Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ(アニメ・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ』とは、月刊コンプエースで連載されていた漫画、及びそれを原作として2013年に全10話が放送されたテレビアニメ作品である。普通の小学五年生のイリヤスフィール・フォン・アインツベルン(愛称はイリヤ)が「魔術礼装:カレイドステッキ」であるマジカルルビーの力により魔法少女にし転身し、同じ魔法少女である、美遊・エーデルフェルト(愛称は美遊)と協力し、町に散らばるクラスカードを回収する任務をこなしていく。

『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ』の概要

『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ(Fate/kaleid liner Prisma Illya)』とは、月刊コンプエースで2007年11月号から2009年1月号まで連載された『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ』の第一期作品であり、その後、2013年7月6日から9月7日にかけて全10話が放送されたテレビアニメである。2019年7月現在でも第三期が連載され続けている人気作品である。略称は「プリマ」「プリヤ」など。PCゲーム『Fate/stay night』が原作となっているスピンアウト作品であり、登場人物の設定は原作とは異なるが、原作の並行世界の物語という設定。本作は『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤシリーズ』の第一作と位置づけられており、これまでに『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ツヴァイ!』『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ツヴァイ ヘルツ!』『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ドライ!!』などのテレビアニメが放送されている。また、2017年8月26日に『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ドライ!!』で語られなかった部分を『劇場版Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ 雪下の誓い』として劇場公開された。
冬木市の穂群原学園小等部に通う女の子イリヤスフィール・フォン・アインツベルンは、ある夜飛来してきたカレイドステッキのマジカルルビーによって強制的に契約を結ばれ、魔法少女プリズマイリヤになる。そして本来のカレイドステッキの持ち主の魔術師・遠坂凛に命令され、冬木に眠る強力な力を持つクラスカードの回収の手伝いをすることになる。
可愛らしい少女たちが活躍する魔法少女アニメだが、原作同様のシリアスな内容や伏線の多さに原作ファンからの人気も厚く、シリーズ後半になるとバトルシーンが多くなっていく。

イリヤ、美遊とお互い異なる理由で魔法少女になった二人。当初は意見の食い違いなどでぎくしゃくしていた二人だが、次第に友情が芽生えていき、強敵に立ち向かう二人の姿は必見である。

『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ』のあらすじ・ストーリー

凛がイリヤにカード回収を手伝うように命令するシーン

冬木市の穂群原学園小等部に通う女の子イリヤスフィール・フォン・アインツベルンは、魔法少女に憧れていた。しかし、小学五年生にもなって魔法少女に憧れているのは恥ずかしいという自覚があった。それでも内心は「"恋の魔法"そんなものがあったらいいな」と考えていたある日の夜、その魔法を使いたいという気持ちを察知し、突如として飛来してきた魔術礼装「カレイドステッキ:マジカルルビー」によって"見た目の可愛さ"から強制的に契約を結ばれ、魔法少女 カレイドルビー・プリズマ☆イリヤになる。ルビーが無理矢理に契約を結んだのには理由があり、本来のルビーの持ち主である魔術師・遠坂凛の魔法少女としての自覚のなさに幻滅し、ルビー側が一方的に別れた時にイリヤの「"恋の魔法"そんなものがあったらいいな」という気持ちと見た目の可愛さに興味を持ったルビーが凛よりイリヤのほうがいいと考えたからだった。イリヤとルビーが契約を結んだ時に放たれたステッキの光を確認した凛は魔法少女に転身したイリヤの元に向かい「ステッキを返して」とお願いすると、イリヤは返そうとする意志を見せるがルビーが自分の主人はイリヤだと主張し、イリヤから離れようとしない。無理矢理イリヤからルビーを引き剥がそうと試みる凛だったが、ルビーが離れようとしないため、凛はルビーを引き剥がすのを諦める。代わりに遠坂凛が冬木市に来た理由である、冬木に眠る神話や歴史上の英雄の力を宿した5枚のクラスカードの回収を手伝うようにイリヤに命令する。

クラスカード・ライダー戦で美遊が必殺技を放つシーン

凛にカード回収の任務を命令された翌日に、冬木に眠る神話や歴史上の英雄の力を宿した7枚のクラスカードのうちの一枚であるクラスカード・ライダーが穂群原学園の校庭に現れる。当初の凛の説明では、「冬木市に散らばっているカードを適当に回収するわ」と聞かされ、落ちているカードを拾う程度の認識でいたイリヤであったが、実はクラスカードの正体は具現化した"英雄の霊体"="英霊"であった。英霊の核として存在するクラスカードの回収のためにライダーを倒すように凛に命令されるが、初のカード回収任務にイリヤは怯えていた。クラスカード・ライダーは騎兵の英霊であり、素早い動きと攻撃を得意とする。魔法の使い方すら知らないイリヤは為す術もなく逃げ回っていた。そんな時、イリヤの目の前にもう一人の魔法少女である美遊・エーデルフェルトと魔術師・ルヴィアゼリッタ・エーデルフェルトが現れる。イリヤが為す術もなく逃げ回っていたにも関わらず、美遊は慣れた動きでクラスカード・ライダーを瞬殺する。美遊はルビーとは姉妹の魔術礼装「カレイドステッキ:マジカルサファイア」を使い、魔法少女としてクラスカード回収の任務を手伝っていた。凛が美遊とのいきさつをルヴィアに尋ねると、凛と同じような事情でサファイアが自分の主人は美遊であると主張し始めたため、結果としてルヴィアも自分の代わりにクラスカードの回収の手伝うように美遊に頼んだとのことだった。美遊は瞬殺したクラスカード・ライダーを回収し、冷めた表情でルヴィアと共にその場から立ち去る。嘲笑って帰ろうとするルヴィアに憤怒した凛はルヴィアに殴りかかろうとし、それに対抗してルヴィアも殴りかかろうとするが、二本のステッキに二人とも頭を叩かれ喧嘩をする前に止められる。呆れた声でルビーが凛とルヴィアは犬猿の仲であり、あまりにも喧嘩が絶えないため、ルビーとサファイアは契約者を変えたという経緯をイリヤに説明する。その話を聞いたイリヤは喧嘩ばかりで、カード回収をしていなかったのかとルビーに聞くと、凛とルヴィアは怒りながら、魔術協会が回収したクラスカード・アーチャーとクラスカード・ランサーをイリヤに見せつけた。喧嘩して疲れたルヴィアは美遊を連れてその場から立ち去る。失敗に終わったものの「今日はお疲れ様」と凛は優しくイリヤに声をかけ、初の任務は終わったのだった。

美遊とイリヤが初めて二人での勝利を喜ぶシーン

同じクラスに転校生として入ってきた美遊と同じ魔法少女であるという境遇のため、仲良くしようとするイリヤであったが、カード回収を全部一人でこなそうとする美遊はイリヤを冷たくあしらっていた。そんな中、クラスカード・ライダーの討伐から数日後にクラスカード・キャスターが現れる。キャスターを討伐しようとするイリヤと美遊であったが、キャスターは魔術師の英霊であり、魔術師としては上手のキャスターは高高度からフィールドを蹂躙する圧倒的な魔術攻撃を行い、魔法少女として未熟なイリヤと美遊の回収任務は失敗に終わった。翌日、ルヴィアと凛を交えた作戦会議の際に高高度にいるキャスターと戦うには魔法少女らしく、空を飛べるようにしなければならないと凛やルヴィアから提案を受けるイリヤと美遊。空を飛ぶ練習を始めようとするイリヤであったが、魔法少女に憧れていたイリヤは空を飛ぶイメージが完成されており、自由自在に飛べてしまった。しかし、美遊は人間が飛べるわけがないという考えを持っており、空を飛ぶことに苦戦する。そこでイリヤが空の飛び方を指南するが、一向に飛べないままにキャスターに挑むことになってしまう。自由自在に空を飛べるが戦闘に不慣れなイリヤ、空は飛べないが戦闘が得意な美遊。このままではキャスターを倒せないと思った凛だったが、作戦決行の日になってしまう。しかし、美遊は羽を使って飛ぶのではなく、空中に魔力の足場を作って階段を上るかのように空中を移動するという、美遊なりの空の飛び方を戦闘中に考え出し、キャスターと戦う。それでも倒せるかどうかは五分五分であったが、イリヤは美遊に攻撃を任せ、自分はひたすらキャスターの攻撃から美遊を守る作戦を考えた。イリヤの行動が功を奏し、美遊は無事にキャスター討伐を成功させる。

転身した凛とルヴィア

キャスターを討伐し終わり、鏡面界から元の世界に立ち去ろうするイリヤ達であったが、鏡面界が崩れない。鏡面界はクラスカードの英霊が存在することで自立できる世界であり、キャスターがいなくなった際に崩れるはずだったがクラスカード・セイバーが現れ、鏡面界を維持していたのだった。キャスター戦を終えたばかりのイリヤと美遊では最高クラスのセイバーに太刀打ちできるはずもなく、やられてしまう。クラスカード・セイバーは英雄のクラスの中で最も優れたクラスであり、単純な戦闘力ではバーサーカーに匹敵する。このままでは全滅してしまうと考えたルビーとサファイアは、美遊とイリヤにステッキを凛とルヴィアの方に投げるように命じる。美遊とイリヤが、凛とルヴィアに向かってステッキを投げると、凛がルビーをルヴィアがサファイアをキャッチして転身する。魔力や戦闘経験の多さが美遊とイリヤとは、段違いの凛とルヴィアならセイバーにも勝てると判断したステッキ達の作戦だった。犬猿の仲の二人だが連携攻撃は完璧であったため、セイバーを倒すことに成功するのであった。

間一髪で美遊を助けに登場したイリヤ

キャスター戦を境に美遊とイリヤは徐々に仲良くなっていき、カード回収も順調に進んでいたように思えていたが、クラスカード・アサシン戦で事件が起こってしまった。クラスカード・アサシンは暗殺者の英雄であり、死の恐怖を改めて感じたイリヤは恐怖のあまり、魔法を制御できなくなって暴走を起こし、アサシンの討伐には成功するが凛やルヴィア、そして美遊にまで怪我をさせてしまった。仲間を怪我させてしまった魔法というものに恐怖を持ってしまったイリヤは、魔法少女になることを放棄する。しかし、美遊はイリヤができないのであれば自分一人でカードをすべて回収するしかないと思い、凛やルヴィアと共に最後のクラスカード・バーサーカー回収任務に向かう。クラスカード・バーサーカーは狂戦士の英雄であり、理性を引き換えに圧倒的な力を持つ。最強にして最後のクラスカード・バーサーカー相手に苦戦を強いられ、凛やルヴィアは一時撤退を提案するが、美遊は凛やルヴィアだけを逃がし、一人で無謀にもバーサーカーを倒そうと試みる。美遊が一人で戦っていることを凛から聞いたイリヤは、自分の魔法の暴走より美遊を失うほうがつらいと考え、再び魔法少女となり、バーサーカーと戦っている美遊の元に向かう。バーサーカーの強靭さと圧倒的な力の前に美遊は戦闘不能寸前になっていたが、イリヤの援護が間に合い間一髪で助かる。イリヤと美遊は自分たちが友達であり、魔法少女として仲間であることを再確認し、二人で最大出力の同時攻撃である「パラレルインクルード」をバーサーカーに放ち、バーサーカーを撃破する。

イリヤと美遊の学校でのシーン

すべてのクラスカードを回収し終わり、イリヤと美遊の友情はさらに深まっていった。クラスカードの任務を終えた、凛とルヴィアは魔術協会に報告をするが、凛とルヴィアの仲の悪さを治すために魔術協会は1年間冬木市に留まるように凛とルヴィアに命令を下す。魔法少女の任務が終わったイリヤと美遊はごく普通の小学五年生に戻っていくのであった。

『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ』の登場人物・キャラクター

主要人物

イリヤスフィール・フォン・アインツベルン

CV - 門脇舞以

愛称はイリヤ。冬木に住む普通の小学五年生。
マジカルルビーに魔法少女としての才能を見定められ、魔法少女となる。
魔法少女に強い憧れを持っており、魔法少女になったのもまんざらでもなかった。基本的に義理の兄の衛宮 士郎、イリヤから見るとアインツベルン家のメイドにあたる、リーゼリットとセラの4人で暮らしている。好きな人は義理の兄の衛宮 士郎。
運動神経では美遊に劣るが平均より上。

美遊・エーデルフェルト(みゆ・エーデルフェルト)

CV - 名塚佳織

愛称は美遊。身寄りのないところをルヴィアに拾われた経緯があると同時にサファイアに魔法少女としての才能を見定められ、魔法少女となる。魔法少女というものに興味や関心がなかったため、イリヤに魔法少女とはどういうものなのかを教わる。拾われた身であるため、普段はイリヤ邸の向かいの豪邸である、ルヴィア邸でルヴィアの専属メイドとして生活している。そのため、家にいるあいだは基本的にメイド服をきている。実生活ではルヴィアの妹ということになっている。才色兼備であり、運動神経抜群なことからクラスで注目されるがイリヤ以外には基本的に興味がない。

遠坂 凛(とおさか りん)

1pHiro-39
1pHiro-39
@1pHiro-39

Related Articles関連記事

Fateシリーズのサーヴァントまとめ

Fateシリーズのサーヴァントまとめ

『Fateシリーズ』とは、TYPE-MOONによる『Fate/stay night』を始めとしたゲーム、アニメ、漫画などの作品の総称である。どんな願いでも叶うという「聖杯」を求める魔術師たちのバトルロワイヤル「聖杯戦争」やそれに関わる人々を描く。 サーヴァントは魔術師が聖杯戦争のために呼び出す使い魔であり、莫大な魔力によって構成される。本来、呼び出される英霊や幻霊などは使い魔として扱うには手に余るため、クラスという器に押し込めている。

Read Article

Fateシリーズ(Fate/stay night)のネタバレ解説・考察まとめ

Fateシリーズ(Fate/stay night)のネタバレ解説・考察まとめ

2004年にTYPE-MOONから発売されたテレビゲームおよびそれらを原作としたアニメ、小説、漫画作品。あらゆる願いを叶える万能の杯「聖杯」に選ばれた7人の魔術師と対になる7人の英霊たちが、己の願いを叶えるべく、最後の1組となるまで殺し合う「聖杯戦争」。聖杯戦争に巻き込まれた少年・衛宮士郎は、偶然にも召喚した英霊の少女・セイバーと共に、苦難の道を歩み始める。

Read Article

Fate/Grand Order(FGO)のネタバレ解説・考察まとめ

Fate/Grand Order(FGO)のネタバレ解説・考察まとめ

「Fate/Grand Order」とは2015年に配信を開始したスマートフォン用アプリゲーム。原作は2004年に発表されたゲーム「Fate/stay night」で、Fateシリーズのキャラクターや今作のオリジナルキャラなどを召喚して戦うRPG。2016年の年末に第一部のストーリーが完結し、大きな話題となった。その後も動きがあるたびに話題を呼ぶ大人気ゲーム。

Read Article

Fate/Zero(フェイト ゼロ)のネタバレ解説・考察まとめ

Fate/Zero(フェイト ゼロ)のネタバレ解説・考察まとめ

『Fate/Zero』とはニトロプラスの虚淵玄の伝奇ライトノベル、及びそこから派生したアニメと漫画作品である。 「聖杯」と呼ばれる万能の力を持った杯を巡り、7人の魔術師(マスター)と7騎の英霊(サーヴァント)が戦い、競い合う「聖杯戦争」を描いた物語で、アニメは2011年1月から第1期が全13話、2012年4月から第2期が全12話構成で放送された。

Read Article

Fate/stay night(フェイト ステイナイト)のネタバレ解説・考察まとめ

Fate/stay night(フェイト ステイナイト)のネタバレ解説・考察まとめ

『Fate/stay night』とは、TYPE-MOONが開発するビジュアルノベルゲームのアニメ作品で、「聖杯」と呼ばれる万能の力を持った杯を巡り7人の魔術師(マスター)と7騎の英霊(サーヴァント)の物語を描いている。本作はその原作のストーリーのひとつであるセイバーがヒロインにしたルートを脚本にしている。2006年1月から6月まで全24話で放送された。

Read Article

Fate/EXTRA Last Encore(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

Fate/EXTRA Last Encore(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『Fate/EXTRA Last Encore』とは、マーベラスエンターテイメントから発売されたゲーム『Fate/EXTRA』を原作としたテレビアニメ作品である。2018年1月末に放送開始され、全13話が放映された。 月に存在するあらゆる願いを叶える力を持った霊子コンピューター「ムーンセル・オートマトン」内に作られた霊子虚構世界「SE.RA.PH」を舞台に”月の聖杯”をかけた魔術師と英霊による聖杯戦争を描いた物語。

Read Article

Fate/EXTRA(フェイト/エクストラ)のネタバレ解説・考察まとめ

Fate/EXTRA(フェイト/エクストラ)のネタバレ解説・考察まとめ

『Fate/EXTRA』(フェイト/エクストラ)とは、『Fate/stay night』を原作とした対戦型ダンジョンRPGである。2010年7月22日に発売され、2013年3月28日には続編である『Fate/EXTRA CCC』が発売された。ハードは共にPSPである。 無名の主人公が、己のサーヴァントと共に聖杯戦争を戦い抜く姿が描かれた。 シナリオは奈須きのこ、キャラクターデザインはワダアルコが務めている。 また、2020年7月22日にリメイク作品制作が発表された。

Read Article

Fate/Apocrypha(フェイト アポクリファ)のネタバレ解説・考察まとめ

Fate/Apocrypha(フェイト アポクリファ)のネタバレ解説・考察まとめ

『Fate/Apocrypha』とは、ビジュアルノベルゲーム『Fate/stay night』の外伝作品、及びそこから派生したアニメと漫画作品である。「聖杯」と呼ばれる万能の力を持った杯を巡り二つの陣営に分かれた14人の魔術師(マスター)と14騎の英霊(サーヴァント)が戦い、競い合う「聖杯大戦」を描く。アニメは2017年7月から12月まで全25話構成で放送された。

Read Article

Fate/stay night [Unlimited Blade Works](UBW)のネタバレ解説・考察まとめ

Fate/stay night [Unlimited Blade Works](UBW)のネタバレ解説・考察まとめ

『Fate/stay night [Unlimited Blade Works]』とは、ビジュアルノベルゲーム「Fate/stay night」のアニメ作品で、「聖杯」と呼ばれる万能の力を持った杯を巡り7人の魔術師(マスター)と7騎の英霊(サーヴァント)が戦う物語を描いている。本作はその原作のストーリーのひとつである遠坂凛がヒロインにしたルートを脚本としている。 2014年10月から12月にかけて第1期、2015年4月から6月にかけて第2期がそれぞれ13話ずつで放映された。

Read Article

Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(FGOバビロニア)のネタバレ解説・考察まとめ

Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(FGOバビロニア)のネタバレ解説・考察まとめ

『Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-』とは、スマホアプリゲーム『Fate/Grand Order』から派生したアニメ作品である。魔術王ソロモンによって奪われた人間の歴史を取り戻すため、「聖杯」と呼ばれる万能の力を持った杯を探し求めて時代を渡り歩く魔術師の少年・藤丸立香が、紀元前2700年の古代メソポタミアの世界に降り立って、人類の滅亡を目論む「三女神同盟」に立ち向かう姿を描いた物語となっている。

Read Article

Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤの高画質な壁紙・画像まとめ【PC・スマホ向け!】

Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤの高画質な壁紙・画像まとめ【PC・スマホ向け!】

『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ』は魔法少女ものの、かわいらしい絵柄のアニメ・漫画作品である。壁紙や画像もかわいさを強調したものが多いが、中には『Fateシリーズ』らしいシリアスでかっこいいものも存在する。 ここでは『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ』の高画質な壁紙・画像をまとめた。

Read Article

Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤのイラスト・画像まとめ

Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤのイラスト・画像まとめ

『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ』は『Fate/stay night』を原作としたスピンオフ漫画である。『Fate/stay night』の並行世界が舞台となっており、登場人物・キャラクターの本質的な性格などはほぼ同一であるが、設定などは異なっている。普通の女の子イリヤがカレイドステッキに見定められ、魔法少女となって戦う姿が描かれる。

Read Article

Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤシリーズのイラスト・画像集【ツヴァイからドライまで!】

Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤシリーズのイラスト・画像集【ツヴァイからドライまで!】

『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ』は『Fate/stay night』を原作とする漫画・アニメ作品である。主人公はイリヤスフィール・フォン・アインツベルン。原作では衛宮士郎の敵だったイリヤが、カレイドステッキに見定められ魔法少女となって戦う様子が描かれる。 ここでは『ツヴァイ!』から『ドライ!!』までの『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤシリーズ』のイラスト・画像をまとめた。

Read Article

Fate/stay night[UBW] に隠された「アーチャー=衛宮士郎」の共通点と伏線に迫る!

Fate/stay night[UBW] に隠された「アーチャー=衛宮士郎」の共通点と伏線に迫る!

Fate/stay night [Unlimited Blade Works]における最大の秘密と言っても過言ではない「アーチャー=衛宮士郎」のキーワード。それ故に、本編ではこれを示唆する伏線・共通点が巧妙に描かれています。物語途中で気づいちゃった人もそうでない人も、とりあえず踏まえておいて損はないであろうシーンを振り返っていきましょう。

Read Article

聖杯戦争で勝てる最強のサーヴァントランキング【Fateシリーズ】

聖杯戦争で勝てる最強のサーヴァントランキング【Fateシリーズ】

『Fateシリーズ』ではあらゆる願いを叶えるとされる万能の願望機・聖杯を巡る聖杯戦争の模様が描かれる。聖杯戦争に参加する魔術師たちは、サーヴァントという英霊を使い魔として従える。ここではサーヴァントの性格や所有する宝具、強さなどから、召喚すると聖杯戦争を勝ち抜くことができそうなサーヴァントをランキング形式でまとめた。

Read Article

Fateシリーズの登場人物・キャラクターまとめ【Fate/stay night・Fate/Zero】

Fateシリーズの登場人物・キャラクターまとめ【Fate/stay night・Fate/Zero】

『Fateシリーズ』はどんな願いも叶う万能の願望機「聖杯」を賭け、魔術師たちがサーヴァントを呼び出して戦う聖杯戦争の模様を描く作品。『Fate/stay night』では半人前の魔術師、衛宮士郎がセイバーと共に第五次聖杯戦争を戦い、『Fate/Zero』では士郎の養父衛宮切嗣が第四次聖杯戦争を戦っている。 ここでは『Fate/stay night』『Fate/Zero』に登場するキャラクターをまとめた。

Read Article

Fateシリーズの名言・名セリフまとめ【Fate/stay night・Fate/Zero・Fate/hollow ataraxia】

Fateシリーズの名言・名セリフまとめ【Fate/stay night・Fate/Zero・Fate/hollow ataraxia】

『Fate/stay night』は元々成人向けゲームとして発売されたが、「燃えゲー」と称されるほど熱い展開ばかりで、その人気から全年齢向けにリメイクされた作品である。その流れを汲んで『Fateシリーズ』ではプレイヤー・視聴者の胸を熱くさせる展開が多く、その中で数多くの名言・名セリフが生まれている。

Read Article

Fateシリーズのサーヴァントまとめ【真名も公開!】

Fateシリーズのサーヴァントまとめ【真名も公開!】

サーヴァントとは『Fateシリーズ』に登場する使い魔のことで、その正体は英霊という、生前は英雄と呼ばれた者たちのことである。聖杯戦争で召喚される際にはセイバーやアーチャー、ランサーといったクラスに割り振られる。召喚者であるマスターとの関係は様々で、良好な関係を築いている者もいれば、マスターと殺し合いをしたサーヴァントも存在する。

Read Article

遠坂凛ルート(Fate/stay night)のネタバレ解説まとめ【Unlimited Blade Works】

遠坂凛ルート(Fate/stay night)のネタバレ解説まとめ【Unlimited Blade Works】

『Fate/stay night』では選択肢によって3つのルートに分岐する。その1つが「Unlimited Blade Works」、遠坂凛ルートである。聖杯戦争を戦う中でヒロインである遠坂凛と主人公の衛宮士郎の関係が親密になっていく。 一方で衛宮士郎が抱える”歪み”にも焦点が当てられることから、衛宮士郎のルートでもあるとされる。

Read Article

第五次聖杯戦争に参加したサーヴァントとその宝具まとめ【Fate/stay night】

第五次聖杯戦争に参加したサーヴァントとその宝具まとめ【Fate/stay night】

『Fate/stay night』では冬木市で行われた第五次聖杯戦争の模様が描かれる。本来は7名の魔術師に対応する7騎のサーヴァントしかいないのだが、第四次聖杯戦争で受肉を果たしたギルガメッシュや、柳洞寺の山門を触媒に召喚されたアサシンなどの例外により、7騎を超えるサーヴァントが参加している。

Read Article

セイバー(Fateシリーズ)の種類・真名・その違いについてまとめてみた

セイバー(Fateシリーズ)の種類・真名・その違いについてまとめてみた

『Fateシリーズ』に登場する「セイバー」とはサーヴァントのクラス名であり、シリーズでは多くのセイバーが登場する。加えて社長である武内崇の趣味から顔がそっくりであるため、セイバーの違いが分かりにくくなっている。ここでは各作品に登場するセイバーの真名や服装など、その違いについてまとめた。

Read Article

冬木市の聖杯戦争の歴史まとめ【Fate/stay night・Unlimited Blade Works・Heaven's Feelで分岐】

冬木市の聖杯戦争の歴史まとめ【Fate/stay night・Unlimited Blade Works・Heaven's Feelで分岐】

『Fate/stay night』や『Fate/Zero』の舞台となる冬木市では、第五次まで聖杯戦争が行われた。詳細が描かれたのは第四次と第五次のみだが、聖杯戦争の歴史が語られる中で第一次や第二次、第三次での様子も明らかになっている。ここでは冬木市の聖杯戦争がどのように行われてきたのか、その歴史をまとめた。

Read Article

Fateシリーズの原作・続編・スピンオフを分かりやすくまとめてみた

Fateシリーズの原作・続編・スピンオフを分かりやすくまとめてみた

『Fateシリーズ』では様々なメディアでたくさんの作品が世に出ており、「どれが原作でどれがスピンオフなのか、どれがどの作品とどう繋がりがあるのか」といったことが分からないという人も多い。そこでここでは『Fateシリーズ』の各作品の関係性がよく分かるよう、原作・続編・スピンオフを整理してみた。

Read Article

stay night、Zeroの出来事を時系列順にまとめてみた【Fateシリーズ】

stay night、Zeroの出来事を時系列順にまとめてみた【Fateシリーズ】

『Fate/stay night』は冬木市で起こった第五次聖杯戦争の模様が描かれ、『Fate/Zero』ではその10年前に同じく冬木市で起こった第四次聖杯戦争が描かれる。両作品には共通する登場人物・キャラクターもいて、片方の作品を知っているとよりもう一方の作品を楽しめる。 ここでは『Fate/stay night』『Fate/Zero』で登場したサーヴァントの生前の話を含め、時系列順に出来事をまとめた。

Read Article

ギルガメッシュ(Fateシリーズ)が使用した宝具の解説まとめ

ギルガメッシュ(Fateシリーズ)が使用した宝具の解説まとめ

『Fateシリーズ』に登場するギルガメッシュは、古代メソポタミアのギルガメシュ叙事詩など多くの神話で人類最古の英雄王と称される英霊である。彼の本来の宝具はたった2つであるが、後の世に伝わる宝具の元になった「原典」を全て自分の宝物庫のなかに保管していることから、多くの宝具を所有している。ここではシリーズで登場したギルガメッシュの宝具をまとめた。

Read Article

目次 - Contents