したマンガン、閃亜鉛鉱が使われている。
閃亜鉛鉱から亜鉛を抽出し、その亜鉛でマンガンを包む。そして炭を埋め込むことで完成する。電池作りを命じられていたゲンは意外と簡単にできたことに胸をなでおろしたが、千空から800個の電池を作ることを命じられてしまった。

マイク・イヤホン

ワインの樽にこびりついているピンク色の結晶と、焼いた海藻をお湯で混ぜ合わせるとロッシェル塩という結晶ができる。ロッシェル塩は音を電気に変える性質があり、プラスチックで作ったメガホンなどに取り付けることでマイクとなる。

携帯電話

shuichi
shuichi
@shuichi

目次 - Contents