Dr.STONE(ドクターストーン)のアイテム・発明品まとめ

『Dr.STONE』とは、原作:稲垣理一郎、作画:Boichiによる漫画作品である。
ある日、地球を怪光線が包んだ。その光線は人類全てを石化させてしまう。それから3700年後、石神千空という少年が石化から解ける。千空は卓越した科学力を持っており、石化した人類、崩壊した文明を取り戻そうとする。
千空は試行錯誤しながら、様々なアイテムを開発していく。

司に対抗するために千空が作った。
温泉地で取れる硫黄、硝酸が採れる洞穴から持ってきた硝酸カリ、木炭を混ぜ合わせたものを固めることで作ることができる。

滑車

木に押しつぶされて、身動きが取れなくなったコハクを助ける為に千空が作った。
これにより千空一人で木を持ち上げ、コハクを救い出した。

荷車

コハクが姉・ルリのために、甕に温泉を入れて運んでいるのを見た千空が作成した。
先に作った滑車の応用している。

シャボン玉

千空が村に入ることを拒んだ金狼、銀狼に対して石鹸を用いて千空が急遽作成した。
初めてみる"怪しげな空飛ぶ勾玉"を金狼たちは妖術と信じ込んでいた。

黄金の槍

千空が金狼を買収するために水銀に砂金を溶かして作成した黄金の槍。
金狼は口ではくだらないと言いながらも気に入ってる様子であった。

製鉄所レベル1

砂鉄を鉄にするために作られた製鉄所レベル1。
1500度まで温度をあげるために空気を送り続ける必要があるが、製鉄所レベル1ではその方法が簡易器具を使い手動で風を送るという物であった。
千空、コハク、クロム、スイカの4人では人手が足りず、製鉄は失敗に終わった。

猫じゃらしラーメン

千空が石神村の住人たちを懐柔する為に作った。
麺は猫じゃらしを脱穀したものに、野鳥の卵、灰のアクを混ぜ合わせて作った。スープは魚や動物の骨からできていると思われる。現代のラーメンの味を知っている千空からすればひどい味だったが、ラーメンを知らないストーンワールドの住人たちからすれば凄まじい旨さの料理だった。
このラーメンで千空は村人の心を掴むことに成功する。

製鉄所レベル2

竹筒を使ったポンプ式で空気を送りこむ仕様にレベルアップした製鉄所レベル2。

shuichi
shuichi
@shuichi

目次 - Contents