エイリアン(映画)のネタバレ解説まとめ

『エイリアン』とは、1979年に公開された『ブレードランナー』や『ハンニバル』などで知られるリドリー・スコット監督の、SFホラー映画の元祖ともいえる作品だ。監督の出世作でもあるが、主人公のリプリーを演じたシガニー・ウィーバーの名を、世界中に広めた映画でもある。
宇宙船に入り込んだ姿を見せないエイリアンが、次々と乗組員を襲っていくホラーSF映画で、エイリアンという名称を定着させたことでも知られる。
その後もシリーズ化されるなど、映画界に衝撃を与えた作品だ。

『エイリアン』の概要

『エイリアン』とは、1979年に公開されたSFホラー映画。「恐ろしい異星人=エイリアン」というイメージを定着させた映画だ。
西暦2122年。宇宙貨物船ノストロモ号には7人の乗組員がいて、地球に帰還する途中だった。
だが知的生命体の信号をキャッチした船は、発信元の小惑星へと向かう。
船外調査をすると宇宙船を発見。中には化石化した宇宙人がいて、船内の奥には卵のような大きな物体が無数にあった。
船外活動から帰還した乗組員のひとりにエイリアンの幼体が産みつけられ、乗組員の体からエイリアンが飛び出す。
逃げ出したエイリアンは脱皮して大きくなり、船内のどこかに潜伏している。エイリアンと乗組員の闘いが始まった。
というストーリーで、アメリカでは1979年5月に公開。日本でも2か月後の7月に公開され、大ヒットとなった。
薄暗い船内でなかなか姿を見せないエイリアンが、突然乗組員に襲い掛かるというSFホラー作品の元祖。第52回アカデミー賞で視覚効果賞を受賞した。
監督のリドリー・スコットにとっても出世作で、この3年後にカルト映画として歴史に残る『ブレードランナー』が公開されている。
そして『エイリアン』といえば、ヒロインのリプリーを演じたシガニー・ウィーバーの存在も欠かせない。
ほとんど無名だったシガニー・ウィーバーをトップスターにした映画でもある。
科学者や評論家などの150名が選んだ「SF映画ベスト100」で第3位になった、評価の高い作品だ。
未知の生物が襲ってくる見えない恐怖を見事に表現した撮影技術。
そして乗組員たちの分断や、エイリアンから襲われている乗組員を救おうとする仲間意識。だんだんわかってくる宇宙貨物船ノストロモ号の秘密など、練りこまれたストーリーも映画を惹きつける。
時代を経ても古さを感じないのは、そこに理由があるのだろう。

『エイリアン』のあらすじ・ストーリー

プロローグ

ノストロモ号

西暦2122年、ウェイランド・ユタニ社の宇宙貨物船ノストロモ号は宇宙で採石した鉱石を積み、地球へと帰還していた。
乗組員は船長のダラス、副船長のケイン、通信士のリプリー、操舵手のランバート、機関士のブレット、科学主任のアッシュ、機関長のパーカーの7人。時空間を旅する間、老化を防ぐために使われるコールドスリープによりみんなは眠っている。
その船をコントロールしている「マザー」と呼ばれるコンピュータが知的生命体と思われる信号をキャッチし、その生命体を確認するために乗組員を目覚めさせた。
そしてノストロモ号は、信号の発信元である謎の小惑星に着陸する。

謎の宇宙船

信号を発していた惑星の遺棄船

ダラス、ケイン、ランバートの3人が船外調査で謎の宇宙船を発見。中に入ってみると、砲台らしき台座のところに謎の宇宙人の化石があった。
さらに奥に進んだ3人。そこには卵のような大きな物体がたくさんあり、卵から飛び出した謎の生物がケインに飛びつき、ヘルメットを突き抜けケインの顔にのしかかった。
そのころ宇宙船にいたリプリーは、ノストロモ号がキャッチした信号が警告であったことを解析する。

エイリアンの寄生

ケインの顔にへばりついた謎の物体

顔に謎の物体が顔についたまま意識のないケイン。3人は急いで船に戻り船内へ入ろうとするが、危険を察知していたリプリーは船に3人を入れるのを拒絶。だがアッシュがドアを開け3人は船に入る。
ケインの顔にへばりついた謎の物体の一部を切り取ると、その物体の体液が床を溶かしてしまったたため、強引に剥がすことをやめた。体液は酸でできていたのだ。間もなく物体は自然にケインの顔から剥がれ落ちた。
その後ケインは意識を取り戻しみんなと普通に食事をするが、突然苦しみ出したかと思うと、胸部からヘビのような物体が飛び出す。
ケインの顔に寄生していてた謎の物体は、ケインの体内にいた幼体が飛び出したことで死亡し、ケインもそのまま息を引き取った。

エイリアンを捜索

ブレットに襲い掛かるエイリアンの手

ケインの体から飛び出したエイリアンは、そのまま行方をくらました。ケインの顔についていた謎の物体を宇宙に放出するようにリプリーは提案するが、アッシュは貴重なサンプルなので、地球に持ち帰ると言ってリプリーの意見を聞かない。
逃げ出したエイリアンはその間に脱皮し、人間よりも大きく成長していた。
乗組員たちは探知機を持って、3人ずつの2チームでそれぞれ船内の探索に向かう。
リプリー、ブレット、パーカーの3人は探知機に反応した生命体を追うが、その正体はロッカーに隠れていた猫のジョーンズだった。
逃げた猫を追ったブレットを、エイリアンが襲いブレットを連れ去る。
エイリアンが去るところを目撃したリプリーとパーカーはほかの仲間に連絡し、ダクトを移動していると思われるエイリアンを、エアロックから宇宙空間に放出する作戦を立てた。

エイリアンとの闘い

突然姿を現し襲ってくるエイリアン

ダラス船長はマザーにエイリアンの対処法を質問するが、マザーはデータ不足や計算不能と回答するだけ。
武器となる火炎放射器を作った乗組員たちはダクトに向かい、ダラスがダクトに入りほかの仲間が探知機でエイリアンの居場所を知らせるが、エイリアンは予測不能の動きをし、ダラスもまたエイリアンに連れ去られてしまった。
船長を失った4人の乗組員たちはパニックになり、ランバートは脱出艇で逃げようと言うが、脱出艇は3人乗りだ。
リプリーは2組に別れ、エアロックからエイリアンを放出する作戦を続行するよう提案した。

ノストロモ号の本当の目的

首だけになっても動くアンドロイドのアッシュ

船長のダラスがいなくなったことで、ノストロモ号の司令塔となったリプリーは科学主任のアッシュにエイリアンのことを聞くが、いつも調査中としか答えない。
リプリーは自分でマザーに聞いてみた。
コンピュータにいろいろと質問を投げかけるリプリー。すると驚愕の内容が見つかった。
ノストロモ号の真の目的は軍事利用のための異星人の捕獲であり、そのためには乗組員の犠牲も厭わない、というもの。
リプリーがふと気づくと、横にアッシュがいたためリプリーは怒りに任せアッシュを突き飛ばした。
するとアッシュの体から白い液体がこぼれ落ちる。アッシュはアンドロイドだったのだ。アッシュが近くにあった雑誌を丸め、リプリーの口に詰め込み窒息させようとするが、そこにパーカーとランバートがやってきてアッシュを鉄パイプで殴る。アッシュの首が落ちるが頭部は動いている。
リプリーはアッシュの配線をつなぎ、エイリアンの情報を聞くとアッシュはこう答えた。
「エイリアンは完璧な生命体で殺す方法はない。君たちも生き延びることはできない。同情する」
リプリーがアッシュの配線を抜き、パーカーは火炎放射器でアッシュを焼いた。

脱出艇で母艦から脱出

繭にされていた船長のダラス

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

オデッセイ(映画)のネタバレ解説まとめ

『オデッセイ』は、2015年にリドリー・スコットが監督を務めたアメリカ映画。原作は2011年に出版されたアンデイ・ウィアーのヒット小説『火星の人』。 過酷な状況に置かれながらも人間性を失わず、生存の危機に立ち向かう宇宙飛行士。そして、彼を助けようと奮闘する人々を描いた。NASAが全面的に協力し、惑星科学部門の責任者、ジェームズ・グリーンが科学技術面のアドバイザーとして雇用されている。

Read Article

グリーンマイル(The Green Mile)のネタバレ解説まとめ

『グリーンマイル』とはホラー小説家スティーヴン・キングのファンタジー小説が原作で、1999年にアメリカで公開されたフランク・ダラボン監督の映画。トム・ハンクスなどの豪華キャストで製作された感動傑作で、2000年度のアカデミー賞で4部門にノミネートされている。物語は1935年のある刑務所の死刑囚棟が舞台で、主人公は看守主任のポール。そこに死刑囚として送られてきた不思議な力を持つ大男の黒人ジョンと、他の看守や死刑囚、ネズミのMr.ジングルスたちとの交流を描いたファンタジーヒューマンドラマである。

Read Article

ブレードランナー(映画)のネタバレ解説まとめ

『ブレードランナー』とは、フィリップ・K・ディック作のSF小説「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」の映画化作品。1982年公開。 レプリカントと呼ばれる、人間と区別がつきにくい人造人間6名が火星から地球へと逃亡してくるのをきっかけに、主人公リック・デッカードがレプリカント狩りのため復職につく。すべてのレプリカントを狩れるのか。人間と機械の違いとは何か。SF映画「禁断の惑星」や「メトロポリス」に次ぐSF映画の金字塔。

Read Article

ホビット 思いがけない冒険(映画)のネタバレ解説まとめ

『ホビット 思いがけない冒険』は、『ロード・オブ・ザ・リング』の60年前の前日譚となる『ホビット』三部作の1作目で、2012年に公開された。原作はJ・R・R・トールキンの小説『ホビットの冒険』。ニュージーランドの壮大な風景に加え、最新技術を活用した今までにない映像美、臨場感溢れるアクションシーンの連続で、観客を興奮の渦に巻き込む。ホビット族のビルボが困難を乗り越えながら仲間との友情を築いていく冒険物語で、『ロード・オブ・ザ・リング』につながるシーンも多く、シリーズの理解も深まる見逃せない作品。

Read Article

アバター(Avatar)のネタバレ解説まとめ

『観るのではない。そこにいるのだ。』というキャッチコピーで3D上映され話題となった2009年公開のアメリカ・イギリス合作のSFファンタジー映画。監督は、「タイタニック」「ターミネーター」などを手がけた、ジェームズ・キャメロン。世界興行収入は歴代1位を記録した。自然豊かな惑星「パンドラ」を舞台に繰り広げられる人間と先住民族ナヴィの戦いを描いた作品。

Read Article

ブラック・レイン(Black Rain)のネタバレ解説まとめ

『ブラック・レイン』とは、1989年公開のアメリカ映画。リドリー・スコット監督によるポリス・アクション・ムービー。マイケル・ダグラス、アンディ・ガルシア、高倉健、松田優作といった豪華な日米キャストの共演や、大阪での長期にわたるロケーション撮影が話題となった。ニューヨークで逮捕した男を日本に護送した2人の米国の刑事が、日本の警察と文化やスタイルの違いから対立しながらもお互い協力してヤクザと戦う物語を、大阪の街を舞台に描く。

Read Article

ホビット 決戦のゆくえ(映画)のネタバレ解説まとめ

『ホビット 決戦のゆくえ』とは、『ロード・オブ・ザ・リングシリーズ』の60年前が舞台となる『ホビット』3部作の最終章で、2014年に公開された映画。原作はJ・R・R・トールキンの小説『ホビットの冒険』。ホビット族のビルボが仲間と共にドワーフ王国の再興を目指す冒険物語で、壮大な世界観や臨場感溢れる映像、圧倒的スケールの戦闘シーンが観る者を魅了する。町を襲う竜や闇の勢力との壮絶な死闘に加え、ビルボとドワーフら旅の仲間の絆、エルフの女性とドワーフの若者の切ない恋の行方も魅力の作品。

Read Article

目次 - Contents