龍が如く4 伝説を継ぐもの(Yakuza 4)のネタバレ解説まとめ

『龍が如く4 伝説を継ぐもの』とは、セガが発売するアクションアドベンチャーゲーム「龍が如く」のシリーズの第4作目に相当する作品である。キャッチコピーは「それは熱き男達の、奇跡の記録」。主人公の桐生一馬が東城会で起きた内乱を収めた後からの物語を描いており、従来の主人公である桐生一馬に加え、秋山駿、冴島大河、谷村正義と3人の主人公とその物語が追加されているのが特徴となっている。

CV:金光祥浩

上野誠和会の構成員にして伊原の弟分。
エルナードで酒に酔って伊原と共に暴れていたところで秋山に遭遇し、止めに入った彼に殴りかかるも一蹴されて気絶し、伊原に連れられて逃亡した。その後、意識を取り戻した時にはぐれた伊原を探していたところで彼の死体を発見し、パニックに陥って上野誠和会の本部に逃げ帰るが、そこで葛城が「伊原と三島を始末する」という電話をしているのを聞いてしまう。その後は命を狙われる恐怖に怯え、東京湾の埠頭の倉庫で身を隠し続けていた。

サイの花屋(さいのはなや)

CV:藤原喜明

神室町の地下に存在するホームレスの溜まり場「賽の河原」を拠点とする情報屋の元締め。
ホームレスを使った独自のシステムにより、街のありとあらゆる情報を入手する凄腕にして伝説の情報屋として極道も含めた裏社会にその名を轟かせている。
本作も引き続き賽の河原から桐生たちに情報提供という形で協力する。

伊達真(だて まこと)

CV:山路和弘

桐生の協力者のひとりで、かつては捜査四課・マル暴の刑事として桐生を追いかけ続けていた生粋の刑事。
「龍が如く」の100億円事件で桐生と出会い、そこから始まった極道と刑事という相容れない関係ながらも奇妙な因縁から手を組むことになる。そして現在では桐生のかけがえのない友のひとりとなっている。
100億円事件の後は自ら刑事を辞職し、現在は京浜新聞社の記者として活動していて、桐生たちを情報提供などでサポートする。

斎藤(さいとう)

CV:小原雅人

極道上がりの凶悪犯罪者たちが収監された非公式の刑務所「沖縄第弐刑務所」の刑務官。
粗暴かつ悪辣な性格で、刑務所の囚人たちをゴミ同然の存在に見下しており、「懲罰」と称して彼らを何人も暴殺している。また、冴島や桐生と真っ向勝負を繰り広げ、彼らに何度叩き伏せられてもしつこく食い下がってくるほどの打たれ強さを持っている。

元上野誠和会の構成員の囚人たちとひと騒動を起こした冴島を懲罰にかこつけて暴殺しようとしたが、浜崎に買収された同僚の刑務官によって止められる。その後、浜崎と共に脱獄しようとした冴島を止めるべく戦いを挑み、彼に何度叩き伏せられてもなおその打たれ強さで妨害を試みるが、浜崎によって道連れにされる形で海へと消えた。その後はなんとか生還し、所長の命令を受けて靖子を拉致するべく刑務官たちを引き連れて刑務所の外へと出る。

助川小五郎(すけがわ こごろう)&格田(かくだ)

画面左の老人が「助さん」こと助川小五郎。初芝会に奪われた自分たちホームレスの住処である地下街を意地でも取り戻すべく、秋山に強引に同行を申し出る。

画面中央右の老人が「格さん」こと格田。臆病な性格で戦闘には参加しないが、特技の鍵開けで助川と秋山をサポートする。

神室町劇場地下街に住み着いているホームレスの老人の二人組で、仲間からはそれぞれ「助さん」「格さん」と呼ばれている。
助川は仲間たち共々地下街を追い出されたことで初芝会に対して強い憤りを抱いており、かつての住処を奪い返すために格田を相棒として連れて地下街に乗り込む。そこで城戸と顧客名簿を取り返しに地下街に乗り込んでいた秋山と遭遇し、彼を初芝会の構成員と勘違いして襲うも、その事情を聞いた後は、住処を取り戻すべく強引に彼と共闘関係を結んだ。
その一方、格田は過去に鍵師を生業としていて、鍵開けという特技を持っているがかなり臆病な性格で、助川に叱咤されても戦闘には参加しなかった。しかし、地下街の各所に待ち受ける初芝会の構成員を倒すという条件付きで、その鍵開けの特技を生かして秋山と助川をサポートした。

趙(チャオ)

右の人物が趙

CV:掛川裕彦

谷村の顔馴染みにして協力者で、神室町の亜細亜街にある中華料理店「故郷」の店長。やや片言まじりではあるが日本語が上手な中国人。
谷村を「マーちゃん」と呼んでおり、彼に対しては店を自分の家のように使わせたりと非常に協力かつ好意的である。そして「亜僑会」と呼ばれるボランティア団体の会長を務め、親の強制送還などで生活ができない外国人の子供の保護も行なっている。

メイファ

CV:佐藤朱

谷村の顔馴染みで、中華料理店「故郷」で手伝いとして働く中国人の少女。趙によって引き取られ、実の娘のように彼から世話されている孤児であり、メイファ本人も趙を親のように慕っている。また、趙と同じく谷村を「マーちゃん」と呼んでおり、彼に対しては好意的に接する。

『龍が如く4 伝説を継ぐもの』の世界観・用語

上野誠和会(うえのせいわかい)

東城会の親戚団体にあたる極道組織。しかし、組織の小ささから月毎に寄付という形で東城会に上納金を支払っており、親戚というよりは傘下と言っていい扱いをされている。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

NEW

龍が如く5 夢、叶えし者(Yakuza 5)のネタバレ解説まとめ

『龍が如く5 夢、叶えし者』とは、セガゲームスが発売するアクションアドベンチャーゲーム『龍が如く』シリーズの第5作目に相当する作品である。キャッチコピーは「その生き様に 男たちの血が騒ぐ」。本作は前作『龍が如く4』で桐生一馬と仲間たちが東城会と上野誠和会の抗争事件を解決した後、日本各地を舞台に起きる極道たちの動乱の物語を描いており、新たな主人公に品田辰雄と澤村遥、さらに物語の舞台に大阪、福岡、名古屋、北海道が追加されているのが特徴となっている。

Read Article

龍が如く1(Yakuza 1)のネタバレ解説まとめ

セガの大ヒットシリーズ初作品にして、累計販売本数100万本を記録したキラータイトル、『龍が如く(Yakuza)』のポイント解説。キャッチコピーは「伝説の男と100億の少女」。ゲームでスポットを当てられる事がほとんどなかった「日本の裏社会」「極道の世界」をテーマにした硬派なストーリー、爽快なアクション、笑いありの豊富なお遊び要素で注目されているシリーズの第1作です。

Read Article

龍が如く0 誓いの場所(Yakuza 0)のネタバレ解説まとめ

『龍が如く0 誓いの場所』とは、セガが発売するアクションアドベンチャーゲーム「龍が如く」シリーズの第6作目に相当する作品である。キャッチコピーは「日本中が狂喜乱舞していた時代。「龍」の伝説はここから始まった」。本作は初代「龍が如く」より過去の時系列の物語となっており、主人公の桐生一馬と、シリーズの顔役のひとりである真島吾朗がそれぞれ「堂島の龍」と「嶋野の狂犬」の異名で知られる極道になるまでの姿を描いている。

Read Article

龍が如く3(Yakuza 3)のネタバレ解説まとめ

『龍が如く3』とは、セガが発売するアクションアドベンチャーゲーム「龍が如く」シリーズの第3作目に相当する作品である。キャッチコピーは「伝説の龍が帰ってきた」。本作は前作「龍が如く2」にて近江連合との戦いを終えた桐生一馬が、生まれ育った沖縄へと帰ってからの物語を描いており、その物語の舞台として東京と沖縄のふたつが選ばれているのが特徴となっている。

Read Article

龍が如く OF THE END(Yakuza: Dead Souls)のネタバレ解説まとめ

『龍が如く OF THE END』とはアクションアドベンチャーゲーム「龍が如く」シリーズのスピンオフ作品で、2011年6月9日に発売されたPlayStation3用ゲームソフト。キャッチコピーは「伝説の男達、最後のケジメ」。本作は「龍が如く4 伝説を継ぐもの」後の神室町を舞台にしており、バイオハザードが発生した神室町を舞台に桐生一馬ら主人公たちが銃を手に戦いながら、事件の真相を追う姿を描いている。

Read Article

『龍が如く』シリーズにおいて"堂島の龍"と呼ばれた伝説の極道・桐生一馬の人生

セガが送る人気作品「龍が如く」。この歴代主人公を務める極道・桐生一馬。不器用だが実直で、けっして曲がらない「信念」を持つ、作中屈指の「漢」。彼は圧倒的な強さとまっすぐな心で、極道や警察、犯罪組織を巻き込んだ数々の事件を解決に導いていく。「堂島の龍」と呼ばれた伝説の極道の人柄、人生について解説する。

Read Article

「龍が如く」各シリーズごとの面白さ・ネタまとめ

「龍が如く」シリーズは、歌舞伎町を中心に繰り広げられる極道の世界を再現したアクションRPGです。シリーズ最新作の6の発売を控える前に、今までにリリースされた各シリーズごとのポイントをまとめてみました。実は今でこそ有名なあの人や、あんなことやこんなことなど、とにかくネタも満載なんです!

Read Article

【龍が如く】オッサンだけじゃない! 『龍が如く』シリーズの若いイケメンキャラまとめ

渋いオッサンがたくさん登場する『龍が如く』の、若いイケメンキャラまとめ。 硬派なイメージのある作品ですが、硬派=オッサンというわけではモチロンありません。若いキャラも登場しますし、全員が主人公の桐生さんに負けないくらいの精神を持っています。このまとめでは龍が如くシリーズに登場する若いイケメン達を紹介します。

Read Article

目次 - Contents