トランスフォーマー/最後の騎士王(映画)のネタバレ解説まとめ

『トランスフォーマー/最後の騎士王』とは、2017年公開のアメリカ合衆国のSFアクション映画。実写版『トランスフォーマー』シリーズ5作目であり、4作目の『トランスフォーマー/ロストエイジ』の続編でもある。オートボットの総司令官「オプティマス・プライム」が宇宙へ旅立って数年後、ケイドは新たな仲間と共にトランスフォーマーたちを守るため、人類とトランスフォーマーたちの生存競争に身を投じていく。

『トランスフォーマー/最後の騎士王』の概要

『トランスフォーマー/最後の騎士王』とは、2017年に公開されたアメリカ合衆国のSFアクション映画であり、実写映画版『トランスフォーマー』シリーズの5作目となる作品でもある。
4作目の『トランスフォーマー/ロストエイジ』の続編で、”トランスフォーマーたちが何故、地球へやって来るのか”、その謎を解明していくストーリーとなっている。『トランスフォーマー』シリーズ最大のスケールで描かれる、マイケル・ベイ監督曰く、”最終章の始まり”である。
監督は前作より前から降板を示唆していたが、本作でもマイケル・ベイ監督が続投することになった。制作会社は「ハズブロ」や「ディ・ボナヴェンチュラ・ピクチャーズ」、配給はアメリカは「パラマウント・ピクチャーズ」、日本は「東和ピクチャーズ」となっている。
アメリカでは、『トランスフォーマー』シリーズで初めて、興行収入が制作費より下回ったそうだ。

『トランスフォーマー/最後の騎士王』のあらすじ・ストーリー

あらすじ【起】

円卓に集まるアーサー王と円卓の騎士、そしてアイアコンの騎士たち

イギリスの暗黒時代、アーサー王とその忠実なる部下・ランスロットたち円卓の騎士率いる軍は、敵軍と戦いを繰り広げていたが、劣勢を強いられていく。
アーサー王は魔術師マーリンが、きっとこの状況を打破する術を持って駆けつけてくれるだろうと信じ、ランスロットたちを率いて戦いを続け、マーリンの到着を待っていた。

そのマーリンは馬に乗って、以前から交流があった森の谷に住む古代サイバトロンの騎士たち「アイアコンの騎士」のリーダー・ストームレインの元を尋ね、自分たちを助けるために力を貸してほしいと必死にお願いした。
ストームレインはマーリンの必死の頼みを聞き入れ、マーリンにアイアコンの騎士たちを指揮することが出来る杖と、三つ首のドラゴンのようなアイアコンの騎士「ドラゴンストーム」を貸し与えることにする。

マーリンが引き連れて来たドラゴンストームの助太刀があったおかげで、アーサー王たちは一気に優位に立ち、ドラゴンストームと息を吹き返したアーサー王の軍勢に怯んだ敵軍に勝利することが出来た。
それ以降、この状況を見て言ったアーサー王の「犠牲なくして、勝利なし」という言葉が、後世に渡って受け継がれることとなった。

それから1,600年後、メガトロンは突如姿を消し、オプティマス・プライムも自分の命を狙う創造主を探しに宇宙へと旅立っていった。
リーダーを無くした「オートボット」たちを敵視する人類は、世界では違法な存在として認知されていってしまい、対トランスフォーマー部隊「TRF(Transformers Reaction Force)」が設立された。

宇宙から次々と地球へ飛来してくるトランスフォーマーたちに、人類がその存在に怯える日々を送る中、シカゴの立ち入り禁止区域「ゴーストタウン」に、少年たちが発見されたトランスフォーマーを見に足を踏み入れる。
前作で起きたシカゴの惨劇により、荒廃した街には人気がなく、TRFが殺したとされる宇宙船に眠るトランスフォーマーだけが、そのゴーストタウンにいたのだ。

少年たちはそのトランスフォーマーが死んでいると思って近づくが、そのトランスフォーマーが突如目覚めたことに生きていると確信し、その事実に驚いて大声を上げてしまう。
すると、立ち入り禁止区域へ無断で入った少年たちを違反者と認識した、国土安全保障省の警備ロボットが警告しに現れ、少年たちは突如現れた少女・イザベラに救われる。

家族として一緒に過ごしたイザベラを守るため、TRFからの攻撃を全部受け止めるキャノピー

イザベラはシカゴの惨劇によって両親を亡くし、帰る家も失ってしまった孤独な14歳の少女であった。
そしてイザベラは、このゴーストタウンに隠れ潜んでいたトランスフォーム(変形)できない水色のオートボット「スクィークス」と、黄色のオートボット「キャノピー」を家族のようにここで一緒に暮らしていたのだ。

だが、少年たちをトランスフォーマーの脅威から保護しに来たウィリアム・レノックスたち「TRF」から襲撃され、イザベラは自分を庇って銃弾を受けたキャノピーを失ってしまう。
そこへ駆けつけたのはバンブルビーとケイド・イェーガー、ケイドは警備ロボットを銃で倒し、イザベラを子供たちを自分の車に乗せて、ゴーストタウンを脱出させる。

ケイドは1人、ゴーストタウンにいる騎士のトランスフォーマー「スティールベイン」を修理しようと戻る。だが、致命傷を負ったスティールベインを助けることはできず、ケイドは悔しい思いを噛み締めながらその場を立ち去ろうとする。
しかし、そんなケイドをTRFは包囲し、オートボットたちを匿っている違反者として捕まえようとする。そこへバンブルビーがケイドの呼びかけに答えて現れ、ケイドをTRFから守ろうとする。

それぞれ銃を構えて睨み合うケイドたちとTRF、ケイドは「安住の地が欲しいだけのオートボットたちに手出しはさせない」と言い残した後、睨み合いのなか駆けつけたオートボット「ハウンド」とバンブルビーと共に立ち去っていく。
TRFのサントスは、”オートボットたちは敵ではない”と主張するレノックスに背き、カマロにトランスフォーム(変形)して立ち去っていくバンブルビーに追跡装置を取り付けた。

一方、ゴーストタウンに潜伏していたメガトロンは、バリケードにある杖を探すために必要なメダルを捜索させていた。だが、そのメダルを持っていた騎士のスティールベインは、最期の力を振り絞って密かにケイドの車に忍ばせておいたのだ。
バリケードの「メダルは人間の手に渡った」という報告に、メガトロンは激怒する。そんな怒り心頭なメガトロンに、バリケードはその人間を追っているTRFを利用してメダルを探させようと提案する。

TRFの基地へ部下たちと共に帰還したレノックスは、自分の上官である「モーシャワー将軍」へケイドたちを取り逃がしたことを報告する。その際、ゴーストタウンに設置された監視カメラの音声データから、バリケードとメガトロンがある杖を求めていることが判明する。
メガトロンたちの会話を聞いたレノックスたちは、メガトロンたちが何か悪さをしでかすより先に、メダルと杖を見つけることにした。しかし、そこでレノックスたちはつい、「こんな時、メガトロンたちに対抗できるオプティマス・プライムがいれば…」と弱音を吐いてしまう。

そのオプティマス・プライムは、トランスフォーマーたちのかつての故郷「惑星サイバトロン」へ辿り着いていた。

あらすじ【承】

トランスフォーマーの創造主・クインテッサに捕まったオプティマス・プライム

惑星サイバトロンに到着したオプティマス・プライムは、自分が地球へ逃げ出した時よりも変わってしまっていたことに気づく。するとそこへ、生命を司るプライムの1人でトランスフォーマーの創造主「クインテッサ」が現れる。
かつて、地球に生息していた恐竜を金属に変え、トランスフォーマーを創ったクインテッサは、「オプティマス・プライムが起こした戦争のせいで、この星は滅びた」と言って、オプティマス・プライムを捕縛する。

そしてクインテッサは、オプティマス・プライムに平手打ちした際に洗脳をかけ、「トランスフォーマーを滅ぼされたくなければ、私に従って惑星サイバトロンを蘇らせろ」とオプティマス・プライムに命じた。

その頃、バンブルビーとハウンドと共に帰路につくケイドは、自分の車の助手席にメダルが置いてあることに気づく。それはケイドがスティールベインを治療しようとした際、スティールベインがケイドに託そうとしていたメダルだ。
だが、それは貰わないと拒否したはず、それが何故こんなところにあるのかケイドは不思議に思う。

場面は変わってイギリスのフォルガン城では、そこに住むイギリスの貴族・第12代フォルガン伯爵こと「エドモンド・バートン」は、「コグマン」というトランスフォーマーと一緒に、1,600年も待ち望んでいた「騎士によってメダルを持つ者が選ばれた」ことを喜び合う。
そう、ケイドは騎士のスティールベインにメダルを持つことを許された、大事な存在だったのだ。

オックスフォード大学の教授「ヴィヴィアン・ウェンブリー」は、生徒たちにアーサー王伝説について講義をし、最後に「絶望の中にあっても、勇敢なる魂を持つヒーローがいると信じたいから、この伝説は語り継がれているのだ」と告げる。
その様子をこっそり見ていたエドモンドは、大学の敷地内に停められたヴィヴィアンの愛車「シトロエン・DS」にトランスフォームしていた「ホットロッド」にこう語りかける。「この世の終わりが近づいている」と…。

オプティマス・プライムはクインテッサに、「自分を裏切った12人の騎士(アイアコンの騎士の事)に奪われ、マーリンに託されてしまった自分の杖を取り返して来い」と命じられ、地球へ帰還していく。

サウスダコタ州バットランズに、車のスクラップ工場を営むケイドは、バンブルビーとハウンドと一緒にその工場兼自宅へ帰ってきた。そこにはオートボットの「バンブルビー」「ハウンド」「ドリフト」「クロスヘアーズ」「ホィーリー」、そして騎士団ダイノボットの首領「グリムロック」と「ミニダイノボット」を匿いながら一緒に暮らしていた。
バイトで雇ったジミーがケイドに仕事への不満を訴える中、そこへ廃品を満載した「メルセデスベンツ1924 トラック」からトランスフォームしたオートボット「ディトレーダー」が現れる。ディトレーダーはハウンドたちと嫌味を言い合いながら、集めてきたディセプティコンの「スタースクリーム」の頭と廃品をケイドに売って、その場を立ち去っていった。

ケイドに「一緒にメガトロンたちと戦いたい」と懇願するイザベラ

するとそこへ、実はケイドの車の荷台に乗り込んでいたイザベラとスクィークスが、ケイドたちの前へ現れる。
イザベラはケイドに、「一緒にメガトロンたちと戦いたい(イザベラの両親の仇であるため)」「帰る場所も行く場所もないから、ここへ住まわせてほしい」と懇願する。

最初は渋ったケイドだったが、イザベラがトランスフォーマーの修理ができると聞いて、機械修理の手伝いとして雇い、ここに住まわせることにした。

西アフリカ・ナミビアや中国北部、ヨルダンなどの6ヶ所に、突如謎の6つの角が現れる。この6つの角の存在を知った元セクター7の「シーモア・ルーサーフォード・シモンズ」と、同じくその存在を知っているエドモンドは、「この6つの角は、もしかしたら惑星サイバトロンが近づいてきている前兆かもしれない」ということにそれぞれ気づく。
その頃ワシントンD.Cでは、6つの角の出現に気づいた天文学者が、「3日後に地球は滅びてしまうかもしれない」と閣僚へ訴えていた。

バーサーカーが解放されないことに怒るメガトロンと、それと対峙するレノックス

一方アメリカ国防総省では、早速TRFに接触してきたメガトロンが捕らえた人間の人質と、TRFに捕まったディセプティコン「モホーク」「ドレッドボット」「ニトロ・ゼウス」「バーサーカー」「オンスロート」の交換を申し込んできた。
このメガトロンの要求に、TRFのレノックスとモーシャワー将軍は、外に出すのが一番危険なバーサーカー以外のディセプティコンを解放することにした。そして、レノックスたちはメガトロンたちが、ケイドが持つメダルを探していることを逆手にとり、自分たちがケイドとオートボットたちを捜索していることに利用しようと企む。

ディトレードが持ってきた廃品で、ケイドとイザベラはバンブルビーの声を修理していた。TRFはバンブルビーにつけた追跡装置を使い、ケイドたちの居場所を探し当ててメガトロンたちにその情報を提供する。
ケイドの居場所を教えて貰ったメガトロンは、解放されたディセプティコンたちを率いて工場を襲撃しようと動き出す。また、メガトロンたちの動きを監視しているTRFも同時に、工場へ襲撃しようと動き出していた。

バンブルビーの声の修理中だったケイドたち、そこへバンブルビーにつけられた追跡装置の存在に気づいたオートボットたちが、TRFとメガトロンたちがここを襲撃してくると伝える。
いち早くTRFとメガトロンたちの襲来に気づいたケイドたちは、ハウンドとグリムロックがメガトロンたちを足止めし、時間稼ぎをしてくれる間に工場を脱出する。

ケイドたちは近くの街へ逃げ込み、メガトロンたちがここへ辿り着く前に、様々な罠を仕掛けていく。そこへメガトロンたちがやって来て、罠を食らっていく。
だが、両親の仇であるメガトロンが現れたことで、イザベラはスクィークスと共に敵討ちしようと、メガトロンの前へ躍り出てしまう。それに気づいたケイドはバンブルビーたちと共に、イザベラたちに危害が加わる前にメガトロンたちに戦いを仕掛け、モホークとオンスロートを撃破する。

するとそこへ、グリムロックに部下を殺されて怒っているサントスが、TRFの無人機を使ってケイドたちを攻撃しにかかる。ケイドたちは無人機からの襲撃から逃げるため、近場の建物のエレベーターへ避難する。
そのエレベーター内には、「ケイドを迎えに来た」というエドモンドの召使いのオートボット「コグマン」がいた。だが、エレベーターの扉が違う階で再び開いた瞬間、隙間に入り込んだ無人機にケイドが捕まってしまう。

ケイドに一緒に来て欲しいと頼むコグマンと、コグマンを潰そうとするクロスヘアーズ

そんなケイドを救出したコグマンは、彼に「メダルの所有者となったケイドは、重要人物である。その為危険が付き纏ってしまうから、仲間たちと離れて自分と一緒に行こう」と誘う。
突然現れて、大事な仲間であるケイドを連れ去ろうとするコグマンを気に食わないと感じたクロスヘアーズは、コグマンを潰しにかかろうとする。だが、小柄なコグマンの片腕に腕を捻られてしまい、ケイドはその事実にクロスヘアーズ同様驚く。

そして悩んだ末、ケイドはクロスヘアーズたちに、新たに家族の一員となったイザベラたちを預けることにした。ケイドはコグマンと共にイギリスへ向かい、それを知ったメガトロンたちもケイドを追いかけてイギリスへ旅立っていった。
メガトロンたちがイギリスへ旅立ったのを、衛星カメラで捉えたレノックスたちもイギリスへと向かう。

キューバで唯一、トランスフォーマーが匿ってもらえる住居に住んでいたシモンズは、エドモンドに連絡を取り、図書館にあるトランスフォーマーに関する古文書を探せと伝えていた。

ケイドたちやメガトロンたち、TRFが向かうイギリスでは、ヴィヴィアンが実家に住む母親や親戚たちに結婚相手を探すよう、急かされていた。
それに飽き飽きしていたヴィヴィアンは愛車へと逃げ込むと、エドモンドが忍ばせていた招待状を見つける。それを不思議がるヴィヴィアンは、突如動き出した「ホット・ロッド」によってエドモンドが待つフォルガン城へ無理矢理連れて行かれてしまう。

コグマンの案内により、先にフォルガン城へ辿り着いたケイドとバンブルビーは、軍帽を被った古参のトランスフォーマー「ブルドッグ」とエドモンドに出迎えられていた。ケイドはエドモンドに、「何故、トランスフォーマーたちが次々と地球へやって来るのか、知りたくないか」と言われた。

あらすじ【転】

ケイドと一緒に、エドモンドとコグマンからフォルガン城内を案内されるヴィヴィアン

エドモンドはコグマンと共に、ケイドと遅れて来たヴィヴィアンを城内へ案内する。
エドモンドは城内を歩きながら、ヴィヴィアンとケイドに「自分は、古くから地球の歴史に関わってきたトランスフォーマーたちの協力者”ウィトウィック騎士団”の1人であること」「ホットロッドはウィトウィック騎士団のメンバーだったヴィヴィアンの父親に、ヴィヴィアンを守ると誓い、今までヴィヴィアンの愛車として傍で護り続けてきた」ことを明かした。

トランスフォーマーの秘密を代々守り続けてきたウィトウィック騎士団には、歴史的発明家や冒険家などが所属していた。その肖像画の中には、サム・ウィトウィッキーやアーチボルト・ウィトウィッキーの写真も飾られていた。

エドモンドは、第二次世界大戦にバンブルビーやホットロッドも関わっていたことも話す。そして、全ての始まりであるアーサー王と円卓の騎士たちが戦った時代、そこにアーサー王たちと共に戦った惑星サイバトロンの12人の騎士たち(アイアコンの騎士の事)もいたことも話す。

そしてエドモンドは、アーサー王の鎧に刻まれた紋章があるメダルの所有者となったケイドは、「世界が生まれ変わる最後の騎士」に選ばれたことも伝える。

ケイドはエドモンドが話す、「清き心・勇気・誇り・誠実さ・貞淑であること」という騎士の資質にも該当していた。惑星サイバトロンから来た円卓に刻まれた文字を解読したエドモンドは、マーリンの杖がメガトロンたちの手に渡る前に、マーリンの末裔であるヴィヴィアンにその杖を探してほしいと頼む。

エドモンドたちがその話をしていると、ケイドとバンブルビーを追ってきたTRFがフォルガン城へ襲撃してくる。これを命からがら逃れたケイドたちは二手に分かれ、エドモンドとコグマンはシモンズが指定する図書館へ、ケイドたちとヴィヴィアンは彼女の父親の書斎へ向かう。

エドモンドに図書館にある古文書について連絡を取っていたシモンズは、古文書がどこの本棚にあるか知りたければ自分をウィトウィック騎士団へ入れろと要求する。最初は渋っていたエドモンドは、早急に古文書の在り処を知りたかったため、シモンズの要求をのむことにした。

シモンズからの情報で古文書を見つけ出したエドモンドは、地球が別名「ユニクロン」と呼ばれていた時代、荒ぶる女神「クインテッサ」が杖を求めて地球を滅ぼしに来るという文章を見つける。そして、「1つの大陸であった時の6つの地に、角が落ちた。その角の場所を円で描き、円の中央にあるストーンヘンジに秘密が隠されている」ことを知る。

その頃、ヴィヴィアンたちは書斎に残されていた亡き父からのメッセージをヒントに、「海軍博物館に展示されている”アライアンス号”に杖がある」という情報を得ていた。それをエドモンドたちに教えた後、ケイドたちはヴィヴィアンの家を出て、TRFやメガトロンたち追っ手を撒きながら、海軍博物館へ向かっていく。

エドモンドとコグマンも自分たちが乗ってきた車を囮にするため、別の車に乗り換えて派手なカーチェイスを繰り広げ、TRFの追手を撒きながら海軍博物館へ向かう。ケイドたちより先に到着したエドモンドは、海軍博物館に展示されていたアライアンス号を無理矢理買い取り、見物客をつまみ出してケイドたちを招き入れる。

アライアンス号に乗って、杖を探しに行くケイド・ヴィヴィアン・コグマン

エドモンドはマーリンの杖を探せるヴィヴィアンと、最後の騎士であるケイドの事をコグマンに託し、自分は別の任務があるからと言ってその場を立ち去る。

ケイドたちはバンブルビーを乗せた後、起動したアライアンス号を潜水させ、杖を探す航海に出る。その間エドモンドは、秘密の抜け道を使ってイギリス首相に会いに行き、「英国軍をストーンヘンジに向かわせろ」と直談判する。

ケイドたちは、自分たちを追ってきたTRFの原子力潜水艦からの襲撃を何とか躱しながら、先へと進んでいく。すると目の前に、巨大な宇宙船が出現した。

巨大な宇宙船は、ケイドの腕についたメダルに反応し、アライアンス号を船内へ迎え入れる。それを見たレノックスたちが乗る潜水艦も、宇宙船に空いた穴から船内へと侵入し、ケイドたちを捜索していく。

一方、TRFとメガトロンたちを退かせたハウンドたちとイザベラは、空を見上げた時に月が2つある異常を見つける。イザベラたちがその後見たニュース映像には、惑星サイバトロンが地球へ接近してくるせいで12時間後に地球が滅びるかもしれないことが報じられていた。

ケイドたちが危ない、そう思ったハウンドたちも自分たちが持つ宇宙船に乗って、ケイドたちが向かったと言っていたイギリスへ向かう。

ケイドとヴィヴィアン、コグマン、バンブルビーは船内を歩いていくと、騎士たちが守るマーリンの棺を見つける。棺の中にはマーリンの遺体と、マーリンが抱いている木の棒しかなく、杖じゃないのかとケイドたちは嘆く。
絶望したケイドは、必死に杖を探し回った結果、ケイドを墓荒らしと認識したアイアコンの騎士「スカリトロン」を眠りから目覚めさせてしまう。そして運が悪いことに、レノックスたちもその場に駆けつけ、ケイドたちはレノックスたちとスカリトロンに襲われてしまう。

だが、ヴィヴィアンがその棒に触れた瞬間、マーリンの末裔だからか、木の棒はみるみるうちにマーリンの杖へと変わっていった。

ヴィヴィアンは恐らく自分にしか扱えないマーリンの杖を盾に、レノックスたちとスカリトロンを退かせようとする。躊躇したスカリトロンは、突如現れたオプティマス・プライムに襲われてしまう。
オプティマス・プライムがクインテッサに洗脳されたと知らないケイドとバンブルビーは、自分たちの事が分からなくなってしまっているオプティマス・プライムに困惑する。そんなケイドたちに、オプティマス・プライムは杖を奪うために襲い掛かる。

あらすじ【結】

masayuka31
masayuka31
@masayuka31

Related Articles関連記事

トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン(映画)のネタバレ解説まとめ

『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』とは、2011年に公開されたアメリカ合衆国のSFアクション映画。実写映画『トランスフォーマー』シリーズの3作目であり、シリーズ第1部の完結編である。トランスフォーマーたちが住む惑星サイバトロンにて、金属に生命を吹き込むオールスパークを巡った戦いが繰り広げられる中、一隻の宇宙船が脱出した。月面到達が達成されたアポロ計画には、月に墜落したその宇宙船に関する、ある陰謀が隠されていたことが明らかになっていく。

Read Article

NEW

トランスフォーマー/リベンジ(映画)のネタバレ解説まとめ

『トランスフォーマー/リベンジ』とは、2009年に公開されたアメリカ合衆国のSFアクション映画。マイケル・ベイ監督が手掛ける実写映画『トランスフォーマー』シリーズの2作目であり、『トランスフォーマー』の続編でもある。前作でのミッション・シティでの戦いから2年後、オプティマス・プライム率いる「オートボット」は地球を新たな故郷として集結し、アメリカ軍と協力して、地球に潜む「ディセプティコン」を殲滅しようと活動していた。上海で倒したデモリッシャーは、死に際に謎の言葉を残していく。

Read Article

トランスフォーマー/ロストエイジ(映画)のネタバレ解説まとめ

『トランスフォーマー/ロストエイジ』とは、2014年に公開されたアメリカ合衆国のSFアクション映画。実写映画『トランスフォーマー』シリーズの4作目であり、前作『トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン』から5年後を描いた作品でもある。シカゴ惨劇から5年後、オートボットを排除しようとする組織によって、オートボットたちが次々と消されていってしまう。そんな中、廃品回収業を営む発明家・ケイドは、映画館の中で眠っていたオプティマス・プライムと出会い、戦いに巻き込まれていく。

Read Article

トランスフォーマー(映画)のネタバレ解説まとめ

トランスフォーマー(Transformers)とは2007年に公開された、変形するロボットをテーマにした玩具等の実写版アクション映画。監督はマイケル・ベイ、制作総指揮はスティーヴン・スピルバーグ。 主人公サムはある日、変形するパトカーに襲われるが、その窮地を救ったのは変形する愛車だった。サムは知らないうちにある種族の戦争に巻き込まれようとしていた。

Read Article

バンブルビー(映画)のネタバレ解説まとめ

『バンブルビー』とは、アメリカで2018年12月に公開されたSFアクション映画。映画『トランスフォーマー』シリーズの登場人物であるバンブルビーを主人公にしたスピンオフ作品でもある。映画シリーズ第1作目の『トランスフォーマー』より20年前、惑星サイバトロンで正義のトランスフォーマー”オートボット”は、悪のトランスフォーマー”ディセプティコン”がオールスパークを巡って戦うが、劣勢に立たされる。そこでリーダーのオプティマス・プライムは、バンブルビーに新たな拠点と定めた地球を守るように命じる。

Read Article

プラダを着た悪魔(The Devil Wears Prada)のネタバレ解説まとめ

『プラダを着た悪魔』とは、2006年の公開から時間が経ってもなお人気を得ているアメリカ映画である。名門大学を卒業後、アンドレア・サックスはジャーナリストになることを夢見て田舎町からニューヨークへと移ったが、何故か超人気ファッション誌『ランウェイ』の悪魔のような編集長ミランダ・プリーストリーのアシスタント職に配属されてしまう。ファッションとは無縁だったアンドレアであったが、本来の彼女の夢をかなえるためにミランダの無謀な要求を乗り越え、ファッション業界とアシスタントの仕事の魅力に気付き始める。

Read Article

映画監督マイケル・ベイ、独特の撮影テクニックと作品に対する評価

「マイケル・ベイ」とは、映画『バッドボーイズ』『ザ・ロック』『アルマゲドン』『トランスフォーマー』シリーズなどの監督であり、いずれもメガヒットを記録している。 彼の撮影テクニックは特徴的であるが、映画評論家からは少なからず批判を受けてもいる。 監督のこだわり、作品の特徴、撮影テクニック、評論家からの評価が低い理由について解説。

Read Article

目次 - Contents