ストリートファイターZERO(ストZERO、Street Fighter ZERO)のネタバレ解説まとめ

カプコンが1995年にリリースを開始したアーケードゲームシリーズ、及びその移植作。
ストリートファイターシリーズの3作目。
『ストリートファイター』の後、『ストリートファイターII』の前に位置する架空の時間軸を舞台に、CPU戦を勝ち抜いていく。
人気作となり、シリーズ3作品がリリースされ、最終的には総勢39人のキャラクターが登場する大型作品となった。

バーディー

CV:高木渉
『ストリートファイター』でCPU専用の敵キャラクターとして登場。同作ではさまざまな格闘技を駆使するモヒカンの色白の巨漢だったが、本シリーズでは穴の開いたモヒカンに褐色の肌という見た目になり、チェーンを振り回す悪漢となった。髪型がニているザンギエフやエドモンド本田に対抗意識を燃やす。荒々しくも慎重な行動を心がけており、ベガを倒しシャドルーを乗っ取ろうと画策している。
近距離戦をメインとし、突進技やスーパーコンボが飛び道具に対して相性のいい技となっているため、これらの技で飛び道具をかわして近距離戦に持ち込む戦いが得意。

ローズ

CV:宮村優子(『ZERO2 ALPHA』まで)、根谷美智子 (『ZERO3』)
ベガのサイコパワーと対になる、ソウルパワーを使う女性。どこかミステリアスな雰囲気を纏っている。長い髪と自在に動くロングマフラーが特徴。イタリアの高名な占い師である。本シリーズが初登場のキャラクター。ベガのサイコパワーを感じ取り、その暴走を止めるべく戦いの道へ進む。『ZERO2』まではベガとの直接の因縁はないが、ストーリー上ではベガとの絡みが多かった。『ZERO3』のエンディングで、かつてベガの弟子だったことが明かされた。
飛び道具や対空技といった有用な必殺技を一通り持っているが、技の性質や操作性が特殊なため、使い手を選ぶ傾向が強い。マフラーを用いた攻撃は相手に一方的に勝てるが、その代償として動きが大ぶりでスキが大きい。
元ネタは『ジョジョの奇妙な冒険』に登場するキャラクターのリサリサ。

ベガ

CV:西村知道
隠しキャラの1人。シャドルーの総帥で、世界征服を企んでいる悪役。『ストリートファイターII』が初出。スマートだった前作と違い、大柄で筋肉質な体型をしている。これは1994年に公開された映画『ストリートファイターII MOVIE』のデザインを元にしており、作中の設定では「サイコパワー全盛期全盛期だったため」とされている。『ZERO3』のエンディングでは体が崩壊していく姿が描かれ、本作でのベガの目的の一つに「入れ替えるための体を探している」と言うものがあるため、ファンの間では『ZERO』と『ストリートファイターII』の間で新しい体に乗り換えたのではないかとも言われている。
『ストリートファイターII』で使用していた「サイコクラッシャーアタック」がスーパーコンボに格上げされ、代わりの必殺技として飛び道具「サイコショット」を使う。

豪鬼

CV:西村知道
隠しキャラの1人。初出は『ストリートファイターII X』の隠しキャラ。同作で灼熱波動拳を放つ時に見せたオーラが「殺意の波動」として設定に組み込まれた。戦いでは命を懸けた真剣勝負を行うが、『ZERO3』のバックグラウンドストーリーでは洞窟で迷った子どもを助けるなど、人間味のある一面を見せている。
『ストリートファイターII X』に習った強烈な攻撃力ととめどない攻め手の数々を有しており、更に同作登場デモで見せた一撃必殺のスーパーコンボ「瞬獄殺」も有しているが、バランスをとるために防御力が非常に低く設定され、攻めれば強いが守れば弱いという極端なキャラとなっている。

ダン

CV:細井治
隠しキャラの1人。本作で初登場。サガットとの試合で、サガットの片目と引き換えに命を落とした父・強の仇を取るためにサガットを追っている半人前の格闘家。隠しキャラは通常高い性能を持っているが、ダンは非常に弱点が多く、話題を呼んだ。
リュウやケンと似た技を使うが、ことごとく性能が低い。これはリュウやケンの師匠・剛拳に師事していたが、破門されたためである。破門された理由は、サガットへの敵意が強すぎたため。『ZERO』では復讐に燃える人物として登場したが、『ZERO2』作中で「サイキョー流」を打ち立て、以降は半人前の腕前と一人前の自信のギャップが目立つコメディリリーフとなる。中平正彦のコミカライズ作品の設定が逆輸入されており、春日野さくらやブランカとの関係が深い。
デザインの元ネタはSNKが製作した格闘ゲーム『龍虎の拳』のキャラクターたち。

『ZERO2』から登場

ダルシム

CV:山田義晴
『ストリートファイターII』からの参戦。インドの高僧で、ヨガを極めた男。本作では流行病に苦しむ村人たちを助けるため、ファイトマネーを稼ぐために登場。伸びる手足を活かした中・遠距離戦が得意。ステージに妻のサリーが登場するようになった。
基本的には『ストリートファイターII』シリーズの戦法がそのまま流用できる。『ZERO2ALPHA』では『ストリートファイターII'(ダッシュ)』の性能を再現した隠しキャラも登場。『ZERO3』の「V-ISM」では(「V-ISM」の基本仕様として)手足を伸ばす代わりに動作が長い遠距離攻撃と、手足を伸ばさない代わりに動作が短い近距離攻撃を使い分けられるようになり、扱いに慣れれば遠距離でも近距離でも戦いやすいキャラクターになった。

ザンギエフ

CV:高木渉
『ストリートファイターII』から参戦。ホームグラウンドは『ZERO2』では旧ソ連(『ストリートファイターII』発売当時は同国が現存したため)『ZERO3』ではロシアとなっている。『ZERO2』ではソ連指導者からレスリングによる国際交流の任を受け、世界を旅して回る。『ZERO3』ではシャドルーの兵器「サイコドライブ」を破壊するため、ベガを追う。『ZERO3』のキャラクターグラフィックでは頭の血管が切れ、血が吹き出ている描写が見られる。
『ZERO2ALPHA』では『ストリートファイターII'』の性能を再現した隠しキャラも使用可能。彼の代名詞である「スクリューパイルドライバー」等の投げ技を狙い大ダメージを奪う、いわゆる投げキャラ。オリジナルコンボ中にも必殺投げを組み込めるようになっている。

春日野さくら

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

ストリートファイターII(ストII、Street Fighter II)のネタバレ解説まとめ

カプコンが1991年にアーケードゲームとして発売したゲーム、及びその移植作。 ストリートファイターシリーズの2作目であり、シリーズ最大のヒットを飛ばした。 1対1のストリートファイトによる世界大会を舞台に、個性豊かな総勢19人のキャラクターから1名を選び、試合での勝利を目指す。 別のプレイヤーとの「対戦」が好評を博した。

Read Article

ストリートファイターIII(ストIII、Street Fighter III)のネタバレ解説まとめ

『ストリートファイターIII』とは、カプコンが開発・販売したアーケードゲームシリーズ、及びその移植作であり、ストリートファイターシリーズの4作目。 『ストリートファイターII』の10年後を舞台に、CPU戦を勝ち抜く、あるいは他プレイヤーと対戦するゲーム。 シリーズは全部で3作品がリリースされ、最終作となった『ストリートファイターIII 3rd STRIKE -Fight for the Future-』は長きにわたってプレイされる名作となった。

Read Article

【意外な一面】ストⅡのリュウや春麗ってどんな人?

「ストリートファイター」シリーズとは90年代初頭に大規模な格ゲーブームを巻き起こし、最近ではゲームアプリ「モンスターストライク」とのコラボや最新作「ストリートファイターⅤ」の発表など、今なお話題の尽きないゲームです。今回はそんなゲーム中に登場する主役級キャラのリュウや春麗のプロフィールを紹介していきます。

Read Article

目次 - Contents