ストリートファイターZERO(ストZERO、Street Fighter ZERO)のネタバレ解説まとめ

カプコンが1995年にリリースを開始したアーケードゲームシリーズ、及びその移植作。
ストリートファイターシリーズの3作目。
『ストリートファイター』の後、『ストリートファイターII』の前に位置する架空の時間軸を舞台に、CPU戦を勝ち抜いていく。
人気作となり、シリーズ3作品がリリースされ、最終的には総勢39人のキャラクターが登場する大型作品となった。

CV:上田祐司
『ストリートファイターII』に登場したボスキャラクターたち「四天王」の1人。ナルシストで、シャドルーの幹部「四天王」の一角をなしているが世界征服には興味がなく、強く美しい相手を用意することを条件に協力しているにすぎない。本作では、自我を持ち始めたキャミィの確保を依頼される。
『ストリートファイターII』シリーズ同様に飛び上がってから高速で相手に襲いかかる「フライングバルセロナアタック」と、同様に相手に接近してから掴んで投げる「イズナドロップ」を使用しての奇襲戦法が得意。彼のホームステージでは特殊操作で『ストリートファイターII』シリーズ初期と同様に金網に張り付くことが出来る。

神月かりん

CV:山田美穂
『ZERO2』の外伝漫画『さくらがんばる!』からのゲスト参戦キャラクター。大財閥「神月財閥」の令嬢であり、神月家の「常に勝利者たるべし」との家訓に従い、あらゆる格闘技の修行を積んでいる。使用する武術はこれらを統合して編み出した「神月流格闘術」。さくらとの果し合いで人生初の敗北を喫し、以来さくらをライバルとして追いかけている。さくらはかりんに対してライバルという意識は持っておらず、普通に接したいと思っている。
素早い動きと複雑ながらバリエーション豊かな派生を持つ必殺技で相手を圧倒していく戦いが得意な反面、攻め込まれると切り返せないという弱点も持つ。

ブランカ

CV:上田祐司
アマゾンのジャングルで育った野生児。『ストリートファイターII』で登場したプレイヤーキャラクターの1人。外の世界に興味を持ち、ジャングルから出てきた。フルーツが大好物で、勝利ポーズでかじることもある。『ストリートファイターII』では人語を解し、理知的な言動も見せるキャラクターだったが、本作では思考が野性的で、言葉もしゃべれない設定となっている。外伝漫画『さくらがんばる!』の描写に習い、彼の言葉をダンが理解し解説する場面も見られるなど、ダンやさくらとの関係が深い。
「ローリングアタック」とそのバリエーションで奇襲を仕掛ける戦法が得意。

エドモンド本田

CV:菅原正志
『ストリートファイターII』からの登場。相撲の素晴らしさを世界に広げるため、ストリートファイトの世界に飛び込んだ。勝利時に見せる飛び六方は日本文化を広めるために本人が考案したアイデアである。『ZERO2』のソドムのエンディングでは土俵の上でも隈取をしている姿を見せている。相撲をベースに蹴り技などストリートファイトで戦うための技術を取り入れた独自の格闘スタイルで戦う姿はまさに「スモウレスラー」。『ストリートファイターII』でのホームステージは「銭湯の中に土俵」という異様な光景だったが、本作のホームステージは銭湯の店先に土俵を用意している。
張り手や投げ技で相手を画面端に追いやり、逃さないプレイスタイルが求められる。

マイク・バイソン

CV:山寺宏一
ベガの側近で、シャドルーの幹部「四天王」の1人。『ストリートファイターII』で、ボスキャラクターの1人として初登場。金を目当てにベガに協力している。働きに見合った報酬と地位を与えられるシャドルーの環境には満足している様子が伺える。
当初はボス専用の敵キャラクターとして登場し、稼働時間に応じて解放される隠しキャラだった。家庭用では最初から使用できるが、性能が大きく変更され、アーケード版の性能のバイソンは隠しキャラクターとなった。
素早いダッシュからパンチを繰り出す必殺技で相手を圧していけるが、下方向への攻撃が少なく、小回りのきく技もあまりないため、攻め込まれると苦しいキャラクターである。

ユーリ

CV:河本明子
本作初登場のキャラクター。「ベガ親衛隊」の1人で、ユーリの名はコードネームである。コードネームの由来はドイツ語の7月。帽子と体にフィットする上下一体型の服はベガ親衛隊共通のユニフォームである。バイソンと同様、一定期間経つと使用できるようになる隠しキャラだった。アーケード版でのストーリー、およびエンディングは上司であるベガと共通。家庭用で新たにエンディングが作成され、その正体がサンダー・ホークの恋人、ジュリアだったことが語られた。
出身が同じ「ベガ親衛隊」であるキャミィと似た技を使うが、必殺技の種類が少なく攻め手に欠ける。間合いを調整し、必殺飛び蹴り「スナイピングアロー」を反撃を打てないように当てていきたい。

ユーニ

CV:河本明子
本作が初登場のキャラクター。ユーリと同じく「ベガ親衛隊」の1人で、ユーニの名はドイツ語の6月から取られたコードネームである。ユーリと同様、隠しキャラクターとして登場し、アーケード版でのストーリーはベガと共通。ユーリと非常に姿が似ているが、これはふたりとも「ベガ親衛隊」のユニフォームを纏っているため。アーケード版ではエンディングがベガと共通だったため、家庭用ではストーリーとエンディングが追加された。そこで語られた本作でのユーニの任務はリュウを追うことである。
キャミィと似た技を使うが、レバーを後ろ、または下に一定時間倒してタメを作らなければ必殺技が放てないようになっている。自由に間合いを調整できるキャミィに比べ、我慢の多い戦いを強いられるが、移動技やコマンド投げを搭載しているため、ここぞという時には一気呵成に攻めることも出来るキャラとなっている。

ファイナルベガ

CV:西村知道
ベガのボス仕様。『ZERO2』の「真・豪鬼」同様、ボス性能のキャラクターを専用名称で呼んだものである。プレイステーション版以外の家庭用で使用可能な他、『ZERO3↑』ではアーケードの対戦でも使用可能であった。
性能は「V-ISM」、スーパーコンボゲージは「X-ISM」ベースの専用ISM「S-ISM」を用いる。これを利用して放つ「ファイナルサイコクラッシャー」は体力の7割を奪う大技となっている。それ以外にも移動速度が上がり、防御力も高く、一部通常技も専用の強力な物となっている。
ベガと殺意の波動に目覚めたリュウ以外の全キャラクターの最終ボスとして登場し、多くのプレイヤーをゲームオーバーの憂き目に合わせた。

フェイロン

CV:鳥海浩輔
家庭用移植版『ZERO3』で追加されたキャラクター。『ストリートファイターII』シリーズから登場。同作のバージョンアップ版『スーパーストリートファイターII』で初登場し、本作が4年ぶりの登場となった。駆け出しの映画俳優として香港で活動しており、自身を磨くためストリートファイトに参戦した。本作での活躍は映画化され大ヒットを記録、『スーパーストリートファイターII』の時点では世界的映画スターになった、という筋書きとなっている。『ZERO3↑↑』のユンのストーリーでは、事務所がシャドルーの麻薬密売に関わっていたため、本人も麻薬との関わりを噂されていた事が語られている。
連続入力で攻撃を繰り返す「烈火拳」を中心とした近距離ラッシュ型のキャラクター。小柄な体型と移動速度の早さを活かし、いかに接近するかが鍵となる。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

ストリートファイターII(ストII、Street Fighter II)のネタバレ解説まとめ

カプコンが1991年にアーケードゲームとして発売したゲーム、及びその移植作。 ストリートファイターシリーズの2作目であり、シリーズ最大のヒットを飛ばした。 1対1のストリートファイトによる世界大会を舞台に、個性豊かな総勢19人のキャラクターから1名を選び、試合での勝利を目指す。 別のプレイヤーとの「対戦」が好評を博した。

Read Article

ストリートファイターIII(ストIII、Street Fighter III)のネタバレ解説まとめ

『ストリートファイターIII』とは、カプコンが開発・販売したアーケードゲームシリーズ、及びその移植作であり、ストリートファイターシリーズの4作目。 『ストリートファイターII』の10年後を舞台に、CPU戦を勝ち抜く、あるいは他プレイヤーと対戦するゲーム。 シリーズは全部で3作品がリリースされ、最終作となった『ストリートファイターIII 3rd STRIKE -Fight for the Future-』は長きにわたってプレイされる名作となった。

Read Article

【意外な一面】ストⅡのリュウや春麗ってどんな人?

「ストリートファイター」シリーズとは90年代初頭に大規模な格ゲーブームを巻き起こし、最近ではゲームアプリ「モンスターストライク」とのコラボや最新作「ストリートファイターⅤ」の発表など、今なお話題の尽きないゲームです。今回はそんなゲーム中に登場する主役級キャラのリュウや春麗のプロフィールを紹介していきます。

Read Article

目次 - Contents