桃太郎電鉄(桃鉄、 Momotaro Dentetsu)のネタバレ解説まとめ

Img character 01

『桃太郎電鉄』とは、ハドソン(現在はコナミデジタルエンタテインメント)で発売されていたすごろく形式のボードゲームである。一般的に「桃鉄」と省略されて呼ばれることが多い。生みの親はさくまあきらで、これまでシリーズ化されていた。
プレイヤーは電鉄会社の社長となり、各地の物件を購入して、最終的に総資産額トップを目指す。

『桃太郎電鉄シリーズ』の概要

71lezlotrzl. sl1280

『桃太郎電鉄』とは、ハドソン(現:コナミデジタルエンタテインメント)が製作したサイコロを振って進む、すごろく形式のボードゲームである。
プレイヤーは電鉄会社を運営する社長となり、全国の物件を購入して会社の資産を増やしていき、最終的には総資産額トップの日本一の社長を目指す。
これまで家庭用ゲーム機の他、携帯ゲーム機、携帯電話のアプリ版で展開し、シリーズ化されていた。その後一時製作が終了されるものの、2016年に新作のニンテンドー3DS専用ソフト「桃太郎電鉄2017 たちあがれ日本!!」が任天堂から発売された(製作はヴァルハラゲームスタジオ)。
生みの親はゲームライターのさくまあきらで、彼をモデルにしたキャラクターもゲーム内に登場する。
双六形式と言いながらも戦略性が必要とされるゲームであり、サイコロ運以外の比重が高くなっている。
このゲームでは日本地図などをモチーフにしたマップを使用するため、路線図の配置や駅の位置関係が再現されている。また、各地の名産品や特産品、産業などが物件として登場する。そのため、各地の地理を覚えることができる。

『桃太郎電鉄シリーズ』のゲームシステム

基本ルール

924b216b

対戦相手(人間、コンピューターキャラクター)を決める。

ゲーム開始時に人数を選ぶ。2人から4人(3人から5人の作品もある)で遊ぶことができるが、対戦相手をコンピューターに任せることもできる。
コンピューターは思考ルーチンの弱いものから強いものまで、さまざまなキャラクターが存在する。
その後プレイヤーの名前を決めたら、プレイヤーの順番をシャッフルすることができる。
最後に遊ぶ年数を設定し、1年から最大100年(99年のものもある)まで選択できる。

ゲームスタート時に一定のお金を所持してから、ルーレットで目的地を選ぶ。目的地とは双六のゴールのような場所で、そこに1番乗りするとお金がもらえる。
東京(全国編のみ)からスタートし、目的地決定後に順番が回ってきたら、双六の要領で基本的にはサイコロを振って出た目の数だけコマ(汽車)をマップ上で動かしていく。止まるマスは駅となっていて、お金がもらえたり、お金を取られたり、物件を購入できたりする駅などがある。
目的地でもらえる金額は通常のマスで得られるより高い場合が多い。目的地に到着したプレイヤーは援助金として多くのお金がもらえ、その時目的地から一番遠いプレイヤーには貧乏神というキャラクターがつく。その後、次の目的地をルーレットで決める。目的地に誰かが到着するたび、以上のようなことを繰り返す。
ゲームでの1年は12ヶ月(4月から3月)で、1ヶ月ごとにプレイヤーはサイコロを振ったり、カード(後述する)を使ったりして行動する。
1年が終了すると決算になり、購入した物件から収益金が入ってくる。そして次の年になり、以上設定年数まで同じことの繰り返しになる。

012

青色のマスがプラス駅、赤色のマスがマイナス駅、黄色のマスがカード駅、駅舎のマスが物件駅である。

このゲームは双六の要領で汽車を動かしていくが、この汽車が止まるマスを駅という。
主な駅について紹介する。

プラス駅

085f6a6d7f45ef98f9a927e0a8335f96

ルーレットで出した数値分のお金がもらえる。

マップ上の青色のマス(初期の作品では、青色にプラスのマーク、または白色にプラスのマーク)で、止まるとお金がもらえ、持ち金が増える。
もらえる金額はルーレットで決められ、6~8月の夏場は多くもらえるが、12~2月の冬場は逆に少ない。
ルーレットに表示されるお金の基本金額は月ごとに決まっていて、1年経過するたびにだんだんと増加していく。そのため、年数が経つともらえる金額が増える。
「桃太郎電鉄12」以降の作品ではもらえる金額が、夏場などでたまに2倍以上になることがある。

マイナス駅

48a5660e5acae16692a07fd095b2b1ed

ルーレットで出した数値分のお金が取られる。

マップ上の赤色のマス(初期の作品では赤色マスにマイナスのマーク、白色のマスにマイナスのマーク、黒色のマスにマイナスのマーク)で、止まるとお金を取られ、持ち金が減る。
取られる金額はプラス駅と同じくルーレットで決められ、12~2月の冬場は多く取られるが、逆に6~8月の夏場は少ない。
そして、ルーレットに表示される基本金額は月ごとに決まっていて、1年経過するたびだんだんと増加していく。そのため、年数が経つと取られる金額が増える。
「桃太郎電鉄12」以降の作品では取られる金額が、冬場で2倍以上になることがある。

カード駅

9b25545ca6d74ec893dec5bccd2195aa

ルーレットで出したカードがもらえる。

マップ上の黄色のマス(初期の作品では黄色のマスにCのマーク、または白色のマスにCのマーク)で、止まるとカードが1枚もらえる。
もらえるカードはルーレットで選出され、完全にランダムである。ただし年数によってもらいやすいカードもある。
基本的にはプレイヤーに有利な状況にさせるものが多いが、中にはプレイヤーに損害を与えるカードをもらってしまうこともある。
「桃太郎電鉄X」以降の作品では、持ち金がマイナスの場合に2枚もらえることがあって、「桃太郎電鉄11」以降の作品では、カードを3枚もらえることもある。
「桃太郎電鉄2017」では、カードがない時に止まった場合、複数枚のカードをもらえるイベントが発生することもある。

物件駅

A1b7601d

資産の基本になる物件を売っている駅で、マスは駅舎の形をしていたり、「駅」などと表示されている。近くに「○○」と駅名を表す看板がある。
この駅に止まると物件を購入することができる。
一つの駅の物件を全て購入(独占)すると、駅の色が独占したプレイヤーの汽車の色と同じものになる(「桃太郎電鉄7」~「桃太郎電鉄11」、「桃太郎電鉄2017」)。
また独占だけではなく、全て物件を最大まで増資すると、駅名の看板も同じように変わる(「桃太郎電鉄12」、「桃太郎電鉄USA」、「桃太郎電鉄15」、「桃太郎電鉄16」)。
独占のみによって、駅と看板が独占したプレイヤーの汽車の色と同じものになる(「桃太郎電鉄2010」「桃太郎電鉄タッグマッチ」)。
駅の物件を独占したプレイヤーが独占した駅に止まると、まれにカードをもらえることがある。

物件駅の中には、目的地選出の際に候補となる駅がある。目的地に選ばれた駅は駅舎が立派なものに変化する。

一定の年数が経過すると、物件の100倍の金額により他プレイヤーが購入した物件を自分のものにすること(乗っ取り)ができる(「桃太郎電鉄16」「桃太郎電鉄2010」「桃太郎電鉄タッグマッチ」「桃太郎電鉄2017」では50年以降、「桃太郎電鉄20周年」は30年以降)。
ただし最高額物件「桃太郎ランド」は乗っ取ることができない。

ゲームの序盤から中盤あたりで「発祥地イベント」が発生し、電鉄会社の発祥地として物件駅を1駅指定する(「桃太郎電鉄12」の全国版~「桃太郎電鉄16」、「桃太郎電鉄20周年」~「桃太郎電鉄タッグマッチ」、「桃太郎電鉄2017」)。
発祥地イベントが発生してから指定駅に止まると、カードをもらえたり、持ち金がマイナスの時は0円にして借金を帳消しにしてくれる。

目的地駅

Cf0f4872391053eae1701024b13ba0ad

目的地駅に到着すると、このように到着グラフィックが表示される。

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents