戦国無双4(Samurai Warriors 4)のネタバレ解説まとめ

『戦国無双4(Samurai Warriors 4)』とは、2014年3月に発売された『戦国無双』シリーズの第4作目にあたるPS3用ゲーム作品。戦国時代を舞台に数多の武将が活躍する同シリーズの10周年記念作品でもある。後にPS4版も発売された。シリーズの主人公・真田幸村と、本作が初参戦となる幸村の兄・信之の絆と相克を中心に、様々なドラマが戦国乱世に展開されていく。

黒夢 / 「Reverb」 MUSIC VIDEO (Short ver.)

『戦国無双4』主題歌は黒夢の『Reverb』。18枚目のシングルとして2014年3月26日にavex traxから発売された。完全生産限定版のCD+Blu-ray、CD+DVD、CD ONLYの3形態がある。
初回封入特典は「戦国無双4×黒夢スペシャルプロダクトコード」。『戦国無双4』プレイ時に使用すると、特典アイテム「黒い羽」と、戦闘中のBGMとして『Reverb』を使用できる機能が付加される。ただしダウンロード期限(2015年3月25日)は既に終了している。

初回封入特典のスペシャルプロダクトコードで使用可能となる特典アイテムの「黒い羽」。ゲームでは携帯道具として使用する。
無双奥義発動可能な状態でこのアイテムを使用すると、一定時間攻撃に敵武将には一定のダメージ、一般兵にはランダムで即死効果を与える「修羅属性」と、攻撃時に敵の体力を吸収する「夜叉属性」が付加される。

『戦-ikusa』(戦国無双4-Ⅱ)

和楽器バンド / 「戦-ikusa-」/Wagakki Band「Ikusa」Music Video

『戦国無双4-Ⅱ』の主題歌は和楽器バンドの『戦-ikusa-』。2015年2月25日に『戦-ikusa-/なでしこ桜』のタイトルでミュージックビデオが発売された。DVD版とBlu-ray版の両方がある。さらに未発表曲及び未公開LIVE映像となる『星月夜』を収録したAmazon限定盤や、3Dジャケット仕様で特製オリジナル扇子が付いたスペシャル盤も同時に発売された。
なお『戦-ikusa-』はTVアニメ『戦国無双』のOPとしても採用されており、同時収録の『なでしこ桜』も同アニメのEDとして採用されている。

ゲームの特典は『戦国無双4-Ⅱ』×和楽器バンド スペシャルプロダクトコード。『戦国無双4-Ⅱ』で使用すると、特典武器「艶扇鈴華」が使用可能となる。「艶扇鈴華」は『戦-ikusa-』のミュージックビデオ内でボーカルの鈴華ゆう子氏が使用している扇子をモチーフにデザインされており、石田三成とエディット武将が装備可能な武器である。さらに『戦-ikusa-』を戦闘中のBGMとして使用できる。

スペシャルプロダクトコードで入手できる特典武器「艶扇鈴華」。鉄扇を武器とする石田三成と、三成の攻撃モーションで作成したエディット武将が装備できる。特典武器だけあって、攻撃力や属性効果など付加能力が非常に高い。ダウンロード期限(2015年2月24日から2016年2月24日)が既に終了しているため、現在は入手不可能である。

TVアニメ

『戦国無双SP~真田の章~』

『戦国無双』シリーズ10周年を記念して、『無双』シリーズとしては初となるアニメ化が実現した。その最初の作品が『戦国無双SP~真田の章~』である。2014年3月21日に、テレビ東京系列6局で特別番組として放送された。内容は『戦国無双4』のストーリーを元にしたものとなっており、真田信之・幸村の兄弟を中心に、「第一次上田城の戦い」に至る過程が描かれている。主題歌は『戦国無双4』と同じく黒夢の『Reverb』。また『無双』シリーズは、ナンバリング作品の最新作はゲームソフトのみの通常版と、ゲームソフトに様々なグッズが付く豪華版とを同時に発売しているが、今回発売した『戦国無双4』の豪華版である『戦国無双4 アニメBOX』と『戦国無双4 TRESURE BOX』に、本作がBlu-ray Discとして収録されている。
さらに2014年12月4日に、このアニメ作品のみのものが発売された。ちなみに初回限定特典は特製アニメセル画カード3種である。

『戦国無双』

『戦国無双』PV

2015年1月から3月にかけて、TVアニメシリーズとしてテレビ東京などで放送されたアニメ作品。『戦国無双SP~真田の章~』と同じく『戦国無双』シリーズ10周年記念として制作された。真田兄弟を中心に、「小田原征伐」から「大坂夏の陣」までの戦いが描かれている。また、『戦国無双4-Ⅱ』の発売に先駆けて井伊直政が登場し、アニメオリジナルキャラクターとして徳川秀忠と豊臣秀頼が登場した。
OP・ED共に和楽器バンドが担当している。OPは『戦国無双4-Ⅱ』の主題歌でもある『戦-ikusa-』、EDは『なでしこ桜』である。

『ダービー無双』

異常に高いクオリティと、無双武将達の口から馬の名前や現代語が飛び出すシュールさがファンに大受けで「公式が病気」とも評された。

2014年6月1日に開催された『日本ダービー』を記念して制作された、JRA(日本中央競馬会)と『戦国無双4』とのコラボ企画によるブラウザゲーム。府中・東京競馬場を舞台に無双武将達が歴代のダービー馬を駆り、雑兵を倒したり、因縁ある武将達と対決する。
ゲーム中に流れるムービーは『戦国無双4』からの流用だが、台詞は本作用に新規録音されており、武将ごとにオリジナルのシナリオとレースが用意されている。武将達が駆る馬もディープインパクトやオルフェーブル、ウォッカといった名馬はもちろんのこと、一昔前の名馬達も登場する。残念ながらゲームは既に終了しているが、YouTubeやニコニコ動画などの動画配信サイトで映像を視聴できる。

シナリオは織田信長がディープインパクトを駆り、浅井長政(メイショウサムソン)や明智光秀(ハーツクライ)と対決する「天下布武ダービー」や、オルフェーブルを駆る真田幸村が、兄の信之(ドリームジャーニー)や本多忠勝(シンボリルドルフ)と戦う「お家騒動ダービー」など8本。さらに特定の条件をクリアすると開放される隠しシナリオが1本存在する。
隠しシナリオは「開国ダービー」といい、このシナリオを開放すると隠しキャラクター「ペリー」が使用可能になる。ペリーが騎乗するのは実在し、日本ダービーにも出馬したことがある「クロフネ」。しかもペリーのCVを担当しているのは、10年以上前にネット上で公開され話題となった『ペリーのお願い』で独特の演技を披露した宮崎吐夢氏である。なお、「開国ダービー」に勝利すると、鎖国への道を選んだ徳川家康に対してペリーが恨み節をぶちまけるという衝撃的な内容の特典ムービー『ペリーのお願い2014』が視聴できる。

『戦国無双4』の追加武将

真田信之(さなだ のぶゆき)

身長:188cm 武器:双刀 アクションタイプ:神速攻撃タイプ 無双奥義:寛 無双秘奥義:心 CV:小野大輔

武田信玄・勝頼に仕えた武将・真田昌幸の長男で、信繁(幸村)の兄にあたる。後に本多忠勝の娘・小松姫(稲姫)を妻に娶った。夫婦仲は非常に良く、小松姫が亡くなった際には「我が家から光が消えた」と大いに悲しんだと言う。また、普段は温厚な人物だが、戦の際には常に先陣を切って進んだとも伝わっている。後に信濃上田藩の初代藩主、さらにその後に信濃松代藩の初代藩主となった。93歳という大変な長命だったことでも有名である。

本作のもう1人の主人公とも言える無双武将。物語の最初は、弟の幸村と共に武田家を支える武将として登場する。武田家滅亡後は真田家を守るために弟と共に戦い続けていたが、天下人・豊臣秀吉の死後、石田三成や直江兼続との友情から三成方についた幸村に対し、信之は徳川家康の人望と彼の持つ天下泰平への大志に共感していたことから徳川方につき、苦悩しつつも弟達と対立する道を選ぶ。
物腰は柔らかいが常に冷静沈着な態度を崩さず、戦略・政略の両方で現実的な判断を下すことができる思慮深い人物。一方で責任感が強く、時には弟に負けず劣らずの激情を露わにする。信念を貫くためには命を惜しまない幸村のことを常に案じており、それが高じてやや暴走じみた言動をとることも。特に「流浪演武」やDLCシナリオなどの本編とは関係が薄いステージでは、「ブラコン」としか言いようがない台詞が目立つ。
『戦国無双4 公式設定資料集』によると、今回デザインで最も苦労したキャラクターで膨大な没案があると言う。当初は黒髪だったが、銀髪にしたことで一気に幸村との差別化の方向が定まったとのこと。なお、特徴的な髪留めのデザインは、史実の信之所用と言われる唐冠兜の後立をモチーフにしている。

大谷吉継(おおたに よしつぐ)

身長:183cm 武器:采配 アクションタイプ:神速攻撃タイプ 無双奥義:流 無双秘奥義:情 CV:日野聡

子供の頃から豊臣秀吉に仕えた武将で、越前敦賀城主となる。後に業病を患いながらも関ケ原の戦いに参陣、奮戦するも敗れて家臣の介錯で切腹して果てた。石田三成との友情に殉じた義将として現在でも高い人気を誇っている。

最初は藤堂高虎と共に浅井家の家臣として登場する。これは彼が近江の出身だという説があることと、後に関ヶ原で戦うことになる藤堂高虎と絡ませるためだと推測される。浅井家滅亡後は豊臣秀吉に仕え、彼の配下武将の石田三成と親交を深めていく。常に淡々としているが非常に視野が広く、時勢の流れを読み取ることに長けた才人。それゆえに時勢に従うことこそ正しい道だと考えていたが、己の信念に従い、時勢に抗おうとした最初の主・浅井長政や友人の高虎、そして三成との交流をきっかけに考えが変わっていく。『戦国無双4-Ⅱ』では三成の同僚の加藤清正や福島正則との交流も描かれている。真面目で冷静な性格だが、軽い冗談を言ったり、自分を「白い幽霊」と言った正則を祟りや幽霊のネタで驚かせるなど、意外とお茶目な一面も持つ。
史実のイメージから、白い頭巾などで目元以外の部分を隠したデザインになっているが、『公式設定資料集』によると、顔は超絶イケメンとのことである。

Laylah
Laylah
@Laylah

Related Articles関連記事

戦国無双 〜真田丸〜(Samurai Warriors: Spirit of Sanada)のネタバレ解説まとめ

『戦国無双 ~真田丸〜』とは、2016年11月に発売されたゲーム作品。『戦国無双』シリーズの1つで、2016年NHK大河ドラマ『真田丸』との公式タイアップ作品でもある。『戦国無双4』シリーズをベースに、真田家を中心としたストーリーとなっているのが大きな特徴。真田昌幸・幸村父子を主人公に据えた戦国乱世のドラマが展開される。また、長期戦や昼夜の概念、時間の経過による容姿の変化など、これまでにはない試みも多く採用された。

Read Article

戦国無双(Samurai Warriors)のネタバレ解説まとめ

『戦国無双』とは、2004年2月11日にコーエーより発売された『戦国無双』シリーズの第1作目にあたるゲーム作品。『真・三國無双』シリーズの姉妹作品でもある。舞台は日本の戦国時代、歴史に名を残す武将達が様々な戦場を駆け抜ける。各武将ごとにストーリーが分岐するマルチエンディングシステムが搭載されており、プレイヤーの行動次第で新たな歴史が紡がれる。

Read Article

戦国無双2(Samurai Warriors 2)のネタバレ解説まとめ

日本の戦国時代を舞台としたアクションゲーム『戦国無双』シリーズの第2作目にあたる作品が『戦国無双2(Samurai Warriors2)』である。群雄割拠の時代が中心であった前作に対して、本作は関ケ原の戦いを中心にした物語が展開される。後に『Empires』と『猛将伝』も発売された。 アクションやシステムなど、あらゆる面で『戦国無双』シリーズを確立した作品としても評価が高い。

Read Article

戦国無双3(Samurai Warriors 3)のネタバレ解説まとめ

『戦国無双3(Samurai Warriors 3)』とは、2009年12月に発売されたWii専用ゲーム作品で、後にPS3版も発売されている。戦国時代を舞台に、数多の武将達の物語が展開される『戦国無双』シリーズの第3作目にあたる。本作は武将達の様々な形の「絆」を中心とし、「関東三国志」「戦国の三傑」「関ヶ原の若武者」と、3つのストーリーを中心とした構成となっているのが特徴である。

Read Article

真・三國無双3(Dynasty Warriors 4)のネタバレ解説まとめ

『真・三國無双3』とは、コーエー(現・コーエーテクモゲームス)から2003年2月に発売されたゲームソフトで、『真・三國無双』シリーズの第3作目にあたる。 プレイヤーは一人の武将となり自軍の勝利を目指す。使用可能武将は42人。前作の無双モードが武将別だったのに対して、今作の無双モードは勢力別になっており、プレイヤー武将を途中で変更できる仕様となっているのが大きな特徴である。

Read Article

真・三國無双6(Dynasty Warriors 7)のネタバレ解説まとめ

『真・三國無双6』は、2011年3月にコーエーテクモゲームスから発売された『真・三國無双』シリーズの第6作目の作品である。 これまでは魏・蜀・呉の三国を中心に描かれてきたが、本作でついに史実で三国時代を終わらせた第4の国・晋が登場。それに伴い、過去作ではあまり描かれてこなかった『三国志』後半の物語にも焦点が当てられている。武将も大幅に増加し、参戦武将は過去最多の62名となった。

Read Article

真・三國無双8(Dynasty Warriors 9)のネタバレ解説まとめ

『真・三國無双8』とは、『三国志』に登場する武将達を操作し、物語を展開していくアクションゲーム『真・三國無双』シリーズの第8作目にあたるゲーム作品。ナンバリングタイトルとしては約5年ぶりの作品となる。本作最大の特徴は、『無双』シリーズでは初となるオープンワールドシステムの採用である。今回の武将の追加で、ついにプレイ可能な無双武将が90人を超えた。メインモードは各武将ごとにシナリオが分かれ、その生涯を追う形で各自のストーリーを進めていくスタイルである。

Read Article

真・三國無双4(Dynasty Warriors 5)のネタバレ解説まとめ

『真・三國無双4』は、『三国志』に登場する武将を操作して自軍を勝利に導くアクションゲーム『真・三國無双』シリーズの第4作目にあたるゲーム作品である。使用可能な武将は48人で、各武将ごとに無双モードが設定されている。また、新描写エンジンの導入により、かねてからの問題であったステルスや処理落ちも大幅に改善され、より一騎当千の快感を味わえるようになった。

Read Article

真・三國無双5(Dynasty Warriors 6)のネタバレ解説まとめ

『真・三國無双5』とは、2007年11月にコーエー(現・コーエーテクモゲームス)から発売された『三国志』を題材としたゲーム『真・三國無双』シリーズの第5作目。シリーズ初のPS3用ゲーム作品である。 新媒体になったことで、キャラクタービジュアルやアクションシステムの大幅な刷新、戦略要素の強化などこれまでにない試みがなされた。シリーズの転換期としてあらゆる面で様々な実験が施された作品ともいえる。

Read Article

真・三國無双2(Dynasty Warriors 3)のネタバレ解説まとめ

「真・三國無双2」は、2001年にコーエー(現・コーエーテクモゲームス)から発売されたアクションゲームで、真・三國無双シリーズの第2作目にあたる。前作の不満点を解消、大幅にパワーアップさせた内容で大ヒットを記録した。「三国志」に登場する武将達を基にした使用キャラは41人。選んだ武将で自軍を勝利に導き、三国統一を目指すのが一番の目的である。

Read Article

無双OROCHI(Warriors Orochi)のネタバレ解説まとめ

『無双OROCHI』とは、コーエーが『無双』シリーズ10周年記念作として発売したアクションゲーム作品。『真・三國無双』シリーズと『戦国無双』シリーズとのクロスオーバー作品で、本作のオリジナルキャラクターを含め、70人以上の武将達を操作できるのが大きな特徴である。三國と戦国との共演はファンに好評で、後に続編の『無双OROCHI 魔王再臨』が発売された。突如出現した魔王・遠呂智によって融合した三國と戦国の世界。三國・戦国の武将達は共闘・対立を繰り返しながらも、やがて遠呂智打倒のために団結していく。

Read Article

真・三國無双(Dynasty Warriors 2)のネタバレ解説まとめ

真・三國無双(Dynasty Warriors 2)とは、2000年8月にコーエー(現・コーエーテクモゲームス)から発売されたゲームソフトで、真・三國無双シリーズの第1作目である。ジャンルはアクションゲーム。 中国の古典「三国志」に登場する武将を操作し、自軍を勝利に導いていく。1人で複数の敵をなぎ倒す「一騎当千」のアクションが最大の特徴であり、魅力である。

Read Article

無双☆スターズ(Warriors All-Stars)のネタバレ解説まとめ

『無双☆スターズ』とは、コーエーテクモゲームスが2017年3月に発売したゲーム作品。同社のブランドタイトルのキャラクター達が共闘するオールスターゲームでもある。舞台はとある異世界。ある日突然、異世界へ召喚された英雄達は、それぞれが協力を乞う3人の王族と出会う。そして英雄達は、見知らぬ世界での三つ巴の争いに巻き込まれていくのだった。マルチエンディングを採用しているため、物語の展開と結末はプレイヤーの選択次第という点も、本作の大きな特徴である。

Read Article

真・三國無双7(Dynasty Warriors 8)のネタバレ解説まとめ

『三国志』に登場する武将達を操作して数多の戦場を駆けるコーエーテクモゲームスの『真・三國無双』シリーズ。その第7作目の作品が本作である。後に『真・三國無双7 猛将伝』とセットになった『真・三國無双7with猛将伝』が、シリーズ初のPS4版として発売された。 基本のストーリーは史実通りだが、プレイヤーの行動次第でIFルートへ進めるのが本作の大きな特徴である。登場する武将も過去最多の77名となった。

Read Article

【真・三國無双】大ヒットタイトル、『無双』シリーズの派生作品まとめ【戦国無双】

コーエーの大ヒット作品であり、『無双アクション』というジャンルを確立した人気作品、「真・三國無双」シリーズの派生作品まとめ。 全ての始まりとなった『真・三國無双』から、PS3で発売された『TROY無双』、人気マンガとのコラボ作品である『北斗無双』や『ゼルダ無双』を紹介しています。

Read Article

目次 - Contents