ストリートファイターZERO(ストZERO)のネタバレ解説・考察まとめ

カプコンが1995年にリリースを開始したアーケードゲームシリーズ、及びその移植作。
ストリートファイターシリーズの3作目。
『ストリートファイター』の後、『ストリートファイターII』の前に位置する架空の時間軸を舞台に、CPU戦を勝ち抜いていく。
人気作となり、シリーズ3作品がリリースされ、最終的には総勢39人のキャラクターが登場する大型作品となった。

リュウ

CV:石塚堅(『ZERO2ALPHA』まで)、森川智之 (『ZERO3』)
『ストリートファイター』シリーズを通して活躍するキャラクター。本作の主人公とされる。『ストリートファイターII』までの強さを追い求める面に加え、『ZERO』シリーズでは「殺意の波動の克服を目指す」という新たな側面が描かれた。
『ZERO3』で追加されたスーパーコンボ「滅・昇竜拳」は、特定条件でコミカライズ版『ストリートファイターZERO』に登場した「真・昇竜拳」へと変化するという隠し要素がある。
飛び道具「波動拳」の性能が高く、遠距離戦・近距離戦共にこれを軸に立ち回るのが得意。しゃがみガード不能技として登場し「旋風脚」は小さくジャンプするため、相手の足払いをかわして蹴り込む戦術が取れるようになったため、『ストリートファイターII』に比べて近距離戦での戦術バリエーションが増えた。

ケン

CV:岩永哲哉
『ストリートファイター』シリーズを通して活躍するキャラクター。アメリカの大財閥「マスターズ財団」の御曹司。
『ストリートファイター』ではリュウの色違い、『ストリートファイターII』ではリュウと同じ性能から少しずつ差別化されたのに対し、本シリーズでは最初から別キャラクターとして制作されている。
リュウに比べると一撃の威力が低いかわりにコンボがつながりやすく、自分から積極的に攻めてダメージを奪えるようになっている。蹴り技が大きくフィーチャーされ、後の作品での「蹴りと昇竜のケン」というイメージは本シリーズで確立されたとされる。本作ではリュウに再戦の誓いとして赤い鉢巻を託すストーリーが描かれた。

春麗

CV:宮村優子
インターポールの女性刑事。失踪した父の仇を取るため、シャドルーを追う。対戦格闘ゲーム初の女性キャラとして『ストリートファイターII』で初登場、人気キャラとして本作にも続投となった。
本作では『ストリートファイターII』のチャイナドレスではなくジャージを着て参戦した。『ZERO2』以降は隠し要素として、チャイナドレスを纏った春麗を使用できるようになった。変わるのは外観だけで、性能の変化はない。
スピードを活かして戦うキャラクター。パラレル路線が本格化した『ZERO3』ではシャドルー壊滅の立役者となり、多くのキャラクターのエンディングに絡む活躍を見せた。

ナッシュ

CV:森川智之
シャドルーを追う米空軍の中尉。『ストリートファイターII』に登場したガイルのバックストーリーにて、シャドルーに殺されたガイルの親友としてに名前のみが登場していたが、本作で姿が明かされるとともに正式に参戦した。
キャラクター性能はガイルに準ずるものとなっており、「サマーソルトキック」と「ソニックブーム」を用いての待ち戦法が強力。『ZERO2』までのエンディングでは悲劇的な最後を遂げていたが、『ZERO3』ではパラレル路線の本格化により結末が一転し、シャドルー壊滅の立役者となる。

サガット

CV:三木眞一郎
『ストリートファイター』の最終ボスにして、リュウへの復習を誓うリベンジャー。『ストリートファイターII』の前の時間軸ということで、同作での必殺技「タイガーアッパーカット」につながるジャンピングアッパー「タイガーブロウ」を引っさげての登場。
『ストリートファイターII』での細い体から一点、たくましい肉体を見せるようになり、以降のシリーズでもこのマッシブな体型がキャラデザインのベースになった。

ガイ

CV:岩永哲哉
カプコンのベルトスクロールアクション『ファイナルファイト』のプレイヤーキャラクターの1人。「武神流」の修行をしている忍者で、『ファイナルファイト』で搭載されていた連携攻撃を意識してか、通常技をつなげるのが得意なキャラとなっている。
通常技同士をつなげる「ZEROコンボ」が存在した『ZERO』はもちろん、「ZEROコンボ」が削除された『ZERO2』以降も「武神獄鎖拳」という特殊技として「ZEROコンボ」と同様に通常技同士をつなげる仕様を引き続き搭載している。
忍者らしい機敏かつ特殊な動きを多数搭載しており、高い機動力で相手を翻弄する。

ソドム

CV:高木渉
カプコンのベルトスクロールアクション『ファイナルファイト』でステージボスとして登場したキャラクター。本シリーズがプレイヤーキャラクターとしては初の登場となる。ファイナルファイトでガイたちに壊滅させられた組織・マッドギアの再興を目的としており、ガイを敵視している。
独特な必殺投げを持つテクニカルキャラで、押すボタンによって技が変化する必殺技「ジゴクスクレイプ」を使って様々な状況に対応する戦術も可能。本シリーズでは基本的に十手を得物としているが、『ZERO3』の「X-ISM」では『ファイナルファイト』同様に日本刀を使用するようになる。

アドン

CV:高木渉
『ストリートファイター』の中ボスとして登場したキャラクター。サガットの一番弟子で、彼を敬愛していたが、サガットが無名の格闘家だったリュウに破れたことから、彼に失望し去っていった。それ以来、自身を「ムエタイの神」と豪語する自信家となり、強さを追い求めるようになった。実力は高く、サガットが去ったムエタイ界で新たな頂点としてカリスマを発揮し、タイ国内のムエタイ熱を再興させることに成功している。『ZERO3』では豪鬼が放つ殺意の波動に興味を持ち、彼を探す旅に出る。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

ストリートファイターIII(ストIII)のネタバレ解説・考察まとめ

『ストリートファイターIII』とは、カプコンが開発・販売したアーケードゲームシリーズ、及びその移植作であり、ストリートファイターシリーズの4作目。 『ストリートファイターII』の10年後を舞台に、CPU戦を勝ち抜く、あるいは他プレイヤーと対戦するゲーム。 シリーズは全部で3作品がリリースされ、最終作となった『ストリートファイターIII 3rd STRIKE -Fight for the Future-』は長きにわたってプレイされる名作となった。

Read Article

ストリートファイターII(ストII)のネタバレ解説・考察まとめ

カプコンが1991年にアーケードゲームとして発売したゲーム、及びその移植作。 ストリートファイターシリーズの2作目であり、シリーズ最大のヒットを飛ばした。 1対1のストリートファイトによる世界大会を舞台に、個性豊かな総勢19人のキャラクターから1名を選び、試合での勝利を目指す。 別のプレイヤーとの「対戦」が好評を博した。

Read Article

【意外な一面】ストⅡのリュウや春麗ってどんな人?

「ストリートファイター」シリーズとは90年代初頭に大規模な格ゲーブームを巻き起こし、最近ではゲームアプリ「モンスターストライク」とのコラボや最新作「ストリートファイターⅤ」の発表など、今なお話題の尽きないゲームです。今回はそんなゲーム中に登場する主役級キャラのリュウや春麗のプロフィールを紹介していきます。

Read Article

目次 - Contents