Fate/Grand Order(Fate/GO、FGO)のネタバレ解説まとめ

「Fate/Grand Order」とは2015年に配信を開始したスマートフォン用アプリゲーム。原作は2004年に発表されたゲーム「Fate/stay night」で、Fateシリーズのキャラクターや今作のオリジナルキャラなどを召喚して戦うRPG。2016年の年末に第一部のストーリーが完結し、大きな話題となった。その後も動きがあるたびに話題を呼ぶ大人気ゲーム。

バーサーカーの坂田金時

2017年5月の段階で、全サーヴァントのATK数値ランキング第3位のキャラクター。
どこへでも連れて行けるジャンヌやクー・フーリンオルタとはまた使い勝手が違い、金時の場合は「ボス向き」のキャラ。
宝具が非常に強く、且つ自力で攻撃力アップが出来て、NPチャージのスキルも持っているため、1ターン目で最大火力で宝具+バスターブレイブチェインで叩くと、中盤過ぎくらいまでのボスは倒すことが出来る。
仮に一発で倒せずとも、とにかく重い一撃を与えてくれる、爽快感のあるキャラクター。
しかしバーサーカー且つその場に居続けることには向かず、役目を終えると速やかに事故死する。
ボス戦だと分かっている時は連れて行くと猛威を振るう。
高難易度ステージでは稀にNPをゼロにされたり最初の数ターン宝具耐性を持っていたりなど1ターンキル防止のような対策がされているため、そういう場合は待機メンバーに入れておいて使う時にオーダーチェンジで引っ張り出すという作戦も出来る。
フレンド枠では殆どの金時持ちの人が1ターン目で宝具が撃てるようにしておいてくれるが、一応NPチャージ礼装かどうかスキルは育ってるかどうか良く見ておくと、万が一が防げる。
ピックアップ召喚であるため、やはり入手は難しい。

その他

他、相手の弱点になる☆5や☆4は誰を借りて行っても問題ない。
相手に寄っては特攻が入るキャラもいる。
例えば、敵がアーチャーのギルガメッシュであれば、弱点であるランサーで且つ神聖特攻のあるスカサハを連れて行くのが鉄板。
アルターエゴはライダー・キャスター・アサシンの弱点を取れるため、敵がこの3クラスの時はアルターエゴのクラスを連れて行くのも良い。
ただしアルターエゴはセイバー・アーチャー・ランサーが弱点。
ストーリー終盤では、NPCが宝具5・スキル10などの状態の時もあるため、敵との相性が良ければNPCを連れて行くのも有り。

基本的にはケースバイケースであるため、とりあえず色々なキャラを借りてみて自分にとって使い易いキャラを探していくのも1つの手。

無課金プレイヤーの場合

☆3までの低レアと配布☆4は無課金の強い味方。
ストーリーでの難敵に対して特攻が入るキャラなどもいて、☆4~5はフレンドに借りて低レア自前で用意すればかなり戦い易くなる。
どのキャラも個性や役割分担を理解して戦えば強いが、一般的に使い易いとされる☆1~3と配布サーヴァントを一部紹介。

マシュ

全てのプレイヤーが持っているヒロインキャラクター、マシュ。
成長がストーリー依存であるため序盤ではパッとしないが、6章~終局で宝具やスキルが強化され大活躍し、マシュが居なくては勝てないような戦いも沢山ある。
最終的には☆3から☆4に変わり、礼装次第ではATKが10000に届くようになる。
育てておいて全く損は無く、むしろ積極的に育てて活用していきたいキャラクター。
マシュの防御アップスキルや宝具を使えばダメージをかなり軽減する事ができ、マーリンや孔明と一緒に使うことで火力は低いが死なないパーティを作ることが出来る。
ターゲット集中スキルを使った後無敵付与を自身に使えば、敵の単体宝具を打ち消すことが出来る。
またターゲット集中スキルにはNP効率が上がる効果があるため、使ったターンにマシュのアーツカードを使えば一瞬でNP100%になる。
しかし、敵には無敵貫通の宝具や防御無視攻撃の宝具もあるため、そう言ったキャラとの相性は悪い。

配布サーヴァント全般

イベントでたまに配布キャラ(☆4)が実装されることがある。
イベントのストーリーやクエストをこなすと手に入れられて、☆4でありながら宝具5に出来るのが何よりも強み。
アーチャーのクロエやライダーの金時は特に強いと有名。
自分の足りない戦力を補ってくれるため、配布イベントがあれば積極的に参加したいところ。
難点は、本当に始めたばかりだとイベント自体のクリアや、キャラの2~5枚目や再臨アイテムを回収するのが難しいという事。
配布キャラはイベントで手に入るアイテムでしか再臨できないため、取り逃してしまったら復刻イベントをやってくれるのを待つしかない。
たまに高難易度イベント(参加条件が終局クリア済み)などもある。
宝具5にするのが難しいようであれば、キャラ1~2枚、再臨アイテム4つ全ては最低でも回収したいところである。

ランサーのクー・フーリン

☆3の中でも(むしろ全体を見ても)屈指の生存力を持っているのがランサーのクー・フーリン。
通常の方とプロトタイプの方2人がいる。
違う点はスキルにあり通常の方が「ガッツ」「弱体解除&HP回復」と生存に特化し、プロトの方は「クリティカルの威力アップ」「猛獣特攻」のスキルを持っているという事。
共通しているのは「矢避けの加護」で三回回避が出来る事。
ちなみに猛獣特攻はキメラや新宿のアヴェンジャーに特攻が入るため、1.5部(新宿)ではプロトが大活躍する。
活躍する場所が狭いが猛獣特攻に必要性を感じる人はプロト、必要性を感じない人は通常という風に選んでも良い。
キャラクター性も同じキャラであるが設定が少し違うため、単純に好みで選ぶ人も多い。

ダビデ

☆3の単体宝具アーチャー。
宝具が必中&スキル封印効果、スキルには味方全体に1回回避付与&精神異常回復+HP回復、など有能な能力を持っている。
特に注目したいのがスキルの「治癒の竪琴」で、全体に1回付与は攻撃されない限り消えず、タイミングよく使えば敵の宝具も防ぐことが出来る。
敵が必中や無敵貫通を持っていないという前提は入るが、宝具を確実に1回防げるのは大きい。
マーリンの1ターン無敵付与と近い役割が出来るということになる。
宝具に必中やスキル封印があるため、回避を毎ターン使ってくるような敵には有効。
アーツよりの構成であるため、NP効率も悪くない。

エウリュアレ

☆3単体宝具のアーチャー。
何よりの特徴として宝具に「男性特攻」が入っており、宝具のチャージを増やすと特攻倍率が上がる。
そのため宝具1でも宝具5でも基本的な威力は同じで、相手が男だった場合は猛威を振るう。
さらに追加効果で魅了付与もあり、スキルでも魅了がある。
敵のチャージを減らすスキルもあるため、男性サーヴァントに対する攻撃&足止めをするには持って来い。
六章の強敵と言われるガウェイン戦につれていけば活躍が見込める。
ここで躓いてしまうプレイヤーも多く、エウリュアレは育てて置いたほうが良いと新規プレイヤーに助言する人も多い。

ロビンフット

☆3の単体宝具アーチャー。
☆3のアーチャーは全員優秀である。
ロビンフッドの最大の特徴は、宝具が「毒特攻」であること。
そしてその毒をスキルで敵に与える事ができるという事。
つまり、相手を毒状態にして毒特攻宝具を使えばかなりの火力が出るということになる。
宝具もレベル5にしやすいため、宝具300%で毒特攻を宝具を撃てばかなり強力。
また必中スキルもあるため相手が回避していても使える。

メディア

☆3の単体宝具キャスター。
まず単体宝具のキャスターという時点で珍しく、他の単体宝具は☆5の三蔵やイリヤなどの手に入りにくいキャラになる。
さらにメディアのスキル「高速神言」はレベル1で80%・レベル4の時点で100%チャージ出来るため、出てきて即宝具を撃つことができる。
また宝具に敵の強化解除効果と自身のNPリチャージ効果がある。
500%で宝具を使えればリチャージ100%になる。
ステータスはそれほど高くは無いが、とにかく宝具を撃ちまくる戦法で攻めて行くことが出来る。
強化解除では無敵・回避・ガッツなども解除出来るため、厄介な強化を沢山入れてくるタイプの敵にも有効。

牛若丸

☆3の単体宝具のライダー。
単体宝具の低レアライダーは牛若丸と☆2のゲオルギウスしかいない。
配布のライダー金時を持っていない場合は、牛若丸を使っていくとキャスターと戦う時に有利。
またソロモンがキャスターであるため、ソロモン戦でも活躍が見込める。

ゲオルギウス

☆2の単体宝具ライダー。
上記でも述べたが、単体宝具の低レアは牛若丸とゲオルギウスのみ。
しかしゲオルギウスは攻撃型ではなく防御型で、自身にターゲット集中させたり、自身の防御力を上げたりガッツを使うことが出来る。
スキルのレベルを上げればバーサーカーやアサシン以外の単体宝具は1人で受けきることも可能。
また宝具に竜属性を与える効果があるため、セイバーのジークフリード(竜特攻)と一緒に使うと効果的。
マシュと一緒に出しマシュとゲオルギウスでターゲット集中させることで、残ったもう1人(例えばバーサーカーなど)を守ることが出来る。
☆2であるが使いどころを絞ればかなり優秀。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

Fate/Apocrypha(フェイト アポクリファ)のネタバレ解説まとめ

『Fate/Apocrypha』とは、ビジュアルノベルゲーム『Fate/stay night』の外伝作品、及びそこから派生したアニメと漫画作品である。「聖杯」と呼ばれる万能の力を持った杯を巡り二つの陣営に分かれた14人の魔術師(マスター)と14騎の英霊(サーヴァント)が戦い、競い合う「聖杯大戦」を描く。アニメは2017年7月から12月まで全25話構成で放送された。

Read Article

Fateシリーズ(Fate/stay night)のネタバレ解説まとめ

2004年にTYPE-MOONから発売されたテレビゲームおよびそれらを原作としたアニメ、小説、漫画作品。あらゆる願いを叶える万能の杯「聖杯」に選ばれた7人の魔術師と対になる7人の英霊たちが、己の願いを叶えるべく、最後の1組となるまで殺し合う「聖杯戦争」。聖杯戦争に巻き込まれた少年・衛宮士郎は、偶然にも召喚した英霊の少女・セイバーと共に、苦難の道を歩み始める。

Read Article

Fate/stay night(フェイト ステイナイト)のネタバレ解説まとめ

『Fate/stay night』とは、TYPE-MOONが開発するビジュアルノベルゲームのアニメ作品で、「聖杯」と呼ばれる万能の力を持った杯を巡り7人の魔術師(マスター)と7騎の英霊(サーヴァント)の物語を描いている。本作はその原作のストーリーのひとつであるセイバーがヒロインにしたルートを脚本にしている。2006年1月から6月まで全24話で放送された。

Read Article

Fate/EXTRA Last Encore(アニメ)のネタバレ解説まとめ

『Fate/EXTRA Last Encore』とは、マーベラスエンターテイメントから発売されたゲーム『Fate/EXTRA』を原作としたテレビアニメ作品である。2018年1月末に放送開始され、全13話が放映された。 月に存在するあらゆる願いを叶える力を持った霊子コンピューター「ムーンセル・オートマトン」内に作られた霊子虚構世界「SE.RA.PH」を舞台に”月の聖杯”をかけた魔術師と英霊による聖杯戦争を描いた物語。

Read Article

Fate/stay night [Unlimited Blade Works](Fate/stay night [UBW])のネタバレ解説まとめ

『Fate/stay night[Unlimited Blade Works]』とは、ビジュアルノベルゲーム「Fate/stay night」のアニメ作品で、「聖杯」と呼ばれる万能の力を持った杯を巡り7人の魔術師(マスター)と7騎の英霊(サーヴァント)が戦う物語を描いている。本作はその原作のストーリーのひとつである遠坂凛がヒロインにしたルートを脚本としている。 2014年10月から12月にかけて第1期、2015年4月から6月にかけて第2期がそれぞれ13話ずつで放映された。

Read Article

Fate/Zero(フェイト ゼロ)のネタバレ解説まとめ

『Fate/Zero』とはニトロプラスの虚淵玄の伝奇ライトノベル、及びそこから派生したアニメと漫画作品である。 「聖杯」と呼ばれる万能の力を持った杯を巡り、7人の魔術師(マスター)と7騎の英霊(サーヴァント)が戦い、競い合う「聖杯戦争」を描いた物語で、アニメは2011年1月から第1期が全13話、2012年4月から第2期が全12話構成で放送された。

Read Article

Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ(Fate/kaleid liner Prisma Illya)のネタバレ解説まとめ

『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ』とは、月刊コンプエースで連載されていた漫画、及びそれを原作として2013年に全10話が放送されたテレビアニメ作品である。普通の小学五年生のイリヤスフィール・フォン・アインツベルン(愛称はイリヤ)が「魔術礼装:カレイドステッキ」であるマジカルルビーの力により魔法少女にし転身し、同じ魔法少女である、美遊・エーデルフェルト(愛称は美遊)と協力し、町に散らばるクラスカードを回収する任務をこなしていく。

Read Article

Fate/stay night[UBW] に隠された「アーチャー=衛宮士郎」の共通点と伏線に迫る!

Fate/stay night [Unlimited Blade Works]における最大の秘密と言っても過言ではない「アーチャー=衛宮士郎」のキーワード。それ故に、本編ではこれを示唆する伏線・共通点が巧妙に描かれています。物語途中で気づいちゃった人もそうでない人も、とりあえず踏まえておいて損はないであろうシーンを振り返っていきましょう。

Read Article

目次 - Contents