Dr.STONE(ドクターストーン)のアイテム・発明品まとめ

『Dr.STONE』とは、原作:稲垣理一郎、作画:Boichiによる漫画作品である。
ある日、地球を怪光線が包んだ。その光線は人類全てを石化させてしまう。それから3700年後、石神千空という少年が石化から解ける。千空は卓越した科学力を持っており、石化した人類、崩壊した文明を取り戻そうとする。
千空は試行錯誤しながら、様々なアイテムを開発していく。

塩化ビニールとアルミニウム、シリコンで作った宇宙服。千空、コハク、そしてスタンリーの3人が宇宙飛行士として着用した。

電子レンジ

宇宙に旅立つ前に、仲間たちの欲しいものを作ると決めた千空。電子レンジは龍水のリクエストだ。金属の箱の中で電波を反射させれば完成。電波が食べ物の中の水分をこすって温度を上げる。

ラップ

ビニールを薄く伸ばして完成。

洗濯機

杠のリクエスト。大きなバケツをモーターでぐるぐる回せば完成だ。

8mmビデオ

記者の南がほしがった。紙と水酸化ナトリウムと酢でフィルムができる。

スマホ(重さ40キロ)

大樹がずっとほしかったもの。
縦ミゾをつけたガラスに液晶をたらし、横ミゾをつけたガラスで挟むと液晶タッチパネルになる。ビニールで覆ってコンピューターに繋げば完成。
ただし現代のスマートフォンのような小型のパソコンはまだできないため、40キロのコンピューターを背負わなくてはならない。だがメールもゲームもできる、立派なスマホだ。

月面ロケット

スマホに使った液晶パネルで搭乗部の軽量化に成功した。
石ひとつからはじまった千空の科学ロードマップがとうとう月面ロケットに繋がった。

shuichi
shuichi
@shuichi

目次 - Contents