Fate/Grand Order(Fate/GO、FGO)のネタバレ解説まとめ

「Fate/Grand Order」とは2015年に配信を開始したスマートフォン用アプリゲーム。原作は2004年に発表されたゲーム「Fate/stay night」で、Fateシリーズのキャラクターや今作のオリジナルキャラなどを召喚して戦うRPG。2016年の年末に第一部のストーリーが完結し、大きな話題となった。その後も動きがあるたびに話題を呼ぶ大人気ゲーム。

CV:鈴村健一

カルデアの医師。愛称は「Dr.ロマン」。
レイシフトした主人公のバイタルチェックをしている。
オルガマリーの死後は一番階級が上であったロマニがリーダーを担う事を余儀なくされ、通信機で主人公達のオペレーションを行っている。
ある理由からサーヴァントたちからは初対面で有りながら嫌われたり、辛辣な台詞を言われたりする。
普段はいい加減な態度でちょっと頼りない様に見えるが、天才的な才能がないのを補うため自分の睡眠時間を削り仕事をしている。
「ぼっち」を自称し、ネットアイドル「マギ☆マリ」のファン。

レオナルド・ダヴィンチ

CV:坂本真綾

カルデアに常駐するサーヴァントの1人。通称ダ・ヴィンチちゃん。
本来は男であるが、モナリザが好きすぎて見た目をモナリザにして性転換してしまった変人。
カルデアが召喚に成功し、技術開発部部長として聖杯の管理・分析をしている。
ショップや強化画面での案内役でもある。
6章では主人公達と一緒に特異点へ行き、召喚できるサーヴァントしても実装された。
何でも直ぐに発明してしまう万能且つ天才。
ロマニの事を特に気にかけており、ロマニの努力を影で見守っている人物。

フォウ

CV:川澄綾子(アニメ版)

本作のマスコットキャラクター。
リスのような犬のような兎のような猫のような動物。
「フォウ」と鳴き、たまに喋っているような鳴き声の時もある。
名づけ親はマシュ。
主人公達と一緒に特異点についてくる。
見た目から明らかにマーリンとの繋がりが見て取れ、本来の名は「キャスパリーグ」であった。

オルガマリー・アニムスフィア

CV:米澤円(アニメ版)

カルデアの所長。愛称は「オルガ」「マリー」。
魔術師の名門「アニムスフィア家」出身。
元々は父親が所長であったが、父の死亡後はオルガマリーが所長となる。
魔力は高いのにマスター適正がなく、そのために魔術師の世界では肩身の狭い思いをしており承認欲求が強い。
自分が所長になったあとに人類滅亡のという大事件が起こった為、その責務や責任から大きなストレスを抱えており、いつもイライラしている。
サーヴァントの事が怖いらしく、最初はデミ・サーヴァントになったマシュにすら腰が引けていた。
大きな態度で自分を大きく見せているが、本来は小心者。
信頼していたレフ教授に裏切られ、自身がもう死んでいたことを聞かされ錯乱し絶望の中消滅した。

レフ・ライノール

CV:杉田智和

カルデアに居た近未来観測レンズ「シバ」を作った魔術師。
周りからは「レフ教授」と呼ばれていて、オルガマリーはレフを特に信頼し頼っていた。
しかしレフはレイシフトの事故を起こして(たまたま居なかった主人公の除いた)全てのマスター候補を殺し、オルガマリーの事も事故に巻き込んで殺害。
正体はソロモンの使役する72柱の悪魔の1人「フラウロス」であった。
ソロモンから命じられた「人類の処理」をする2015年の担当者。

魔神柱

CV:杉田智和

魔神柱とはソロモンに使役される72柱の悪魔達の総称。
各自時代に人類を処理する担当魔神柱存在し、主人公達の前に現れる。
全員ほぼ同じ事を考える個性の無いキャラクターであるが、終局以降個性の見られる魔神柱も登場する。
特に1.5章や終局クリア前提とした話に出てくる魔神柱はかなり個性的。

ソロモン

旧約聖書に出てくる紀元前のイスラエルの王。
10の指輪を所有し、72柱の悪魔を使役する魔術界最大の力を持つ魔術王。
通常のキャスターよりも強いグランドキャスターと呼ばれ、通常のサーヴァントたちよりも強い圧倒的な力を持つ。
性格は定まらず、鏡のような性質で対面した者によって見え方が変わるといわれている。
父親はダビデ王で、ダビデ曰く「残酷で悪趣味でろくでなし、愚者ではあったが正直者」だという。

ゲームの始め方

まず知っておく・やっておくべき事

聖晶石

聖晶石とは虹色の金平糖のような形のアイテムで、これを使ってガチャを回したりコンテニューしたり、AP(行動ポイント)を回復したりする。
所謂FGOの課金アイテム。
ガチャは聖晶石3個で1回(30個で10連1回)、コンテニューには1つ消費する。
ログインボーナスやストーリーを進めた時のクリア報酬で貰える。
たまにメンテナンスの詫び石としてや、○○記念などで配布される事もある。
一週間ごとにミッション内容が変わるマスターミッションをこなすと貰える聖晶片7つで聖晶石1つと交換も出来る。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

Fate/Apocrypha(フェイト アポクリファ)のネタバレ解説まとめ

『Fate/Apocrypha』とは、ビジュアルノベルゲーム『Fate/stay night』の外伝作品、及びそこから派生したアニメと漫画作品である。「聖杯」と呼ばれる万能の力を持った杯を巡り二つの陣営に分かれた14人の魔術師(マスター)と14騎の英霊(サーヴァント)が戦い、競い合う「聖杯大戦」を描く。アニメは2017年7月から12月まで全25話構成で放送された。

Read Article

Fateシリーズ(Fate/stay night)のネタバレ解説まとめ

2004年にTYPE-MOONから発売されたテレビゲームおよびそれらを原作としたアニメ、小説、漫画作品。あらゆる願いを叶える万能の杯「聖杯」に選ばれた7人の魔術師と対になる7人の英霊たちが、己の願いを叶えるべく、最後の1組となるまで殺し合う「聖杯戦争」。聖杯戦争に巻き込まれた少年・衛宮士郎は、偶然にも召喚した英霊の少女・セイバーと共に、苦難の道を歩み始める。

Read Article

Fate/stay night(フェイト ステイナイト)のネタバレ解説まとめ

『Fate/stay night』とは、TYPE-MOONが開発するビジュアルノベルゲームのアニメ作品で、「聖杯」と呼ばれる万能の力を持った杯を巡り7人の魔術師(マスター)と7騎の英霊(サーヴァント)の物語を描いている。本作はその原作のストーリーのひとつであるセイバーがヒロインにしたルートを脚本にしている。2006年1月から6月まで全24話で放送された。

Read Article

Fate/EXTRA Last Encore(アニメ)のネタバレ解説まとめ

『Fate/EXTRA Last Encore』とは、マーベラスエンターテイメントから発売されたゲーム『Fate/EXTRA』を原作としたテレビアニメ作品である。2018年1月末に放送開始され、全13話が放映された。 月に存在するあらゆる願いを叶える力を持った霊子コンピューター「ムーンセル・オートマトン」内に作られた霊子虚構世界「SE.RA.PH」を舞台に”月の聖杯”をかけた魔術師と英霊による聖杯戦争を描いた物語。

Read Article

Fate/stay night [Unlimited Blade Works](Fate/stay night [UBW])のネタバレ解説まとめ

『Fate/stay night[Unlimited Blade Works]』とは、ビジュアルノベルゲーム「Fate/stay night」のアニメ作品で、「聖杯」と呼ばれる万能の力を持った杯を巡り7人の魔術師(マスター)と7騎の英霊(サーヴァント)が戦う物語を描いている。本作はその原作のストーリーのひとつである遠坂凛がヒロインにしたルートを脚本としている。 2014年10月から12月にかけて第1期、2015年4月から6月にかけて第2期がそれぞれ13話ずつで放映された。

Read Article

Fate/Zero(フェイト ゼロ)のネタバレ解説まとめ

『Fate/Zero』とはニトロプラスの虚淵玄の伝奇ライトノベル、及びそこから派生したアニメと漫画作品である。 「聖杯」と呼ばれる万能の力を持った杯を巡り、7人の魔術師(マスター)と7騎の英霊(サーヴァント)が戦い、競い合う「聖杯戦争」を描いた物語で、アニメは2011年1月から第1期が全13話、2012年4月から第2期が全12話構成で放送された。

Read Article

Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ(Fate/kaleid liner Prisma Illya)のネタバレ解説まとめ

『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ』とは、月刊コンプエースで連載されていた漫画、及びそれを原作として2013年に全10話が放送されたテレビアニメ作品である。普通の小学五年生のイリヤスフィール・フォン・アインツベルン(愛称はイリヤ)が「魔術礼装:カレイドステッキ」であるマジカルルビーの力により魔法少女にし転身し、同じ魔法少女である、美遊・エーデルフェルト(愛称は美遊)と協力し、町に散らばるクラスカードを回収する任務をこなしていく。

Read Article

Fate/stay night[UBW] に隠された「アーチャー=衛宮士郎」の共通点と伏線に迫る!

Fate/stay night [Unlimited Blade Works]における最大の秘密と言っても過言ではない「アーチャー=衛宮士郎」のキーワード。それ故に、本編ではこれを示唆する伏線・共通点が巧妙に描かれています。物語途中で気づいちゃった人もそうでない人も、とりあえず踏まえておいて損はないであろうシーンを振り返っていきましょう。

Read Article

目次 - Contents