戦国無双4(Samurai Warriors 4)のネタバレ解説まとめ

『戦国無双4(Samurai Warriors 4)』とは、2014年3月に発売された『戦国無双』シリーズの第4作目にあたるPS3用ゲーム作品。戦国時代を舞台に数多の武将が活躍する同シリーズの10周年記念作品でもある。後にPS4版も発売された。シリーズの主人公・真田幸村と、本作が初参戦となる幸村の兄・信之の絆と相克を中心に、様々なドラマが戦国乱世に展開されていく。

松永久秀(まつなが ひさひで)

身長:176cm 武器:曲刀・爆弾 アクションタイプ:特殊技タイプ 無双奥義:罪 無双秘奥義:叛 CV:石井康嗣

大和国の戦国大名。弾正忠・弾正少弼の官位に就いていたことから「松永弾正」とも呼ばれている。初めは畿内・阿波国の戦国大名・三好長慶に仕え、室町幕府との折衝などで活躍し、三好政権内で実力をつけていった。長慶の死後は畿内の混乱する情勢の中心人物の1人となる。後に織田信長に降伏して家臣となるが、二度も反逆した末に信貴山城にて切腹、または焼死して果てた。最期については「名器・平蜘蛛茶釜に火薬を詰め込み、火を放って爆死した」という逸話が有名だが、これは後世の創作だと言われている。
室町幕府第13代将軍・足利義輝の暗殺や、主家である三好家の乗っ取り、さらには東大寺の焼き討ちなどに関わったとして、戦国時代でも屈指の梟雄と評されているが、一方で領民には善政を敷いたり、城郭建設や茶道にも優れるなど、当代一流の文化人・教養人でもあった。特に茶道では、逸話でも有名な平蜘蛛茶釜など誰もが欲しがる数々の名器を所有していた。また、「医聖」と称された名医・曲直瀬道三(まなせ どうさん)から性技指南書『黄素妙論(こうそみょうろん)』を伝授されたことでも有名である。

自らを「悪党」と称し、悪事を働くことを生きがいとする人物。平蜘蛛の逸話からか、蜘蛛をモチーフとした衣装デザインや攻撃エフェクトを持っている。
基本的に態度は紳士的だが、人を喰ったような言動が多く性格も傲岸不遜の見本のような人物である。その一方で茶道や天文など高い教養を持つ芸術肌の持ち主で、自分の才能に絶対の自信を持っている。また、悪事には彼なりの美学や確固たる思想があり、悪党というよりはアンチヒーローに近い。
天文から運命を予知し、それを己の物として操作し歴史を思い通りにしようと画策しているため、逆に自分の運命を他者によって左右されることを忌み嫌っている。それは自分の生死に関わる運命も例外ではなく、何度も自分を許して命を救う信長を憎悪し、様々な謀略を仕掛ける。

片倉小十郎(かたくら こじゅうろう)

身長:188cm 武器:戦盾・笛 アクションタイプ:特殊技タイプ 無双奥義:智 無双秘奥義:忠 CV:竹内良太

本名は片倉景綱で、小十郎は通称である。伊達家の家臣で後に伊達政宗の近習となった。知略に優れ、伊達家中では「智の片倉景綱」と呼ばれていた。仙台藩片倉氏の初代で、通称の小十郎は代々の当主が踏襲して名乗るようになった。また、笛の名手としても知られており、愛用の名笛『潮風』を陣中においても懐に携えていたと言われている。

史実と同じく「智の小十郎」と称される、知略に優れた伊達家の重臣。『無双』シリーズでは『真・三國無双』シリーズも含め初の眼鏡キャラである。政宗が乳飲み子の頃から彼の側近として仕えており、数少ない彼の理解者でもある。執事のように丁寧な口調で話すがかなりの毒舌家で「僭越ながら」「ご無礼ながら」と、前置きをしてから直接的な表現で相手を罵倒することが多い。主君の政宗も例外ではなく、彼が無謀な行動に出た時には辛辣な諫言でもって戒める。『戦国無双4-Ⅱ』では政宗との絆がより深く描写されており、政宗の病んだ目を小十郎が抉ったという有名な逸話もムービーに登場する。
普段は冷静沈着、超然とした態度を取っているが、実は視力が非常に悪く、眼鏡がないと何も見えないという弱点がある。そのため眼鏡を取られると「眼鏡、眼鏡…」と、情けない声で狼狽えてしまう。また、伊達家とは敵対関係にある上杉家の綾御前と非常に仲が悪く、彼女を「老婦人」と称し、しばしば舌戦を繰り広げている。

上杉景勝(うえすぎ かげかつ)

身長:190cm 武器:双鉈刀 アクションタイプ:チャージ攻撃タイプ 無双奥義:堂 無双秘奥義:威 CV:竹内良太

上杉謙信の甥にあたる武将。謙信の死後、上杉家の家督相続を争った「御館の乱」に勝利し、上杉家の当主となった。非常に己を厳しく律した人物で、感情を表に出すことがほとんどなく、家臣達ですら景勝の声を丸一日聞かないことがあったという話があるほど無口だったと言う。

綾御前の実子で、後に上杉謙信の養子となる。口数が極端に少なく、「軍神の子」の呼び名に恥じぬよう常に努力し続けている不言実行の武人。母親とは似ても似つかぬ屈強な体躯と厳格な顔立ち、さらには極端に口数が少ないことが災いして家臣や他家の人間に誤解されてしまうことも多いが、実は繊細かつ純粋な心の持ち主である。側近の直江兼続とは強い主従の絆で結ばれており、説明が苦手な景勝に代わり兼続が代弁することも多い。ただし、兼続がしばしば熱を込め過ぎた解釈をしがちなので、それに苦心することも。また、兼続が弱さを見せた時には、それを補い支えている。
実は女性が苦手で、作中の台詞にも女性への苦手意識を滲ませたものが複数ある。ファンの間では、原因は実母の綾御前だろうと推測されている。実際、景勝は母を敬愛してはいるが、一方で「母上の笑顔が怖い」という台詞があるなど、恐れている様子が窺える。

小早川隆景(こばやかわ たかかげ)

身長:174cm 武器:剣・本 アクションタイプ:通常攻撃タイプ 無双奥義:怜 無双秘奥義:聡 CV:岡本寛志

毛利元就の三男。父の政治的布石として、次兄の吉川元春と共に他家の養子となった。父の才覚を最も濃く受け継ぎ、10代後半から父の謀略に能動的に参画していたとされている。次兄と共に「毛利両川」として毛利家を支え、毛利水軍の指揮官としても活躍した。豊臣政権下では豊臣秀吉に深く信頼され、五大老の1人にも任じられている。

父譲りの優れた才智を持ち、戦場においても常人には想像もつかないような奇策を打ち出す知将。しかし合理的な勝利ではなく、犠牲の少ない戦いを志向した献策を行う。これは幼い頃から、血なまぐさい謀略に手を染めながら嘆き悲しむ父の姿を見てきたことが大きく影響しているとのこと。また、穏やかな雰囲気と温和な性格、そして端正で優し気な容姿から「ゆるふわ系」「ふんわり色男」と評されている。
大変熱心な読書家で、「文字数は多ければ多いほど良い」という奇妙な嗜好を持つ。特に周囲から「冗長」と酷評されている父・元就の著書を好んで読んでいる。逆に何か読む物が手元にないと発作を起こしてしまう。読書家というよりは重度の文字中毒者と言ったほうが正しいかもしれない。
『戦国無双4』の「無双演武」では、前半が元就、後半が黒田官兵衛との交流を中心に描かれており、『戦国無双4-Ⅱ』でも官兵衛との交流を主軸としたストーリーが展開されている。なお、『戦国無双4-Ⅱ』で官兵衛が「これで日本に賢人はいなくなった」と、隆景の死を嘆く場面があるが、史実の官兵衛も隆景の訃報に接した際に、同じ言葉を漏らし嘆いたという。

小少将(こしょうしょう)

身長:168cm 武器:羽衣 アクションタイプ:神速攻撃タイプ 無双奥義:魅 無双秘奥義:惑 CV:白石涼子

「小少将」という名前は、当時の女性達の間ではそれなりに流行っていたらしく、同名の女性が複数存在していたことが確認されている。その中でも最も有名で、本作の小少将のモデルとなったと思われるのが阿波(現在の徳島県)守護・細川持隆の側室となった女性である。信頼できる史料が少なく生没年も不明だが、あまりにも数奇な運命を辿った女性として知られている。
この小少将は絶世の美女だった。その美貌を見初められて細川持隆の側室となり、息子・真之を産むが、持隆が三好実休によって謀殺されてしまう。すると小少将は何と夫の仇である実休に嫁ぎ、三好長治・十河存保(そごう まさやす/ながやす)を産んだ。実休の死後は実子・三好長治に仕える家老・篠原自遁の妻となっている。その後は不明だが、長宗我部元親の側室になったとする説がある。ただし、元親に同名の側室がいたことは確認されているが、同一人物だという証拠はない。

奇妙なことに、彼女が夫とした男性及び息子達はいずれも悲惨な最期を迎えている。小少将の最初の夫・持隆を謀殺した実休は後の戦いで戦死、その次に嫁いだ篠原自遁は兄と諍いを起こし、主君・長治に兄を讒言して攻め滅ぼさせた。しかし後の戦いで長宗我部元親に敗れ、淡路へと落ち延びた後は消息不明である。そして細川真之と三好長治の異父兄弟は骨肉の争いを展開し、ついには長宗我部元親の助力を得た真之によって、長治は25才の若さで敗死する。だが真之もその後、もう1人の異父弟・十河存保によって自害に追い込まれた。そして存保も豊臣秀吉の九州征伐に従った際、戸次川の戦いにて戦死している。このため小少将は後世において「傾国の美女」「魔性の女」と呼ばれるようになった。

本作の小少将は自らを「不幸を呼ぶ女」と称し、男達を手玉に取る術に長けた妖艶な美女。ピンク色のカーリーヘアとファンキーなファッションが大きな特徴である。三好家などの権力者を美貌と色香で虜にし、四国の制圧や織田家との対立を目論むものの、そのたびに戦に敗れ、勢力を転々としている。後に長宗我部元親やガラシャと共闘することになるが、これは上記の元親の側室となった説を取り入れたものと思われる。『戦国無双4-Ⅱ』での小少将のシナリオは、雑賀孫市との交流を主軸に描かれているが、ガラシャを主人公としたシナリオでは、ガラシャの野望実現のため、彼女を頭脳面で支える「支配人」として活躍する。
インパクトの大きい見た目と蠱惑的な言動に反して、内面は良識と繊細さを持ち合わせている。元親の奇抜な言動や言い回しについていけずに戸惑ったり、「流浪演武」では、大事な人を失った過去を夢に見て眠れなくなるといった繊細な一面や、実は料理上手という意外な一面を見せる。また、阿波出身だからなのか、料理の仕上げにすだちを使う癖がある。

島津豊久(しまづ とよひさ)

身長:172cm 武器:大鉞 アクションタイプ:チャージ攻撃タイプ 無双奥義:挑 無双秘奥義:隼 CV:宮坂俊蔵

島津義弘の末弟・家久の息子。初陣で敵の首級1つを討ち取るなど、早くから猛将の片鱗を見せていた。関ヶ原の戦いにおいて、島津隊の所属する西軍の敗北が確定的となった時、伯父の義弘を薩摩へ生きて帰すため、徳川家康の本陣をかすめる形で退却するという前代未聞の戦術を敢行。殿軍を務めた豊久は義弘の身代わりとなって奮戦し、壮絶な最期を遂げた。薩摩藩に伝わる説話や伝承をまとめた資料によると、知勇に優れた美少年だったという。

血気盛んかつ一本気な性格の若武者。何事も諦めないことを信条としており、失敗を糧に成長できるバイタリティを持つ。戦場では激しく闘争心を燃やす猛将だが、普段は子犬のように純真で、どこか危なっかしいところもある少年。そのため立花宗茂などによく弄られたりもする。
自分を実子同然に養育してくれた伯父・義弘には多大な恩義を感じており、伯父のためならば自らの命も顧みない。一方で義弘からはたびたび未熟さを指摘され、「餓鬼」「子犬」呼ばわりされている。
『戦国無双4』では、伯父の良き好敵手だったという高橋紹運やその息子の立花宗茂と誾千代に対抗心を燃やし、数多の戦いを経て島津家の武将として成長していく。そして史実通り、関ケ原の戦いにおいて、伯父を無事に戦場から撤退させるために自らは戦場に散った。後に立花夫妻からその死を悼まれている。そして井伊直政が登場する『戦国無双4-Ⅱ』では、小田原征伐で知り合った直政を勝手に好敵手に認定し、その後関ヶ原の戦いで敵として相まみえるまで切磋琢磨する様子が描かれた。

早川殿(はやかわどの)

身長:158cm 武器:打毬杖・毬 アクションタイプ:特殊技タイプ 無双奥義:涼 無双秘奥義:清 CV:佐藤聡美

相模国の戦国大名・北条氏康の娘。武田信玄・北条氏康・今川義元の3者により結ばれた「甲相駿三国同盟」の一環として義元の息子・今川氏真に嫁ぐ。しかし義元が桶狭間の戦いで織田信長に討たれたのをきっかけに今川家は弱体化していき、ついには武田家が同盟を破棄して駿河へ侵攻したため、早川殿は夫や子供達と共に実家の小田原へと逃れた。ところが数年後に父・氏康が病死すると、信玄との同盟が復活したため、夫の氏真が駿河へ帰国できなくなってしまう。そこで夫婦共に小田原を出奔し、徳川家康を頼った。その後は家康の庇護の下、夫と共に浜松で暮らし、後に京都、さらに江戸の品川に移ったとされている。「甲相駿三国同盟」では、氏真と早川殿の他にも2組の婚姻が成立していたのだが、離縁せず最後まで連れ添ったのは氏真と早川殿だけだった。

本作では育ちの良さを感じさせる清楚で可憐な少女。家族や領民を心から愛し、周囲からも慕われている。特に甲斐姫とは姉妹同然の仲である。優しくて控えめな性格だが、内には芯の強さを秘めており、家族のために戦場に立つ。
史実の夫・今川氏真との接点はなく、彼女の物語は家族や甲斐姫との絆を中心に描かれている。北条家が滅びた後、早川殿は家康の庇護を受けて関東に残るが、甲斐姫は豊臣家へ行くことになった。このため真田兄弟と同じく、後の戦いで敵味方に分かれることになる。
ちなみに公式によると、早川殿は本作のディレクター・三枝修氏のお気に入りで、デザインを決める際にも顔立ちから色からスカートの丈と、細部にまでこだわり抜いた注文があったとのことである。

藤堂高虎(とうどう たかとら)

身長:187cm 武器:細剣(和風レイピア) アクションタイプ:通常攻撃タイプ 無双奥義:凍 無双秘奥義:兇 CV:松風雅也

近江の没落した士豪の出身。幼い頃は農民同然の生活をしていたという。幾度も主君を変えた武将として有名である。最終的には徳川家に仕え、高い能力と忠勤ぶりとで、外様でありながら譜代の家臣達と変わらぬほどの信頼を得る。後に伊予今治藩主、さらに後には伊勢津藩の初代藩主となった。黒田官兵衛、加藤清正と共に築城の名手としても知られており、宇和島城、今治城、津城、膳所城など多くの城を築城している。その他にも、城下町の設計や徳川家康の廟となった日光東照宮の造営にも携わった。
何度も主君を変えている事実から不義理者とされることもあるが、主君を裏切ったことはなく、自分を評価してくれる者には忠節を尽くしている。また、最初に仕えた主君・浅井長政から拝領した刀と黄金一枚を肌身離さず持ち歩いたり、自分を高く評価し、厚遇してくれた豊臣秀長の墓所の修繕費を工面したりと、旧主への忠義を見せる逸話も多い。家康に譜代と変わらない信頼を寄せられたのも、功績だけではなく、このような義理堅い一面が理解されていたからだと思われる。

『戦国無双』シリーズの派生作品で、2012年9月13日に発売されたニンテンドー3DS用ゲーム『戦国無双 Chronicle 2nd』にて無双武将に追加されたキャラクター。ナンバリング作品への参戦は、本作が初めてである。
冷徹な現実主義者に見えるが、心の底には真に仕えるべき主君を得て、忠節を尽くしたいという熱い思いを秘めた人物。「生きて主君に尽くしてこそ忠義」という信念を持つ。ちなみに首に巻いているのはマフラーではなく、三尺手ぬぐいである。これは史実の高虎が子孫に遺した二百か条を超える家訓に、三尺手ぬぐいの便利な使い方をいくつか紹介していることが元になっているとファンの間で推測されている。

自分の働きを認め、高く評価してくれた最初の主君・浅井長政を深く敬愛し、その死後も慕い続けている。反面長政の死の一因を作った秀吉については良く思っておらず、豊臣家に仕えていた頃も主君として認めてはいなかった。ただし、史実でも高虎の主君だった秀長のことは敬愛し、忠節を尽くしている。秀長・秀吉の死後に仕えた徳川家康については、早くからその器量と人望を評価していた。家臣となってからは史実と同様に懸命に尽くし、絶大な信頼を得ている。
『戦国無双4』では、大谷吉継との友情と相克とを中心に描かれており、幾度も主君を変えた描写は省略されている。一方、『戦国無双4-Ⅱ』の彼が主人公のシナリオは、幾度も主君を変えていた時代を中心とした物語となり、ほぼ史実通りの展開となった。

Laylah
Laylah
@Laylah

Related Articles関連記事

戦国無双 〜真田丸〜(Samurai Warriors: Spirit of Sanada)のネタバレ解説まとめ

『戦国無双 ~真田丸〜』とは、2016年11月に発売されたゲーム作品。『戦国無双』シリーズの1つで、2016年NHK大河ドラマ『真田丸』との公式タイアップ作品でもある。『戦国無双4』シリーズをベースに、真田家を中心としたストーリーとなっているのが大きな特徴。真田昌幸・幸村父子を主人公に据えた戦国乱世のドラマが展開される。また、長期戦や昼夜の概念、時間の経過による容姿の変化など、これまでにはない試みも多く採用された。

Read Article

戦国無双(Samurai Warriors)のネタバレ解説まとめ

『戦国無双』とは、2004年2月11日にコーエーより発売された『戦国無双』シリーズの第1作目にあたるゲーム作品。『真・三國無双』シリーズの姉妹作品でもある。舞台は日本の戦国時代、歴史に名を残す武将達が様々な戦場を駆け抜ける。各武将ごとにストーリーが分岐するマルチエンディングシステムが搭載されており、プレイヤーの行動次第で新たな歴史が紡がれる。

Read Article

戦国無双2(Samurai Warriors 2)のネタバレ解説まとめ

日本の戦国時代を舞台としたアクションゲーム『戦国無双』シリーズの第2作目にあたる作品が『戦国無双2(Samurai Warriors2)』である。群雄割拠の時代が中心であった前作に対して、本作は関ケ原の戦いを中心にした物語が展開される。後に『Empires』と『猛将伝』も発売された。 アクションやシステムなど、あらゆる面で『戦国無双』シリーズを確立した作品としても評価が高い。

Read Article

戦国無双3(Samurai Warriors 3)のネタバレ解説まとめ

『戦国無双3(Samurai Warriors 3)』とは、2009年12月に発売されたWii専用ゲーム作品で、後にPS3版も発売されている。戦国時代を舞台に、数多の武将達の物語が展開される『戦国無双』シリーズの第3作目にあたる。本作は武将達の様々な形の「絆」を中心とし、「関東三国志」「戦国の三傑」「関ヶ原の若武者」と、3つのストーリーを中心とした構成となっているのが特徴である。

Read Article

真・三國無双3(Dynasty Warriors 4)のネタバレ解説まとめ

『真・三國無双3』とは、コーエー(現・コーエーテクモゲームス)から2003年2月に発売されたゲームソフトで、『真・三國無双』シリーズの第3作目にあたる。 プレイヤーは一人の武将となり自軍の勝利を目指す。使用可能武将は42人。前作の無双モードが武将別だったのに対して、今作の無双モードは勢力別になっており、プレイヤー武将を途中で変更できる仕様となっているのが大きな特徴である。

Read Article

真・三國無双6(Dynasty Warriors 7)のネタバレ解説まとめ

『真・三國無双6』は、2011年3月にコーエーテクモゲームスから発売された『真・三國無双』シリーズの第6作目の作品である。 これまでは魏・蜀・呉の三国を中心に描かれてきたが、本作でついに史実で三国時代を終わらせた第4の国・晋が登場。それに伴い、過去作ではあまり描かれてこなかった『三国志』後半の物語にも焦点が当てられている。武将も大幅に増加し、参戦武将は過去最多の62名となった。

Read Article

真・三國無双8(Dynasty Warriors 9)のネタバレ解説まとめ

『真・三國無双8』とは、『三国志』に登場する武将達を操作し、物語を展開していくアクションゲーム『真・三國無双』シリーズの第8作目にあたるゲーム作品。ナンバリングタイトルとしては約5年ぶりの作品となる。本作最大の特徴は、『無双』シリーズでは初となるオープンワールドシステムの採用である。今回の武将の追加で、ついにプレイ可能な無双武将が90人を超えた。メインモードは各武将ごとにシナリオが分かれ、その生涯を追う形で各自のストーリーを進めていくスタイルである。

Read Article

真・三國無双4(Dynasty Warriors 5)のネタバレ解説まとめ

『真・三國無双4』は、『三国志』に登場する武将を操作して自軍を勝利に導くアクションゲーム『真・三國無双』シリーズの第4作目にあたるゲーム作品である。使用可能な武将は48人で、各武将ごとに無双モードが設定されている。また、新描写エンジンの導入により、かねてからの問題であったステルスや処理落ちも大幅に改善され、より一騎当千の快感を味わえるようになった。

Read Article

真・三國無双5(Dynasty Warriors 6)のネタバレ解説まとめ

『真・三國無双5』とは、2007年11月にコーエー(現・コーエーテクモゲームス)から発売された『三国志』を題材としたゲーム『真・三國無双』シリーズの第5作目。シリーズ初のPS3用ゲーム作品である。 新媒体になったことで、キャラクタービジュアルやアクションシステムの大幅な刷新、戦略要素の強化などこれまでにない試みがなされた。シリーズの転換期としてあらゆる面で様々な実験が施された作品ともいえる。

Read Article

真・三國無双2(Dynasty Warriors 3)のネタバレ解説まとめ

「真・三國無双2」は、2001年にコーエー(現・コーエーテクモゲームス)から発売されたアクションゲームで、真・三國無双シリーズの第2作目にあたる。前作の不満点を解消、大幅にパワーアップさせた内容で大ヒットを記録した。「三国志」に登場する武将達を基にした使用キャラは41人。選んだ武将で自軍を勝利に導き、三国統一を目指すのが一番の目的である。

Read Article

無双OROCHI(Warriors Orochi)のネタバレ解説まとめ

『無双OROCHI』とは、コーエーが『無双』シリーズ10周年記念作として発売したアクションゲーム作品。『真・三國無双』シリーズと『戦国無双』シリーズとのクロスオーバー作品で、本作のオリジナルキャラクターを含め、70人以上の武将達を操作できるのが大きな特徴である。三國と戦国との共演はファンに好評で、後に続編の『無双OROCHI 魔王再臨』が発売された。突如出現した魔王・遠呂智によって融合した三國と戦国の世界。三國・戦国の武将達は共闘・対立を繰り返しながらも、やがて遠呂智打倒のために団結していく。

Read Article

真・三國無双(Dynasty Warriors 2)のネタバレ解説まとめ

真・三國無双(Dynasty Warriors 2)とは、2000年8月にコーエー(現・コーエーテクモゲームス)から発売されたゲームソフトで、真・三國無双シリーズの第1作目である。ジャンルはアクションゲーム。 中国の古典「三国志」に登場する武将を操作し、自軍を勝利に導いていく。1人で複数の敵をなぎ倒す「一騎当千」のアクションが最大の特徴であり、魅力である。

Read Article

無双☆スターズ(Warriors All-Stars)のネタバレ解説まとめ

『無双☆スターズ』とは、コーエーテクモゲームスが2017年3月に発売したゲーム作品。同社のブランドタイトルのキャラクター達が共闘するオールスターゲームでもある。舞台はとある異世界。ある日突然、異世界へ召喚された英雄達は、それぞれが協力を乞う3人の王族と出会う。そして英雄達は、見知らぬ世界での三つ巴の争いに巻き込まれていくのだった。マルチエンディングを採用しているため、物語の展開と結末はプレイヤーの選択次第という点も、本作の大きな特徴である。

Read Article

真・三國無双7(Dynasty Warriors 8)のネタバレ解説まとめ

『三国志』に登場する武将達を操作して数多の戦場を駆けるコーエーテクモゲームスの『真・三國無双』シリーズ。その第7作目の作品が本作である。後に『真・三國無双7 猛将伝』とセットになった『真・三國無双7with猛将伝』が、シリーズ初のPS4版として発売された。 基本のストーリーは史実通りだが、プレイヤーの行動次第でIFルートへ進めるのが本作の大きな特徴である。登場する武将も過去最多の77名となった。

Read Article

【真・三國無双】大ヒットタイトル、『無双』シリーズの派生作品まとめ【戦国無双】

コーエーの大ヒット作品であり、『無双アクション』というジャンルを確立した人気作品、「真・三國無双」シリーズの派生作品まとめ。 全ての始まりとなった『真・三國無双』から、PS3で発売された『TROY無双』、人気マンガとのコラボ作品である『北斗無双』や『ゼルダ無双』を紹介しています。

Read Article

目次 - Contents