ブレードランナー(Blade Runner)のネタバレ解説まとめ

『ブレードランナー』とは、フィリップ・K・ディック作のSF小説「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」の映画化作品。1982年公開。
レプリカントと呼ばれる、人間と区別がつきにくい人造人間6名が火星から地球へと逃亡してくるのをきっかけに、主人公リック・デッカードがレプリカント狩りのため復職につく。すべてのレプリカントを狩れるのか。人間と機械の違いとは何か。SF映画「禁断の惑星」や「メトロポリス」に次ぐSF映画の金字塔。

『ブレードランナー』の概要

『ブレードランナー』とは、アップルコンピュータのCM「1984」や、H・R・ギーガーがデザインを担当した「エイリアン」で有名なリドリー・スコットが監督を務めたSF映画。SF映画としても、フィルムノワールとしても有名で、劇場公開版、ディレクターズカット版、ファイナルカット版など数々のバージョンがある。
工業デザイナーとして参加したシド・ミードが描いた未来世界や車などは当時斬新で、その後のSF映画の未来像にも多大な影響を与える。製作費2800万ドル、興行収入3286万8943ドル(US)。
原作は映画化した本作品以降「トータル・リコール」「スクリーマーズ」「クローン」「ペイチェック」「マイノリティーリポート」「ネクスト」「スキャナーダークリー」「アジャストメント」で有名なSF小説作家フィリップKディック。彼の作品は数々のSF映画に影響を与え続けている。
2017年、続編の「ブレードランナー 2049」が公開される。

21世紀初頭、タイレルしゃは遺伝子工学の発達により、人造人間・レプリカントを作り出す。地球は環境汚染が進み、人類のほとんどは宇宙の植民地(オフワールド)に移住していた。レプリカントは知能の高さや、運動能力を活かし、前線で戦闘や宇宙開拓を行なっていた。それから数年後、過酷な環境にいたレプリカントに感情が芽生える。レプリカントたちは人間に反旗を翻した。その事態に対し、レプリカントを「解任(射殺)」する「ブレイドランナー」が動き出す。

『ブレードランナー』のあらすじ・ストーリー

タイレル社は遺伝子工学技術の進歩により、人造人間『レプリカント』を開発した。レプリカント「ネクサス6型」はほとんど人間と区別がつかないほどで、特殊な検査でしか判別できない。
レプリカントたちは火星で重労働を強いられていた。製造から数年が経った頃、ある日突然レプリカントに感情が芽生える。レプリカントたちは反乱の意思を示す。それ以降、最新のレプリカント「ネクサス6型」には4年の寿命が与えられた。しかしレプリカントたちは自我を持ち、人間社会に紛れ込もうとする者が絶えなかった。そこで、人間社会に紛れ込んだレプリカントを処刑する「ブレイドランナー」が動き出す。

2019年の11月。オフワールドで反乱を起こしたネクサス6型のレプリカントたちは、人間を殺した挙句に、宇宙船を奪って地球へ戻り、人間社会へと紛れ込んだ。男女のレプリカント『ロイ・バッティ』『リオン』『ゾーラ』『プリス』はタイレル社へと侵入し、自分の身分を書き換えた。人間との見分けがつかないレプリカントは、社内の人間でも見分けることができなかった。ブレードランナーである『ホールデン』がレプリカントを処分するために捜査に入るが、リオンによって返り討ちにあい、負傷してしまう。そこでブレードランナーをすでに退職していたリック・デッカードが呼び戻されることとなった。
デッカードは情報を得るためタイレル社の社長でもあるエルドン・タイレル博士に会いに行く。博士の秘書と会った際、レプリカントと人間を判別するテストを秘書のレイチェルにかけると、彼女がレプリカントだとわかる。レイチェルは自分のことを人間だと思っていた。真実を知って動揺するレイチェルを慰めるデッカードは、次第に彼女に惹かれていく。

歓楽街でゾーラを見つけたデッカードは、逃げるゾーラを後ろから撃って処刑する。すると現場に、警部であり、ブレードランナーを統括するハリー・ブライアントと、刑事であるガフが姿を表す。ブライアントはレイチェルがタイレル博士の元から脱走したことを告げ、デッカードに処分するように命じた。その直後、デッカードはリオンに襲撃され、ピンチに陥る。そんなデッカードを救ったのはレイチェルであった。リオンは駆けつけたレイチェルによって射殺された。レイチェルを自宅へ誘ったデッカード。レイチェルは自身を処分するのか、デッカードに問う。デッカードは「自分はやらないが、他の誰かがやる」と返した。レイチェルはその答えに怯える。デッカードはそんなレイチェルを抱き寄せ、熱いキスを交した。

レプリカントのリーダー・バッティは4年という定められた寿命を延ばすためにタイレル社の技師J・F・セバスチャンに近づき、本社ビルにいるタイレル博士と会う。しかし、博士の答えは、寿命を延ばすことは技術的に不可能というものだった。断られたバッティは逆上し、タイレル博士とセバスチャンを殺害して逃走する。

その知らせを聞いたデッカードは、セバスチャンの高層アパートを訪れる。そこでプリスを見つけ、デッカードは射殺する。するとそこにバッティが現れ、戦闘を始める。しかしバッティの戦闘能力は高く、デッカードは屋上へと追い詰められる。デッカードは隣のビルへと飛び移ろうするが、誤って転落しそうになる。そんなデッカードを救ったのは、バッティであった。バッティは自分の寿命を悟り、デッカードを救って微笑みながらその最後を終えたのだった。

デッカードはレイチェルにの寿命が尽きているのではないか、と考え、自宅へと走った。しかし、レイチェルの寿命はまだ尽きてはいなかった。バッティに救われたことでレプリカントに人間性を見出したデッカードは、残り少ない命のレイチェルを連れて旅立った。

『ブレードランナー』の登場人物・キャラクター

リック・デッカード(演:ハリソン・フォード)

本作の主人公。地球に紛れ込んだ人造人間レプリカントを探し出し、処刑するブレードランナー。
コートを着て、デッカードブラスターという武器を持ち、スピナーと呼ばれる空飛ぶ車両に乗り込み、レプリカントたちを追う。
フォークトカンプフ法と呼ばれるテスト方法で人間かレプリカントかを判別し、レプリカントだった場合処刑する。
ジョニーウォーカーのブラックラベルを飲む。
レプリカントのリーダー・バッティに追われ命を落としそうになるが、逆にバッティに救われレプリカントに人間性を見つける。

ロイ・バッティ(演:ルトガー・ハウアー)

俺は、お前たちが想像もできないものを見てきた。オリオン座の近くで燃える宇宙船、タンホイザー・ゲートの闇に輝くオーロラ。だが、そんな思い出も消えていく。雨の中の涙のように…。

レプリカントのリーダーで戦闘用男形レプリカント。
力が強く、素早い体を持ったレプリカントで、デッカードを追い詰める。
寿命を延ばしてもらうためにセバスチャンに近づきタイレル博士に会うが、その願いは技術的に叶えられるものではなかった。逆上したバッティは、セバスチャンとタイレル博士を殺害して逃走する。
デッカードとの戦闘中、自身の寿命が近いことを悟り、ビルから落ちそうなデッカードを助けてその最後を終えた。

レイチェル(演:ショーン・ヤング)

本作のヒロインで、タイレル社で博士の秘書をやっている。
タイレル社にやってきたデッカードからフォークトカンプフ法のテストを受け、自分がレプリカントだということを知る。
デッカードのピンチを救い、リオンを射殺した。その後、デッカードと心を通わせ、残り少ない寿命で共に旅に出た。

J・F・セバスチャン(演:ウィリアム・サンダーソン)

タイレル社の技師で、タイレル社長のチェス仲間。
バッティをタイレル博士のもとへ連れて行くが、寿命を延ばすことができないと知って逆上するバッティに殺害された。

エルドン・タイレル博士(演:ジョー・ターケル)

タイレル社の社長であり、レプリカントを生んだ科学者。バッティから寿命を延ばしてくれと頼まれるが、技術的に不可能と断った結果、バッティに殺される。

スシバーの店主

二つで十分ですよ!!

下町のスシ・バーの主人
デッカードに、あるメニューを四つ頼まれ「二つで十分ですよ」とアドバイスする。

『ブレードランナー』の名言・名セリフ/名シーン・名場面

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

スター・ウォーズ エピソード5 帝国の逆襲(映画)のネタバレ解説まとめ

『スター・ウォーズ エピソード5 帝国の逆襲』とは、1980年製作のアメリカ映画。日本公開も同じく、1980年の6月。前作の大ヒットを受けて作られたシリーズ2作目で、9部作からなるスター・ウォーズサーガの5番目の物語に当たる。凶悪な銀河帝国が反乱軍への攻勢を強める中、故郷を出て反乱軍の一員となった青年ルーク・スカイウォーカーが、自らの思いがけない運命に直面するまでを描く。

Read Article

オデッセイ(The Martian)のネタバレ解説まとめ

『オデッセイ』は、2015年にリドリー・スコットが監督を務めたアメリカ映画。原作は2011年に出版されたアンデイ・ウィアーのヒット小説『火星の人』。 過酷な状況に置かれながらも人間性を失わず、生存の危機に立ち向かう宇宙飛行士。そして、彼を助けようと奮闘する人々を描いた。NASAが全面的に協力し、惑星科学部門の責任者、ジェームズ・グリーンが科学技術面のアドバイザーとして雇用されている。

Read Article

スター・ウォーズ エピソード6 ジェダイの帰還(Star Wars: Episode VI Return of the Jedi)のネタバレ解説まとめ

『スター・ウォーズ エピソード6 ジェダイの復讐』とは、1983年製作のアメリカ映画。日本公開も同じく1983年の7月。凶悪な銀河帝国が再び建設を始めた究極兵器・第2デス・スターの脅威に、帝国の支配に反旗を翻した反乱軍が立ち向かい、ジェダイの騎士の血を受け継いだ青年ルーク・スカイウォーカーらの活躍により、銀河帝国と、帝国皇帝の野望を打ち破り、再び銀河系に平和を取り戻すまでを描く。

Read Article

ブラック・レイン(Black Rain)のネタバレ解説まとめ

『ブラック・レイン』とは、1989年公開のアメリカ映画。リドリー・スコット監督によるポリス・アクション・ムービー。マイケル・ダグラス、アンディ・ガルシア、高倉健、松田優作といった豪華な日米キャストの共演や、大阪での長期にわたるロケーション撮影が話題となった。ニューヨークで逮捕した男を日本に護送した2人の米国の刑事が、日本の警察と文化やスタイルの違いから対立しながらもお互い協力してヤクザと戦う物語を、大阪の街を舞台に描く。

Read Article

スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望(Star Wars: Episode IV A New Hope)のネタバレ解説まとめ

『スター・ウォーズ エピソード4 新たなる希望』とは、1977年(日本では1978年)に公開されたジョージ・ルーカス監督によるアメリカ映画。SFブームを巻き起こしたスター・ウォーズシリーズでは第1作目であり、旧三部作(エピソード4~6)の第1章である。時系列でいうと新三部作(エピソード1~3)の後の時代。遠い昔、はるか彼方の銀河系で主人公であるルーク・スカイウォーカーを中心に、かつての平和を取り戻すべくシスの暗黒卿へ立ち向かう。

Read Article

スター・ウォーズ エピソード7 フォースの覚醒(Star Wars: Episode VII The Force Awakens)のネタバレ解説まとめ

『スター・ウォーズ エピソード7 フォースの覚醒』とは、2015年製作のアメリカ映画。日本公開も同じく2015年12月。全9部作からなるスター・ウォーズサーガの、7番目の物語に当たる。凶悪な銀河帝国の衰退後、平和な時代の続いていた銀河新共和国時代に、新たな脅威ファースト・オーダーが出現。この脅威に対抗すべく立ち上がった、レジスタンスたちの活躍を描く。

Read Article

スター・ウォーズ エピソード8 最後のジェダイ(Star Wars: Episode VIII The Last Jedi)のネタバレ解説まとめ

『スター・ウォーズ エピソード8 最後のジェダイ』とは、2017年製作のアメリカ映画。日本公開も同じく2017年の12月。全9部作からなるスター・ウォーズサーガの、8番目の物語になる。前作「フォースの覚醒」で銀河新共和国を壊滅させたものの、拠点であるスターキラー基地をレジスタンスにより破壊されてしまった、ファースト・オーダーの猛反撃が始まった。この恐るべき猛攻に対抗する、レジスタンスたちの決死の攻防を描く。

Read Article

目次 - Contents