戦国無双4(Samurai Warriors 4)のネタバレ解説まとめ

『戦国無双4(Samurai Warriors 4)』とは、2014年3月に発売された『戦国無双』シリーズの第4作目にあたるPS3用ゲーム作品。戦国時代を舞台に数多の武将が活躍する同シリーズの10周年記念作品でもある。後にPS4版も発売された。シリーズの主人公・真田幸村と、本作が初参戦となる幸村の兄・信之の絆と相克を中心に、様々なドラマが戦国乱世に展開されていく。

操作キャラ切り替え

本作で追加された新要素の1つ。これまでは操作する武将を1人選んでプレイしていたが、本作は2人の武将を選ぶ仕様となっている。
戦闘前のキャラクター選択画面で選択可能な無双武将が表示されるので、メイン武将とパートナー武将の2人を選択し、リアルタイムで切り替えながらクリアを目指す。操作武将はSELECTボタンを押せば切り替えられる。また、操作していない武将に対しては敵武将を攻撃したり、特定の場所に待機させたりと大まかな方針設定を行うことができる。方針設定は方向キーの上ボタンを押すと出てくる「方針設定画面」で行う。選んだ武将によっては特定のステージで戦闘中に特殊な台詞が出てきたり、専用ミッションが出てきたりするので、それを捜すために色んな武将を選んでプレイするのもおすすめである。

旗持兵

本作で追加された新たな兵種。名前の通り旗を掲げた兵士で、敵軍の士気に大きく関係している兵種である。
本作は過去作で登場した士気システムが復活している。士気の高さは将兵の強さに大きく影響するため、自軍の士気を上げ、敵軍の士気を下げることも攻略の重要な鍵の1つとなる。敵軍の士気の高いエリアは赤く表示されており、赤色が濃いほど士気が高く、その場にいる将兵の強さも凄まじい。特に序盤の敵陣地は士気によって大きく強化され、その場にいる将兵の強さも格段に跳ね上がっている。この強化を解除するためには敵軍の士気を下げなければならないが、その方法の1つが旗持兵を倒すことである。旗持兵を倒すとその周辺エリアの強化が解除されるので、旗持兵を見つけたら優先的に倒していくのが攻略の重要なポイントとなる。
ただし、強化された敵陣地に旗持兵がいないこともある。その場合は戦闘中に発生するミッションを素早く成功させるなど、プレイヤーが頑張って戦況を味方有利な状態へと導くしかない。

無双極意

本作で追加された新要素の1つ。練技ゲージが最大の時にR3ボタンを押すと発動する必殺技である。発動中は攻撃が強化され、無敵状態になるなど特別な効果が得られるが、練技ゲージがなくなると元に戻る。また、無双極意発動中に〇ボタンを押して無双奥義を発動すると、最強の必殺技である「無双奥義・皆伝」となる。
ただし、無双極意発動中は操作武将の切り替えや馬に乗ることはできないので注意が必要である。

流浪演武(戦国無双4)

エディット機能で作成したオリジナル武将を操作して全国を巡るモード。まずはオリジナル武将を作成し、次にどの地方からスタートするかを選ぶ。操作武将が最初に選んだ地方の無双武将から「武将列伝」の作成を依頼されるイベントが流れ、ゲームスタートとなる。操作武将は「武将列伝」の完成を目指して全国各地を旅し、様々な合戦やクエスト、イベントをこなしていく。なお、どの地方を選んでもストーリーの流れに変化はないが、最初に出会う無双武将や地図に出現する武将が異なってくるので注意する。
ストーリーは地図画面のマス目を移動することで進行していく。地図上には合戦やクエスト、何らかのイベントが発生する場所がアイコンで示されているので、基本的にはそこへ進む。また、朝から昼、そして夜へと時間が経過するが、それに応じて地図上に示されたアイコンも変わる。アイコンの変化に伴い、そこで遭遇するクエストやイベントなどの内容も変わってしまうので注意する。

「武将列伝」とは、ゲームに登場する無双武将及び一般武将のプロフィールが記されているものである。最初は何も読めないが、戦闘中に出会うと自動的に登録され、内容を読めるようになる。ただし無双武将には「友好度」が設定されており、これを最大にしないと全ての項目を読むことができない。無双武将との友好度を上げるには、同じ戦場で一緒に戦う・苦戦していたら救援する・敵対している時は撃破するなどの条件をクリアしていくことが必要になる。また、ある程度友好度が上がると発生する無双武将とのイベントで発生する会話の選択肢で、相手の好む答えを選ぶと友好度が大幅に上昇する。無双武将とのイベントは全部で4種類あるので、何度も出会って地道に友好度を上げる必要がある。
イベントを全て見て友好度が最大になると、武将列伝でその武将に関する全ての項目が読めるようになり、仲間になってくれる。仲間になると「流浪演武」モードの合戦で操作可能となる。また、イベントでは無双武将の意外な一面を垣間見ることができる。

無限城(戦国無双4-Ⅱ)

『戦国無双2』以来の復活となったモード。各階で発生するミッションをクリアしながら上階を目指す「本館」と、特殊なルールの下、短時間のチャレンジでハイスコアに挑む「別館」の2つのコースがある。
「本館」で戦闘中に入手したアイテムは、脱出することで持ち帰ることができる。上階に行けば行くほど良質なアイテムが入手できるが、所持できるアイテムの数は限られている上に、戦闘中に倒されると全て失ってしまう。なので残りの体力と持ち帰るアイテムの取捨選択が重要となる。また、一定以上の階層をクリアすると、次回の挑戦時に開始階層が選べる「到達報酬」を獲得できる。やり込めばやり込むほど次回の攻略が有利になるモードと言える。

「別館」は「猛将の間」「黄金の間」「疾風の間」「死線の間」の4種類のコースに分かれている。「猛将の間」では制限時間内にどれだけ多くの敵兵を倒せるかを競う。少しでも多くの敵兵を倒すために、攻撃アクションを使い分けて効率的に倒すことが必要となる。「黄金の間」では制限時間内でどれだけのお金を稼げるかを競う。敵に攻撃が当たるたびにお金が獲得できる「黄金時間」を、いかに効率良く発生させるかがハイスコアを出す重要ポイントとなる。「疾風の間」では旗持兵を倒しながら目標地点へ到達するまでの時間を競う。途中にある盾兵や弓兵などの障害をいかに巧みに潜り抜け、旗持兵を素早く倒すかが重要なポイントになる。そしてこれら3つのコースを一定のスコアでクリアするとプレイできるのが「死線の間」である。敵の一撃が命取りとなってしまう危険な状態で、制限時間内にどれだけの敵を倒せるのかを競うという非常に難易度の高いコースとなっている。

居城内政(戦国無双4 Empires)

『戦国無双4 Empires』に搭載された新要素の1つで、政略面で最も重要なシステムである。奉行に任命した配下の武将を居城に配置し、役目に応じた提案を提出させ、それらをプレイヤーが採用し実行に移すことでゲームが進行していく。居城の部屋は開発関係の提案を出す部屋や、軍事関係の提案を出す部屋など、部屋によって出す提案の内容が異なる。政略画面では、居城の部屋の中で職務に励んだり、仲間と交流を行う武将達の様子を見ることができる。また、奉行に選ばれなかった武将達も庭で他の仲間と会話していたりするので、その様子を見るのも楽しい。
合戦などによって領地が増えると、より大規模な居城を建築できるようになる。これを「居城進化」と言う。居城が大きくなり武将を配置する部屋が増えることで、奉行に任命できる人数が増えて提案のバリエーションが広がるため、内政をより有利に進められるようになる。居城進化には分岐があり、開発関係の提案が多くなる「開発型居城」や、軍事関係の部屋が多く設けられている「軍事型居城」など、選択した居城によってプレイスタイルが変化する仕様となっている。

奉行任命は、配下武将の中から2人を選んで「開発」や「軍備」、「人事」などの部屋に配置することで実行される。各武将には相性や人間関係が設定されており、同じ部屋に配置する際の組み合わせが内政効果に大きく影響してくるので、奉行に任命する時には相性の良い2人を選ぶのが基本となる。また、特定の武将だけが提案できる特殊な政略や戦術などもあるので、その意味でも配下武将を集めることが重要になってくる。

『戦国無双4』シリーズのアイテム

家宝(戦国無双4)

『戦国無双4』では、前作で登場した「携帯道具システム」を引き続き採用している。携帯道具とは体力や無双ゲージなどを回復させる回復系や一時的に能力を上げる支援系など、様々な効果を持つアイテムをセットにして戦場へ持ち込めるシステムのことで、戦闘前に持ち込むアイテムを選べるようになっている。
そして本作で新たに加わった携帯道具が「家宝」である。家宝とは、特定条件下で無双武将を撃破すると獲得できるレアアイテムで、装備すると強力な特殊効果が発動する。しかも通常の携帯道具は一度しか使えないが、家宝は一度使用しても一定時間が経過すればまた使用可能になるという利点がある。
ただし、特定条件を満たして無双武将を撃破してもすぐには入手できない。家宝を持つ無双武将を、何度も特定条件を満たして撃破することで取得できる確率が上がっていく仕様となっているため、何度か対象の無双武将に挑む必要がある。
無双武将を撃破した時、金色の玉手箱が出現すればOK。金色の玉手箱を入手して、その戦闘に勝利すれば家宝獲得となる。

『戦国無双4』シリーズの主題歌

『Reverb』(戦国無双4)

Laylah
Laylah
@Laylah

Related Articles関連記事

戦国無双 〜真田丸〜(Samurai Warriors: Spirit of Sanada)のネタバレ解説まとめ

『戦国無双 ~真田丸〜』とは、2016年11月に発売されたゲーム作品。『戦国無双』シリーズの1つで、2016年NHK大河ドラマ『真田丸』との公式タイアップ作品でもある。『戦国無双4』シリーズをベースに、真田家を中心としたストーリーとなっているのが大きな特徴。真田昌幸・幸村父子を主人公に据えた戦国乱世のドラマが展開される。また、長期戦や昼夜の概念、時間の経過による容姿の変化など、これまでにはない試みも多く採用された。

Read Article

戦国無双(Samurai Warriors)のネタバレ解説まとめ

『戦国無双』とは、2004年2月11日にコーエーより発売された『戦国無双』シリーズの第1作目にあたるゲーム作品。『真・三國無双』シリーズの姉妹作品でもある。舞台は日本の戦国時代、歴史に名を残す武将達が様々な戦場を駆け抜ける。各武将ごとにストーリーが分岐するマルチエンディングシステムが搭載されており、プレイヤーの行動次第で新たな歴史が紡がれる。

Read Article

戦国無双2(Samurai Warriors 2)のネタバレ解説まとめ

日本の戦国時代を舞台としたアクションゲーム『戦国無双』シリーズの第2作目にあたる作品が『戦国無双2(Samurai Warriors2)』である。群雄割拠の時代が中心であった前作に対して、本作は関ケ原の戦いを中心にした物語が展開される。後に『Empires』と『猛将伝』も発売された。 アクションやシステムなど、あらゆる面で『戦国無双』シリーズを確立した作品としても評価が高い。

Read Article

戦国無双3(Samurai Warriors 3)のネタバレ解説まとめ

『戦国無双3(Samurai Warriors 3)』とは、2009年12月に発売されたWii専用ゲーム作品で、後にPS3版も発売されている。戦国時代を舞台に、数多の武将達の物語が展開される『戦国無双』シリーズの第3作目にあたる。本作は武将達の様々な形の「絆」を中心とし、「関東三国志」「戦国の三傑」「関ヶ原の若武者」と、3つのストーリーを中心とした構成となっているのが特徴である。

Read Article

真・三國無双3(Dynasty Warriors 4)のネタバレ解説まとめ

『真・三國無双3』とは、コーエー(現・コーエーテクモゲームス)から2003年2月に発売されたゲームソフトで、『真・三國無双』シリーズの第3作目にあたる。 プレイヤーは一人の武将となり自軍の勝利を目指す。使用可能武将は42人。前作の無双モードが武将別だったのに対して、今作の無双モードは勢力別になっており、プレイヤー武将を途中で変更できる仕様となっているのが大きな特徴である。

Read Article

真・三國無双6(Dynasty Warriors 7)のネタバレ解説まとめ

『真・三國無双6』は、2011年3月にコーエーテクモゲームスから発売された『真・三國無双』シリーズの第6作目の作品である。 これまでは魏・蜀・呉の三国を中心に描かれてきたが、本作でついに史実で三国時代を終わらせた第4の国・晋が登場。それに伴い、過去作ではあまり描かれてこなかった『三国志』後半の物語にも焦点が当てられている。武将も大幅に増加し、参戦武将は過去最多の62名となった。

Read Article

真・三國無双8(Dynasty Warriors 9)のネタバレ解説まとめ

『真・三國無双8』とは、『三国志』に登場する武将達を操作し、物語を展開していくアクションゲーム『真・三國無双』シリーズの第8作目にあたるゲーム作品。ナンバリングタイトルとしては約5年ぶりの作品となる。本作最大の特徴は、『無双』シリーズでは初となるオープンワールドシステムの採用である。今回の武将の追加で、ついにプレイ可能な無双武将が90人を超えた。メインモードは各武将ごとにシナリオが分かれ、その生涯を追う形で各自のストーリーを進めていくスタイルである。

Read Article

真・三國無双4(Dynasty Warriors 5)のネタバレ解説まとめ

『真・三國無双4』は、『三国志』に登場する武将を操作して自軍を勝利に導くアクションゲーム『真・三國無双』シリーズの第4作目にあたるゲーム作品である。使用可能な武将は48人で、各武将ごとに無双モードが設定されている。また、新描写エンジンの導入により、かねてからの問題であったステルスや処理落ちも大幅に改善され、より一騎当千の快感を味わえるようになった。

Read Article

真・三國無双5(Dynasty Warriors 6)のネタバレ解説まとめ

『真・三國無双5』とは、2007年11月にコーエー(現・コーエーテクモゲームス)から発売された『三国志』を題材としたゲーム『真・三國無双』シリーズの第5作目。シリーズ初のPS3用ゲーム作品である。 新媒体になったことで、キャラクタービジュアルやアクションシステムの大幅な刷新、戦略要素の強化などこれまでにない試みがなされた。シリーズの転換期としてあらゆる面で様々な実験が施された作品ともいえる。

Read Article

真・三國無双2(Dynasty Warriors 3)のネタバレ解説まとめ

「真・三國無双2」は、2001年にコーエー(現・コーエーテクモゲームス)から発売されたアクションゲームで、真・三國無双シリーズの第2作目にあたる。前作の不満点を解消、大幅にパワーアップさせた内容で大ヒットを記録した。「三国志」に登場する武将達を基にした使用キャラは41人。選んだ武将で自軍を勝利に導き、三国統一を目指すのが一番の目的である。

Read Article

無双OROCHI(Warriors Orochi)のネタバレ解説まとめ

『無双OROCHI』とは、コーエーが『無双』シリーズ10周年記念作として発売したアクションゲーム作品。『真・三國無双』シリーズと『戦国無双』シリーズとのクロスオーバー作品で、本作のオリジナルキャラクターを含め、70人以上の武将達を操作できるのが大きな特徴である。三國と戦国との共演はファンに好評で、後に続編の『無双OROCHI 魔王再臨』が発売された。突如出現した魔王・遠呂智によって融合した三國と戦国の世界。三國・戦国の武将達は共闘・対立を繰り返しながらも、やがて遠呂智打倒のために団結していく。

Read Article

真・三國無双(Dynasty Warriors 2)のネタバレ解説まとめ

真・三國無双(Dynasty Warriors 2)とは、2000年8月にコーエー(現・コーエーテクモゲームス)から発売されたゲームソフトで、真・三國無双シリーズの第1作目である。ジャンルはアクションゲーム。 中国の古典「三国志」に登場する武将を操作し、自軍を勝利に導いていく。1人で複数の敵をなぎ倒す「一騎当千」のアクションが最大の特徴であり、魅力である。

Read Article

無双☆スターズ(Warriors All-Stars)のネタバレ解説まとめ

『無双☆スターズ』とは、コーエーテクモゲームスが2017年3月に発売したゲーム作品。同社のブランドタイトルのキャラクター達が共闘するオールスターゲームでもある。舞台はとある異世界。ある日突然、異世界へ召喚された英雄達は、それぞれが協力を乞う3人の王族と出会う。そして英雄達は、見知らぬ世界での三つ巴の争いに巻き込まれていくのだった。マルチエンディングを採用しているため、物語の展開と結末はプレイヤーの選択次第という点も、本作の大きな特徴である。

Read Article

真・三國無双7(Dynasty Warriors 8)のネタバレ解説まとめ

『三国志』に登場する武将達を操作して数多の戦場を駆けるコーエーテクモゲームスの『真・三國無双』シリーズ。その第7作目の作品が本作である。後に『真・三國無双7 猛将伝』とセットになった『真・三國無双7with猛将伝』が、シリーズ初のPS4版として発売された。 基本のストーリーは史実通りだが、プレイヤーの行動次第でIFルートへ進めるのが本作の大きな特徴である。登場する武将も過去最多の77名となった。

Read Article

【真・三國無双】大ヒットタイトル、『無双』シリーズの派生作品まとめ【戦国無双】

コーエーの大ヒット作品であり、『無双アクション』というジャンルを確立した人気作品、「真・三國無双」シリーズの派生作品まとめ。 全ての始まりとなった『真・三國無双』から、PS3で発売された『TROY無双』、人気マンガとのコラボ作品である『北斗無双』や『ゼルダ無双』を紹介しています。

Read Article

目次 - Contents