戦国無双4(Samurai Warriors 4)のネタバレ解説まとめ

『戦国無双4(Samurai Warriors 4)』とは、2014年3月に発売された『戦国無双』シリーズの第4作目にあたるPS3用ゲーム作品。戦国時代を舞台に数多の武将が活躍する同シリーズの10周年記念作品でもある。後にPS4版も発売された。シリーズの主人公・真田幸村と、本作が初参戦となる幸村の兄・信之の絆と相克を中心に、様々なドラマが戦国乱世に展開されていく。

身長:195cm 武器:金棒・大砲 アクションタイプ:チャージ攻撃タイプ 無双奥義:壊 無双秘奥義:爆 CV:江川央生

天下の大泥棒で伊賀の抜け忍。派手好きで荒っぽく、わがままなところもあるが、能天気でお調子者な性格のため、憎まれることは少ない。阿国に惚れており、前田慶次をライバル視している。
『戦国無双』以降、ナンバリング作品にはほとんど登場していなかったが本作で復活を果たした無双武将。ただし「無双演武」では彼を操作する機会はなく、どちらかというと「流浪演武」のほうがメインとなるキャラクターである。

上杉謙信(うえすぎ けんしん)

身長:198cm 武器:七支刀 アクションタイプ:通常攻撃タイプ 無双奥義:仏 無双秘奥義:毘 CV:中田譲治

越後国の戦国大名で、「越後の龍」「軍神」などの異名を持つ。毘沙門天を崇拝し、強敵との闘争を至上の愉悦とする生粋の武人であり軍略家。甲斐国の戦国大名・武田信玄とは度々衝突するが、互いに実力を認め合う間柄でもあり、謙信も信玄を「宿敵」と呼び、彼との闘争を愉しみにしている。
本作では北条氏康との和議の条件として彼の息子・北条三郎を引き取る。親に捨てられたと絶望する三郎を姉の綾御前と共に諭し、自身の昔の名前である「上杉景虎」の名前を与えて家族として迎え入れた。しかしその後、謙信は病気によって急逝。謙信が生前に後継者を決めていなかったことから、謙信の甥の上杉景勝と景虎との間で後継者争い(御館の乱)が勃発してしまう。

お市(おいち)

身長:162cm 武器:連環輪 アクションタイプ:チャージ攻撃タイプ 無双奥義:憐 無双秘奥義:凜 CV:前田愛

織田信長の妹。兄を見て育っているため、戦を「必要悪」と理解しているが、心の底では「戦のない世の中」を望んでいる。美しく心優しい女性であることから彼女に憧れる男性は多い。ナンバリングごとに成長し、性格や年齢などの設定が変わるキャラクターの1人でもある。
政略結婚によって近江の大名・浅井長政に嫁ぐ。長政とは非常に仲睦まじい夫婦であったが、やがて兄と夫は対立。最終的に夫と死別することになる。その後は信長の家臣・柴田勝家と再婚するが、今度は信長死後の政権の指針を巡って勝家と秀吉が対立してしまう。

本作では年齢設定は前作とあまり変わらないが、藤堂高虎や大谷吉継などの浅井家と縁のある若者達から母のように慕われている設定が追加された。お市自身も彼らのことを気づかい、『戦国無双4-Ⅱ』の高虎のシナリオでは、良い主君に出会えずにいる彼のために秀吉の弟・秀長に仕官できるよう取り計らっている。「無双演武」の基本的なストーリーでは秀吉に敗れた勝家と共に自害して果てるが、『戦国無双4-Ⅱ』のガラシャが主役のシナリオでは、ガラシャの介入により、勝家と共に新たな人生を歩むことになる。

阿国(おくに)

身長:172cm 武器:番傘 アクションタイプ:チャージ攻撃タイプ 無双奥義:舞 無双秘奥義:麗 CV:山崎和佳奈

出雲の巫女だが流暢な京都弁を話す美女。類まれな舞の名手で、出雲大社勧進のために諸国を巡業する。明るく前向きで面倒見が良い性格と柔らかい雰囲気とを併せ持ち、誰からも好かれている。一方でやたらと惚れっぽく、いい男を見るとすぐに出雲に連れ帰ろうとする悪癖を持つ。綺麗な女性や可愛い女の子も好きなので、場合によっては女性に対してもこの悪癖が出ることがある。
本作の「無双演武」ではあまり出番がなく、「流浪演武」がメインとなるキャラクターである。『戦国無双3 猛将伝』及び『戦国無双3Z』において、鎮魂のために死ぬ運命にある武将達を出雲に誘うという、死神のような役目を持つ設定が追加された。その影響なのか「流浪演武」でも謎めいた女性として登場する。主人公の前に別の武将の姿を取って現れるなど、不思議な力を見せる場面もある。

くのいち

身長:158cm 武器:苦無 アクションタイプ:神速攻撃タイプ 無双奥義:密 無双秘奥義:瞬 CV:永島由子

『戦国無双』シリーズのオリジナルキャラクターで、真田幸村に仕える女忍者。ただし武田家が存続している間は、武田家所属の忍者という扱いになっている。口癖は「にゃん」または「にゃはん」。おちゃらけた言動が目立つが、忍者としての実力は確かで任務は忠実にこなす。
主である幸村のためならば、命がけで任務を遂行し、最後まで行動を共にするひたむきな一面を持っている。実は幸村に密かな想いを抱いているが、立場上それを口にすることはない。
なお、アニメ『戦国無双』では「月丸」というムササビが彼女の相棒兼ペットとして登場している。そのためアニメと同時期に発売された『戦国無双4-Ⅱ』に、くのいちのサポートキャラクターとして月丸が逆輸入された。くのいちの無双奥義発動時には、その可愛らしい姿を現している。

雑賀孫市(さいか まごいち)

身長:187cm 武器:火縄銃 アクションタイプ:チャージ攻撃タイプ 無双奥義:撃 無双秘奥義:衝 CV:磯部勉

紀伊の鉄砲傭兵集団・雑賀衆の頭領。基本的に金で雇われて戦闘や護衛などを務めるが、気に入らない者のためには決して戦わない。自由と女性をこよなく愛する風来坊で、豊臣秀吉とは親友の間柄である。しかし、織田信長に故郷を襲撃された件で信長を激しく憎むようになってからは、秀吉との対立も辞さない姿勢を見せた。信長死去後は秀吉との友情も復活したらしく、本作でも秀吉の依頼で伊達家に接近している。
色男を自称しているが、戦場でも女性と見れば口説くせいか、肝心の女性達には「ナンパ男」「タラシ」と酷評されており、全くモテない。一方でガラシャのように口説く対象にしていない女性達には慕われる傾向がある。ちなみにガラシャが口説かれないのは、単に年齢的に幼過ぎるからである。

『戦国無双』から無双武将として登場している最古参キャラクターの1人で、作品ごとに微妙に立ち位置や設定が異なっている。本作では前半は反信長勢力に味方し、後半は豊臣秀吉や伊達政宗との関係を中心に描かれた。『戦国無双4-Ⅱ』では、愛する者を次々と失ってしまうことから心を閉ざした美女・小少将に関わり、彼女の心を開かせるきっかけとなる役割を果たした。
本編では割とシリアスな役目が多いが、DLCシナリオでは色男と呼ばれる男達に嫉妬して、彼らを一網打尽にするために「天下の色男決定戦」なる大会を開催したり、反対にモテない男達を集めて、皆で色男達からモテる秘訣を学び取ろうと戦を仕掛けるなど、コミカルかつ暴走キャラっぽいところが見られる。

武田信玄(たけだ しんげん)

身長:180cm 武器:軍配 アクションタイプ:特殊技タイプ 無双奥義:帥 無双秘奥義:風林火山 CV:大友龍三郎

甲斐の戦国大名。当代屈指の軍略家で「甲斐の虎」の異名を持つ。明るく快活な性格で、お茶目な台詞もよく口にする。一方で戦場においては非情さを垣間見せる。織田信長の「覇道」に対して「王道」を掲げ、天下統一を狙う。
上杉謙信からは「宿敵」と見なされており、何度も戦っているが、互いの実力は認めあっている関係でもある。北条氏康からは「胡散臭い」と酷評されているが、やはりこちらも互いの実力は認めあっている。その人柄と器量から家臣達にも非常に慕われており、真田信之・幸村兄弟からも深く敬愛されている。その軍略と人生観は、真田兄弟に大きな影響を与えた。

「無双演武」では真田兄弟の主君として登場する。若く才能あふれる2人に大いに期待する一方で、川中島の戦いで自分を守って戦死した弟・武田信繁と似た部分を幸村に見出し、「自分の弟のように、信念のために自身の命を投げ出してしまう運命を辿るのではないか」とその将来を案じていた。幸村を信繁のような目に遭わせないためにも早く乱世を終わらせようとしていたが、史実と同様に病に倒れてしまう。
なお、史実の幸村の本名「信繁」は、この信玄の実弟・武田信繁にあやかって名づけられたとも言われている。

伊達政宗(だて まさむね)

身長:174cm 武器:陣太刀・二挺拳銃 アクションタイプ:神速攻撃タイプ 無双奥義:乱 無双秘奥義:竜 CV:檜山修之

奥州の戦国大名。幼い頃に右目を失い、その風貌から「独眼竜」と呼ばれている。奥州を統一し、さらには天下統一を狙う若き野心家。お市と同じく、作品ごとに成長しているキャラクターでもある。生意気かつ自信過剰な性格で、シリーズ共通で不遜な物言いが多く「馬鹿め!」が口癖。しかし本質的には明るく素直なところもあり、何よりも真っすぐな信念を心底に秘めている。その野心の大きさと激しい気性と、勝利のためには奸策を用いることも躊躇しないことから、義と愛を重んじる直江兼続とは犬猿の仲である。ただし、互いに実力は認めている。

本作の「無双演武」では、天下取りよりも奥州の民を守るという意志を強調されている。また、前作と同じく人質に取られた父・輝宗を殺してしまった件で苦悩する姿も描かれた。その他、特筆すべき点としては、本作から登場した片倉小十郎との主従関係を中心に描かれていることが挙げられる。『戦国無双4-Ⅱ』でも小十郎が主役のシナリオにおいて、2人の強固な信頼関係が描かれていた。

濃姫(のうひめ)

Laylah
Laylah
@Laylah

Related Articles関連記事

戦国無双 〜真田丸〜(Samurai Warriors: Spirit of Sanada)のネタバレ解説まとめ

『戦国無双 ~真田丸〜』とは、2016年11月に発売されたゲーム作品。『戦国無双』シリーズの1つで、2016年NHK大河ドラマ『真田丸』との公式タイアップ作品でもある。『戦国無双4』シリーズをベースに、真田家を中心としたストーリーとなっているのが大きな特徴。真田昌幸・幸村父子を主人公に据えた戦国乱世のドラマが展開される。また、長期戦や昼夜の概念、時間の経過による容姿の変化など、これまでにはない試みも多く採用された。

Read Article

戦国無双(Samurai Warriors)のネタバレ解説まとめ

『戦国無双』とは、2004年2月11日にコーエーより発売された『戦国無双』シリーズの第1作目にあたるゲーム作品。『真・三國無双』シリーズの姉妹作品でもある。舞台は日本の戦国時代、歴史に名を残す武将達が様々な戦場を駆け抜ける。各武将ごとにストーリーが分岐するマルチエンディングシステムが搭載されており、プレイヤーの行動次第で新たな歴史が紡がれる。

Read Article

戦国無双2(Samurai Warriors 2)のネタバレ解説まとめ

日本の戦国時代を舞台としたアクションゲーム『戦国無双』シリーズの第2作目にあたる作品が『戦国無双2(Samurai Warriors2)』である。群雄割拠の時代が中心であった前作に対して、本作は関ケ原の戦いを中心にした物語が展開される。後に『Empires』と『猛将伝』も発売された。 アクションやシステムなど、あらゆる面で『戦国無双』シリーズを確立した作品としても評価が高い。

Read Article

戦国無双3(Samurai Warriors 3)のネタバレ解説まとめ

『戦国無双3(Samurai Warriors 3)』とは、2009年12月に発売されたWii専用ゲーム作品で、後にPS3版も発売されている。戦国時代を舞台に、数多の武将達の物語が展開される『戦国無双』シリーズの第3作目にあたる。本作は武将達の様々な形の「絆」を中心とし、「関東三国志」「戦国の三傑」「関ヶ原の若武者」と、3つのストーリーを中心とした構成となっているのが特徴である。

Read Article

真・三國無双3(Dynasty Warriors 4)のネタバレ解説まとめ

『真・三國無双3』とは、コーエー(現・コーエーテクモゲームス)から2003年2月に発売されたゲームソフトで、『真・三國無双』シリーズの第3作目にあたる。 プレイヤーは一人の武将となり自軍の勝利を目指す。使用可能武将は42人。前作の無双モードが武将別だったのに対して、今作の無双モードは勢力別になっており、プレイヤー武将を途中で変更できる仕様となっているのが大きな特徴である。

Read Article

真・三國無双6(Dynasty Warriors 7)のネタバレ解説まとめ

『真・三國無双6』は、2011年3月にコーエーテクモゲームスから発売された『真・三國無双』シリーズの第6作目の作品である。 これまでは魏・蜀・呉の三国を中心に描かれてきたが、本作でついに史実で三国時代を終わらせた第4の国・晋が登場。それに伴い、過去作ではあまり描かれてこなかった『三国志』後半の物語にも焦点が当てられている。武将も大幅に増加し、参戦武将は過去最多の62名となった。

Read Article

真・三國無双8(Dynasty Warriors 9)のネタバレ解説まとめ

『真・三國無双8』とは、『三国志』に登場する武将達を操作し、物語を展開していくアクションゲーム『真・三國無双』シリーズの第8作目にあたるゲーム作品。ナンバリングタイトルとしては約5年ぶりの作品となる。本作最大の特徴は、『無双』シリーズでは初となるオープンワールドシステムの採用である。今回の武将の追加で、ついにプレイ可能な無双武将が90人を超えた。メインモードは各武将ごとにシナリオが分かれ、その生涯を追う形で各自のストーリーを進めていくスタイルである。

Read Article

真・三國無双4(Dynasty Warriors 5)のネタバレ解説まとめ

『真・三國無双4』は、『三国志』に登場する武将を操作して自軍を勝利に導くアクションゲーム『真・三國無双』シリーズの第4作目にあたるゲーム作品である。使用可能な武将は48人で、各武将ごとに無双モードが設定されている。また、新描写エンジンの導入により、かねてからの問題であったステルスや処理落ちも大幅に改善され、より一騎当千の快感を味わえるようになった。

Read Article

真・三國無双5(Dynasty Warriors 6)のネタバレ解説まとめ

『真・三國無双5』とは、2007年11月にコーエー(現・コーエーテクモゲームス)から発売された『三国志』を題材としたゲーム『真・三國無双』シリーズの第5作目。シリーズ初のPS3用ゲーム作品である。 新媒体になったことで、キャラクタービジュアルやアクションシステムの大幅な刷新、戦略要素の強化などこれまでにない試みがなされた。シリーズの転換期としてあらゆる面で様々な実験が施された作品ともいえる。

Read Article

真・三國無双2(Dynasty Warriors 3)のネタバレ解説まとめ

「真・三國無双2」は、2001年にコーエー(現・コーエーテクモゲームス)から発売されたアクションゲームで、真・三國無双シリーズの第2作目にあたる。前作の不満点を解消、大幅にパワーアップさせた内容で大ヒットを記録した。「三国志」に登場する武将達を基にした使用キャラは41人。選んだ武将で自軍を勝利に導き、三国統一を目指すのが一番の目的である。

Read Article

無双OROCHI(Warriors Orochi)のネタバレ解説まとめ

『無双OROCHI』とは、コーエーが『無双』シリーズ10周年記念作として発売したアクションゲーム作品。『真・三國無双』シリーズと『戦国無双』シリーズとのクロスオーバー作品で、本作のオリジナルキャラクターを含め、70人以上の武将達を操作できるのが大きな特徴である。三國と戦国との共演はファンに好評で、後に続編の『無双OROCHI 魔王再臨』が発売された。突如出現した魔王・遠呂智によって融合した三國と戦国の世界。三國・戦国の武将達は共闘・対立を繰り返しながらも、やがて遠呂智打倒のために団結していく。

Read Article

真・三國無双(Dynasty Warriors 2)のネタバレ解説まとめ

真・三國無双(Dynasty Warriors 2)とは、2000年8月にコーエー(現・コーエーテクモゲームス)から発売されたゲームソフトで、真・三國無双シリーズの第1作目である。ジャンルはアクションゲーム。 中国の古典「三国志」に登場する武将を操作し、自軍を勝利に導いていく。1人で複数の敵をなぎ倒す「一騎当千」のアクションが最大の特徴であり、魅力である。

Read Article

無双☆スターズ(Warriors All-Stars)のネタバレ解説まとめ

『無双☆スターズ』とは、コーエーテクモゲームスが2017年3月に発売したゲーム作品。同社のブランドタイトルのキャラクター達が共闘するオールスターゲームでもある。舞台はとある異世界。ある日突然、異世界へ召喚された英雄達は、それぞれが協力を乞う3人の王族と出会う。そして英雄達は、見知らぬ世界での三つ巴の争いに巻き込まれていくのだった。マルチエンディングを採用しているため、物語の展開と結末はプレイヤーの選択次第という点も、本作の大きな特徴である。

Read Article

真・三國無双7(Dynasty Warriors 8)のネタバレ解説まとめ

『三国志』に登場する武将達を操作して数多の戦場を駆けるコーエーテクモゲームスの『真・三國無双』シリーズ。その第7作目の作品が本作である。後に『真・三國無双7 猛将伝』とセットになった『真・三國無双7with猛将伝』が、シリーズ初のPS4版として発売された。 基本のストーリーは史実通りだが、プレイヤーの行動次第でIFルートへ進めるのが本作の大きな特徴である。登場する武将も過去最多の77名となった。

Read Article

【真・三國無双】大ヒットタイトル、『無双』シリーズの派生作品まとめ【戦国無双】

コーエーの大ヒット作品であり、『無双アクション』というジャンルを確立した人気作品、「真・三國無双」シリーズの派生作品まとめ。 全ての始まりとなった『真・三國無双』から、PS3で発売された『TROY無双』、人気マンガとのコラボ作品である『北斗無双』や『ゼルダ無双』を紹介しています。

Read Article

目次 - Contents