戦国BASARA(アニメ・ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

「戦国BASARA」とはカプコンから発売されている人気アクションゲーム、及びゲームを原作にしたアニメーション作品。第一期、二期、劇場版をProduction I.Gが製作し、三期をテレコム・アニメーションフィルムが製作した。若い女性達の間で起こった戦国武将ブームの火付け役でもあり、漫画・アニメ・ドラマ・舞台など様々な媒体で展開している。

『戦国BASARA』の概要

「戦国BASARA(せんごくばさら)」とは、カプコンから発売されているアクションゲーム。公式の示すジャンル名は「スタイリッシュ英雄(HERO)アクション」ゲーム。
2005年に一作目である「戦国BASARA」が発売され、その後「戦国BASARA2」「戦国BASARA英雄外伝」「戦国BASARA3」「戦国BASARA3宴(うたげ)」「戦国BASARA4」「戦国BASARA皇(すめらぎ)」、また別シリーズで「戦国BASARA BATTLE HEROES」「戦国BASARA 烈伝シリーズ 真田幸村伝」など数多くの作品を発表している。

2009年には一作目「戦国BASARA」を原作にし、「Production I.G」製作でテレビアニメ化された。
2010年の「戦国BASARA2」を原作にした「戦国BASARA弐」、2011年の「戦国BASARA3」を原作にした「劇場版 戦国BASARA -The Last Party-」までをI.Gが製作した。
2014年に放送した「戦国BASARA3」を原作にした「戦国BASARA Judge End」は「テレコム・アニメーションフィルム」が製作し、I.G版アニメのストーリーは引き継がれていない。

アニメの他にも、漫画化・ドラマ化・舞台化・宝塚化など様々な媒体に展開している。

本作の最大の特徴は、歴史を題材にした作品でありながらあえて史実と違う荒唐無稽な設定(伊達政宗が刀を6本使って戦ったり英語を喋ったり、本田忠勝がロボットのようだったりなど)が繰り広げられており、戦い方がオーバーでツッコミ所が多いところである。
日本史に疎い人は、BASARAの出来事や人間関係が本当の史実だと思いこんでしまう人もいるようである。
しかしBASARAという作品はそれが魅力で、男性キャラが多く女性人気がある作品であるが、男性からの支持も得ている作品である。
荒唐無稽ではあるが、全くの歴史無視というわけではなくキチンと史実を反映しているところもあり、歴史の「~説」などを拾っている設定なども多く見られる。
伝説や史実のエピソードを極大解釈したようなキャラクターや、あえて逆を行くキャラクターも居る。
初めてBASARAに触れた時は「(全体的に)何かおかしい」と感じるが、慣れてくると一体どこがおかしいのか分からなくなってしまう現象が起こる。
そして最終的には「BASARAだから仕方ない」と納得する。
ちなみに「BASARA」とは婆娑羅(ばさら)の事で、「勝手に振る舞う」「はでに見えを張る」など意味する。

若い女の子の間で起こった戦国ブームのきっかけを担った作品の1つでもある。
武将達のゆかりの地を訪れるとBASARAのポスターが飾ってあったり、グッズが売られていることもある。

ゲーム・アニメ共に音楽に西川貴教が関わっており、本作(アニメ一作目)でも「abingdon boys school」名義で参加している。

『戦国BASARA』のあらすじ・ストーリー

時代は戦国時代、甲斐の虎と呼ばれた「武田信玄」と越後の軍神「上杉謙信」が川中島の戦いをしていた。
本作の主人公・奥州筆頭の独眼竜「伊達政宗」は天下を目指し妻女山へ進撃する。
そしてもう一人の主人公・信玄に仕える「真田幸村」もまた信玄の命を受けて妻女山へ進撃し、政宗と幸村は宿命の出会いを果たした。
政宗は一見すると暴走族の総長のような振る舞いの青年で、まだ若者でありながら奥州をまとめるリーダーで、「片倉小十郎」を腹心に持つ。
一方、幸村は真面目で暑苦しく、信玄を親方様と慕う精神的にはまだ未熟の若者であり、武田軍の忍の「猿飛佐助」が影で支えている。
川中島の戦いに介入しようとする政宗と、それを阻止する幸村は激しくぶつかり合い、お互いに戦いの中で魂の高まりを覚えた。
政宗と幸村の戦いを見た信玄と謙信は2人の戦いっぷりを見て満足し、軍を引いた。
政宗と幸村の戦いの決着は付かず、お互いにお互いの名前を心に刻む事となった。

謙信はくノ一の「かすが」へ織田の動きを探るように命じた。
謙信とかすがは主従関係であるが、それ以上に謙信はかすがを大事にし、かすがも謙信という存在に陶酔している。
信玄は小田原へ進撃し、「北条氏政」とその忍の「風魔小太郎」を驚異的な戦闘力で撃破した。
そして幸村は「今川義元」を倒そうとするが再び政宗が介入し、2人は義元の首取り合戦と言う名目で義元そっちのけで戦い始めてしまう。
義元は影武者作戦を立て、自分の偽者を量産して逃げようとするが政宗と幸村によって桶狭間の地に追い詰められる。
そこへ第六天魔王・「織田信長」と、信長率いる織田軍の「明智光秀」「濃姫」「蘭丸」が現れ、義元は信長たちによって討たれた。
信長は禍々しく、とても非道な人物であった。
恐れるものなど何もないような政宗は、初めて見た信長という圧倒的な強い存在に衝撃を受けた。

奥州に戻った政宗は、信長に対する畏怖のような感情を抱いており、小十郎だけがそれを悟っていた。
そこに前田家の風来坊・前田慶次が現れ、信長の悪逆を阻止するための同盟を政宗に持ちかける。
慶次は難しい政治には興味が無いが、ただ単純に誰もが戦に怯えずに生活できる世界にしたいという正義感を持った青年であった。
他国との協力に興味のない政宗はこれを断り、慶次に勝負を挑んだ。
慶次との戦いで心を動かされた政宗は、信長を倒す決心を固めたのであった。

信長の女子供も構わず排除する殺戮行為は人々を震撼させていた。
信長の妹「お市」の夫である「浅井長政」は、信長の義理の弟である立場と、信長の行為に疑問を感じる正義の心の板ばさみにあっていた。
長政は正義感に溢れ、悪を絶対に許さない人間であったのだ。
長政は信玄から織田を討つ為の同盟を持ちかけられるが、義理の兄を裏切る事は自分の正義の心が許さず、申し出を断った。
そして政宗たちの前に長政が立ちふさがり、伊達と浅井の両軍が戦う。

慶次に心を動かされた信玄と謙信は、信長を倒すために武田と上杉は一時的に同盟を結んでいた。
そして信玄は、「徳川家康」を仲間に引き入れようとする。
徳川は織田から圧をかけられ奴隷のように扱われ、その立場に甘んじていた。
家康もまた信長から恐怖で支配されている人間であった。
家康は織田と同盟を組んだのだから手の平を返す事はしたくないと信玄の提案を断り、武田と徳川は戦闘になる。
徳川にはガン○ムのような見た目で、戦国最強の名を持つ「本田忠勝」がいるのであった。
忠勝は家康に忠実で、家康以外のいう事は聞かず家康のピンチを守る徳川の守護神のような武将である。
幸村と忠勝が戦うが、その最中に濃姫が現れ徳川を攻撃してきた。
忠勝は徳川が織田に欺かれていたという事態を察したのか、側にいた幸村を投げ飛ばして一人で攻撃を受け爆散した。
家康は忠勝や多くの部下達を失ってしまい自分の不甲斐なさを悔やみ、織田を倒すための同盟に加わることを決意する。

戦闘をしていた政宗と長政のもとには明智光秀が現れた。
光秀は、お市を人質に使って長政(浅井軍)を織田の盾にし、政宗を長政もろとも銃撃した。
銃撃を浴びた長政は重傷を負い絶命する。
お市は、兄と夫の間に入り仲を取り持つ立場でありながらそれが出来なかったことを悔やみ、精神的に追い詰められる。
長政の死が、今後お市が所謂闇落ち(ダークサイドに落ちること)するきっかけとなってしまうのであった。
織田の奇襲によって政宗もまた重傷を負ってしまい、武田軍のいる甲斐へ身を寄せた。
謙信は慶次に瀬戸内の「毛利元就」と「長曾我部元親」に同盟の話をするように頼んだ。

かすがの元に佐助がやってきて、信玄からの「謙信から離れるな」という伝言を伝える。
かすがと佐助は同郷出身で、前からの知り合いであった。
佐助はかすがを気に掛けていてちょっかいを出し、かすがは佐助にツンデレ(殆どツン)の態度を取る。
武田と上杉で敵対してるためかすがと佐助も普段は敵同士であるが、同盟を組んだため2人は情報のやり取りもするようになった。

小十郎は政宗を守りきれなかった事を悔やんでいた。
武田で政宗の回復を待っていると、伊達の三人の部下が謎の兵に攫われてしまう。
攫ったのは戦国の梟雄・「松永久秀」だった。
松永は三人を人質にして、政宗の持つ六本の刀と武田の家宝「楯無鎧(たてなしのよろい)」を要求してきた。
傷が癒えて居ないのに部下達の救出へ向かおうとする政宗と、政宗を戦わせたくない小十郎はお互いに主張を貫くためにぶつかり合う。
小十郎にとっても部下達は大事であるが、それ以上に筆頭である政宗は変えのきかない存在であり、それを守るのが小十郎の役割であった。
小十郎は政宗をみねうちで気絶させ、たった一人で部下達の救出へ向かった。
一方、幸村は信玄に何故小十郎を一人で行かせたのだと問い詰められ殴られる。
今後伊達と敵対することになったとしても、今の伊達は武田の客人であり、その客人のピンチよりも武田の家宝を優先する幸村を叱咤した。
幸村はその言葉に反省し、楯無鎧を持って小十郎を追いかけた。
小十郎は松永の元へ辿り付き刀を渡し、その上で勝負するように申し出るが、松永は要求した物が揃ってないと応じない。
そこへ幸村も到着し、鎧を差し出した。
刀と楯無鎧を手に入れた松永は、最初っから約束など守るつもりはなく三人の人質を括り付けた柱を爆破した。
激怒した小十郎に、松永は爆弾兵(背に爆弾を背負い、敵に突っ込んで爆死する兵士)を大量に向かわせる。
幸村と小十郎は協力して戦うが、松永の仕込んだ毒によって小十郎はピンチに陥る。
すると佐助が現れ、毒消しの炸裂弾を使って小十郎を助ける。
毒が消えた小十郎によって松永は追い詰められ、死体を残さない主義だと言い周りのものを巻き込んで自爆した。
三人の人質は奇跡的に無事であった。
謝る部下に小十郎は良く無事だったと声をかけ、幸村はその絆こそが真の宝なのだと思うのであった。

その頃、信長は九州へ進出し「島津義弘」と「ザビー(BASARAオリジナルキャラで、元ネタはフランシスコ・ザビエル)」を討った。
そしてこれから大きな戦になる前につかの間の休息をとっていた謙信の元へ、濃姫と蘭丸が現れた。
濃姫の銃撃からかすがは謙信を庇おうとするが、そのかすがを謙信が庇い銃撃を浴びて重傷を負う。
謙信のためなら命など惜しくないと謙信を守ろうとしていたかすがが、皮肉にも謙信の行動を縛る足枷となってしまったのであった。

甲斐では大雨が続き川が氾濫しそうになっていた。
信玄は水害から民を守るために川に堤防を作っており、大雨の中、堤防の決壊を防ぐために自ら川へ入り堤防を守っていた。
そこへ光秀が現れ、信玄に奇襲をかける。
実は光秀が堤防が決壊するように細工をしていたのであった。
堤防を守るために本気を出せない信玄は明智に斬り付けられ堤防も破壊され、幸村の目の前で信玄は荒れ狂う川に飲み込まれた。
謙信と信玄という戦国の中でも強大な戦闘力を持っていた2人は、守るべきものを優先し敗れてしまうのであった。
その光景を見ていた政宗は怒り、光秀と戦おうとするが光秀は逃げてしまう。

佐助は事態を謙信に報告するために越後へ向かい、かすがは倒れた謙信の命令を受けて甲斐に向かい、道中2人は出会う。
佐助の話を聞いたかすがは単身で織田へ乗り込もうとし、佐助に止められる。
しかし言っても聞かないかすがに佐助は笛を渡し、ピンチになったらこれを吹くように言った。

信長はお市に、自分のために動くか死ぬか選べと選択させる。
そこへ明智が帰還し、信長に自ら立てた作戦を話す。

信玄は一命を取り留めたが、意識は無くとても戦える状態ではなかった。
幸村は何よりも尊敬し慕っていた信玄が倒れた事で気を落とし、佐助に叱咤されても元の調子が取り戻せないでいた。
政宗は伊達軍を解散し、一人で本能寺に向かい織田を倒そうとする。
幸村は政宗を止めるが叱咤され、小十郎には「甲斐の虎を甘く見るな」と言われる。
信玄は例え今意識がなくとも心は折れてないのだと気づき、幸村は政宗と共に本能寺へ向かった。

伊達軍を解散されて落ち込んでいた家臣たちは、小十郎によって再び束ねられる。
そして同盟を結んだ各軍達と共に、小十郎たちは政宗と幸村の後を追うのであった。

本能寺に政宗と幸村が到着するとそこに信長はおらず、光秀が居た。
光秀は本能寺で信長を討つつもりであったがその計画は信長に見透かされており、信長は逆に光秀を利用して光秀・政宗・幸村を同時に討とうとしていたのであった。
光秀と政宗・幸村が戦っていると、蘭丸が光秀の助っ人に現れる。
蘭丸は謀反を起こした光秀に信長に謝って許してもらうように言う。
光秀はそのつもりは全くないが蘭丸を上手く利用し、政宗と蘭丸を戦わせた。
そこに小十郎が到着し、政宗と幸村に信長は安土にいると継げ、光秀との戦闘を引き受けた。
小十郎と戦う光秀は子供である蘭丸を人質にするが、小十郎は蘭丸もまた織田の武将であると人質に臆せず光秀に止めを刺す。
そして小十郎は蘭丸を炎上する本能寺から連れ出した。

信長のために動くか死かの選択を迫られていたお市は、信長に立ち向かうことを選んだ。
お市に逃げてはならないと諭したのは、長政の幻影であった。
お市は織田に捉えられたかすがを殺すように濃姫に命令されるが、これを断った。
そしてかすがの縄を解いき、かすがを逃がす。
かすがはお市も一緒に越後へ連れて行こうとするが、お市は逃げずにここに居るのだと言う。
かすがは佐助から貰った笛を思い出し使用した。
かすがはてっきり笛の音を聞いた佐助が助けに来るものだと思っていたが、笛が飛行道具へ変形してかすがは空へ飛んで行った。
小十郎と共に本能寺に向かっていた佐助は空から落ちてきたかすがをキャッチした。
一方、お市は濃姫に信長に会わせる様にお願いする。
しかし濃姫はお市を罵倒し、銃で撃った。
だが銃声の後、倒れていたのは濃姫で、お市の足元には謎の影の手が生えていた。

お市は信長に会い、こんな事はもう止めようと自分の気持ちを伝える。
信長は濃姫が死んだ事にも動じず、お市に自分と戦うように言い、お市が拒否すると躊躇無くお市を撃った。
丁度そこへ政宗と幸村が到着し、二人はお市が倒れるのを見る。
そして信長と政宗&幸村の戦いになる。
しかし2人掛りでも信長は強く、政宗は政宗にとって唯一の目である左目を潰されそうになりピンチになる。
そこへ復活した本多忠勝が現れて信長の銃を破壊し、政宗を救った。
さらに同盟軍(長曾我、毛利、前田)が到着し、織田の兵達を倒す。
政宗も幸村もあと一撃が限界になり、政宗は幸村の鉢巻を手に巻きつけ刀を固定する。
信長の一撃で2人はなんと成層圏に吹っ飛ばされるが、降下しながら最後の一撃を信長に叩き込む。
この攻撃によって信長は倒された。

信長を倒したことで戦国の日常が取り戻され、回復した謙信と信玄が戦う。
生き延びた蘭丸は、東北に住む農民の少女・いつきの元にいた。
政宗と幸村は決着をつけるために勝負を始めるのであった。

※全12話で、OVAで13話があり慶次が瀬戸内へ行って長曾我と毛利を説得する話がある。

『戦国BASARA』の登場人物・キャラクター

伊達軍

伊達政宗(だて まさむね)

CV:中井和哉

バサラシリーズの主人公。19歳。
奥州筆頭の肩書きを持ち、片目に眼帯をつけている隻眼であることから「独眼竜」と呼ばれ、部下達からは「筆頭」と呼ばれる。
流暢な英語を喋り、台詞の中に英文や英単語が混じり、技名も英語(史実で伊達政宗が海外貿易をしていた事があるようで、そこに由来されている様子)。
クールなカリスマであるが大胆不敵で、自ら思う粋な生き様を重んじる。
19歳という設定からか、アニメでも原作ゲームでも大抵一度は負けたり悩んだりし、場合によってはそれが原因で暴走するなど意外とメンタルが弱め。
しかし政宗がそうなると副将で且つ年上の小十郎が叱咤し支え、政宗は成長して行く。
戦い方は普段は刀一本であるが本気を出すと六本の刀を指と指の間に挟み、六爪流(ろくそうりゅう)という竜の爪の様に見立てた戦い方をする。
ゲームで雷属性のため、アニメでも戦っている最中に稲妻が走るシーンがある。
独眼竜や六爪流などから竜のモチーフが多く、他人からも竜と称されたり、自分でも竜に例えたりする。
我武者羅に天下を目指す若者であるが、奥州筆頭としての責任感も持っており民との交流もして民から好かれている。
副将の小十郎にはいつも小言を言われているが強い信頼関係で結ばれており、政宗は背中を小十郎に任せている。
小十郎と政宗の2人をあわせて「双竜」とも呼ばれる。
幸村とは宿命のライバルで、お互いにお互いを高め合いながら決着をつけようとしている(アニメシリーズでは決着は付かない)。
政宗(伊達軍)のイメージカラーが蒼で、幸村(武田軍)のイメージカラーが紅のため、政宗と幸村を一緒に呼ぶときは「蒼紅」と呼ばれることもある。
伊達軍は暴走族のような雰囲気で、馬をバイクに見立てておりハンドルやマフラーがついている(ハンドルはともかく、マフラーは本当にただの飾りである)。
出発する際には政宗が部下達に「Are you ready guys?!」と言って煽り、部下たちもテンションを上げる。
部下達はパッと見は柄が悪いが、皆カリスマな政宗を信頼し憧れていて、統一心もあり人情深く良心的。

本作では政宗は天下を狙って伊達軍のみで戦おうとしていたが、圧倒的な強さを持つ信長を倒すために協力を覚え、武田軍と行動を共にする。
史実とは全く違うが、アニメ一期では政宗と幸村が信長を倒した事になっている。

バサラシリーズの中でも圧倒的な人気を持ち、キャラクターランキングは何度やっても常に1位。

片倉小十郎(かたくら こじゅうろう)

CV:森川智之

伊達軍の副将。28〜29歳。
隻眼である政宗の片腕で、「竜の右目」と呼ばれている。
作中唯一の左利き。
政宗に絶対的な忠義を持つ腹心で、政宗を守り、政宗の暴走を体を張って止めたりする世話役でもある。
暴走族っぽい政宗に対して小十郎はオールバックで日本刀というヤクザのような外見。
本気で怒ると言葉遣いが荒々しくなり、戦い方も刀だけではなく殴ったり蹴ったりなど普段の姿とは別人のようになる。
男気溢れる義理堅い性格で、身を挺して政宗を支える姿から他の軍のキャラクター達からも高く評価される。
野菜作りの名人で、小十郎の育てた野菜を使った小十郎の手料理は絶品らしい。好きな野菜はゴボウ。
農民をとても大事にしている。
政宗に刀を教えた人物でもあり、政宗からは信頼を置かれ背中を預けられている。
政宗と幸村がライバル関係であることからか、小十郎は猿飛佐助とライバル関係になることが多い。

アニメでは、怪我をした政宗を制し一人で松永久秀と戦いに行き、幸村と佐助の加勢で見事勝利。
本能寺では政宗たちに代わり明智と戦う。
子供の蘭丸を人質にされた時には、蘭丸もまた織田の武将であり人を殺してきた身であると言い人質には屈しなかった。
明智を倒したあとは蘭丸と共に本能寺から一緒に脱出し、蘭丸に野菜の種をあげて織田の兵士ではなく一人の人間として生きるように諭した。

武田軍

武田信玄(たけだ しんげん)

CV:玄田哲章

「甲斐の虎」と呼ばれる甲斐の国の国主で、武田家当主。武田軍のリーダー。
文武両方に優れ、正々堂々と戦い尚且つ知略的な作戦も立てる猛将。他の武将達からも尊敬されている。
威厳があり、懐が広く、仁義を重んじ、民のためを思い行動し、且つライバル上杉謙信との戦いに心を躍らせている。
しかし暑苦しくテンションも高く、幸村に対する愛のムチが行き過ぎている時もある。
堅物な幸村と違い信玄は柔軟で物分りが良く、幸村は大将としてだけではなく人として信玄を慕っている。
幸村を自分の跡継ぎとして見ており、幸村の成長を見守っている。
幸村との殴り合いはバサラの代表的名名物シーン。
上杉謙信の事を好敵手とし、お互いに高めあい敵同士でありながら強い絆で結ばれている。
アニメでは一瞬で北条氏を倒してしまったが、ゲームでは同世代同士で親交がある。

アニメでもゲームでもそこそこの年齢であるため、病気や怪我などで床に臥すシーンがある。
しかしどのシリーズでも最終的には復活する。
本作でも明智光秀に攻撃され寝込むが、やはり最後は復活した。

9bullet9l9
9bullet9l9
@9bullet9l9

Related Articles関連記事

ぼくの地球を守って(ぼく地球)のネタバレ解説・考察まとめ

ぼくの地球を守って(ぼく地球)のネタバレ解説・考察まとめ

『ぼくの地球を守って』とは日渡早紀により制作され、1986年から「花とゆめ」に連載された漫画作品である。コミックス全21巻、文庫版全12巻、愛蔵版全10巻が発刊された。1993年にはOVAが制作され全6巻となっている。物語は「輪廻転生」が大きな鍵となっている。前世で特殊な任務についていた男女7人が任務中に伝染病にかかり全員が命を落としてしまう。現世に転生したその7人が徐々に前世の記憶を思い出し、過去の自分と現代の自分との間で揺れ動き、それぞれの孤独や苦悩を解決していくSF漫画。

Read Article

バイオハザード(Biohazard)のネタバレ解説・考察まとめ

バイオハザード(Biohazard)のネタバレ解説・考察まとめ

『バイオハザード』とはカプコンより1996年に発売されたサバイバルホラーゲーム。 タイトルの「BIO HAZARD」には「生物災害」という意味となりそれを筋としストーリーが展開される。日本国外のタイトルである「Resident Evil」は、「内に潜む悪(害悪)」という意味を持ち、後のサバイバルホラーとしてのジャンルを生み出した先駆品としても高く評価された作品である。

Read Article

バイオハザード ヴィレッジ(Biohazard Village)のネタバレ解説・考察まとめ

バイオハザード ヴィレッジ(Biohazard Village)のネタバレ解説・考察まとめ

『バイオハザード ヴィレッジ』(Biohazard Village)は、カプコンより発売されたサバイバルホラー作品である。シリーズ本編としては8作目で、タイトルロゴも8作目を意味するローマ数字の「VIII」が重ねられる形で強調されている。『バイオハザード7』主人公イーサン・ウィンターズが引き続き主人公であり、前作では失踪した妻のミーアを探す物語だったが、今作は攫われた娘のローズマリーを取り戻すための物語になっている。そのため作品のテーマは"家族の絆"になっている。イーサンの物語の完結編。

Read Article

精霊の守り人(守り人シリーズ)のネタバレ解説・考察まとめ

精霊の守り人(守り人シリーズ)のネタバレ解説・考察まとめ

『精霊の守り人』とは、上橋菜穂子原作の異世界のファンタジーである守り人シリーズのアニメ化作品。 2007年4月~9月にNHK-BS2の衛星アニメ劇場枠で全26話構成で放送された。 100年に一度卵を産む水の精霊に卵を産みつけられた新ヨゴ皇国の第二皇子チャグムとチャグムを守るよう母妃に託された女用心棒バルサ。皇子の命を狙うヨゴ皇国。卵を狙う異世界の生物。二人の過酷で困難に満ちた旅が始まる。

Read Article

バイオハザード RE:3(Biohazard RE:3)のネタバレ解説・考察まとめ

バイオハザード RE:3(Biohazard RE:3)のネタバレ解説・考察まとめ

『バイオハザード RE:3』とは、2020年4月にCAPCOMから発売されたサバイバルホラーゲーム作品で、1999年に発売された『バイオハザード3 LAST ESCAPE』のリメイクとなっている。そして2019年に発売された『バイオハザードRE:2』に続く「RE」シリーズ2作目となっている。ラクーンシティで起きた生物災害(バイオハザード)の真相を明らかにすべく、原作ゲーム1作目の主人公ジル・バレンタインが追跡者から逃げながらラクーンシティを脱出するというストーリーだ。

Read Article

ロックマンエグゼ6(Rockman.EXE 6​)のネタバレ解説・考察まとめ

ロックマンエグゼ6(Rockman.EXE 6​)のネタバレ解説・考察まとめ

『ロックマンエグゼ6』とは、2006年11月23日にカプコンから発売された、ゲームボーイアドバンス用のデータアクションRPGゲームである。グレイガ・ファルザーと2バージョンリリースされていている。バージョンごとに獣化システムやクロスシステムなど使用できるシステムも異なってくる。本作の発売時はゲームボーイアドバンスからニンテンドーDSの移行期であったが、「ゲームボーイアドバンスで発売したソフトであるから、こちらで有終の美を飾りたい」といった発言があり、ゲームボーイアドバンスでリリースされた。

Read Article

劇場版 黒子のバスケ LAST GAME(黒子のバスケ EXTRA GAME)のネタバレ解説・考察まとめ

劇場版 黒子のバスケ LAST GAME(黒子のバスケ EXTRA GAME)のネタバレ解説・考察まとめ

『劇場版 黒子のバスケ LAST GAME』とは、黒子のバスケ原作者・藤巻忠俊が、その続編を描いた『黒子のバスケ EXTRA GAME』を映像化したものである。 また、映像化するにあたり、原作者自らが新エピソードを書き下ろした。 高校2年生になった黒子テツヤやキセキの世代のメンバーたちは、アメリカのチーム「Jabberwock」に挑むため、高校の垣根を超えたドリームチームを結成する。

Read Article

NEW
orange(漫画・アニメ・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

orange(漫画・アニメ・映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『orange』(オレンジ)は、『別冊マーガレット』(集英社)と『月刊アクション』(双葉社)で連載された高野苺のSF恋愛ファンタジー漫画およびそれを原作としたアニメ、映画である。高校2年の始業式、高宮菜穂の元に10年後の自分から手紙が届いた。手紙には「転校生の成瀬翔を救ってほしい」と書かれていた。願いを叶えるため奮闘する菜穂と仲間達。友情と恋心が交差する中、5人は翔を救うことが出来るのだろうか。

Read Article

Devil May Cry(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

Devil May Cry(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『Devil May Cry』は、カプコンのテレビゲームである『Devil May Cry』シリーズを原作として製作されたテレビアニメ。WOWOWによって2007年の6月から9月まで放送された。 ゲームシリーズの主人公であるダンテが「悪魔も泣き出す男(デビルメイクライ)」に相応しい圧倒的な強さで悪魔を倒す戦闘シーンの迫力は勿論、アニメオリジナルの登場人物とカードゲームに興じるなど、ゲームでは見られないダンテの日常も描かれている。

Read Article

デビル メイ クライ(Devil May Cry)のネタバレ解説・考察まとめ

デビル メイ クライ(Devil May Cry)のネタバレ解説・考察まとめ

『デビル メイ クライ』とは、カプコンが制作したPlayStation 2専用のアクションゲームである。2001年8月23日に発売された。ゲーム続編は第4弾まで出ており、全世界シリーズ累計販売本数は1500万本に達している。ゲームや漫画など、様々なメディアミックスが成された。 ある満月の夜、トリッシュという美女が一人の男のもとを訪れる。その男はダンテといい、悪魔退治専門の便利屋『デビルメイクライ』を営んでいた。ダンテはトリッシュに導かれ、悪魔の救う島へと向かう。

Read Article

デビル メイ クライ 2(Devil May Cry 2)のネタバレ解説・考察まとめ

デビル メイ クライ 2(Devil May Cry 2)のネタバレ解説・考察まとめ

『デビル メイ クライ 2』(デビルメイクライツー、DEVIL MAY CRY 2)は、カプコンが制作したPlayStation 2用のアクションゲームソフトであり2003年発売。アクションゲームのジャンルからスタイリッシュアクションというジャンルを開拓した人気シリーズデビル メイ クライの続編である。キャッチコピーは、「悪魔と踊ろう」。 第6回のCESA GAME AWARDSでは「CESA GAME AWARDS FUTURE 優秀賞」を受賞している。

Read Article

デビル メイ クライ 3(Devil May Cry 3)のネタバレ解説・考察まとめ

デビル メイ クライ 3(Devil May Cry 3)のネタバレ解説・考察まとめ

『デビル メイ クライ 3』(デビル メイ クライ スリー、Devil may cry3)とは、カプコンが制作し2005年に発売されたPlayStation 2用のアクションゲームソフト。アクションゲームのジャンルからスタイリッシュアクションというジャンルを開拓した人気シリーズの第3作目であり、1作目「デビル メイ クライ」よりも過去の物語を描いている。 後に追加要素を含んだアップグレードバージョンの「デビル メイ クライ3 スペシャルエディション」も発表されている。

Read Article

バイオハザード RE:2(Biohazard RE:2)のネタバレ解説・考察まとめ

バイオハザード RE:2(Biohazard RE:2)のネタバレ解説・考察まとめ

『バイオハザード RE:2』とは、2019年1月にカプコンから発売されたサバイバルホラーゲーム作品で、1998年に発売された『バイオハザード2』のリメイク版である。話の大筋に大きな変更はないが、主人公関係者の物語は大幅に変更された箇所もあった。ゾンビが溢れかえる街から脱出することを目的に、新米警察官のレオン・S・ケネディ目線と、失踪した兄を探しにやってきた女子大生のクレア・レッドフィールド目線、2人の主人公の物語が描かれる。よりリアルなゾンビやサバイバルホラーを体験出来るようになった。

Read Article

Dragon's Dogma: Dark Arisen(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

Dragon's Dogma: Dark Arisen(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『Dragon's Dogma: Dark Arisen』 とは、 」2013年にカプコンより発売されたオープンワールドのアクションロールプレイングゲームで、2012年に発売された『Dragon´s Dogma』の拡張版である。売上本数はPS3版だけでも46万本を超えている。2017年にはPS4、Xbox OneやMicrosoft WindowsにNintendo Switchでも発売されている。ドラゴンに心臓を奪われてしまった主人公が広大なオープンワールドを冒険する物語となっている。

Read Article

モンスターハンターワールド:アイスボーン(MHWI)のネタバレ解説・考察まとめ

モンスターハンターワールド:アイスボーン(MHWI)のネタバレ解説・考察まとめ

『モンスターハンターワールド:アイスボーン』とは、2018年に発売され、2020年には1610万本を達成した大人気タイトル『モンスターハンター:ワールド』の超大型拡張コンテンツである。 ワールドのエンディング後から展開される本作のシナリオでは、フィールド・拠点ともに一新。新たなクエストランク「マスターランク」を設け、ハンターは渡りの凍て地と呼ばれる極寒の地で、新たな強敵たちと出会う。

Read Article

クレア・レッドフィールド(バイオハザード)の徹底解説・考察まとめ

クレア・レッドフィールド(バイオハザード)の徹底解説・考察まとめ

クレア・レッドフィールドとはCAPCOM制作のサバイバルホラーゲーム『バイオハザードシリーズ』において登場する主人公の一人。19歳の時連絡のとれなくなった兄を探しにバイオハザード中のラクーンシティにやってきてしまった女子大生。容姿端麗で弱者に寄り添い助けることの出来る女性だが、兄から小さい頃に様々な銃火器の使い方や身を守る術を教えられているためゾンビやクリーチャーが蔓延るラクーンシティでも生き残ることが出来た。その後バイオテロ被害者を助けるためNGO団体で人を助ける仕事をしている。

Read Article

デビル メイ クライ 4(Devil May Cry 4)のネタバレ解説・考察まとめ

デビル メイ クライ 4(Devil May Cry 4)のネタバレ解説・考察まとめ

『デビル メイ クライ 4(Devil May Cry 4)』は株式会社カプコンから発売されたスタイリッシュアクションゲームである。対応ハードはPlayStation 3、Xbox 360。後にPC版も発売した。前作まで主人公を務めたダンテから新キャラクターであるネロに主人公が変わった。物語は悪魔が存在し人間に危害を加える世界。城塞都市フォルトゥナにて、魔剣教団に所属する若き騎士ネロが魔剣祭の最中に起きた教皇殺しの犯人を追っていくうちに、犯人の正体と教団の真の目的を知っていくというものである。

Read Article

レッドアリーマー 魔界村外伝(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

レッドアリーマー 魔界村外伝(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『レッドアリーマー 魔界村外伝』とは、『魔界村』シリーズに登場する人気の敵キャラクターであるレッドアリーマーを操作するアクションゲームである。 『魔界村』との最大の違いは主人公が人間ではなく、翼を持った魔物である事に由来する豊富なアクションである。 翼によって飛行する、炎などの攻撃を口から吐く等の独自のアクションを楽しめる。 魔物が主人公である事によるダークな物語も魅力の一つ。 加えて『魔界村』シリーズ譲りの高難易度も持ち合わせている。

Read Article

ブレス オブ ファイア 竜の戦士(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

ブレス オブ ファイア 竜の戦士(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『ブレス オブ ファイア 竜の戦士』とはカプコンから1993年に発売されたRPGゲーム。『ブレス オブ ファイアシリーズ』の記念すべき第1作目でありカプコンが初めて手掛けたRPGでもある。竜の力を使う主人公や翼を持つヒロイン、亜人種の仲間達など1作目にしてシリーズの礎を築いた作品である。女神ミリアを復活させ世界を征服しようとする黒竜族の皇帝ゾーゴンの野望を打ち砕くために、白竜族の勇者リュウと7人の仲間達が戦う姿を描く。

Read Article

逆転検事(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

逆転検事(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『逆転検事』とは、2009年にNintendo DS専用ソフトとして発売された推理アドベンチャーゲーム。本作は、『逆転裁判』シリーズでお馴染みのライバル検事・御剣怜侍が主人公を務め、現代を舞台に巻き起こる数々の事件に立ち向かっていく姿を描く。『逆転裁判』シリーズのテイストを残しつつ、全く違った角度から事件を追っていく、従来の『逆転裁判』では味わえない新感覚を体験できる。

Read Article

レッドアリーマーII(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

レッドアリーマーII(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『レッドアリーマーII』とは、1992年に日本のカプコンから発売されたファミリーコンピュータ用アクションロールプレイングゲーム。 『魔界村』シリーズの人気敵キャラクターである「レッドアリーマー」を主人公としたスピンオフ作品。 また、ゲームボーイソフト『レッドアリーマー 魔界村外伝』の続編でもある。 魔物であるレッドアリーマーによる豊富なアクションが魅力。 翼によるホバリング、口から魔力による攻撃を吐く独自のアクションを駆使する。 『魔界村』シリーズに由来する高難易度も本作の魅力である。

Read Article

NEW
ブレス オブ ファイアII 使命の子(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

ブレス オブ ファイアII 使命の子(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『ブレス オブ ファイアII 使命の子』とは『ブレス オブ ファイア』シリーズの第2作目であり1995年にカプコンより発売されたRPGゲームである。前作でも好評であった迫力あるグラフィックをより進化させつつ合体システムや共同体など新しいやり込み要素も盛り込まれている。前作より500年後の世界、なんでも屋であるレンジャー業を営む主人公リュウは相棒のボッシュの無実の罪を晴らすための旅に出る。旅の中で様々な仲間と出会うリュウは使命の子としての邪神を封印するという運命の戦いに巻き込まれていく。

Read Article

【戦国BASARA】ファン以外が見たら意味不明な画像まとめ

【戦国BASARA】ファン以外が見たら意味不明な画像まとめ

『戦国BASARA』は、戦国武将をモチーフとしたカプコンによるアクションゲーム。ヤンキー風の英語を流暢に操る伊達政宗、ロボットのような存在として描かれる本田忠勝など奇想天外なキャラクター性で知られるも、骨太のストーリーで多くのファンを獲得。特にイケメン武将たちのやり取りは女性ファンの心を掴み、世に言う「歴女」ブームの原動力の一つともなった。 独自解釈で描かれるその世界観には奇抜な代物が溢れており、ここではそれを紹介する。

Read Article

【AKIRA予言】2020年東京オリンピック中止、伝染病、第三次世界大戦【次は何が起きる?】

【AKIRA予言】2020年東京オリンピック中止、伝染病、第三次世界大戦【次は何が起きる?】

大ヒットマンガ・アニメ作品の『AKIRA』では2020年の東京オリンピックが予言されていたと過去話題になっていました。さらに伝染病や第三次世界大戦、クラウン(コロナ)など他の予言も現実になりつつあるのでは、と話題になっています。Twitterで話題になっているAKIRAに関するツイートをまとめました。

Read Article

【あつ森】バイオハザードの世界を再現したマイデザインがすごい!【マイデザインIDまとめ】

【あつ森】バイオハザードの世界を再現したマイデザインがすごい!【マイデザインIDまとめ】

大人気ゲームシリーズ「どうぶつの森」のニンテンドーSwitch専用ソフト『あつまれ どうぶつの森』では、服やタイルを自由にデザインして作る「マイデザイン」という機能があり、人気を博している。特に人気漫画などに出てくる服を再現したマイデザインはたびたびネット上で大きな話題になっている。Switchオンラインで公開されているマイデザインは自由に使うことができるので、大好きなあのキャラになりきることも可能だ。ここでは大人気ホラーアクションゲーム『バイオハザード』を再現したマイデザインを紹介する。

Read Article

モンスターハンターワールド:アイスボーンに登場する会心100パーセントの武器まとめ【MHWI】

モンスターハンターワールド:アイスボーンに登場する会心100パーセントの武器まとめ【MHWI】

世界中のプレイヤーと共にハントが楽しめるゲーム『モンスターハンター』シリーズ。その中の一つ『モンスターハンターワイルド:アイスボーン』では、クリア後の追加ミッションでも十分通用する「会心100パーセント」の武器が登場する。特に「導きの地」でのプレイに役立つので、積極的に使用してみてはいかがだろうか。本記事では『モンスターハンターワールド:アイスボーン』に登場する会心100パーセントの武器を、まとめて紹介する。

Read Article

やりこみ度大幅アップ!モンスターハンターワールド:アイスボーンの新要素まとめ【MHWI】

やりこみ度大幅アップ!モンスターハンターワールド:アイスボーンの新要素まとめ【MHWI】

世界中のプレイヤーと共にハントが楽しめるゲーム『モンスターハンター』シリーズ。そのうちの一つである『モンスターハンターワールド:アイスボーン』は、2018年に発売された『モンスターハンター:ワールド』に新しい要素を加えたものである。北極を舞台としたステージが用意されているほか、追加モンスター、攻撃時のアクションなども改良されているのだ。本記事では『モンスターハンターワールド:アイスボーン』の新要素を、画像と共にまとめて詳しく紹介する。

Read Article

目次 - Contents