ポケットモンスター 赤・緑・青・ピカチュウ・ファイアレッド・リーフグリーン(ポケモンRGBP・FRLG)のネタバレ解説まとめ

『ポケットモンスター 赤・緑・青・ピカチュウ・ファイアレッド・リーフグリーン』とは、ロールプレイングゲーム『ポケットモンスター』シリーズの1つで、『赤・緑・青・ピカチュウ』は第1作目、『ファイアレッド・リーフグリーン』は『赤・緑』に様々な要素を追加したリメイク作品になっている。プレイヤーはカントー地方を冒険し、ポケモン図鑑の完成とポケモンリーグ制覇を目指す。ストーリー中、世界征服を目論む悪の組織・ロケット団と戦うことになる。

しめつける

状態変化の1つ。『赤・緑・青・ピカチュウ』では相手ポケモンは攻撃ができなくなり、『ファイアレッド・リーフグリーン』ではポケモンの交代や逃げる(野生ポケモンとのバトルを終了させる)ことができず、「テレポート」も失敗し、毎ターン最大HPの16分の1のダメージを受ける。
「しめつける」や「まきつく」、「ほのおのうず」などで発生する。数ターン続き、その後解除されるが、『ファイアレッド・リーフグリーン』では「こうそくスピン」で解除することもできる。
既にこの状態になっている場合、効果は重複しない。
特性が「にげあし」のポケモンまたは「けむりだま」を持たせているポケモンは交代はできないが、逃げたりテレポートが可能。そして、技による自分ポケモン・相手ポケモンの交代も可能。

やどりぎのタネ

状態変化の1つで、「やどりぎのタネ」を受けたポケモンのHPが『赤・緑・青・ピカチュウ』では毎ターン最大HPの16分の1、『ファイアレッド・リーフグリーン』では8分の1吸収されて減り、使ったポケモンのHPがその分回復する状態。
「やどりぎのタネ」を使うと発生し、「やどりぎのタネ」を受けたポケモンが交代すると効果が消える。また、「やどりぎのタネ」を受けたポケモンが「こうそくスピン」を使うと消える。
「くさ」タイプのポケモンには効かない。「やどりぎのタネ」を使ったポケモンが交代しても効果は残る。
『赤・緑・青・ピカチュウ』では、「もうどく」状態のポケモンが「やどりぎのタネ」を受けた場合、吸収されるHPがターンごとに最大HPの16分の1、16分の2、16分の3と増えていく。

バトル形式

ゲーム中、野生ポケモンや相手トレーナーとのバトルが発生するが、基本的にバトルはポケモン1体同士によるシングルバトルになり、一番この形式が多い。ジム戦や四天王戦、チャンピオン戦も同様。『赤・緑・青・ピカチュウ』ではバトル形式はシングルバトルのみ。
『ファイアレッド・リーフグリーン』ではシングルバトルの他、ダブルバトルやマルチバトルがバトル形式として登場。
2人組のトレーナー(ふたごちゃん、ラブラブカップルなど)とバトルすることになった場合、ポケモンを2体ずつ出して戦うダブルバトルになる。
他のトレーナーとタッグを組んで2人のトレーナーとバトルを行う場合は、それぞれのトレーナーがポケモンを1体ずつ出して戦うマルチバトルになる。
ダブルバトルやマルチバトルの場合、シングルバトルとは違い、一部の技や特性の効果範囲が「相手1体」から「相手2体」や「全体」などに変化し、全体技など2体以上に攻撃する技のダメージが通常より25%減少する。
また、「てだすけ」や「このゆびとまれ」といった味方ポケモンを対象とする技が使えるようになる。
『赤・緑・青・ピカチュウ』の通信対戦はシングルバトルのみ。『ファイアレッド・リーフグリーン』の通信対戦ではシングルバトル、ダブルバトル、マルチバトルが行える。

ポケモン図鑑完成

『ファイアレッド・リーフグリーン』で、ポケモン図鑑を完成させてオーキド博士(上)に話しかけたときのメッセージ。

ゲームの目標の一つは、オーキド博士からもらったポケモン図鑑(『赤・緑・青・ピカチュウ』では単にポケモン図鑑、『ファイアレッド・リーフグリーン』ではカントー図鑑及びぜんこく図鑑)の完成である。
図鑑を完成させるには、ポケモンを捕まえたり進化させたり、トレーナーとのバトルなどでポケモンと遭遇したり、ポケモンについての情報を閲覧などして図鑑に記録していく。
野生のポケモンやトレーナーとのバトルなどで初めて遭遇した場合、遭遇したポケモンの名前が登録され、姿や鳴き声、生息場所が判明する。
そして、野生のポケモンを捕まえたり進化させるなどすると、さらに身長・体重やそのポケモンについての説明文が追加される。その時点でポケモン1種類についてのページは完成し、図鑑として完全なものになる。
「見つけた数」と「捕まえた数」の2つの数があり、「見つけた数」は初めて遭遇したポケモンの数、そして「捕まえた」は実際に捕まえるなどした(通信交換で一時的に手持ちした場合も含む)ポケモンの数である。
『ファイアレッド・リーフグリーン』では殿堂入り後、ポケモン図鑑の「捕まえた数」が60以上の場合、オーキド博士によりぜんこく図鑑にバージョンアップしてもらえる。

『赤・緑・青・ピカチュウ』では全部で151種類のポケモンが登場し、「捕まえた数」が図鑑の完成度となる。
幻のポケモンである「ミュウ」は手に入れずとも図鑑完成に問題はなく、「ミュウ」を除いた150種類のポケモンを全て捕まえると図鑑完成になる。

『ファイアレッド・リーフグリーン』に登場するポケモンは全部で386種類のポケモンが登場し、「捕まえた数」が図鑑の完成度となる。
初め『赤・緑・青・ピカチュウ』初出の151種類しかポケモン図鑑(カントー図鑑)に登録することができないが、オーキド博士にぜんこく図鑑にバージョンアップしてもらうと、『金・銀・クリスタル・ルビー・サファイア』が初出のポケモンを図鑑登録できる。
初出が『赤・緑・青・ピカチュウ』以降のポケモンはぜんこく図鑑にしないと『ファイアレッド・リーフグリーン』や他のバージョン(同じゲームボーイアドバンスソフトの『ルビー・サファイア・エメラルド』やゲームキューブソフト『ポケモンコロシアム・ポケモンXD 闇の旋風ダーク・ルギア』)から通信交換で連れて来ることはできず、また、初出が『赤・緑・青・ピカチュウ』以降のポケモンに進化できない。
幻のポケモンである、「ミュウ」、「セレビィ」、「ジラーチ」、「デオキシス」、また伝説のポケモンである「ホウオウ」、「ルギア」は手に入れずとも図鑑完成には問題はなく、これらを除いた380種類のポケモンを全て捕まえると図鑑完成になる。

ポケモン図鑑の完成度はオーキド博士に評価してもらえる。
評価してもらうにはマサラタウンのオーキド博士の研究所を直接訪れるか、パソコンの図鑑評価システムを利用すると可能。
ポケモン図鑑を完成させるために、ポケモンを捕まえる方法について説明する。

野生ポケモンを捕まえる

草むらなどで出現した野生ポケモンをボールで捕まえるのが最も一般的な方法。

野生ポケモンは草むらや洞窟、水上、釣りで出現し、バトルをしてモンスターボールといったボールを投げて捕まえることができる。
HP(体力)が少なければ少ないほど捕まえやすく、状態異常(どく、まひ、ねむり、やけど、こおり)にさせるとさらに捕まえやすく、また投げるボールの種類によっても捕まえやすさが異なる。モンスターボールとスーパーボール、ハイパーボールに限っては、ハイパーボール、スーパーボール、モンスターボールの順に捕まえやすい。
ポケモンの種類によっても捕まえやすさは異なり、特に伝説のポケモンは捕まえにくい。また、出会ったポケモンを倒してしまうとそのポケモンは捕まえられなくなる。
ボールを投げてもポケモンが飛び出してしまうことがあり、この時は失敗となり、投げたボールも消費する。投げたボールにポケモンが入り、そのまま飛び出さない場合は捕獲成功となる。
ポケモンを捕まえた際に、手持ちのポケモンが6体を越える場合は自動的にパソコンの中のボックスに送られ、ポケモンセンターなどのパソコンからボックスにアクセスして自由にポケモンの出し入れができる。
ソフト(『赤・緑・青・ピカチュウ』、『ファイアレッド・リーフグリーン』)によって出現するポケモンに一部違いがあったり、ポケモンの出現率がわずかに異なっている。

進化させる

ポケモンが進化する際にはアニメーションが挿入される。

ポケモンの中には一定のレベルに達するなどといった条件を満たすと姿形が変化するものがいる。この過程を「進化」という。
自分のポケモンで図鑑登録する場合、進化させないと図鑑に登録されないポケモンがいる(例:フシギダネの進化形フシギソウ、さらにその進化形フシギバナ)。
「進化」についてはレベルアップの他、「しんかのいし」というアイテムを使うものや、他のプレイヤーとの通信交換が必要なものがある。
なお、特定のアイテムを持たせて進化させる場合、そのアイテムは進化時に消費してなくなる。

『赤・緑・青・ピカチュウ・ファイアレッド・リーフグリーン』に登場するポケモンの進化条件
・レベルアップ:特定のレベルに上がると進化する(例:フシギダネ→フシギソウ:レベル16以上)。
・しんかのいし:しんかのいしを使うと進化する(例:イーブイ→ブースター:ほのおのいしを使うと進化)。
・通信交換:他のプレイヤーと通信交換するとその交換先で進化する(例:ゴローン→ゴローニャ、ゴースト→ゲンガー)。

『ファイアレッド・リーフグリーン』のみ登場するポケモンの進化条件
・なついている状態でレベルアップ:ポケモンのなつき度がかなり上がった状態でレベルアップすると進化する(例:ゴルバット→クロバット)。
・特定のアイテムを持たせて通信交換:特定のアイテムを持たせて他のプレイヤーと通信交換するとその交換先で進化する(例:ニョロゾ→ニョロトノ:おうじゃのしるしを持たせて通信交換)。
・特殊なレベルアップ進化:手持ちに空きがある状態で、ヌケニンがレベル20以上でレベルアップしたときに、テッカニンとヌケニンに分裂進化する。手持ちに空きがない場合は、テッカニンのみになる。

タマゴをかえす

ポケモンのタマゴが発見されると、4のしまにあるポケモン育て屋のおじいさん(右)からタマゴをもらえる(『ファイアレッド・リーフグリーン』)。

ポケモンを育ててくれる(レベルアップさせてくれる)施設「ポケモン育て屋」では、オスとメスのポケモンを預けるとポケモンのタマゴが発見されることがある。
『赤・緑・青・ピカチュウ』にはポケモンのタマゴは登場せず、5ばんどうろ(ハナダシティとヤマブキシティの間の道路)ポケモン育て屋にポケモンを1匹しか預けることができないので、タマゴは発見されない。
『ファイアレッド・リーフグリーン』ではポケモンのタマゴが登場し、4のしまにあるポケモン育て屋では最大2匹までポケモンを預けることができる。5ばんどうろにあるポケモン育て屋には1匹しか預けられない。
タマゴを発見するには同じタマゴグループに属するオスとメスのポケモン、またはオス・メス・性別不明のポケモンと「メタモン」を預けるとポケモンのタマゴが発見されることがある。
発見されるタマゴから生まれてくるのはメス(母親となる)のポケモンで、預けたメスのポケモンが進化形の場合は進化前のポケモン。それ以外のポケモンは預けたメスのポケモンと基本的に同じポケモン。
オス・メス・性別不明のポケモンと「メタモン」を預けた場合は、メタモンと一緒に預けたオス・メス・性別不明のポケモンが生まれてきて、預けたポケモンが進化形の場合は進化前のポケモン。それ以外のポケモンは預けたポケモンと基本的に同じポケモン。

ただし、一部のポケモンはアイテム「おこう」を持たせないと生まれてこない。「おこう」は『ファイアレッド・リーフグリーン』のみ登場するアイテム。
例えば「のんきのおこう」を「ソーナンス」に持たせて「ソーナンス」が生まれる組み合わせでポケモン育て屋に預けると、「ソーナノ」のタマゴを入手できる。
しかし、そのアイテムを持たせないと発見されるのは「ソーナンス」のタマゴとなる。

カセキを復元する

グレンタウンにあるポケモン研究所でカセキを復元してもらえる。

大昔に住んでいたポケモンのカセキからポケモンを復元することができる。復元できる場所はグレンタウンにあるポケモン研究所。
おつきみやまで「かいのかせき」か「こうらのかせき」を入手できる他、ニビシティにあるニビ科学博物館で「ひみつのコハク」を入手できる。
「ツメのカセキ」や「ねっこのカセキ」は『ファイアレッド・リーフグリーン』のみ登場するが、『ファイアレッド・リーフグリーン』では入手できない。

手に入れられるカセキとそこから復元されるポケモン
・かいのカセキ:オムナイト
・こうらのカセキ:カブト
・ひみつのコハク:プテラ
・ツメのカセキ:アノプス
・ねっこのカセキ:リリーラ

ゲーム中の人物からもらう(購入する)

ボールを調べてポケモンを入手することもある。入手できるポケモンはイーブイ。

ストーリーを進めていく中で、ゲーム中の人物からポケモン(ポケモンのタマゴ)をもらえる(購入できる)ことがある。

もらえるポケモン(ポケモンのタマゴ)
・フシギダネ、ヒトカゲ、ゼニガメのうち1匹(『赤・緑・青・ファイアレッド・リーフグリーン』):物語開始後、オーキド博士からもらう。
・ピカチュウ(『ピカチュウ』):物語開始後、オーキド博士からもらう。かみなりのいしを使ってもライチュウに進化しない特別な個体。
・フシギダネ(『ピカチュウ』):手持ちのピカチュウのなつき度が高いと、ハナダシティの民家でもらえる。
・ヒトカゲ(『ピカチュウ』):24ばんどうろ(『ハナダシティの北の道路』)でトレーナーからもらえる。
・ゼニガメ(『ピカチュウ』):オレンジバッジを入手した後、クチバシティにいる女性警察官からもらえる。
・イーブイ:タマムシシティにあるタマムシマンション屋上で入手できる。
・サワムラーかエビワラー:ヤマブキシティにある格闘道場でカラテ大王に勝利するともらえる。
・ラプラス:ヤマブキシティのシルフカンパニーにいる研究員からもらえる。
・カモネギ(『赤・緑・青・ファイアレッド・リーフグリーン』):クチバシティにいる人物とオニスズメ(『赤・緑・ファイアレッド・リーフグリーン』)、ポッポ(『青』)と交換する。
・バリヤード:2ばんどうろ(トキワシティとニビシティの間の道路)にいる人物とケーシィ(『赤・緑・ファイアレッド・リーフグリーン』)、プリン(『青』)、ピッピ(『ピカチュウ』)と交換する。
・ルージュラ(『赤・緑・ファイアレッド・リーフグリーン』):ハナダシティにいる人物とニョロゾと交換する。
・ベロリンガ(『赤・緑・ファイアレッド・リーフグリーン』):セキチクシティの西にあるゲートにいる人物とヤドラン(『赤・緑・リーフグリーン』)、ゴルダック(『ファイアレッド』)と交換する。
・ケンタロス(『青』)::セキチクシティの西にあるゲートにいる人物とペルシアンと交換する。
・ガルーラ(『青』):11ばんどうろ(クチバシティの東の道路)の東にあるゲートにいる人物とサイドンと交換する。
・コイキング:おつきみやま近くのポケモンセンター内にいる男性から500円で購入できる。
・「トゲピー」のタマゴ(『ファイアレッド・リーフグリーン』):手持ちの戦闘にいるポケモンが最高になついている状態で、みずのめいろにいる人物からもらう。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

ポケットモンスター 金・銀・クリスタル・ハートゴールド・ソウルシルバー(ポケモンGSC・HGSS)のネタバレ解説まとめ

『ポケットモンスター 金・銀・クリスタル・ハートゴールド・ソウルシルバー』とは、ロールプレイングゲーム『ポケットモンスター』シリーズの一つで、『金・銀・クリスタル』は第2作目であり、『ハートゴールド・ソウルシルバー』は『金・銀・クリスタル』のリメイク作品に当たる。ジョウト地方とカントー地方を冒険し、プレイヤーはポケモン図鑑の完成とポケモンリーグ制覇を目指す。前作『ポケットモンスター 赤・緑・青・ピカチュウ』に登場した悪の組織・ロケット団と戦うことになる。

Read Article

ポケットモンスター X・Y(ポケモンXY)のネタバレ解説まとめ

『ポケットモンスター X・Y』とはロールプレイングゲーム『ポケットモンスター』シリーズの一つで、第6作目にあたる。プレイヤーはカロス地方を冒険し、ポケモン図鑑の完成とポケモンリーグ制覇を目指す。フレア団という悪の組織が登場し、ストーリー中に大きく関わってきて、各地で戦うことになる。メガシンカという通常の進化とは異なるポケモンのパワーアップ要素が初登場する。『ポケットモンスター』シリーズでは初のグラフィックが3Dの作品。

Read Article

Pokémon GO(ポケモンGO)のネタバレ解説まとめ

「Pokémon GO(ポケモンGO)」とは2016年に配信開始をした、ナイアンティックと株式会社ポケモンが共同開発したスマホゲーム。実際の世界の地図とゲームが連動しており、プレイヤーは歩いていると出現するポケモンを捕まえ、図鑑完成を目指したり対戦を楽しむゲーム。配信開始から大人気アプリとなり、5つのギネス記録を作り、世界的な社会現象となった。

Read Article

ポケットモンスター サン・ムーン・ウルトラサン・ウルトラムーン(ポケモンSM・USUM)のネタバレ解説まとめ

『ポケットモンスター サン・ムーン・ウルトラサン・ウルトラムーン』とは、ロールプレイングゲーム『ポケットモンスター』シリーズの一つで、『サン・ムーン』は第7作目であり、『ウルトラサン・ウルトラムーン』は『サン・ムーン』にストーリーやシステムを一部追加したバージョンになっている。プレイヤーはアローラ地方を冒険し、ポケモン図鑑の完成とポケモンリーグ制覇を目指す。ストーリー中、スカル団やエーテル財団といった組織と戦うことになる。

Read Article

ポケットモンスター ルビー・サファイア・エメラルド・オメガルビー・アルファサファイア(ポケモンRSE・ORAS)のネタバレ解説まとめ

『ポケットモンスター ルビー・サファイア・エメラルド・オメガルビー・アルファサファイア(ポケモンRSE・ORAS)』とは、ロールプレイングゲーム『ポケットモンスター』シリーズの一つで、『ルビー・サファイア・エメラルド』は第3作目であり、『オメガルビー・アルファサファイア』は『ルビー・サファイア・エメラルド』のリメイク作品に当たる。ホウエン地方を冒険し、プレイヤーはポケモン図鑑の完成とポケモンリーグ制覇を目指す。ストーリー中、「マグマ団・アクア団」という組織と各地で戦うことになる。

Read Article

ポケットモンスター ブラック・ホワイト(ポケモンBW)のネタバレ解説まとめ

『ポケットモンスター ブラック・ホワイト』とは、株式会社ポケモン(任天堂)から発売されたロールプレイングゲーム『ポケットモンスターシリーズ』の第5作目。イッシュ地方を冒険の舞台として、ポケモン図鑑の完成及びポケモンリーグ制覇(殿堂入り)するのが主なゲーム目標である。本作では「ポケモンを自由にするため、ポケモンの解放を訴える」プラズマ団という組織が登場し、ストーリー中に各地で戦うことになる。本作のテーマは「多様性」で、ゲーム中の登場人物やポケモン、ストーリーなどに反映されている。

Read Article

ポケットモンスター ブラック2・ホワイト2(ポケモンBW2)のネタバレ解説まとめ

『ポケットモンスター ブラック2・ホワイト2』とは、『ポケットモンスター ブラック・ホワイト』の続編作品であり、前作から2年後のイッシュ地方を冒険の舞台として、ポケモン図鑑の完成及びポケモンリーグ制覇(殿堂入り)するのが主なゲーム目標である。本作では前作に登場したプラズマ団が復活し、ストーリー中に各地で戦うことになる。トレーナーの成長についても描かれ、前作でのライバルであったN(エヌ)や共に旅に出たベルやチェレンなどの成長した姿なども見ることができる。

Read Article

ポケットモンスター ダイヤモンド・パール・プラチナ(ポケモンDPt)のネタバレ解説まとめ

『ポケットモンスター ダイヤモンド・パール・プラチナ』とは、株式会社ポケモン(任天堂)から発売されたロールプレイングゲーム『ポケットモンスター』シリーズの第4作目。『ポケットモンスター ダイヤモンド・パール』が発売され、後に新たな要素が追加された『ポケットモンスター プラチナ』が発売された。冒険の舞台はシンオウ地方で、ポケモン図鑑の完成とポケモンリーグを制覇することが主なゲーム目標となる。

Read Article

ポケットモンスター(ポケモン)のZワザ・Z技まとめ

「Zワザ(Z技)」とは、ポケットモンスターサン・ムーンから登場した要素。1戦闘中に1度しか使えないいわば必殺技のことである。インフレする対戦環境に適応できる一部以外のポケモンへの救済措置として登場した。 問題点や調整不足もみられるが、Zワザの登場によりあらゆるポケモンが活躍できる機会を得られるようになった。

Read Article

ポケットモンスター(ポケモン)のモンスターボールまとめ

いまや国民的人気作品となった『ポケットモンスター』の、モンスターボールまとめ。 初代を遊んだ人の中には、「ボールを投げたあとにボタン連打すると捕獲率が上がる」という噂を信じて、必死に連打していた思い出がある人も多いであろう。 このまとめでは『ポケットモンスター』作中に登場するモンスターボールをまとめて紹介する。

Read Article

ポケットモンスター(ポケモン)のメガシンカ・ゲンシカイキまとめ

メガシンカとは、ポケットモンスターX・Yで追加された新要素。「旧シリーズのポケモンを再びピックアップする」という理念のもと、成長が頭打ちとなったポケモンを中心として作られた。 ゲームシステム的に同じものとして扱われるため、ここでは伝説のポケモンであるグラードンとカイオーガが太古の姿に戻ることで全盛期の力を獲得するというゲンシカイキについても取り扱う。

Read Article

ポケットモンスター(ポケモン)の都市伝説・豆知識・裏設定まとめ

ポケットモンスターは、ゲームフリークが開発しているゲームソフトシリーズの名称である。略称はポケモン。「集める、育てる、戦う」のコンセプトに従い、ポケモンと呼ばれる生き物を収集、育成、そして対戦させるRPGである。2016年で20周年を迎えた長寿シリーズなだけに、様々な裏設定や都市伝説が囁かれている。

Read Article

『ポケットモンスター(ポケモン)』を産んだゲーム『MOTHER』

任天堂が産んだ大人気ゲーム、『ポケットモンスター』。その誕生には同じく任天堂が開発した『MOTHER』というゲームの存在が深く関係していることはご存知だろうか。今回は『MOTHER』と『ポケットモンスター』の関係について詳しく解説していく。また『ポケットモンスター』のゲーム中の『MOTHER』の元ネタについても紹介する。

Read Article

BWシリーズやポケモンEX参戦!ついにここまで進化した「ポケモンカード」まとめ!

ポケモンカード、プレイしてますか?当時どんぴしゃだった20〜30代の方々は、遊戯王や別のカードゲームをしているか、もはやプレイしていないかもしれません。そんな知らぬ間に、実はポケモンカードは信じられないほどパワーアップしているのです!今回はそんなポケモンカードがどのくらい進化したのか、まとめてみました。

Read Article

ピカチュウの誕生から現在にいたるまでまとめてみた

ポケットモンスターといえば、誰もがその名を聞いたことがあるだろう。ポケットモンスターは1996年2月27日ゲームボーイのソフトとして発売された。ピカチュウは当初まだ無名だったにもかかわらず、そのかわいいキャラクター性に皆が惹かれました。ピカチュウはゲームやアニメのみならず、グッズ化や映画化されたり、また海外でも活躍し愛されてます。そんな我らがピカチュウの過去から現在にいたるまでをまとめてみました。

Read Article

子ども向けっぽいけど本当は大人向けゲーム!「ポケモン」大人向け要素解説!

子ども向けっぽいキャラクターやゲーム性をしているけど、実は完全に大人向けなゲームをご存知ですか?それは意外にも身近で、今回はその中から「ポケモン」をご紹介!実際に、どこが大人向けなのかの詳細・解説から、実は裏ではこんな計算が行われていた事実など、マニアックな内容をまとめてみました。個体値や努力値、種族値の内容がわかると、ポケモンの世界観が一変するので、途端にプレイしたくなるかもしれませんよ。

Read Article

【ポケモン】予想以上に深い、『ポケットモンスター』の裏設定まとめ

人気ゲーム作品『ポケットモンスター』(ポケモン)に、実は深い裏設定があるのをご存知でしょうか? アニメ作品をみても、「なぜ子供のサトシが旅に出れるんだ?」「ジムってどうやって運営しているんだろう」「ポケモンって動物とは違うの?」など、少なからず疑問に思った人も多いでしょう。このまとめでは、表には出てこないポケモン世界の裏設定を紹介します。

Read Article

ポケモン個体値ランキングTOPまとめ

ポケモンのステータス、いわゆる個体値には各ポケモンごとに割り振られているポイントというものがあります。ゲーム上、ステータス画面等でその数字を確認することは出来ませんが、個体値は強いポケモンを育てる上で極めて重要な情報・知識になってます。そんな個体値をランキングにして、高い順番にまとめてみました(伝説のポケモンとギガ進化のポケモンは省いております)。

Read Article

笑えるwwww変なピカチュウまとめw

皆様に愛され続けて約20年になるピカチュウ様。そんなピカチュウ様ですが、最近は映画に出たり漫画に出たり、他のゲームとコラボしてみたり、ついには海外進出も達成されました。しかしながらその裏では、そんなピカチュウ様の顔や体を使って、様々なパロディーが出来上がっているのをご存知でしょうか?そんな偉大なるピカチュウ様の笑える変な画像をまとめてみましたw

Read Article

「名探偵ピカチュウ」の最速情報まとめ

ポケモンのピカチュウ…ではなく、名探偵のピカチュウがここに参上!「名探偵ピカチュウ」は文字通り、名探偵であるピカチュウが様々な謎に挑むミステリーアドベンチャーゲームです。2016年の2月3日から3DSにてダウンロード専用としてリリースされる「名探偵ピカチュウ」、今回はそんな最速情報をまとめてみました。

Read Article

ポケットモンスター サン&ムーン(Pokémon: Sun & Moon)のネタバレ解説まとめ

ポケットモンスター サン&ムーンとはゲーム『ポケットモンスター』シリーズを原作とした、アニメ『ポケットモンスター』シリーズの第6作。『ポケットモンスター サン・ムーン』や『ポケットモンスター ウルトラサン・ウルトラムーン』の舞台となる温暖で自然豊かなアローラ地方で、ポケモンが大好きな主人公サトシが、学校生活を送ったり、島めぐりをしたり、ポケモンに出会ったり新たな冒険をする物語。

Read Article

ポケットモンスター ソード・シールド(ポケモン剣盾)のネタバレ解説まとめ

『ポケットモンスター ソード・シールド』は、株式会社ポケモンから発売されたNintendo Switch用ロールプレイングゲーム。2019年11月15日に『ポケットモンスター ソード』と『ポケットモンスター シールド』の同時に二本発売され、ポケットモンスターシリーズの8作品目となる。公式略称は『ポケモン剣盾』。

Read Article

ポケットモンスター(ポケモン)の特性まとめ

ポケットモンスターは、ゲームフリークが開発しているゲームソフトシリーズの名称である。略称はポケモン。発売20周年を迎えた長寿シリーズであるが、その戦闘システムの基本は初代である「ポケットモンスター赤・緑」から変わっていない。この記事では、第三世代こと「ルビー・サファイア」から新たに加えられた要素である「とくせい(特性)」について解説する。

Read Article

ポケットモンスター(ポケモン)の伝説のポケモンまとめ

伝説のポケモンとは、公式の説明文によると「各地方で滅多に見ることの出来ない貴重なポケモン」のことであり、ゲーム中に1匹しか出現しないポケモンたちの総称である。シリーズ20年、7世代に至るシリーズの間にさまざまな伝説のポケモンが生み出されてきた。この記事では、各作品の舞台である地方の特色を色付ける伝説のポケモンたちを紹介する。

Read Article

ポケモンのファンアートは主役も悪役もいい感じ~!※ロケット団多めです☆

子供から大人まで幅広い人気を誇るポケットモンスター。可愛らしいポケモンやサトシたち主人公、悪役のロケット団まで長年ファンから愛されてきました。これまで何度か記事にさせて頂いた坂取さん(@_nnbn_)もそんなポケモンファンのお一人!Twitterで素敵なファンアートを披露されています。今回は坂取さんから許可を頂いたので、素敵なイラストをご紹介致します!

Read Article

目次 - Contents