戦国無双4(Samurai Warriors 4)のネタバレ解説まとめ

『戦国無双4(Samurai Warriors 4)』とは、2014年3月に発売された『戦国無双』シリーズの第4作目にあたるPS3用ゲーム作品。戦国時代を舞台に数多の武将が活躍する同シリーズの10周年記念作品でもある。後にPS4版も発売された。シリーズの主人公・真田幸村と、本作が初参戦となる幸村の兄・信之の絆と相克を中心に、様々なドラマが戦国乱世に展開されていく。

身長:165cm 武器:暗器(鉄鈎・爆弾) アクションタイプ:特殊技タイプ 無双奥義:艶 無双秘奥義:蝶 CV:鈴木麻里子

「美濃の蝮」と呼ばれた戦国大名・斎藤道三の娘にして、「魔王」の異名を持つ織田信長の妻。「破壊による創造」という信長の言動に理解を示す、数少ない人物でもある。
妖艶な雰囲気を持ち、倒錯的な言動を好む美女。接する相手に合わせて対極的に振る舞うところがある。利発で鋭い知性の持ち主である上に、ずば抜けた能力を持つ父と夫を見てきているため、基本的に他の人間が劣って見えてしまう。美濃出身の明智光秀や竹中半兵衛とは昔馴染みの間柄である。
オリジナル要素が強いシナリオや、DLCシナリオのような本編とは関係がないステージでは、綾御前と派手な喧嘩を繰り広げることが多い。『戦国無双4-Ⅱ』では、本能寺の変で死んだと思われていたところへ姿を現し、秀吉やねねを驚かせていた。

服部半蔵(はっとり はんぞう)

身長:170cm 武器:鎖鎌 アクションタイプ:神速攻撃タイプ 無双奥義:断 無双秘奥義:滅 CV:黒田崇矢

徳川家康に仕える伊賀忍軍頭領。自らを「影」と称し、主君・家康の天下取りに全力を尽くす。非常に寡黙で淡々と任務をこなすため、冷徹無情な人物に見られるが、心の奥底には泰平の世を望む意志と、人の命を重んじる優しさを持っている。忍びには珍しく強い忠義心を持っており、家康の敵には容赦なく刃を振るう。
無口な性格もあって同僚達と会話する場面は少ないが、『戦国無双4-Ⅱ』では、本多忠勝と不仲に見える息子・井伊直政のことを案じる井伊直虎に対して「忠勝は直政の成長を喜んでいる」と、忠勝の本音を代弁する姿も見られた。

森蘭丸(もり らんまる)

身長:178cm 武器:野太刀 アクションタイプ:チャージ攻撃タイプ 無双奥義:誠 無双秘奥義:献 CV:進藤尚美

織田信長の小姓で、女性と見紛う美しい容姿からは想像もつかないほどの剣術の使い手。戦場においては猛将にも劣らない働きを見せる。素直で真面目な性格に加えて、利発で礼儀正しく、忠誠心もあついことから、主君・信長にも大切にされている。一方で信長への心酔ぶりがあまりにも強過ぎるため、周囲の人達から「依存に近い」と指摘されることも多い。
本編と関係がないDLCシナリオなどでは、何かと厄介な騒動に巻き込まれることが多く、『戦国無双4』のDLCシナリオでも、小少将に女言葉で書かれた台本を読まされ、挙句の果てには戦闘に強制参加させられるなど、散々な目に遭わされていた。

豊臣秀吉(とよとみ ひでよし)

身長:155cm 武器:三節棍 アクションタイプ:通常攻撃タイプ 無双奥義:志 無双秘奥義:昇 CV:石川英郎

織田信長に仕えた武将で、庶民出身でありながら、天下人にまで昇りつめる戦国一の出世頭。「皆が笑って暮らせる世」を目指して天下人への道を進んでいく。
当初は羽柴姓を名乗るが、後に豊臣姓に変わるという風に、物語の途中で苗字が変わる唯一のキャラクターでもある。才智に長け、明るく気さくな人柄で家臣達や友人たちから好かれている。その一方で、ただ明るく陽気なだけではない二面性を垣間見せることがある。また、大人物としての貫禄と庶民的な気安さを、うまく使い分ける強かさも持ち合わせている。
親友である雑賀孫市に勝るとも劣らない女好きで、コメディチックな場面ではよく下心を剥き出しにする。ただし、大抵は妻のねねにバレてしまい、お仕置きされる結果に終わる。

今川義元(いまがわ よしもと)

身長:180cm 武器:刀・蹴鞠 アクションタイプ:チャージ攻撃タイプ 無双奥義:貴 無双秘奥義:趣 CV:河内孝博

駿河・遠江を治める戦国大名。今川家は戦国時代屈指の名門の家柄で、義元自身も「海道一の弓取り」と称されるほどの強大な勢力を有す武将だった。
『戦国無双』シリーズの義元は、戦よりも蹴鞠や和歌などの雅な文化を愛する風流人という設定。天真爛漫な性格で武将としては頼りない一面を見せるが、その無邪気さで誰からも愛される、同シリーズきっての癒し系キャラという立ち位置で描かれている。桶狭間の戦いで討死してしまうため、本作の「無双演武」で彼を選択・操作できるステージはない。徳川軍中心のシナリオ「徳川の章」の冒頭に登場するのみである。

しかし、「無双演武」での出番は少ないとはいえ、本作の義元は強烈な印象を残した。「徳川の章」の最初のムービーでの家康と会話する場面では、今までの癒し系キャラからは想像もつかないドスのきいた低い声で、他人を欺き滅ぼしてでも家を守らなければならない乱世の君主の在り方について説く。ただし、これはほんのわずかな時間のことで、家康が見た幻のような演出がされている。「流浪演武」でも低い声で主人公を諭す場面があるが、やはり夢か幻のような話となっていた。ちなみにこの凄みの効いた声で話す義元のことを、一部のファンは「魔呂」と呼んでいる。

本多忠勝(ほんだ ただかつ)

身長:210cm 武器:大槍 アクションタイプ:チャージ攻撃タイプ 無双奥義:轟 無双秘奥義:哮 CV:大塚明夫

徳川家康の家臣で、「古今無双」「家康に過ぎたるもの」と称される戦国最強の武人。性格は厳格で誇り高く、多くを語らず、自らの意思は行動で示す。主君である家康に絶対の忠誠を誓っているが、必要とあれば遠慮なく厳しい諫言を放つ。娘の稲姫に対しては、厳しくも温かく見守る父親としての一面を見せる。
『戦国無双4』で登場する真田信之に対しては、娘婿となる前からその武勇と人柄を高く評価していた。『戦国無双4-Ⅱ』では、井伊直政に対して「新入り」と呼び、厳しく接しながらもその成長を楽しみにしている先輩という新たな一面が描かれている。
なお、稲姫が信之に嫁いだ件については、納得しつつも一抹の寂しさを感じているようで、『戦国無双4-Ⅱ』の「無双演武」で井伊直政に「寂しいんですか」とツッコまれる場面がある。さらに『戦国無双4-Ⅱ』のDLCシナリオでは「娘に活をいれるため」という名目で天下一の夫婦を決める合戦を催している。ちなみにこの件でも直政にツッコミを入れられていた。

稲姫(いなひめ)

身長:165cm 武器:和弓 アクションタイプ: 無双奥義:純 無双秘奥義:爽 CV:大本眞基子

本多忠勝の娘で、父譲りの勇敢さと武芸の才を持ち、父と共に戦場を駆ける姫武将。父・忠勝を心の底から尊敬し、自らの目標としている。後に徳川家康の養女として真田信之に嫁ぐことになる。真面目で礼儀正しく、裏表のない性格をしており、直情的なところがあるが、女性らしい奥ゆかしさも持ち合わせている。一方で天然なところがあり、他人との会話では妙な勘違いをして相手を驚かせることもある。
これまでは「本多忠勝の娘」「徳川軍の武将」「真田幸村の義姉」という描写が多かったが、本作では後に夫となる真田信之の登場により、妻としての一面が多く描かれるようになった。真田信之とは敵として出会ったため、当初は厳しい態度で接していたが、夫婦となってからは信之を深く愛するようになる。それゆえに、後に信之と幸村の兄弟が敵味方に分かれてしまったことに苦悩する。
まっすぐな性格ゆえに、主君の家康が戦場で冷酷な判断を下すことに抗議しようとして、忠勝に止められる場面がある。激昂した稲姫を止めるのは忠勝でも容易ではないらしく、井伊直虎に助力を乞うほどだった。
ちなみに『戦国無双4-Ⅱ』のガラシャが主人公のシナリオでは、ガラシャの勧誘を受けて直虎達と共にガラシャの旅に付き合うことになる。

徳川家康(とくがわ いえやす)

身長:168cm 武器:筒槍 アクションタイプ:通常攻撃タイプ 無双奥義:将 無双秘奥義:統 CV:中田譲治

織田信長、豊臣秀吉と共に「戦国の三傑」に数えられる、東国の戦国大名にして江戸幕府初代将軍。秀吉の死後天下人となり、戦国乱世を終わらせた。
当初は弱小勢力で何かと苦労が多かった影響なのか、思慮深く忍耐強い性格で、家臣達に対しても心配りを見せる仁君。当初はただ家を守るために汲々としていたが、三方ヶ原での大敗をきっかけに「泰平の世を作る」大志を抱く。その後は清濁併せ呑む覚悟を身に着け、戦国の乱世を天下へ向かって着実に進む人物へと成長していく。
「無双演武」の「徳川の章」の主役。最後の天下人であるため、その他の「無双演武」シナリオでも重要人物として扱われることが多い。『戦国無双4-Ⅱ』の主役格である井伊直政のシナリオでは、主君であると同時に、直政の成長を見守る父親のような存在として描かれていた。
ちなみに「流浪演武」や『戦国無双4 Empires』では蜘蛛が大嫌いであることが明かされている。それも松永久秀の蜘蛛をモチーフにしている服を見ただけで、悲鳴を上げて逃げ出してしまうほどの重症である。なお、久秀によると、家康の蜘蛛嫌いは有名な話らしい。

石田三成(いしだ みつなり)

Laylah
Laylah
@Laylah

Related Articles関連記事

戦国無双 〜真田丸〜(Samurai Warriors: Spirit of Sanada)のネタバレ解説まとめ

『戦国無双 ~真田丸〜』とは、2016年11月に発売されたゲーム作品。『戦国無双』シリーズの1つで、2016年NHK大河ドラマ『真田丸』との公式タイアップ作品でもある。『戦国無双4』シリーズをベースに、真田家を中心としたストーリーとなっているのが大きな特徴。真田昌幸・幸村父子を主人公に据えた戦国乱世のドラマが展開される。また、長期戦や昼夜の概念、時間の経過による容姿の変化など、これまでにはない試みも多く採用された。

Read Article

戦国無双(Samurai Warriors)のネタバレ解説まとめ

『戦国無双』とは、2004年2月11日にコーエーより発売された『戦国無双』シリーズの第1作目にあたるゲーム作品。『真・三國無双』シリーズの姉妹作品でもある。舞台は日本の戦国時代、歴史に名を残す武将達が様々な戦場を駆け抜ける。各武将ごとにストーリーが分岐するマルチエンディングシステムが搭載されており、プレイヤーの行動次第で新たな歴史が紡がれる。

Read Article

戦国無双2(Samurai Warriors 2)のネタバレ解説まとめ

日本の戦国時代を舞台としたアクションゲーム『戦国無双』シリーズの第2作目にあたる作品が『戦国無双2(Samurai Warriors2)』である。群雄割拠の時代が中心であった前作に対して、本作は関ケ原の戦いを中心にした物語が展開される。後に『Empires』と『猛将伝』も発売された。 アクションやシステムなど、あらゆる面で『戦国無双』シリーズを確立した作品としても評価が高い。

Read Article

戦国無双3(Samurai Warriors 3)のネタバレ解説まとめ

『戦国無双3(Samurai Warriors 3)』とは、2009年12月に発売されたWii専用ゲーム作品で、後にPS3版も発売されている。戦国時代を舞台に、数多の武将達の物語が展開される『戦国無双』シリーズの第3作目にあたる。本作は武将達の様々な形の「絆」を中心とし、「関東三国志」「戦国の三傑」「関ヶ原の若武者」と、3つのストーリーを中心とした構成となっているのが特徴である。

Read Article

真・三國無双3(Dynasty Warriors 4)のネタバレ解説まとめ

『真・三國無双3』とは、コーエー(現・コーエーテクモゲームス)から2003年2月に発売されたゲームソフトで、『真・三國無双』シリーズの第3作目にあたる。 プレイヤーは一人の武将となり自軍の勝利を目指す。使用可能武将は42人。前作の無双モードが武将別だったのに対して、今作の無双モードは勢力別になっており、プレイヤー武将を途中で変更できる仕様となっているのが大きな特徴である。

Read Article

真・三國無双6(Dynasty Warriors 7)のネタバレ解説まとめ

『真・三國無双6』は、2011年3月にコーエーテクモゲームスから発売された『真・三國無双』シリーズの第6作目の作品である。 これまでは魏・蜀・呉の三国を中心に描かれてきたが、本作でついに史実で三国時代を終わらせた第4の国・晋が登場。それに伴い、過去作ではあまり描かれてこなかった『三国志』後半の物語にも焦点が当てられている。武将も大幅に増加し、参戦武将は過去最多の62名となった。

Read Article

真・三國無双8(Dynasty Warriors 9)のネタバレ解説まとめ

『真・三國無双8』とは、『三国志』に登場する武将達を操作し、物語を展開していくアクションゲーム『真・三國無双』シリーズの第8作目にあたるゲーム作品。ナンバリングタイトルとしては約5年ぶりの作品となる。本作最大の特徴は、『無双』シリーズでは初となるオープンワールドシステムの採用である。今回の武将の追加で、ついにプレイ可能な無双武将が90人を超えた。メインモードは各武将ごとにシナリオが分かれ、その生涯を追う形で各自のストーリーを進めていくスタイルである。

Read Article

真・三國無双4(Dynasty Warriors 5)のネタバレ解説まとめ

『真・三國無双4』は、『三国志』に登場する武将を操作して自軍を勝利に導くアクションゲーム『真・三國無双』シリーズの第4作目にあたるゲーム作品である。使用可能な武将は48人で、各武将ごとに無双モードが設定されている。また、新描写エンジンの導入により、かねてからの問題であったステルスや処理落ちも大幅に改善され、より一騎当千の快感を味わえるようになった。

Read Article

真・三國無双5(Dynasty Warriors 6)のネタバレ解説まとめ

『真・三國無双5』とは、2007年11月にコーエー(現・コーエーテクモゲームス)から発売された『三国志』を題材としたゲーム『真・三國無双』シリーズの第5作目。シリーズ初のPS3用ゲーム作品である。 新媒体になったことで、キャラクタービジュアルやアクションシステムの大幅な刷新、戦略要素の強化などこれまでにない試みがなされた。シリーズの転換期としてあらゆる面で様々な実験が施された作品ともいえる。

Read Article

真・三國無双2(Dynasty Warriors 3)のネタバレ解説まとめ

「真・三國無双2」は、2001年にコーエー(現・コーエーテクモゲームス)から発売されたアクションゲームで、真・三國無双シリーズの第2作目にあたる。前作の不満点を解消、大幅にパワーアップさせた内容で大ヒットを記録した。「三国志」に登場する武将達を基にした使用キャラは41人。選んだ武将で自軍を勝利に導き、三国統一を目指すのが一番の目的である。

Read Article

無双OROCHI(Warriors Orochi)のネタバレ解説まとめ

『無双OROCHI』とは、コーエーが『無双』シリーズ10周年記念作として発売したアクションゲーム作品。『真・三國無双』シリーズと『戦国無双』シリーズとのクロスオーバー作品で、本作のオリジナルキャラクターを含め、70人以上の武将達を操作できるのが大きな特徴である。三國と戦国との共演はファンに好評で、後に続編の『無双OROCHI 魔王再臨』が発売された。突如出現した魔王・遠呂智によって融合した三國と戦国の世界。三國・戦国の武将達は共闘・対立を繰り返しながらも、やがて遠呂智打倒のために団結していく。

Read Article

真・三國無双(Dynasty Warriors 2)のネタバレ解説まとめ

真・三國無双(Dynasty Warriors 2)とは、2000年8月にコーエー(現・コーエーテクモゲームス)から発売されたゲームソフトで、真・三國無双シリーズの第1作目である。ジャンルはアクションゲーム。 中国の古典「三国志」に登場する武将を操作し、自軍を勝利に導いていく。1人で複数の敵をなぎ倒す「一騎当千」のアクションが最大の特徴であり、魅力である。

Read Article

無双☆スターズ(Warriors All-Stars)のネタバレ解説まとめ

『無双☆スターズ』とは、コーエーテクモゲームスが2017年3月に発売したゲーム作品。同社のブランドタイトルのキャラクター達が共闘するオールスターゲームでもある。舞台はとある異世界。ある日突然、異世界へ召喚された英雄達は、それぞれが協力を乞う3人の王族と出会う。そして英雄達は、見知らぬ世界での三つ巴の争いに巻き込まれていくのだった。マルチエンディングを採用しているため、物語の展開と結末はプレイヤーの選択次第という点も、本作の大きな特徴である。

Read Article

真・三國無双7(Dynasty Warriors 8)のネタバレ解説まとめ

『三国志』に登場する武将達を操作して数多の戦場を駆けるコーエーテクモゲームスの『真・三國無双』シリーズ。その第7作目の作品が本作である。後に『真・三國無双7 猛将伝』とセットになった『真・三國無双7with猛将伝』が、シリーズ初のPS4版として発売された。 基本のストーリーは史実通りだが、プレイヤーの行動次第でIFルートへ進めるのが本作の大きな特徴である。登場する武将も過去最多の77名となった。

Read Article

【真・三國無双】大ヒットタイトル、『無双』シリーズの派生作品まとめ【戦国無双】

コーエーの大ヒット作品であり、『無双アクション』というジャンルを確立した人気作品、「真・三國無双」シリーズの派生作品まとめ。 全ての始まりとなった『真・三國無双』から、PS3で発売された『TROY無双』、人気マンガとのコラボ作品である『北斗無双』や『ゼルダ無双』を紹介しています。

Read Article

目次 - Contents