Fate/Grand Order(Fate/GO、FGO)のネタバレ解説まとめ

「Fate/Grand Order」とは2015年に配信を開始したスマートフォン用アプリゲーム。原作は2004年に発表されたゲーム「Fate/stay night」で、Fateシリーズのキャラクターや今作のオリジナルキャラなどを召喚して戦うRPG。2016年の年末に第一部のストーリーが完結し、大きな話題となった。その後も動きがあるたびに話題を呼ぶ大人気ゲーム。

パーティは10個まで設定でき、それぞれでマスター装備を設定することが出来る。
編成の特徴(例えば全員アーツ攻撃中心であるなど)とマスターのスキルを上手く合わせて生かせることが出来ると、強い相手でも倒せるようになっていく。
一番最初からある礼装「魔術礼装・カルデア」は「回復」「攻撃力超アップ」「回避」が使え、初心者でも扱いやすい。
「カルデア戦闘服」も人気で、「オーダーチェンジ(前衛と待機メンバーの1人を交換する)」や「ガンド(敵単体にスタンを与付)」はとても便利。

戦い方

下が通常攻撃のカード5枚、上が宝具カード。

基本的な戦い方

戦闘に出ているキャラクター三人のカードからランダムで5枚(+宝具が使えれば宝具カードも)が出てくる。
ここから宝具カード込みで3枚選んで戦っていく。

1枚目に選んだカードがあと2枚のカードに追加効果を与え、3枚目に選んだカードは通常より威力が上がる。
例えば、バスター・クイック・アーツで組んだ場合は、全体的に火力がアップし、3枚目のアーツの効果が少し上がる。
アーツ・クイック・クイックであればクイックにアーツ効果が入りNPチャージをする事が出来る。

同じ種類のカードを3枚選んだ場合「チェイン」となりボーナス効果が入る。
例えばアーツ・アーツ・アーツと選んだら「アーツチェイン」となり、チェインに参加したキャラにNP+20%が付与され、アーツカードの威力が上がりNPチャージがし易くなる。

同じキャラで3枚選んだ場合は「ブレイブチェイン」となり、4つ目の攻撃エクストラアタックが追加される。
同じく、同じキャラで同じ種類のカードを3枚選んだ場合、例えばバスター・バスター・バスターで組めば「バスターブレイブチェイン」となりさらに威力が上がる。
バーサーカーはバスターカード3枚持ちのキャラも多く、バスターブレイブチェインをして一緒に攻撃力アップのスキルを使って火力を上げれば宝具並みの威力を出すこともある。
通常攻撃に3枚同じカードがないキャラもいるため、宝具のカードとあわせることでもチェインが組める。

宝具・宝具・宝具でチェインを組むとボーナスが入り、一番目の宝具は溜めた分だけのNPチャージ分で攻撃し、二番目の宝具で+100%、三番目の宝具で+200%で攻撃できる。
例えば、宝具レベル1のキャラは通常宝具100%でしか攻撃できないが、宝具チェインで三番目に攻撃すれば300%で攻撃が出来るという事になる。

敵にスタンや魅了など行動不能にされたキャラはチェインを汲むことができず、選択してもチェインエラーになってそのキャラの攻撃は飛ばされる。

敵について

殆どの場合バトルは1~3戦あり、3戦目にボスがいる。
強敵になってくると2戦目に中ボスが居る事もある。

敵は「パーティ全体で」三回攻撃をしてくる。
強敵と雑魚2人と言う場合は雑魚の攻撃も回数に入るため、どれから倒せば良いか良く考えて倒すと、それだけで強敵の行動を多少制限できる。

敵にも宝具があり、チャージゲージが満タン(赤くなる)と次のターンで宝具攻撃をしてくる。
雑魚敵でも必殺技を使ってくるため、チャージを良く見て戦うとうっかり雑魚に倒されてしまうという事故が防げる。
チャージは1ターンに付き1つ進むが、キャラに寄っては自力でチャージを進めたりするため宝具を使うタイミングを良く見て、回避や無敵などで対策をすると避ける事が出来る。
しかし、敵によっては自力チャージ→そのターンで即宝具のキャラも居たり、無敵貫通や強化解除を行ってきて回避不可能な場合もある。
チャージ数は敵のクラスによって異なり、アーチャーだと雑魚もサーヴァントも3ターンで宝具を撃ってくる。

ターゲットはタップすれば変える事が出来る。
チェインを組むとターゲット変更が出来ないため、チェインを組む前にターゲットを指定する。
オーバーキルのシステムが少しややこしく、敵に対するターゲット切り替えが攻撃してるサーヴァントの切り替え時になる。
例えば、サーヴァントAがブレイブチェインで攻撃した場合、一体だけを只管攻撃し続けることになる。
しかし、サーヴァントA・サーヴァントA・サーヴァントBという攻撃順であれば、AとBの切り替え時に敵を既に倒していれば次の敵へターゲットが切り替わる。
サーヴァントAの宝具込みのブレイブチェイン(宝具・攻撃・攻撃・EX)だと、宝具で敵を倒しきっていれば通常攻撃は次の敵に切り替わる。
確実に一撃で倒せる雑魚3体を1ターンで倒したい場合は、サーヴァントA・サーヴァントB・サーヴァントAとあえて同じキャラを続けなければ1ターンで倒しきれる。
逆に、雑魚戦でNPチャージをしたい場合はアーツ・クイック・アーツなどのブレイブチェインをしてオーバーキルすることで、NPを効率的にチャージすることが出来る。
大抵バトル3にボスがいるため、前半の雑魚的でNPをチャージしておくとボスに攻撃を受ける前に倒してしまえる。

また敵の名前(クラス名の辺り)を長押しすると、使用中のスキルと何ターンそのスキルが続くのかを確認することが出来る。
回避や無敵を使っている場合はよく見ておかないと折角の宝具が台無しになってしまう。
特に高難易度のステージのボスは特殊なスキルを常時使っていたりいるため、要確認。

NPとは

NPが100%に達すると宝具を使う事ができる。
宝具を使うとNPは0%になる。
チャージは100%単位であるため、120%溜めても100%、199%溜めても100%扱い。
宝具レベル1だと100%まで、宝具レベル2だと200%まで、宝具レベル5だと300%までチャージ出来る。
宝具チェインでボーナスが乗れば、最大500%で撃つ事も実質可能。

アーツカードやクイックカードでNPが溜まる。
アーツチェインをすると確実に+20%NPがチャージされる。
NPの溜まり方(効率の良さ)はクラスやキャラ、攻撃のヒット数によって違う。
アーツやクイックでクリティカルが入るとNPも多くチャージされる。
また、敵からの攻撃を受けてもNPは溜まり、一回のヒット数が多いキャラから攻撃を受けるとNPが早く溜まる。
一般的には、アーツカードの多いキャスター、攻撃ヒット数の多いアーチャーとアサシン、クリティカルを出しやすいライダーはNP効率が良い。
逆にアーツカードが少なくクリティカルが出しにくく、尚且つヒット数も少なめのバーサーカーはなかなかNPが溜まらない。
※勿論キャラによって違いが出るため、例外はある。

スターとは

サーヴァントが攻撃した時に落とす星の事をクリティカルスターと呼ぶ。
沢山落とせば落とすほど次のターンの攻撃のクリティカル率が上がる。
攻撃時のカードの上にある「~%」というのはクリティカル率のことで、100%であれば確実にクリティカルが入るということになる。
如何にクリティカルを出すかが強さの秘訣でもある。
一般的にはクイックカードが多くヒット数の多いアサシンがスターを沢山落とし、ライダーとアーチャーがスターを沢山吸い、バーサーカーはスターをあまり吸わないのでクリティカルが出しにくい。
勿論キャラクターによって差がある。
スター集中スキルを持つサーヴァントはスキルを使っている間はスターが分散せず1人に集まり、クリティカルの威力アップのスキルや宝具と一緒に使ったりする事で強力な攻撃力を出すことも可能。
また毎ターンスターを付与する礼装や、スキルでその場でスターを出すキャラや、スター発生率を上げるスキルや礼装もある。
サーヴァント・スキル・礼装を上手く組み合わせて、毎ターン沢山のスターを確保しながらクリティカル攻撃で戦えば、攻撃力も上がりNP効率も良くなり、比較的戦闘に余裕が出る。

スキルとは

スキルはマスターとサーヴァントにそれぞれ三つずつある。
一度使うと数ターンの間チャージに入り、チャージが終わるとまた使えるようになる。
レベル6と10でチャージタイムが少なくなるため、スキルをどのくらい育てているかでサーヴァントの強さも変わってくる。
例えば、クーフーリンの持つ「矢避けの加護(3回回避)」はレベル1だとチャージタイムが7、レベル10にするとチャージタイムが5になる。
5ターンに一回3回回避が使えるのと、7ターンに一回3回回避が使えるのではやはり違う。
キャラクターの中にはスキルに状態異常の回復、回避関与、敵をスタンさせるなど便利なキャラも居たり、スキルをしっかり育てていないと本領発揮が出来ないキャラも居る。

マスタースキル

マスターのスキルもサーヴァントと同じもの。
チャージタイムはサーヴァントよりも長めで、その分強力なものも多い。
NPチャージやコマンドカードのシャッフル、前衛と待機メンバー1人を交代するオーダーチェンジなど、色々なスキルがある。
サーヴァントや敵との相性を踏まえてマスター装備を考えていくと、ここぞという時に助けになる。
マスター礼装のレベルが上がるとスキルのレベルも上がり、最大レベル10になる。

令呪

上記でも解説したが、マスターには令呪という能力があり一日に三画使える。
味方単体のHP全回復(一画)、味方単体のNP100%チャージ(一画)、コンテニュー(三画)が使える。
一対一まで追い詰められた時に3ターン連続で宝具を撃つこともできるし、三日に一回コンテニューが聖晶石を使わずに出来るということになる。
コンテニューすると、全回復・NP100%の状態で続きから始められる。
令呪は24時に一画回復し、令呪を聖晶石で回復する事は出来ない。
けちけちせずにどんどん使っても良いし、もしもの時のコンテニューのために大事しても良い。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

Fate/Apocrypha(フェイト アポクリファ)のネタバレ解説まとめ

『Fate/Apocrypha』とは、ビジュアルノベルゲーム『Fate/stay night』の外伝作品、及びそこから派生したアニメと漫画作品である。「聖杯」と呼ばれる万能の力を持った杯を巡り二つの陣営に分かれた14人の魔術師(マスター)と14騎の英霊(サーヴァント)が戦い、競い合う「聖杯大戦」を描く。アニメは2017年7月から12月まで全25話構成で放送された。

Read Article

Fateシリーズ(Fate/stay night)のネタバレ解説まとめ

2004年にTYPE-MOONから発売されたテレビゲームおよびそれらを原作としたアニメ、小説、漫画作品。あらゆる願いを叶える万能の杯「聖杯」に選ばれた7人の魔術師と対になる7人の英霊たちが、己の願いを叶えるべく、最後の1組となるまで殺し合う「聖杯戦争」。聖杯戦争に巻き込まれた少年・衛宮士郎は、偶然にも召喚した英霊の少女・セイバーと共に、苦難の道を歩み始める。

Read Article

Fate/stay night [Unlimited Blade Works](Fate/stay night [UBW])のネタバレ解説まとめ

『Fate/stay night[Unlimited Blade Works]』とは、ビジュアルノベルゲーム「Fate/stay night」のアニメ作品で、「聖杯」と呼ばれる万能の力を持った杯を巡り7人の魔術師(マスター)と7騎の英霊(サーヴァント)が戦う物語を描いている。本作はその原作のストーリーのひとつである遠坂凛がヒロインにしたルートを脚本としている。 2014年10月から12月にかけて第1期、2015年4月から6月にかけて第2期がそれぞれ13話ずつで放映された。

Read Article

Fate/Zero(フェイト ゼロ)のネタバレ解説まとめ

『Fate/Zero』とはニトロプラスの虚淵玄の伝奇ライトノベル、及びそこから派生したアニメと漫画作品である。 「聖杯」と呼ばれる万能の力を持った杯を巡り、7人の魔術師(マスター)と7騎の英霊(サーヴァント)が戦い、競い合う「聖杯戦争」を描いた物語で、アニメは2011年1月から第1期が全13話、2012年4月から第2期が全12話構成で放送された。

Read Article

Fate/stay night(フェイト ステイナイト)のネタバレ解説まとめ

『Fate/stay night』とは、TYPE-MOONが開発するビジュアルノベルゲームのアニメ作品で、「聖杯」と呼ばれる万能の力を持った杯を巡り7人の魔術師(マスター)と7騎の英霊(サーヴァント)の物語を描いている。本作はその原作のストーリーのひとつであるセイバーがヒロインにしたルートを脚本にしている。2006年1月から6月まで全24話で放送された。

Read Article

Fate/EXTRA Last Encore(アニメ)のネタバレ解説まとめ

『Fate/EXTRA Last Encore』とは、マーベラスエンターテイメントから発売されたゲーム『Fate/EXTRA』を原作としたテレビアニメ作品である。2018年1月末に放送開始され、全13話が放映された。 月に存在するあらゆる願いを叶える力を持った霊子コンピューター「ムーンセル・オートマトン」内に作られた霊子虚構世界「SE.RA.PH」を舞台に”月の聖杯”をかけた魔術師と英霊による聖杯戦争を描いた物語。

Read Article

Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ(Fate/kaleid liner Prisma Illya)のネタバレ解説まとめ

『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ』とは、月刊コンプエースで連載されていた漫画、及びそれを原作として2013年に全10話が放送されたテレビアニメ作品である。普通の小学五年生のイリヤスフィール・フォン・アインツベルン(愛称はイリヤ)が「魔術礼装:カレイドステッキ」であるマジカルルビーの力により魔法少女にし転身し、同じ魔法少女である、美遊・エーデルフェルト(愛称は美遊)と協力し、町に散らばるクラスカードを回収する任務をこなしていく。

Read Article

Fate/stay night[UBW] に隠された「アーチャー=衛宮士郎」の共通点と伏線に迫る!

Fate/stay night [Unlimited Blade Works]における最大の秘密と言っても過言ではない「アーチャー=衛宮士郎」のキーワード。それ故に、本編ではこれを示唆する伏線・共通点が巧妙に描かれています。物語途中で気づいちゃった人もそうでない人も、とりあえず踏まえておいて損はないであろうシーンを振り返っていきましょう。

Read Article

目次 - Contents