ハンニバル(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ハンニバル』とは、2001年の米英伊合作によるサイコ・スリラー映画である。原作はトマス・ハリスの同名小説で、大ヒット作『羊たちの沈黙』の続編に当たる。監督はリドリー・スコットが務め、主人公レクター役は前作から引き続きアンソニー・ホプキンスが担当した。元精神科医で狂気の連続殺人鬼「ハンニバル・レクター博士」を巡る、極めて猟奇的な物語。FBI捜査官クラリスは彼を追うのだが、その先には身も凍る恐ろしい惨劇が待っていた。息を飲むスリリングな展開と、絵画のような映像によるコントラストは必見である。

『ハンニバル』の裏話・トリビア・小ネタ/エピソード・逸話

原作小説から大きく改変されたラストシーン

原作のクラリスはレクター博士の暗黒面に引きずり込まれる。

本作は、大ヒットした前作『羊たちの沈黙』の続編として製作された。どちらもトマス・ハリスの同名小説が元となっており、物語の時系列も連続している。そのため、本作を映画化するにあたり、前作と同じ出演者が望ましいとされた。
だからこそ、今回の主人公とされるハンニバル・レクター役をアンソニー・ホプキンスが務め、バーニー・マシューズ役にはフランキー・R・フェイソンが引き続き務めることになったのは歓迎されることであった。

ところが、前作で主人公だったクラリス・スターリング役の選定は難航してしまう。主演を務めたジョディ・フォスターが原作を元にした脚本を読み、不快感をあらわにしたからである。「あまりにも猟奇的過ぎる」というのが表向きの理由だが、実はそれだけでは無かった。
一説によると原作者であるトマス・ハリスがジョディを痛く気に入り、ご執心であったというのだ。そのため、前作の成功を受けた続編を執筆するに当たり、ハリスは自らの願望をレクターに託したらしい。
すなわち、ラストでクラリスはレクターに共感を示し「私が慰めてあげる」と告げ、ベッドを共にするのである。(映画では「レクターのキス」に書き換えられている)

少なくともジョディはそのように受け止めたようで、猟奇的部分も含めて嫌がらせと感じてしまった。不快感を通り越し、ほぼ激怒したとも伝えられており、当然ながら出演も断る。これらの元となる描写については、出演を承諾したジュリアン・ムーアも難色を示しており、配給会社も同様の態度であった。そのため、結末は大きく改変されることになるのである。

ハリスの側に立って彼を擁護するならば、ここにひとつの見解がある。ハリスは『羊たちの沈黙』では、苦難や痛みあるいはトラウマからの脱却と、そこからの再生をテーマとしていた。主人公クラリスは、レクターに過去のトラウマを告白する中で自身に向き合い、それを克服する。そして、見事に連続殺人犯から被害者(羊)を救出(沈黙)することで、捜査官として大きく成長した。
一方『ハンニバル』のテーマは、暗い衝動や欲望などの共感あるいは共鳴、そしてその象徴とも言えるレクターが紡ぎ出す狂気の世界への自己投影であると思われる。つまり、人間の持つ闇の部分への誘いや共鳴である。
パッツィ刑事の強欲や、クラリスに対するクレンドラーの暗い性衝動および金銭授受などの強欲や権力欲。警察組織の命令違反は、指揮官クラリスに対する女性蔑視や軽視、行き過ぎた功名心などもあるだろう。また、ヴァージャーの最期に関わるコーデルの行動や、バーニーがレクターの私物で金を稼いでいたのも、いずれも暗い衝動であり闇の部分だ。
もちろん、レクターの抱える闇はその最たるものである。そして、彼は優雅かつ芸術的に殺人を行う。だが、観る者(あるいは読者)の多くはタブーや反発を感じつつも彼の世界に引きずり込まれ、いつしか共感するようになる。だからこそ、「ハンニバル・レクター博士」というキャラクターは魅力的なのだ。

原作小説ではそうした観客(読者)の代弁者として、クラリスもレクターに共鳴し、彼の痛みや欲望を理解したうえで受け入れる。その結果、ベッドを共にするのだ。つまり、ハリスとしては物語のテーマをクラリスを通して具現化しただけなのである。

本作では、前述の経緯からラスト部分が大きく修正されたため、ハリスの伝えたかったテーマがぼやけてしまった感がある。また、映画化にあたり視覚的な残酷描写ばかりが目立ってしまい、前作のような心理面でのスリリングなやり取りがやや後退した。とはいえ、それでもなおサスペンス・ホラーの傑作であることに異論をはさむ余地は無いだろう。

カッポーニ宮には実在のフェルさんが居住

出典: 4travel.jp

左列の中段に「FELL」と記されている。

カッポーニ宮とは、14~15世紀ルネサンス文化運動の際に、フィレンツェ共和国の有力領主カッポーニ家によって建築された建物である。現在は19世紀になって2つの建物をひとつにまとめる改築が為され、ネオ・ルネサンス様式と呼ばれる建物になっている。歴史的建造物として保護されているものの、一部は賃貸アパートなどの施設として今でも普通に利用されている。地震などの天災が少ないうえ、頑丈な石造りであるため、ヨーロッパにおける古い建築物の扱いとしてはそれほど珍しいことではない。

物語では、レクター博士が「フェル」と名乗り、カッポーニ文庫(歴史的文献を保存している施設)の司書候補としてここに住んでいた。この建物内という設定で、レクター役のアンソニー・ホプキンスがピアノを弾き、ラフなスタイルでタバコを吹かすなどして寛ぐ様子が収められている。

ところがある旅行サイトによると、カッポーニ宮のアパートに「FELL」と記された表札があったという。そのブログ記事は「フィレンツェ~ハンニバル・レクターの足跡を辿る」と題されており、本作に登場するフィレンツェの名所などを巡って紹介している。
この件は実際に執筆者が訪れ、写真にも収めているので、おそらく間違いは無いと思われる。しかし、記事がアップされたのが2007年であるため、その後どうなっているのかは不明である。
とはいえ、ダンテの専門家やカッポーニ文庫の司書かどうかは別にして、現実に「フェルさん」がカッポーニ宮に住んでいたということにはなる。これはこれで興味深い事実だろう。

また、記事の中ではカッポーニ宮以外にも数々の名所や史跡が本作に関連付けて紹介されている。もしかすると、原作者のトマス・ハリスは実際にフィレンツェの街を旅して『ハンニバル』書き上げたのだろうか。そう考え、想像を巡らすのもまた一興である。
そしてもし、フィレンツェに旅をする機会があれば、カッポーニ宮を訪れて「フェルさん」が住んでいるのか、確かめてみるのも面白そうだ。

『ハンニバル』の主題歌・挿入歌

挿入歌:バッハ『ゴルトベルク変奏曲アリアBWV988』(演奏者:グレン・グールド)1981年録音バージョン

本作では1981年に録音されたグレン・グールド演奏のものが使用されている

挿入歌:ハンス・ジマー『親愛なるクラリス(Featuringアンソニー・ホプキンス)』

挿入歌:ハンス・ジマー『絞首台(Featuringアンソニー・ホプキンス)』

『ハンニバル』のオリジナル・サウンドトラック

『ハンニバル』のオリジナル・サウンドトラックは、ユニバーサルミュージックより2001年に発売されている。数々の映画音楽を作り上げてきた巨匠ハンス・ジマーが紡ぐ至高の旋律は、レクター博士の不気味で狂気に満ちた世界感を見事に表現している。
各場面に挿入される彼のオリジナル楽曲の他、バッハの『ゴルトベルク変奏曲』なども収録されている。また、いくつかの楽曲にはフィーチャリングとして、レクター博士役を務めたアンソニー・ホプキンスのセリフも挿入されている。映画そのままの情景が鮮やかによみがえり、聴く者の心にレクター博士が語りかけてくるようである。

収録曲

01. 親愛なるクラリス(Featuringアンソニー・ホプキンス)
02. アリア・ダ・カーポ(J.s.バッハ: ゴルトベルク変奏曲bwv988から)
03. カッポーニ宮の図書室
04. グルメ・ワルツ・タルタール
05. 貪欲
06. ささいな俸給のために
07. 夜のフィレンツェ
08. 美徳
09. 絞首台(Featuringアンソニー・ホプキンス)
10. 燃える心(Featuringアンソニー・ホプキンス)
11. すべての捕らえられた魂へ
12. ヴィードゥ・コル・メウム

『ハンニバル』の予告編

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

羊たちの沈黙(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『羊たちの沈黙』とは、1991年にアメリカで製作されたサイコ・スリラー映画で、アカデミー賞主要5部門を獲得した大ヒット作品である。トマス・ハリスの同名小説をジョナサン・デミ監督が映像化した。ジョディ・フォスターとアンソニー・ホプキンスが主演を務める。連続殺人事件の調査として、FBIは実習生クラリス・スターリングを抜擢。収監中の猟奇殺人犯で、元精神科医のハンニバル・レクターに捜査の協力をさせるべく派遣する。クラリスはレクターとの奇妙な関係を築く一方、自らの過去と対峙してゆくことになる。

Read Article

ダークナイト ライジング(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

2012年に公開された、アメリカ・イギリス共同制作の実写アクション映画。監督はクリストファー・ノーラン。 ゴッサム・シティに平和が訪れ、ブルース・ウェインもバットマンを引退していた。しかしベインと名乗るテロリストが現れ、ゴッサムは再び壊滅の危機にさらされる。 バットマンとして復活したブルースが、窮地に陥りながらも、ゴッサムのために命を懸けて戦う姿が描かれる。

Read Article

ブラック・レイン(Black Rain)のネタバレ解説・考察まとめ

『ブラック・レイン』とは、1989年公開のアメリカ映画。リドリー・スコット監督によるポリス・アクション・ムービー。マイケル・ダグラス、アンディ・ガルシア、高倉健、松田優作といった豪華な日米キャストの共演や、大阪での長期にわたるロケーション撮影が話題となった。ニューヨークで逮捕した男を日本に護送した2人の米国の刑事が、日本の警察と文化やスタイルの違いから対立しながらもお互い協力してヤクザと戦う物語を、大阪の街を舞台に描く。

Read Article

レオン(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『レオン』とは、1994年公開のリュック・ベッソン監督によるアメリカ・フランス合作のアクション映画。 ナタリー・ポートマンの映画デビュー作であり、本作によって脚光を浴びることとなった。 幼いころから殺し屋として生きてきた男レオンと、父親と義姉の虐待により幼い弟にしか心を開けない少女マチルダ。 ある出来事から殺しを教えることになったレオンとマチルダの奇妙な共同生活を描く。 日本公開時のキャッチコピーは「凶暴な純愛」。

Read Article

トランスフォーマー/最後の騎士王(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『トランスフォーマー/最後の騎士王』とは、2017年公開のアメリカ合衆国のSFアクション映画。実写版『トランスフォーマー』シリーズ5作目であり、4作目の『トランスフォーマー/ロストエイジ』の続編でもある。オートボットの総司令官「オプティマス・プライム」が宇宙へ旅立って数年後、ケイドは新たな仲間と共にトランスフォーマーたちを守るため、人類とトランスフォーマーたちの生存競争に身を投じていく。

Read Article

エイリアン(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『エイリアン』とは、1979年に公開された『ブレードランナー』や『ハンニバル』などで知られるリドリー・スコット監督の、SFホラー映画の元祖ともいえる作品だ。監督の出世作でもあるが、主人公のリプリーを演じたシガニー・ウィーバーの名を、世界中に広めた映画でもある。 宇宙船に入り込んだ姿を見せないエイリアンが、次々と乗組員を襲っていくホラーSF映画で、エイリアンという名称を定着させたことでも知られる。 その後もシリーズ化されるなど、映画界に衝撃を与えた作品だ。

Read Article

ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク』とは1997年に製作されたアメリカ映画で、1993年に製作された『ジュラシックパーク』の続編である。イスラ・ヌブラル島で起きた事件から4年、その島とは異なるサイトB呼ばれる場所で恐竜の存在が確認された。新たに社長になったハモンドの甥のルドローはサイトBにいる恐竜を捕獲し、サンディエゴに新たな「ジュラシックパーク」を建設しようとしていた。マルコムたちがその計画を止めようとするも捕獲は成功し、サンディエゴへと運ばれるがそこで悲劇が再び起こってしまう。

Read Article

ハンターキラー 潜航せよ(Hunter Killer)のネタバレ解説・考察まとめ

『ハンターキラー 潜航せよ(Hunter Killer)』とは、米海軍攻撃型原子力潜水艦(ハンターキラー)を題材とした海洋アクション映画である。主演は男臭い演技に定評のあるジェラルド・バトラー。小説家のドン・キースと、米海軍潜水艦の元艦長だったジョージ・ウォレスの二人による同名ベストセラー小説が原作である。製作は『ワイルド・スピード』のスタッフが担当。最新のCG技術を駆使、リアルな潜水艦の戦いを描く。深海での潜水艦アクションのみならず、地上での特殊部隊シールズの活躍も見どころのひとつだ。

Read Article

ブレードランナー(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ブレードランナー』とは、フィリップ・K・ディック作のSF小説「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」の映画化作品。1982年公開。 レプリカントと呼ばれる、人間と区別がつきにくい人造人間6名が火星から地球へと逃亡してくるのをきっかけに、主人公リック・デッカードがレプリカント狩りのため復職につく。すべてのレプリカントを狩れるのか。人間と機械の違いとは何か。SF映画「禁断の惑星」や「メトロポリス」に次ぐSF映画の金字塔。

Read Article

キングスマン:ゴールデン・サークル(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『キングスマン:ゴールデン・サークル』とは、2017年に制作されたアクション映画。 『キングスマン』の続編であり、前作と同じくマシュー・ヴォーンが監督を務め、タロン・エガートン、コリン・ファースが出演する。 日本では2018年に公開され興行収入17億円を超えるヒット作となった。 イギリスのスパイ機関キングスマンの拠点が、謎の組織ゴールデン・サークルの攻撃を受けて壊滅してしまい、キングスマンのエージェントであるエグジーは同盟を結んでいるアメリカスパイ機関ステイツマンに協力を求める。

Read Article

オデッセイ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『オデッセイ』は、2015年にリドリー・スコットが監督を務めたアメリカ映画。原作は2011年に出版されたアンデイ・ウィアーのヒット小説『火星の人』。 過酷な状況に置かれながらも人間性を失わず、生存の危機に立ち向かう宇宙飛行士。そして、彼を助けようと奮闘する人々を描いた。NASAが全面的に協力し、惑星科学部門の責任者、ジェームズ・グリーンが科学技術面のアドバイザーとして雇用されている。

Read Article

フライト・ゲーム(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『フライト・ゲーム』とは、2014年に公開されたアメリカのサスペンスアクション映画である。航空保安官としての任務でニューヨーク発ロンドン行きの飛行機に搭乗したビルは、何者かから機内で20分後に人を殺すというメッセージを携帯電話に受信する。ビルは周囲の協力を得ながら事件解決に向けて動くが、徐々に彼自身がハイジャック犯なのではないかと周囲から疑われてしまう。監督はジャウマ・コレット=セラが務め、主演したリーアム・ニーソンとは2度目のタッグとなった。共演はジュリアン・ムーアら。

Read Article

テルマ&ルイーズ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『テルマ&ルイーズ』(Thelma and Louise)とは、1991年5月にアメリカで公開されたロードムービーである。平凡な主婦テルマが、友人のウェイトレス、ルイーズと共にドライブに出かけた。途中のドライブインで、テルマが見知らぬ男たちにレイプされそうになった時、ルイーズは男たちを射殺してしまう。二人はそのまま銀行強盗をして逃避劇を繰り広げる。二人の女性の日常から転落していく様を描いたバイオレンス作品。

Read Article

ジョー・ブラックをよろしく(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ジョー・ブラックをよろしく』とは、1998年にアメリカで公開されたファンタスティック・ラブストーリーである。事故死した人間の姿を借りて地上に舞い降りた死神は、死期が迫っている大富豪のビル・パリッシュの元に現れた。ビルは自分の命の延長と引き換えに人間界の案内役を引き受ける。ビルの家族に友人だと紹介された死神は、ビルの娘であるスーザンに惹かれ、次第にスーザンも死神に恋をしてしまうのだった。死神と人間の切ない恋模様と家族愛が描かれている。監督は、マーティン・ブレストが担当している。

Read Article

秘密への招待状(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『秘密への招待状』とは、2019年アメリカにて公開されたヒューマンドラマである。インドで孤児院を経営するイザベルに、ニューヨークのメディア会社で長年辣腕を振るってきたテレサという実業家から大口の寄付の話が舞い込む。イザベルはテレサの強引な要請で、契約をまとめるためにニューヨークに飛ぶ。そこでイザベルを待ち受けていたのは、心の奥底に封じ込んでいた自らの過去だった。18歳で訳あって別れた元恋人オスカーと、2人の間に生まれた娘グレイスとの突然の対面に揺れるイザベルの心を、テレサの愛情が溶かしていく。

Read Article

『ドリフターズ』と史実や他メディアでの同名キャラとを比べてみた!

『ドリフターズ』とは、『ヘルシング』でもお馴染み平野耕太先生の作品。それぞれ異なった時代の人物たちが登場し、世界を壊さんとする「廃棄物」側と、それを阻止せんとする「漂流者」側とに別れ戦う、史実ごっちゃ混ぜ気味なマンガなのです。今回こちらでは、作中に登場する人物と、史実やマンガ及びゲームなどの人物像とを比べつつ、簡単な解説と共にまとめさせて頂きました。

Read Article

目次 - Contents