Dr.STONEのアイテム・発明品まとめ

『Dr.STONE』とは、原作:稲垣理一郎、作画:Boichiによる漫画作品である。
ある日、地球を怪光線が包んだ。その光線は人類全てを石化させてしまう。それから3700年後、石神千空という少年が石化から解ける。千空は卓越した科学力を持っており、石化した人類、崩壊した文明を取り戻そうとする。
千空は試行錯誤しながら、様々なアイテムを開発していく。

磁石

発電機を作るために千空が作った。
磁石はコイルに強力な電気を流すことで生み出すことができる。
千空は鉄に漆を塗り、それに銅線を巻きつけ、そこに雷を当てることで強力磁石を獲得した。

発電機

科学の根幹である電気を生み出すための装置。
千空は、薄く円盤状に伸ばした銅板を強力磁石で挟み、その円盤を回転させることで発電を可能にした。これは『S極とN極の間を回転する金属の円盤は、外側から内側に向かって電気が流れる』という原理を使った発電機である。この発電機を『単極発電機』という。

ガラス

土器では化学薬品に耐えることができず、その問題を解決するために千空が作り出した。
ガラスの主な材料となるのは『珪砂』という砂である。これをすりつぶしたものに、貝殻、焼いた海藻、鉛を混ぜることでガラスが完成する。ただ、千空には技術がなく、出来上がったのはどう使えるのかもわからないガラスの塊だった。そこで優れた加工技術を持つカセキが役に立った。これにより、化学薬品の問題だけではなく、食料を瓶詰めして保存したり、眼鏡の作成など、多くの役に立った。

眼鏡

ガラスを作ったことで、眼鏡の作成が可能となった。
視力が悪かったスイカは、一面に広がるひまわり畑をクリアな視界で見た時、涙を流した。

ガスマスク

コハクの姉であるルリを助けるためにサルファ剤を作ろうとするが、それには硫酸が必要不可欠だった。硫酸の泉の周辺には少しでも吸ってしまうと死んでしまう硫化水素が発生していた。その硫化水素を無効化するために千空はガスマスクを作り出した。
硫化水素は蒸し焼きにした竹に炭酸カリウムを混ぜることで出来る活性炭で吸着することができる。千空たちのマスクは、ガラスの活性炭を入れた竹をガラス容器で包んでいた。

コーラ

司の側についていたゲンが、千空に協力する代わりに求めた報酬。
千空は炭酸水に、蜂蜜を焼いて焦がしたカラメル、それにパクチーとライムを組み合わせて作り出した。
これを飲んだゲンはうっすらと涙を流していた。

サルファ剤

ルリの肺炎を治した万能薬。
「電気」「硫酸」など、千空が石神村に来てから作り出したものや、獲得したもの、全てを総動員して完成した。
千空はルリを直す前に村の村長になっていたが、サルファ剤でルリを治したことで、村人から認められる人間となった。

日本刀

司帝国の襲撃に備えて作られた。カセキが千空に作り方を聞いて作った。
鉄を炉で焼いて不純物を飛ばし、高度を上げて出来上がる。ストーンワールドでは間違いなく最強の武器である。

鶴の恩返し
鶴の恩返し
@tsuru-no-ongaeshi

Related Articles関連記事

アイシールド21(Eyeshield 21)のネタバレ解説まとめ

『アイシールド21』とは、原作:稲垣理一郎、作画:村田雄介によって週刊少年ジャンプに掲載されていた少年漫画、およびそれを原作としたテレビアニメ作品。 パシリにより鍛えられた俊足を見込まれ、強制的に泥門高校のアメフト選手にされた小早川瀬名。選手登録名「アイシールド21」として日本のアメフト界の最高峰である全国大会決勝(クリスマスボウル)を目指し、仲間たちと共に様々な強敵を相手に奮闘する。

Read Article

スペースコブラ(Space Cobra)のネタバレ解説まとめ

「スペースコブラ」とは、寺沢武一氏の漫画「コブラ」を原作とした、1982年10月からフジテレビで公開されたSFアドベンチャーアニメである。全31話で構成され、主人公である宇宙海賊「コブラ」の宇宙で惑星と惑星の間をまわる冒険を描いている。サイコガンと言われるレーザーガンを操るコブラのその絶対に負けない力強さと、気の利いたセリフに日本中の人々が夢中になった。

Read Article

D.Gray-man(Dグレ)のエクソシスト・イノセンスまとめ

『D.Gray-man』とは、星野桂による漫画、及びそれを原作とするアニメやゲームなどのメディアミックス作品である。 育ての親であるマナを亡くしたアレン・ウォーカーは、千年伯爵の誘いに乗ってマナの魂を呼び戻し、『AKUMA』という兵器へと変えてしまう。アレンの左腕にはAKUMAを破壊することができる『イノセンス』が宿っており、アレンはAKUMAを破壊する。アレンは『エクソシスト』となり、千年伯爵たち『ノアの一族』と戦いを始める。

Read Article

ARMS(アームズ)の名言・名セリフまとめ

『ARMS(アームズ)』とは、七月鏡一原案をもとに1997年から2002年にかけて少年サンデーで連載された、皆川亮二の大ヒットSF漫画である。 主人公は、右腕にナノテクノロジーで生み出された金属生命体「ARMS」を移植された少年「高槻涼」。彼が同じARMS移植者である3人の仲間と供に、ARMSを狙う謎の組織「エグリゴリ」の刺客と果てない戦いに身を投じていくという物語である。 本作は「人間とは一体何か?」をテーマとしたSF漫画作品でもあり、登場する名言は人間の心や成長にまつわるものが多い。

Read Article

目次 - Contents