Fate/Apocrypha(フェイト アポクリファ)のネタバレ解説まとめ

『Fate/Apocrypha』とは、ビジュアルノベルゲーム『Fate/stay night』の外伝作品、及びそこから派生したアニメと漫画作品である。「聖杯」と呼ばれる万能の力を持った杯を巡り二つの陣営に分かれた14人の魔術師(マスター)と14騎の英霊(サーヴァント)が戦い、競い合う「聖杯大戦」を描く。アニメは2017年7月から12月まで全25話構成で放送された。

『Fate/Apocrypha』の概要

本作はクリエイタープロダクション・有限会社ノーツのゲームブランド「TYPE-MOON」が開発した大人気ゲーム「Fate/stay night」の外伝作品のひとつである。舞台は原作「Fate/stay night」の並行世界であり、第二次世界大戦前夜に執り行われた聖杯戦争の最中、何者かが聖杯を奪ったことによって世界各地で勃発した小規模の聖杯戦争が起きているという設定となっている。そして、原作の聖杯戦争の舞台となる冬木市からは聖杯がなくなっているため、本作の時系列では「stay night」はもちろん、「Fate/Zero」の聖杯戦争は発生していない。

TYPE-MOON代表の武内崇によると、元々は同じく「stay night」のスピンアウト作品「Fate/EXTRA」が発売されたと同時期に登場キャラクターとなる色々な英雄(サーヴァント)を複数の作家に描いてもらうところから開始したものの、諸般の事情で頓挫してしまったオンラインゲームの企画を小説作品としてリメイクしたものだとされている。
TYPE-MOONが発売される週刊誌「TYPE-MOONエース 」VOL.7にて、新作シリーズとして第1話(ACT1)が発表されたが、この短編は結局シリーズ化はせず、本編とは一部設定が異なるものとなっている。そして2012年12月31日「TYPE-MOON BOOKS」によって正式にシリーズ化されることが発表され、単行本第1巻が発売された。当初は全4巻刊行予定だったが制作過程で1冊増えることとなり、2014年12月30日に最終巻となる第5巻が発売され、全5巻のシリーズとなった。

その後、2016年に石田あきらによる漫画版が月刊コンプエース8月号から連載され、2017年7月から12月までTOKYO MXほかにてテレビアニメが全25話で放送された。サーヴァントの役名表記は当初は「陣営・クラス名」となっていたが、第13話以降のエンディングのスタッフロールでは真名に変更された。

『Fate/Apocrypha』のあらすじ・ストーリー

第1〜3話

第二次世界大戦前夜、日本の地方都市・冬木で、あらゆる願いを叶えるとされる万能の杯「聖杯」が発見されたことで、その聖杯を巡って7人の魔術師と、彼らによって召喚された7騎のサーヴァント(英霊)による戦い「聖杯戦争」が執り行われた。しかしその最中、ユグドレミニアと呼ばれる魔術師の一族がナチスと共謀して聖杯を強奪し、冬木の聖杯戦争を強制的に終了させてしまう。
その後、ユグドレミニア一族とその指導者であるダーニック・ブレストーン・ユグドレミニアは聖杯をシンボルに掲げ、自分たちが所属していた魔術師たちの組織「魔術協会」からの離反を宣言。この報告を受けた魔術協会のイギリスの本部「時計塔」はユグドレミニア討伐の部隊を派遣するが、ダーニックが召喚したサーヴァント・黒のランサーによって49人近くが一瞬にして全滅させられた。その後、生き残ったただ1人にダーニックは、不敵な笑いを浮かべてこう言い放った。「君には言伝を頼もう。我々、ユグドレミニアからの宣戦布告だ…」

しかしその最後の1人は、ユグドレミニアが奪った聖杯の目の前まで潜入していたことで、聖杯戦争の緊急システムを起動させていた。そのシステムこそ、ユグドレミニアによって独占された7騎のサーヴァントに対抗するため、新たに7騎のサーヴァントを召喚するものであり、魔術協会もユグドレミニアに対抗する戦力を手に入れることに成功した。そして時計塔は、自分たちの戦力となる7騎のサーヴァントのマスター候補として獅子劫乖離をはじめとした6人の魔術師と、監督役である神父シロウ・コトミネを招集。獅子劫は赤のセイバー、シロウは赤のアサシンを、そして他5人もそれぞれのサーヴァントを召喚して「赤の陣営」を結成し、ユグドレミニア一族こと「黒の陣営」の討伐に乗り出す。
対する黒の陣営も時を同じくして黒のアサシンを除く5騎のサーヴァントたちを召喚しており、彼らの筆頭には黒のランサーが名を連ねることになった。そして、拠点であるユグドレミニア城塞には、戦闘用のゴーレムや人造人間「ホムンクルス」が製造され、さらにサーヴァントの力の供給として、生贄とするための大量のホムンクルスが導入される。こうして着実に、赤の陣営を迎え撃つ準備を整えられていくのだった。

そんな中、第3勢力として15騎目のサーヴァントが突如として召喚される。それがこの聖杯大戦における審判役・ルーラーだった。聖杯大戦の審判役として戦いの地を目指すルーラーだが、この召喚を察したシロウは、自分が聖杯大戦にかける願いを叶えるのにルーラーはいつか障害になる存在だと判断し、赤のランサーを動かして彼女を排除するように指示を出す。その一方、黒の陣営のマスターのひとりであるゴルドがルーラーを味方につけるべく、自らと契約するサーヴァント・黒のセイバーを動かして赤のランサーを妨害。両者一歩も譲らない激しい戦いの末、ルーラーの排除を諦めたシロウが命令を下したことで赤のランサーは撤退する。ゴルドは保護を名目にルーラーにユグドレミニア城塞へ来るよう申し出るが、聖杯大戦の審判役として「それでは公平性が保てません」とルーラーは辞退。ゴルドは仕方なしに黒のセイバーを率いて帰還した。

第4〜6話

こうして聖杯大戦の戦いの火蓋が切って落とされた中、ユグドレミニア城塞の工房である1人のホムンクルスの少年が人知れず目をさます。彼はサーヴァントの力の供給のための生贄として作り出されたホムンクルスのひとりであり、自我が薄く、魔術師の命令に従うだけの人形だった。だが、ふとした弾みに薄い自我を持って「死にたくない」と自分が閉じ込められていた試験管を破壊し、全裸のまま工房を脱走した。しかし、途中で力尽きて城塞の廊下で力尽きてしまい、そんな彼を見つけたのが黒の陣営のサーヴァントの1騎である黒のライダーだった。「どうしたの、君。そんな格好で。風邪ひくよ?」不思議そうに声をかけてくる黒のライダーに、少年は弱々しい瞳で「助けて」と懇願する。すると黒のライダーは笑顔を浮かべてこれを承諾し、少年を匿うと共に同じく黒の陣営のサーヴァントで参謀的存在である黒のアーチャーに協力を仰ぐ。
そこで黒のアーチャーが提案したのは「この城からの脱出」であり、少年は何千何万と代替品のいるホムンクルスで、脱走が判明したら間違いなく価値なしと判断されて処分されてしまうと言った。そこで戦闘中の混乱に乗じた脱出作戦を計画し、その機会を伺うほうがいいということだった。そして黒のアーチャーはなぜ少年を助けたのかと黒のライダーに尋ねたが、黒のライダーは笑顔で「助けたかったから! そんなこと知ったこっちゃない!」と言い切った。そんな天真爛漫ぶりに呆れながらも、黒のアーチャーは「君は最後まで責任を持つつもりですか?」と最後に問うたが、黒のライダーは「僕は僕が納得いくまで助けるよ。見捨てるなんてしない」と、真剣な表情を見せてそう答えた。

その矢先、ユグドレミニア城塞に赤の陣営のサーヴァントである赤のバーサーカー、赤のアーチャーと赤のライダーの3騎が攻め入ってくる。対する黒の陣営は6騎全てを招集して迎撃し、大乱戦が始まる。戦いの末、赤のバーサーカーは黒のランサー、黒のキャスター、黒のライダーの連携によって捕縛され、そして赤のアーチャーと赤のライダーが形勢不利とみなして撤退したことで、この戦いは黒の陣営の勝利に終わった。
そしてこの戦いの混乱を好機と見た黒のライダーは、少年の元に駆けつけて彼を城の外まで送り出すことに成功する。だが、脱出まであと一歩といったところでダーニックに嗅ぎつけられ、ゴーレム軍団、そして黒のセイバーを率いて向かってきたゴルドに阻まれてしまう。黒のセイバーと黒のライダーが戦いを始める中、ゴルドは少年を追い詰める。走ることはおろか歩くことも自由にできない少年を欠陥品と罵るゴルドだが、逆に少年に抵抗されて手傷を負う。逆上したゴルドは少年に暴行を振るい、瀕死の重傷を負わせる。
そして一方で黒のセイバーは黒のアーチャーと同じようになぜ少年を助けたと問うと、「僕が自分の意思であの子を助けたいだけだ! 生きていた頃、確かにあった慈愛を、誇りを、正義を忘れろっていうのか? 僕はあの子を見捨てないと誓ったんだ!」と、黒のライダーは堂々と返した。するとその表情に嘘も偽りもないと見なした黒のセイバーが、ゴルドに少年を助けられないかと聞いたが、ゴルドはさらに逆上して「役立たずの使い魔ごときが私に意見するな!」と突っぱねる。すると黒のセイバーはゴルドに一撃を浴びせて昏倒させ、黒のライダーにこう言った。「俺はまた道を違えてしまった。自分で考えるのではなく誰かに選択を委ねようとした。だがそれでも、彼に捧げるべきものがある」
その言葉と共に、黒のセイバーは自らの心臓を抉り出し、少年にそれを埋め込んで傷を回復させた。この行動に黒のライダー、そして異変を察して駆けつけてきたルーラーが驚く中、黒のセイバーはこう語った。自分は誰かの願いを叶えるのではなく、自分の意思で誰かを助けるという形で自分の願いを叶え、それを誇りにしたかった。乞われることがなくとも願われることがなくとも、ただそうしたいとずっと思っていた、と。その言葉と思いに胸を打たれる黒のライダーとルーラーに、黒のセイバーはゴルドへの謝罪と少年の保護を託し、消滅していった。そして傷を完治し、目を覚ました少年にルーラーは優しく「約定に基づきあなたの命、あなたの魂を守ります」と言った。

だがその直後、ダーニックと黒のランサー率いる黒の陣営の面々が現れる。サーヴァントの力の供給源という貴重な資源である少年を引き渡せと要求するダーニックに、ルーラーは黒のセイバーが自分の心臓を託してまで少年が生きることを願ったと語り、死に際に残したその願いを無にすることは許さないと言い放つ。その揺るぎない決意を目の当たりにした黒のランサーが、ダーニックらを抑えて引き揚げを指示。黒のライダーも自分にできるのはここまでだと言い、少年に「生きろ。君にはその資格がある」と笑顔で言い残して去っていく。
ルーラーと共に城を無事後にした少年は、「ジーク」と名付けられ、彼女の保護を受ける身となった。ルーラーと行動を共にすることになったジークは、自らが勝ち取った自由を噛み締めつつ、これからの生き方について模索することになった。
こうして、黒のライダーがジークを逃し、ゴルドが黒のセイバーに叛逆と自害を許されたり、そして黒のアサシンとそのマスター・六道玲霞が好き勝手に動いたりとで黒の陣営では内輪揉めが勃発する中、赤の陣営は次の戦いに向けての準備を進めていた。シロウと赤のアサシンが「空中庭園」と呼ばれる移動要塞を完成させたのだ。空中庭園を得意げに誇り、決戦に意気込む赤のアサシンに相槌を打ちながら、シロウは空を見上げて「悲劇は繰り返さない。聖杯も俺たちのものだ。」と呟いた。

第7〜12話

空中庭園を新たな拠点にし、赤の陣営は総力を挙げてユグドレミニア城塞への侵攻を開始。対する黒の陣営も、すべてのホムンクルスやゴーレム、黒のキャスターに隷属させた赤のバーサーカーと持てる限りの戦力をもって迎撃する。そして時を同じくして、戦いが始まったのを察知したジークは「ユグドレミニアに残っている他のホムンクルスを助けたい」と立ち上がる。さらにルーラーも監督役として戦場へと向かい、ユグドレミニア城塞の戦いは大乱戦となる。
ユグドレミニア城塞に乗り込み、戦場で散る同胞たちを救うべく奔走するジークだったが、そこで赤のセイバーと黒のライダーとの戦いを目撃。赤のセイバーの猛攻を前に追い込まれる黒のライダーを放っておけず、無謀にも赤のセイバーに挑みかかるが、蝿でも追い払うかのようにはねのけられてしまう。
そして、この状況を目撃した黒の陣営のマスター・カウレスが自らのサーヴァントである黒のバーサーカーを向かわせるが、赤のセイバーは相手にすることなくこれも撃破。黒のバーサーカーにとどめを刺そうとする赤のセイバーだが、そこへジークが特攻をかけて止めに入る。またしても横槍を入れられたことに業を煮やした赤のセイバーは容赦ない一撃を浴びせて吹っ飛ばす。「この俺に一太刀浴びせて満足したか? そこまでしてなぜ戦う?」と、問う赤のセイバーに、「ライダーは俺を救ってくれた…! 戦う理由はそれで十分だ!!」と叫び、ジークは再び特攻をかける。だが、その特攻もむなしく、赤のセイバーはジークを一突きにしてとどめを刺した。それを見て、涙と怒りの叫びをあげて黒のライダーが突撃をかけ、そして黒のバーサーカーが最後の手段として、カウレスのバックアップで自らの中の全ての力を凄まじい電撃として放出する自爆攻撃を浴びせるが、それでも赤のセイバーは倒れない。最早ここまでか、と思われたその時、なんとジークが黒のバーサーカーの自爆の電撃によって息を吹き返す。さらに黒のセイバーの心臓に込められた力により、黒のセイバーを憑依させることで彼の力を手に入れ、赤のセイバーと激突。互角の勝負を繰り広げ、見事退けることに成功した。

その一方、赤のアーチャー・赤のランサー・赤のライダーと、黒のランサー・黒のアーチャー・黒のキャスターによるユグドレミニア城塞の激闘も最終局面を迎えていた。ルーラーと赤のアサシンと対峙の中、突如乱入してきた赤のバーサーカーの肉体が膨張し、さらに赤のアサシンがルーラーと戦わせていた「竜牙兵」という髑髏の怪物たちに食らいつかれながらも取り込んで、原型も留めない巨大な肉塊のようなおぞましい姿へと変貌していく。これが赤のバーサーカーの持つ能力であり、ダメージを蓄積すれば蓄積するほどパワーが上がっていき、最終的に自爆という形でそのパワーを解き放つものだった。
そしてパワーを溜めながら赤のバーサーカーは、最初はルーラーに狙いを定めていたが、「圧政者」と自らが憎む存在を叫びながら、何かに引きつけられるようにジークと赤のセイバーの元へと向かい、そこで自爆攻撃を仕掛けてきた。赤のセイバーは咄嗟に撤退したが、撤退が間に合わなかったジークと黒のライダーは、ルーラーが手にしている旗の力で呼び出した結界でこの自爆を防いだ。
だがその自爆の威力は凄まじく、自爆の余波でユグドレミニア城塞が半壊。そこでジーク、ルーラー、黒のライダーは、城塞の奥深くに隠されていた聖杯の姿を目撃した。

「忘れているのはお前の方だ使い魔が!」最後の手段は使わないと言ったのを忘れたかと叫ぶ黒のランサーに、ダーニックはそう叫び返し、態度を豹変させて令呪を発動する。

令呪によって強制的に解き放たれる最後の手段で、黒のランサーは絶叫と共に、かつて自分が忌み嫌った生前の二つ名に相応しい怪物へ姿を変えていく。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

Fateシリーズ(Fate/stay night)のネタバレ解説まとめ

2004年にTYPE-MOONから発売されたテレビゲームおよびそれらを原作としたアニメ、小説、漫画作品。あらゆる願いを叶える万能の杯「聖杯」に選ばれた7人の魔術師と対になる7人の英霊たちが、己の願いを叶えるべく、最後の1組となるまで殺し合う「聖杯戦争」。聖杯戦争に巻き込まれた少年・衛宮士郎は、偶然にも召喚した英霊の少女・セイバーと共に、苦難の道を歩み始める。

Read Article

Fate/Grand Order(Fate/GO、FGO)のネタバレ解説まとめ

「Fate/Grand Order」とは2015年に配信を開始したスマートフォン用アプリゲーム。原作は2004年に発表されたゲーム「Fate/stay night」で、Fateシリーズのキャラクターや今作のオリジナルキャラなどを召喚して戦うRPG。2016年の年末に第一部のストーリーが完結し、大きな話題となった。その後も動きがあるたびに話題を呼ぶ大人気ゲーム。

Read Article

Fate/stay night(フェイト ステイナイト)のネタバレ解説まとめ

『Fate/stay night』とは、TYPE-MOONが開発するビジュアルノベルゲームのアニメ作品で、「聖杯」と呼ばれる万能の力を持った杯を巡り7人の魔術師(マスター)と7騎の英霊(サーヴァント)の物語を描いている。本作はその原作のストーリーのひとつであるセイバーがヒロインにしたルートを脚本にしている。2006年1月から6月まで全24話で放送された。

Read Article

Fate/EXTRA Last Encore(アニメ)のネタバレ解説まとめ

『Fate/EXTRA Last Encore』とは、マーベラスエンターテイメントから発売されたゲーム『Fate/EXTRA』を原作としたテレビアニメ作品である。2018年1月末に放送開始され、全13話が放映された。 月に存在するあらゆる願いを叶える力を持った霊子コンピューター「ムーンセル・オートマトン」内に作られた霊子虚構世界「SE.RA.PH」を舞台に”月の聖杯”をかけた魔術師と英霊による聖杯戦争を描いた物語。

Read Article

Fate/stay night [Unlimited Blade Works](Fate/stay night [UBW])のネタバレ解説まとめ

『Fate/stay night[Unlimited Blade Works]』とは、ビジュアルノベルゲーム「Fate/stay night」のアニメ作品で、「聖杯」と呼ばれる万能の力を持った杯を巡り7人の魔術師(マスター)と7騎の英霊(サーヴァント)が戦う物語を描いている。本作はその原作のストーリーのひとつである遠坂凛がヒロインにしたルートを脚本としている。 2014年10月から12月にかけて第1期、2015年4月から6月にかけて第2期がそれぞれ13話ずつで放映された。

Read Article

Fate/Zero(フェイト ゼロ)のネタバレ解説まとめ

『Fate/Zero』とはニトロプラスの虚淵玄の伝奇ライトノベル、及びそこから派生したアニメと漫画作品である。 「聖杯」と呼ばれる万能の力を持った杯を巡り、7人の魔術師(マスター)と7騎の英霊(サーヴァント)が戦い、競い合う「聖杯戦争」を描いた物語で、アニメは2011年1月から第1期が全13話、2012年4月から第2期が全12話構成で放送された。

Read Article

Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ(Fate/kaleid liner Prisma Illya)のネタバレ解説まとめ

『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ』とは、月刊コンプエースで連載されていた漫画、及びそれを原作として2013年に全10話が放送されたテレビアニメ作品である。普通の小学五年生のイリヤスフィール・フォン・アインツベルン(愛称はイリヤ)が「魔術礼装:カレイドステッキ」であるマジカルルビーの力により魔法少女にし転身し、同じ魔法少女である、美遊・エーデルフェルト(愛称は美遊)と協力し、町に散らばるクラスカードを回収する任務をこなしていく。

Read Article

Fate/stay night[UBW] に隠された「アーチャー=衛宮士郎」の共通点と伏線に迫る!

Fate/stay night [Unlimited Blade Works]における最大の秘密と言っても過言ではない「アーチャー=衛宮士郎」のキーワード。それ故に、本編ではこれを示唆する伏線・共通点が巧妙に描かれています。物語途中で気づいちゃった人もそうでない人も、とりあえず踏まえておいて損はないであろうシーンを振り返っていきましょう。

Read Article

目次 - Contents