戦国無双4(Samurai Warriors 4)のネタバレ解説まとめ

『戦国無双4(Samurai Warriors 4)』とは、2014年3月に発売された『戦国無双』シリーズの第4作目にあたるPS3用ゲーム作品。戦国時代を舞台に数多の武将が活躍する同シリーズの10周年記念作品でもある。後にPS4版も発売された。シリーズの主人公・真田幸村と、本作が初参戦となる幸村の兄・信之の絆と相克を中心に、様々なドラマが戦国乱世に展開されていく。

身長:188cm 武器:西洋剣・盾 アクションタイプ:通常攻撃タイプ 無双奥義:疾 無双秘奥義:風 CV:東地宏樹

九州の戦国大名・大友家に仕えた武将・高橋紹雲の嫡男だったが、男子のいなかった立花道雪に素質を見込まれ、立花家の養子となった。以降は妻の誾千代と共に立花家をまとめる。「豪勇鎮西一」「西国無双」と称されるほどの武勇と才能を持つ武将。常に余裕と気品に満ち、何事にも囚われない自由で柔軟な発想で飄々と生き抜く自由人でもある。相手をからかうような砕けた言動も多く、誾千代に対しても、からかってその反応を楽しんでいるような仕草を見せている。
本作の「無双演武」は、島津義弘や豊久との関係を中心に描かれている。関ヶ原の戦い後には、義弘に対して豊久の死を悼む言葉をかけていた。
文武に秀で、何事もそつなくこなす完璧超人のように見えるが、実は栗が大の苦手だという弱点がある。これは史実で立花家の養子となって間もない頃、山を散策中に誤って棘のついた栗を踏み抜いた時、抜いてくれるようにお付きの者に頼んだら、逆に栗を足に押し付けられたという逸話に由来している。

甲斐姫(かいひめ)

身長:165cm 武器:浪切 アクションタイプ:通常攻撃タイプ 無双奥義:華 無双秘奥義:爛 CV:鈴木真仁

北条家家臣・成田氏長の娘。類まれなる武才に恵まれた戦姫で、本人も自分の強さに誇りを持っている。非常に勝ち気で思ったことをズバズバとはっきりと言う裏表がない性格だが、根は優しく家族思い。お洒落や恋に憧れる女性らしい一面も持つ。
誰もが認める美人なのだが、男勝りな性格と高い戦闘力とが災いしているのか、異性には全くモテない。そのことを本人もかなり気にしており、周囲の人間が結婚すると落ちこんだり憤慨したりする。さらに主君の北条氏康からは「成田のせがれ」「小僧」「坊主」と呼ばれ、全く女性扱いされていない。その他にもくのいちからは「熊姫」と呼ばれるなど、まともに女性として扱われることが少ない不憫なキャラクターである。

本作では早川殿との関係を中心に描かれている。早川殿とは実の姉妹のように仲が良く、北条家と領民を守るため戦場でも共に戦っていた。北条家滅亡後は早川殿を関東に残すため、徳川家に降伏するという形をとって彼女を徳川家に庇護させ、自分は豊臣家に臣従することにした。しかしこの決断が後に2人を敵味方に分かつ結果を生んでしまう。「流浪演武」では実はお菓子作りが得意なことが判明。それもなかなかの腕前らしく、ぼた餅が大好物だという誾千代に手作りのぼた餅を振る舞うと、その味を絶賛されている。

北条氏康(ほうじょう うじやす)

身長:193cm 武器:仕込杖 アクションタイプ:通常攻撃タイプ 無双奥義:粋 無双秘奥義:獅 CV:石塚運昇

「相模の獅子」の異名を持つ戦国大名。甲斐国の武田信玄、越後国の上杉謙信と並び称される関東の雄である。性格は不敵で尊大、べらんめえ口調で辛辣な言葉を吐き捨てる毒舌家だが、自国の民や家臣を慈しみ、断固として守り抜く覚悟と度量を併せ持つ仁君でもある。妻は登場していないがかなりの愛妻家で、たびたび「かみさん」のことを口にしている。本作では、やむを得ない事情があったとはいえ、上杉家との和議で息子・三郎(上杉景虎)を人質に出したことを悔いているような描写がある。
また、本作で娘の早川殿が登場したことで、同じく娘を持つ本多忠勝や明智光秀との交流が生まれた。DLCシナリオ「世代対抗合戦」では、娘のことで相談にきた光秀をあしらおうとして、「捨てられた子犬のような目」を向けられたために断り切れず、結局協力することになるお人好しぶりを見せている。

竹中半兵衛(たけなか はんべえ)

身長:160cm 武器:羅針盤 アクションタイプ:神速攻撃タイプ 無双奥義:俊 無双秘奥義:賢 CV:庄司宇芽香

「知らぬ顔の半兵衛」の異名を持つ天才軍師。美濃国の戦国大名・斎藤家の家臣だったが、後に秀吉の配下となった。少年のようなあどけない容姿に目が行きがちだが、先見の明に優れ、戦場では神がかり的な智略を発揮する。根がめんどくさがりな性格なのもあって、「楽して勝つこと」を念頭に置いた戦法を取ることが多い。その一方で、自分の余命の少なさを自覚し、生き急いでいるような部分も目立つ。
豊臣軍に加入してからは官兵衛と行動を共にすることが多い。性格は全然違うがウマが合うらしく、官兵衛に素っ気ない態度を取られても気にせず対等に付き合っている。昔馴染みの濃姫のことは何かと気にかけているが、その夫の信長については、その苛烈過ぎる思想もあってか非常に嫌っており、彼の天下が長く続かないことも予見していた。

毛利元就(もうり もとなり)

身長:178cm 武器:矢手甲 アクションタイプ:特殊技タイプ 無双奥義:和 無双秘奥義:識 CV:石川英郎

安芸国の戦国大名。穏やかな雰囲気と性格の持ち主だが、類まれな策謀・計略の才を持ち、安芸の弱小国人領主に過ぎなかった毛利家を、中国地方最大勢力にまで育て上げた。歴史家になるのが夢で多くの歴史書を著しているが、残念ながら文才はないようで、息子の小早川隆景以外には「冗長」「つまらない」などと酷評されている。なお、隆景が父の歴史書を好むのは、彼が文字数が多い書物を好む重度の活字中毒者だからである。
本作では「無双演武」の「中国の章」で、息子・隆景と共に地方大名や織田軍を相手に知略合戦を繰り広げる。息子の参戦に合わせたのか、白髪に顎鬚など、前作よりもやや老けたデザインが採用されている。

綾御前(あやごぜん)

身長:160cm 武器:杖 アクションタイプ:通常攻撃タイプ 無双奥義:淑 無双秘奥義:聖 CV:庄司宇芽香

上杉謙信の姉で、上杉景勝の母。弟の謙信と共に上杉家を支えている。温かく包み込む慈愛と毅然とした厳格さとを併せ持ち、時に励まし、時に厳しく諭して上杉家の将兵達を導いていく。薫陶を授ける相手を跪かせたり、「うろたえ者」と言って踏みつけたりする場面があることから、ファンの間では「ドSキャラ」と呼ばれることも。
本作では弟の謙信や直江兼続の他に、北条家から引き取った上杉景虎(北条三郎)との関係も描かれている。景虎を実の息子のように可愛がり、「御館の乱」でも景虎側についたが、戦いの後で「助けを必要とする者を助けよ」という謙信の信念を守ったからだということが明かされる。
本編以外では濃姫や片倉小十郎と煽り合ったり、張り合ったりすることが多い。特に小十郎とは『戦国無双4-Ⅱ』でも景勝の前で煽り合いとなり、あまりの険悪さにその場にいた景勝が逃げ出してしまった。
また、大変な料理下手である。「無双演武」では景虎に手作りの笹団子をすすめたが、あの謙信が慌てて止めようとした。残念ながら間に合わず、口にした景虎は「なんの味だ!?」と叫んで盛大に咳き込んでいる。「流浪演武」でも主人公に鍋料理を作ったが、完成した料理は激臭が漂い、見た目も「冒涜的で名状しがたい」と小十郎に評されるほど凄まじい代物だった。しかも食べると綾御前の下僕に志願するという恐ろしい効果が付いているらしく、無理矢理一口食べさせられた小十郎が、その場で綾御前の下僕になることを志願していた。その後の小十郎については、後日談で綾御前にこき使われたことが語られている。

福島正則(ふくしま まさのり)

身長:190cm 武器:棘棍 アクションタイプ:チャージ攻撃タイプ 無双奥義:喧 無双秘奥義:漢 CV:藤本たかひろ

豊臣秀吉子飼いの将の1人。思い込んだら突っ走る単純な性格で、いつも深く考えずに行動してしまうため、失敗しては同じ子飼いの将である加藤清正や石田三成に叱られている。喧嘩っ早いが、人一倍人情に厚く涙もろい一面があり、どこか憎めない愛嬌の持ち主。主君の秀吉・ねね夫妻を親のように慕い、清正とは兄弟のように接する。三成とはよく衝突するが決して仲が悪い訳ではなく、内心では彼のことも家族のように想っている。
本作の「無双演武」では、ほぼ史実通り清正と共に三成と対立し、関ヶ原の戦いでは東軍に与する。しかしその後は清正に先立たれた上に徳川の圧力と時勢の流れに抗しきれず、豊臣家の滅亡を座視することに。この時、三成と袂を分かったことを心の底から悔いている。

『戦国無双4 TRESURE BOX』に同梱されているイラスト集やアニメで、リーゼント風の髷を下ろした姿を披露しているが、ファンの間で「かっこいい」と評判が良く、この姿でPC化を望む声もあるほど。しかし正則本人はこの髪型にこだわりがあるようで、『戦国無双4 Empires』では、この髪型を流行らせようと目安箱に意見を投入するイベントが用意されている。

特殊NPC

上杉景虎(うえすぎ かげとら)/北条三郎(ほうじょう さぶろう)

北条氏康の息子で、元の名前は北条三郎。後に上杉謙信の養子となる。信頼できる史料が少なく謎が多い人物だが、聡明で容姿端麗な青年だったと伝わっている。ちなみに「上杉景虎」は謙信が以前に名乗っていた名前である。
謙信が正式に後継者を決める前に急死したことから、景虎と上杉景勝との間で家督相続争いが勃発した。これを「御館の乱」という。最終的に上杉景虎が敗れ、上杉家は景勝が継ぐことになったが、この乱によって武田家と北条家との甲相同盟は事実上破綻し、以降の地域情勢にも大きな影響を及ぼした。

本作では「無双演武」の「関東の章」と「上杉の章」に登場する。特に「上杉の章」では特殊NPCながら、もう1人の主人公とも言うべき重要なポジションを務めた。当初は小田原城で家族達と共に暮らしていたが、上杉謙信の北条征伐により、和睦の人質として上杉家へ送られることに。「家族に捨てられて居場所を失った」と思い込み、自害しようとしたところを謙信と綾御前に止められる。その後は養子として自分を温かく迎え入れ、新しい居場所をくれた2人の恩義に報いるために奮闘する。景勝とは最初は対抗意識もあってあまり仲が良くなかったが、次第に共に上杉家を支える若き将としての意識が芽生えていった。だがその矢先に謙信が倒れたことで御家騒動に巻き込まれていく。『戦国無双4-Ⅱ』では少し展開が異なり、北条家のために自分から養子にいくことを申し出ている。
特殊NPCなので「無双演武」での操作は不可能だが、「流浪演武」の場合は特定の条件をクリアして仲間にすると、パートナー武将として使用可能になる。

Laylah
Laylah
@Laylah

Related Articles関連記事

戦国無双 〜真田丸〜(Samurai Warriors: Spirit of Sanada)のネタバレ解説まとめ

『戦国無双 ~真田丸〜』とは、2016年11月に発売されたゲーム作品。『戦国無双』シリーズの1つで、2016年NHK大河ドラマ『真田丸』との公式タイアップ作品でもある。『戦国無双4』シリーズをベースに、真田家を中心としたストーリーとなっているのが大きな特徴。真田昌幸・幸村父子を主人公に据えた戦国乱世のドラマが展開される。また、長期戦や昼夜の概念、時間の経過による容姿の変化など、これまでにはない試みも多く採用された。

Read Article

戦国無双(Samurai Warriors)のネタバレ解説まとめ

『戦国無双』とは、2004年2月11日にコーエーより発売された『戦国無双』シリーズの第1作目にあたるゲーム作品。『真・三國無双』シリーズの姉妹作品でもある。舞台は日本の戦国時代、歴史に名を残す武将達が様々な戦場を駆け抜ける。各武将ごとにストーリーが分岐するマルチエンディングシステムが搭載されており、プレイヤーの行動次第で新たな歴史が紡がれる。

Read Article

戦国無双2(Samurai Warriors 2)のネタバレ解説まとめ

日本の戦国時代を舞台としたアクションゲーム『戦国無双』シリーズの第2作目にあたる作品が『戦国無双2(Samurai Warriors2)』である。群雄割拠の時代が中心であった前作に対して、本作は関ケ原の戦いを中心にした物語が展開される。後に『Empires』と『猛将伝』も発売された。 アクションやシステムなど、あらゆる面で『戦国無双』シリーズを確立した作品としても評価が高い。

Read Article

戦国無双3(Samurai Warriors 3)のネタバレ解説まとめ

『戦国無双3(Samurai Warriors 3)』とは、2009年12月に発売されたWii専用ゲーム作品で、後にPS3版も発売されている。戦国時代を舞台に、数多の武将達の物語が展開される『戦国無双』シリーズの第3作目にあたる。本作は武将達の様々な形の「絆」を中心とし、「関東三国志」「戦国の三傑」「関ヶ原の若武者」と、3つのストーリーを中心とした構成となっているのが特徴である。

Read Article

真・三國無双3(Dynasty Warriors 4)のネタバレ解説まとめ

『真・三國無双3』とは、コーエー(現・コーエーテクモゲームス)から2003年2月に発売されたゲームソフトで、『真・三國無双』シリーズの第3作目にあたる。 プレイヤーは一人の武将となり自軍の勝利を目指す。使用可能武将は42人。前作の無双モードが武将別だったのに対して、今作の無双モードは勢力別になっており、プレイヤー武将を途中で変更できる仕様となっているのが大きな特徴である。

Read Article

真・三國無双6(Dynasty Warriors 7)のネタバレ解説まとめ

『真・三國無双6』は、2011年3月にコーエーテクモゲームスから発売された『真・三國無双』シリーズの第6作目の作品である。 これまでは魏・蜀・呉の三国を中心に描かれてきたが、本作でついに史実で三国時代を終わらせた第4の国・晋が登場。それに伴い、過去作ではあまり描かれてこなかった『三国志』後半の物語にも焦点が当てられている。武将も大幅に増加し、参戦武将は過去最多の62名となった。

Read Article

真・三國無双8(Dynasty Warriors 9)のネタバレ解説まとめ

『真・三國無双8』とは、『三国志』に登場する武将達を操作し、物語を展開していくアクションゲーム『真・三國無双』シリーズの第8作目にあたるゲーム作品。ナンバリングタイトルとしては約5年ぶりの作品となる。本作最大の特徴は、『無双』シリーズでは初となるオープンワールドシステムの採用である。今回の武将の追加で、ついにプレイ可能な無双武将が90人を超えた。メインモードは各武将ごとにシナリオが分かれ、その生涯を追う形で各自のストーリーを進めていくスタイルである。

Read Article

真・三國無双4(Dynasty Warriors 5)のネタバレ解説まとめ

『真・三國無双4』は、『三国志』に登場する武将を操作して自軍を勝利に導くアクションゲーム『真・三國無双』シリーズの第4作目にあたるゲーム作品である。使用可能な武将は48人で、各武将ごとに無双モードが設定されている。また、新描写エンジンの導入により、かねてからの問題であったステルスや処理落ちも大幅に改善され、より一騎当千の快感を味わえるようになった。

Read Article

真・三國無双5(Dynasty Warriors 6)のネタバレ解説まとめ

『真・三國無双5』とは、2007年11月にコーエー(現・コーエーテクモゲームス)から発売された『三国志』を題材としたゲーム『真・三國無双』シリーズの第5作目。シリーズ初のPS3用ゲーム作品である。 新媒体になったことで、キャラクタービジュアルやアクションシステムの大幅な刷新、戦略要素の強化などこれまでにない試みがなされた。シリーズの転換期としてあらゆる面で様々な実験が施された作品ともいえる。

Read Article

真・三國無双2(Dynasty Warriors 3)のネタバレ解説まとめ

「真・三國無双2」は、2001年にコーエー(現・コーエーテクモゲームス)から発売されたアクションゲームで、真・三國無双シリーズの第2作目にあたる。前作の不満点を解消、大幅にパワーアップさせた内容で大ヒットを記録した。「三国志」に登場する武将達を基にした使用キャラは41人。選んだ武将で自軍を勝利に導き、三国統一を目指すのが一番の目的である。

Read Article

無双OROCHI(Warriors Orochi)のネタバレ解説まとめ

『無双OROCHI』とは、コーエーが『無双』シリーズ10周年記念作として発売したアクションゲーム作品。『真・三國無双』シリーズと『戦国無双』シリーズとのクロスオーバー作品で、本作のオリジナルキャラクターを含め、70人以上の武将達を操作できるのが大きな特徴である。三國と戦国との共演はファンに好評で、後に続編の『無双OROCHI 魔王再臨』が発売された。突如出現した魔王・遠呂智によって融合した三國と戦国の世界。三國・戦国の武将達は共闘・対立を繰り返しながらも、やがて遠呂智打倒のために団結していく。

Read Article

真・三國無双(Dynasty Warriors 2)のネタバレ解説まとめ

真・三國無双(Dynasty Warriors 2)とは、2000年8月にコーエー(現・コーエーテクモゲームス)から発売されたゲームソフトで、真・三國無双シリーズの第1作目である。ジャンルはアクションゲーム。 中国の古典「三国志」に登場する武将を操作し、自軍を勝利に導いていく。1人で複数の敵をなぎ倒す「一騎当千」のアクションが最大の特徴であり、魅力である。

Read Article

無双☆スターズ(Warriors All-Stars)のネタバレ解説まとめ

『無双☆スターズ』とは、コーエーテクモゲームスが2017年3月に発売したゲーム作品。同社のブランドタイトルのキャラクター達が共闘するオールスターゲームでもある。舞台はとある異世界。ある日突然、異世界へ召喚された英雄達は、それぞれが協力を乞う3人の王族と出会う。そして英雄達は、見知らぬ世界での三つ巴の争いに巻き込まれていくのだった。マルチエンディングを採用しているため、物語の展開と結末はプレイヤーの選択次第という点も、本作の大きな特徴である。

Read Article

真・三國無双7(Dynasty Warriors 8)のネタバレ解説まとめ

『三国志』に登場する武将達を操作して数多の戦場を駆けるコーエーテクモゲームスの『真・三國無双』シリーズ。その第7作目の作品が本作である。後に『真・三國無双7 猛将伝』とセットになった『真・三國無双7with猛将伝』が、シリーズ初のPS4版として発売された。 基本のストーリーは史実通りだが、プレイヤーの行動次第でIFルートへ進めるのが本作の大きな特徴である。登場する武将も過去最多の77名となった。

Read Article

【真・三國無双】大ヒットタイトル、『無双』シリーズの派生作品まとめ【戦国無双】

コーエーの大ヒット作品であり、『無双アクション』というジャンルを確立した人気作品、「真・三國無双」シリーズの派生作品まとめ。 全ての始まりとなった『真・三國無双』から、PS3で発売された『TROY無双』、人気マンガとのコラボ作品である『北斗無双』や『ゼルダ無双』を紹介しています。

Read Article

目次 - Contents