Fate/Grand Order(Fate/GO、FGO)のネタバレ解説まとめ

「Fate/Grand Order」とは2015年に配信を開始したスマートフォン用アプリゲーム。原作は2004年に発表されたゲーム「Fate/stay night」で、Fateシリーズのキャラクターや今作のオリジナルキャラなどを召喚して戦うRPG。2016年の年末に第一部のストーリーが完結し、大きな話題となった。その後も動きがあるたびに話題を呼ぶ大人気ゲーム。

リセマラ(通常ガチャのキャラのみ)

リセマラとはリセットマラソンことで、望んだキャラが出るまでダウンロード→ガチャ→出なければアンインストール→ダウンロードを繰り返す作業の事。
ちなみに、チュートリアルガチャでは☆5や一部の☆4は出ないため注意。
☆5が欲しい場合はその後のクエストも回り、聖晶石を欲しいだけ溜めなければならない。
時期に寄っては詫び石や配布など貰えることもあるし、始めたばかりだとログインボーナスで石を沢山貰える。

☆5 諸葛孔明(エルメロイII世)

とにかくサポート力に優れており、相手が誰であっても活躍する縁の下の力持ち。孔明が居れば安定して戦える。
フレンドで借りる人も多いが、自前で用意できればさらに使い勝手が上がり、頼もしい存在となる。
しかし本領を発揮するためにはスキルレベルをそれなりに上げないといけないことや、宝具が攻撃では無いため、右も左も分からない初心者だと持て余してしまうということもある。
序盤で育てきれずとも、持っていれば後々まで活躍が確実に見込めるキャラクター。

☆5 ジャック・ザ・リッパー

通常召喚のアサシン唯一の☆5にして、アサシンの中で最も使いやすく安定して強いキャラクター。
FGOの中でも指折りの強キャラである。
クリティカルスターの発生率が高く、ジャックが攻撃するだけで次のターンにクリティカル攻撃が出来る。
また、宝具は女性特攻であるため女性キャラの多いFGOでは猛威を振るう。
難点は他の☆5と同様に大量の素材アイテムとQPが必要となるため、序盤では育て難いところであるが…。
しかし居れば確実に活躍する、リセマラで出れば大当たりのキャラクター。

☆5 オジマンディアス

単体宝具の☆5ライダー。
☆5ライダーの単体宝具キャラで、且つ強キャラと呼ばれているのはオジマンディアスとケツァル・コアトルの2人で、どちらも非常に強い。
使い勝手が違うためどっちが良くてどっちがダメということはないため、好みで決めて良い。
しかしケツァル・コアトルは7章をクリアしないとガチャのラインナップに入らないため、リセマラで狙うならオジマンディアスとなる。
宝具がバスターカードであるため1人でバスターチェインが組めて、自力で攻撃力アップやNPアップのスキルが使える。
難点は再臨で使う素材が6章からでしか手に入らない事や、その素材もかなりの数を要求されるということ。
またスキルが優秀であるためスキルレベル10を目指さないとならず、本領を発揮するためにはスキル全MAXが目標になる事。
始めたばかりのプレイヤーでは扱いきれないが、大事に育て続ければ最終的には戦闘力がトップクラスのサーヴァントになる。
ソロモンや魔神柱の弱点をつけ、且つ単体宝具であるためストーリー攻略でもかなり活躍が見込める。

☆4 ヘラクレス

チュートリアルガチャから出てくる☆4のバーサーカー。
FGOの原作である「Fate/stay night」でもボスクラスであったキャラである。
ヘラクレスの凄い所はバーサーカーである上に自力で「攻撃力アップ」「回避」「ガッツ」が使えるということにあり、殿に置いておくと安心感がある。
ヘラクレスはバスターカードが3枚(さらに宝具もバスター)あるため、一対一の戦いにもつれ込んだ時には単独バスターブレイブチェインで殴ることが出来て、これが非常に強い。
一対一という条件であれば、ガッツと回避さらにマスター礼装で回避or無敵などを上手くつければ数ターン生き残り続け、その間ずっとバスターブレイブチェインで攻撃が出来る。
ただし、バーサーカーであるため前衛から出ていると事故死が多く、ボスまで生き残っていられないなど、扱いには工夫が必要。
また、中盤のステータスが伸びが悪いため、レベル80まで育てきってから戦闘に出す方が強さを実感できる。
フリクエ周回や雑魚戦というよりはボス戦向きのキャラクター。

☆4 セイバーのランスロット

チュートリアルガチャでは出てこない☆4セイバー。
バーサーカーのランスロットの中身の人でもある。
スキルでスター集中・クリティカルの威力アップ・スター獲得があり、これを使うと一人でスターを生み出してそのスターを自分で吸収しクリティカルでバンバン敵を倒すことが出来る上に、NP効率が良い。
単体宝具であるためボス戦でも主戦力となる。
スキルをちゃんと育てていれば、☆5並みの強さを出すことが出来る。
セイバーは☆1~2は無し、☆3が4人(うち1人は6章クリアしないとガチャに入らない)しかいないため、序盤は人手不足になり勝ちのクラス。
ランスロットを引いたらアタリである。

その他

上記でも書いたが、セイバーは人手不足になりがちであるため☆5の「アルトリア・ペンドラゴン」や「アルテラ」も序盤から手元に居ると頼もしい。
アーチャーの☆5「オリオン」は男性特攻を持っているため、ストーリー6章で活躍する。
ライダーの☆5「フランシス・ドレイク」も周回に便利な全体宝具且つ、無敵貫通を持っているため使い勝手が良い。
キャスターの☆5「玄奘三蔵」は、キャスターでは珍しい単体バスター宝具であるためアサシンが相手の時に頼もしい。

フレンド枠

強いフレンドから是非とも借りたいサーヴァント。
勿論敵が誰かによってフレンドから借りるキャラも変わるが、一般的にフレンドに置いておくと喜ばれる、フレンドから借りたいと思われているキャラクターを一部紹介。

諸葛孔明(エルメロイII世)

どこへ連れて行っても縁の下の力持ち。
自前でアタッカーを用意できる場合は、孔明を連れて行けば攻撃アップやNP効率が良くなる。
マシュと孔明で組ませれば防御力の高いパーティになる。
孔明レベル90スキルMAXでサポートに入れている人は結構いるため、見かけたらガンガンフレンド申請したいところ。

マーリン

孔明と同じく縁の下の力持ち。
バスターアップや攻撃力アップ、さらに全体無敵付与、リジェネ(回復)などチートクラスのサポート力を持っている。
マシュと一緒に出せば、アタッカーバーサーカーを守りながらボス戦まで行くことも可能。
マーリンをつれて行きとにかくマーリンの宝具を使い続ければダメージは回復し、NPも毎ターン少しずつ溜まっていくため、マーリンが居るだけで強いとも言われている。
バスターアップのスキルがあるため、バスター宝具のキャラと相性が良い。
ピックアップ召喚限定であるため、入手困難なキャラクターであるためフレンド枠で人気がある。
もし始めた時にマーリンのピックアップをやっていればリセマラで狙っていくのも大いに有り。

ジャンヌ・ダルク(オルタ)

2017年5月の段階で、全サーヴァントのATK数値ランキング第1位のキャラクター。
バスター宝具+バスターカード2枚持っているため、バスターチェインも組める。
自力で攻撃力を上げられ、単体宝具である上ため相手がムーンキャンサーでも無い限りは何処へ行っても強い。
ボス戦などでアタッカーが欲しい時に真っ先に候補に入るキャラクター。
レベル100にしているプレイヤーもかなり多く、フレンド枠で大変人気がある。
ピックアップ召喚であるため入手は難しい。
マーリン同様、ピックアップ中にリセマラをする場合は狙っていくのも有り。

クー・フーリン(オルタ)

2017年5月の段階で、全サーヴァントのATK数値ランキング第2位のキャラクター。
☆5のバーサーカーで、バスターカード3枚、さらにバスター単体宝具を持つ。
2回回避のスキルを持っているためバーサーカーで有りながら生存率が高く、素殴りだけで宝具のような威力を出し、居るだけで強い。
しかし攻撃力アップのスキルを持っていないため、重い一撃で仕留めるというよりはその場に留まり続けることで総合的に強さを発揮するタイプ。
クー・フーリンオルタと礼装の鉄板の組み合わせが「月霊髄液(無敵三回付与)」で、これを持っているクー・フーリンオルタはスキルを合わせると連続で5回回避が出来る。
注意したいのは無敵と回避だと無敵→回避の順で消化されるが、回避状態の時に回避スキルを使う事はできずスキルが無駄になるところである。
フレンド枠として人気のあるキャラクター。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

Fate/Apocrypha(フェイト アポクリファ)のネタバレ解説まとめ

『Fate/Apocrypha』とは、ビジュアルノベルゲーム『Fate/stay night』の外伝作品、及びそこから派生したアニメと漫画作品である。「聖杯」と呼ばれる万能の力を持った杯を巡り二つの陣営に分かれた14人の魔術師(マスター)と14騎の英霊(サーヴァント)が戦い、競い合う「聖杯大戦」を描く。アニメは2017年7月から12月まで全25話構成で放送された。

Read Article

Fateシリーズ(Fate/stay night)のネタバレ解説まとめ

2004年にTYPE-MOONから発売されたテレビゲームおよびそれらを原作としたアニメ、小説、漫画作品。あらゆる願いを叶える万能の杯「聖杯」に選ばれた7人の魔術師と対になる7人の英霊たちが、己の願いを叶えるべく、最後の1組となるまで殺し合う「聖杯戦争」。聖杯戦争に巻き込まれた少年・衛宮士郎は、偶然にも召喚した英霊の少女・セイバーと共に、苦難の道を歩み始める。

Read Article

Fate/stay night(フェイト ステイナイト)のネタバレ解説まとめ

『Fate/stay night』とは、TYPE-MOONが開発するビジュアルノベルゲームのアニメ作品で、「聖杯」と呼ばれる万能の力を持った杯を巡り7人の魔術師(マスター)と7騎の英霊(サーヴァント)の物語を描いている。本作はその原作のストーリーのひとつであるセイバーがヒロインにしたルートを脚本にしている。2006年1月から6月まで全24話で放送された。

Read Article

Fate/EXTRA Last Encore(アニメ)のネタバレ解説まとめ

『Fate/EXTRA Last Encore』とは、マーベラスエンターテイメントから発売されたゲーム『Fate/EXTRA』を原作としたテレビアニメ作品である。2018年1月末に放送開始され、全13話が放映された。 月に存在するあらゆる願いを叶える力を持った霊子コンピューター「ムーンセル・オートマトン」内に作られた霊子虚構世界「SE.RA.PH」を舞台に”月の聖杯”をかけた魔術師と英霊による聖杯戦争を描いた物語。

Read Article

Fate/stay night [Unlimited Blade Works](Fate/stay night [UBW])のネタバレ解説まとめ

『Fate/stay night[Unlimited Blade Works]』とは、ビジュアルノベルゲーム「Fate/stay night」のアニメ作品で、「聖杯」と呼ばれる万能の力を持った杯を巡り7人の魔術師(マスター)と7騎の英霊(サーヴァント)が戦う物語を描いている。本作はその原作のストーリーのひとつである遠坂凛がヒロインにしたルートを脚本としている。 2014年10月から12月にかけて第1期、2015年4月から6月にかけて第2期がそれぞれ13話ずつで放映された。

Read Article

Fate/Zero(フェイト ゼロ)のネタバレ解説まとめ

『Fate/Zero』とはニトロプラスの虚淵玄の伝奇ライトノベル、及びそこから派生したアニメと漫画作品である。 「聖杯」と呼ばれる万能の力を持った杯を巡り、7人の魔術師(マスター)と7騎の英霊(サーヴァント)が戦い、競い合う「聖杯戦争」を描いた物語で、アニメは2011年1月から第1期が全13話、2012年4月から第2期が全12話構成で放送された。

Read Article

Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ(Fate/kaleid liner Prisma Illya)のネタバレ解説まとめ

『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ』とは、月刊コンプエースで連載されていた漫画、及びそれを原作として2013年に全10話が放送されたテレビアニメ作品である。普通の小学五年生のイリヤスフィール・フォン・アインツベルン(愛称はイリヤ)が「魔術礼装:カレイドステッキ」であるマジカルルビーの力により魔法少女にし転身し、同じ魔法少女である、美遊・エーデルフェルト(愛称は美遊)と協力し、町に散らばるクラスカードを回収する任務をこなしていく。

Read Article

Fate/stay night[UBW] に隠された「アーチャー=衛宮士郎」の共通点と伏線に迫る!

Fate/stay night [Unlimited Blade Works]における最大の秘密と言っても過言ではない「アーチャー=衛宮士郎」のキーワード。それ故に、本編ではこれを示唆する伏線・共通点が巧妙に描かれています。物語途中で気づいちゃった人もそうでない人も、とりあえず踏まえておいて損はないであろうシーンを振り返っていきましょう。

Read Article

目次 - Contents