ジェイソン・ボーン(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ジェイソン・ボーン』とは『ボーンシリーズ』の5作目で、2016年公開のサスペンス・アクション映画。記憶を失くした元CIAトップ工作員ジェイソン・ボーンが、CIAの極秘計画を暴いてから9年後。地下格闘技で生計を立てていたボーンの元に、彼の過去に関する新たな事実や極秘作戦を探り当てたかつての協力者ニッキーが現れる。情報の暴露を恐れたCIAに襲われる2人。一方CIAの女性捜査官ヘザーは愛国心のあるボーンを復帰させようとする。スリリングな展開、ラスベガスでのシリーズ屈指の激しいカーチェイスは必見。

『ジェイソン・ボーン』の概要

『ジェイソン・ボーン』とは、『ボーンシリーズ』の5作目で、2016年に公開されたサスペンス・アクション映画。キャラクター原案はロバート・ラドラムの小説の『暗殺者』シリーズ。映画の『ボーンシリーズ』は全5作で、1作目は『ボーン・アイデンティティー』、2作目が『ボーン・スプレマシー』、3作目は『ボーン・アルティメイタム』で、4作目は『ボーン・レガシー』となる。シリーズのうち『ボーン・レガシー』のみ主人公が異なり、時系列で『ボーン・スプレマシー』と『ボーン・アルティメイタム』の間のスピンオフ的作品となっている。
本作の監督は2作目、3作目の監督であるポール・グリーングラスが担当。グリーングラスは1972年の北アイルランドで起きた「血の日曜日」事件を描いた社会派ドラマ『ブラディ・サンデー』で、2002年ベルリン国際映画祭金熊賞の受賞歴がある。主人公ジェイソン・ボーンを『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』、『オデッセイ』、『フォードvsフェラーリ』などのマット・デイモン、元CIA職員で彼に協力し陰謀を暴くニッキー・パーソンズを『ボーンシリーズ』の1、2、3作目に出演していたジュリア・スタイルズが続投。さらに、彼を追うCIAの女性捜査官を『エクス・マキナ』『リリーのすべて』のアリシア・ヴィキャンデル、CIA長官を『逃亡者』『告発のとき』のトミー・リー・ジョーンズなどが出演。
グリーングラス監督は、今までの作品同様、手持ちカメラを用いた撮影を行い、沢山の短いカットを繋ぐ編集をしている。その場にいる人間の視線の落ち着かない動きを想定したドキュメンタリー的な演出方法により、観客がその場にいるかのように感じるのだ。またアクションシーンも普通のスピードで撮影したものを、細かなカット割りによって素早く見せているのだ。『ボーンシリーズ』が映画界に与えた影響は大きく、社会派映画のアクション演出、実話系、アクション系、サスペンス系もドキュメンタリー・テイストを意識するようになったと言われる。

記憶喪失となったCIAの極秘作戦「トレッドストーン」の元トップ工作員だったジェイソン・ボーンは、自分が何者なのか探り続け、とうとうすべての過去を思い出した。
それから9年後、ボーンは地下格闘技の世界で生計を立てていた。彼の過去に関する新たな事実や極秘作戦を探り当てたかつての協力者ニッキーが現れる。2人は情報の暴露を恐れたCIAに襲われ、ニッキーが射殺される。ボーンはニッキーの情報を元にすべてを解明するために再び動き出した。ボーンを追うCIAの女性捜査官ヘザー・リーは彼がまだ愛国心をもっているとし、ボーンをCIAに復帰させることを提案。ボーンは手掛かりから元CIA職員のマルコムを問い詰め、ボーンの父親が「トレッドストーン」の立案者だったことを知る。しかし、息子が計画に参加することを知り、息子を守るために「トレッドストーン」を暴露しようとしたため殺されたことを知った。
リーからCIA長官の新しい計画「アイアンハンド」について伝えられたボーンは長官と対峙し、CIAに戻って来いと言われるが断る。ボーンは長官に殺されそうになるが現れたリーが長官を射殺。逃げたボーンは暗殺者のアセットとラスベガスの街を破壊するカーチェイスの後、彼を倒した。リーはボーンにCIAに戻るよう勧めるが、ボーンは考えてみるとだけ答える。リーが車に戻ると、リーがボーンをCIAに引き戻すことに失敗した場合はボーンを始末すると話している会話を録音したビデオカメラがボーンによって置かれていた。

『ジェイソン・ボーン』のあらすじ・ストーリー

前作までのあらすじ

出典: www.cinemacafe.net

暗殺者に狙われているニッキーを追うボーン(画像中央)(画像は『ボーン・アルティメイタム』より)

CIAの極秘作戦「トレッドストーン」の元トップ工作員だったジェイソン・ボーンは暗殺任務失敗が原因で記憶を失い、CIAに追われる身となった。逃亡途中で知り合ったマリーと恋に落ち共に暮らしていたボーンだが、またもや追手が現れマリーが殺される。ボーンはなぜ自分を狙うのか知るため、CIAの情報を探るなか、関係者のアボットと話し、自らの最初の任務の記憶を取り戻す。さらに真相を探るため関係者に近づいたボーンは元「トレッドストーン」の管理担当のCIA職員ニッキーと再び出会う。ボーンに協力したニッキーも暗殺者に追われ、CIAを離れ逃亡。手掛かりから突き止めた「トレッドストーン」の訓練発案者のハーシュ博士と話したボーンは、自分がジェイソン・ボーンとなった経緯を思い出す。追手から逃げるため、ボーンは10階建てのビル屋上から川に飛び込み逃走。非人道的な極秘作戦を許せないCIAの女性捜査官パメラはボーンに協力しボーンの本名も彼に伝えた。ボーンから「トレッドストーン」やそのバージョンアップ版の極秘作戦「ブラックブライアー」の極秘資料を託されたパメラはこれらを世間に公表し、関係者は逮捕された。

CIAの前から姿を消して9年後のボーンとニッキー

出典: loveactors.exblog.jp

地下格闘技の試合に臨むボーン(画像中央右)

ハーシュ博士と話し、逃亡してから9年後。ボーンはギリシャとアルバニアの国境にあるツァマンタスで、地下格闘技の世界に身を置き、生計を立てていた。

アイスランドのレイキャビクにあるハッカー集団の拠点では、反政府活動を行っているハッカーのディソルトに拠点利用の予約をしてもらったニッキーが拠点に入った。ニッキーは古いPCデュブナ48Kでハッキングを開始した。

バージニア州のCIA本部では、女性捜査官ヘザー・リーが国家情報長官エドウィン・ラッセルとCIA長官エドバート・デューイの顔写真の載った「CIAへの信頼失墜。上院委員会が調査のメス」というワシントン・ポスト紙の記事を見て、その記事による影響を予測していた。そこに、以前CIAが使っており壊されたはずの古いPCによるハッキングの情報が入り、リーは部下にハッキング元を突き止め、その場所への送電を止めるよう指示する。ニッキーはCIAのメインサーバーにハッキングし、「トレッドストーン」の資料の中にあるリチャード・ウェッブ分析員のファイルを見て、その息子がボーンの本名デビッド・ウェッブであることを知る。CIAではアイスランドのレイキャビクにあるハッカー基地がハッキング元とすぐに判明し、リーはハッキングしたパソコンへ追尾ソフトを送り込んだ上で送電を停止。停電となったハッカー基地ではニッキーが使用したパソコンに火をつけ、その場を後にした。

CIA長官のデューイにそのハッキング情報はすぐ報告され、デューイはすぐに関係者を集めるよう指示した。また、シリコンバレーにあるディープドリーム社の創設者で会長のアーロン・カルーアにもハッキング情報が報告された。カルーアはハッキングの内容や状況について知りたいため、デューイに連絡するよう部下に指示した。CIAのシステムにはカルーアが関与していたのだ。

ハッキング犯を突き止め追跡するリー

出典: www.pinterest.jp

ハッキングの件を担当させてほしいとデューイ(画像右)に申し出るリー(画像左)

CIA本部ではリーがデュブナ48Kの使用者履歴を調べていた。デュブナ48Kはディソルトの元にいるハンドルネームがナイトライダーという30代前半の女性に使用されていた。アイスランド入国者から該当する人物を調べ、監視カメラ映像から一人一人顔写真とチェックしたリーは、入国者の中に元CIA局員の「トレッドストーン」担当でジェイソン・ボーンの関係者であるニッキー・パーソンズを見つけ、彼女がナイトライダーだと確信する。

デューイがラッセルなど関係者を集めた会議室に入室したリーは、判明したナイトライダーというハッカーがニッキーだと報告する。リーがハッキングされた情報は機密作戦「トレッドストーン」「アイアンハンド」であることを説明すると、ラッセルは「アイアンハンド」はまだ実行されていない作戦だと言う。デューイがニッキーの居場所を訊くと、リーは「彼女はレイキャビクからアテネへ移動中で、誰かと会う予定のようだ」と報告する。ラッセルが対処について尋ねると、デューイは「彼女を消す」と言う。それを聞いたリーは自分に担当させてほしいと進言するが、デューイに「君はまだ未熟だ」と却下される。しかしリーは「ニッキーのファイルに追尾ソフトをセットしました。自信をもって流出情報を回収し、ニッキーとボーンの身柄を確保します」と言い、デューイにこの件の采配を任されることとなった。リーはデューイに「必要なスタッフと手段を与えるから、すべてを自分に報告するように」と告げられる。
その後デューイは、イタリアのローマにいるCIA工作員のアセットに、今の仕事を終え、ボーンのいるアテネに向かうよう指示した。

ニッキーとの再会で知った「トレッドストーン」への父親の関与

出典: getnews.jp

移動しながら話をするボーン(画像左)とニッキー(画像右)

ギリシャのアテネにある地下格闘技施設では、ボーンが格闘していた。苦しそうなボーンは劣勢だったが、群衆の中にニッキーの姿を見てとると、相手をすぐに倒した。自分の荷物置き場に「1時間後にシンタグマ広場のキオスクで」と書かれたメモを見たボーンは荷物を手に取った。

シンタグマ広場ではデモが行われており、群衆で溢れていた。
CIA本部では、リーがアテネの全情報を吸い上げ分析を始めるよう部下に指示し、デューイも部下にニッキーが広場で誰と接触するのか確認するよう指示した。シンタグマ広場では現地局員たちが監視。リーはSNS情報を集めるよう部下に指示し、SNSにアップされた写真や動画からニッキーを捜す。
そんな中、シンタグマ広場にいるニッキーの前にボーンが現れた。「何事だ」と問うボーンに、ニッキーは「ディソルトの指令でCIAの機密作戦ファイルを入手した」と話す。移動しながら話そうというボーン。一方、リーは流れる映像の中からニッキーを見つけ、現地局員に彼女を追うよう指示する。ニッキーは、CIAが「アイアンハンド」という新作戦をまたスタートさせたことを話すが、ボーンは「自分には関係ない。監視網を逃れて生き延びることが先だ」と告げる。ニッキーは「嘘を言わないで。今の自分を見て。いつまで命が持つと?」と言い、続けて、ボーンの父親と「トレッドストーン」の関係について伝えたいことがあると言う。ボーンは「親父は分析員だ。ミッションには無関係だ」と言うが、ニッキーは「ファイルによれば関係がある。あなたは作戦前から監視されていた。あなたは組織での行為を悔い自分を責め続けてきた。でもファイルを読めば奴らに何をされたかが分かる」と言う。そこにやってきた彼らを追う現地局員に気づいたボーンたちは逃げ、ボーンはニッキーに、追手は自分に任せアテナ像のところに行くよう告げる。ボーンの姿を捉えたCIAではデューイが実力行使を許可した。

CIAによるニッキーの射殺

出典: screencrush.com

白バイを奪って逃走するボーン

町がデモの武力行為と対抗する警察で騒ぎとなる中、群衆の間を逃げるボーンをCIAのA班が追うが、すぐに倒される。デューイはB班にニッキーを追うよう指示、ボーンは警察の白バイを奪い逃走する。ニッキーが現地局員に包囲された時、追ってきたボーンがB班を全滅させ、ニッキーを白バイに乗せて逃走する。そこに到着したアセットが2人を追う。リーはアテネ市警察の作戦データと衛生映像を見ながら、ボーンの逃走経路を予測し、アセットに方向を指示する。ボーンの白バイは階段を上がり、アセットは一旦見失うものの、リーの指示で射撃場所に向かう。55秒で広場の西大通りに現れるという指示を受け、ビルの屋上で狙いを定めるアセットの前に、時間通りに2人の乗った白バイが現れた。アセットが撃った弾丸はニッキーの背中に当たり、白バイも転倒し、ボーンも投げ飛ばされた。起き上がったボーンがニッキーを捜すとニッキーは呼吸も荒く道路に仰向けに横たわっていた。リーは市警察のヘリが現場に到着するためすぐに現場から離れるようアセットに指示するが、アセットは動かない。ボーンはニッキーを助けようとするが、息も絶え絶えの彼女に「行って」と言われ、助けに動こうとした瞬間、彼女はアセットに止めを撃たれ息絶えてしまった。

その後、屋上からの離脱指示に従わなかったアセットのことが気がかりなリーは、彼とボーンの関係についてデューイに訊く。デューイは「『ブラックブライアー』をボーンが暴露して作戦の遂行を妨害したため、シリアに潜入していたアセットは捕らえられ拷問を受け、救出に2年かかった」と話す。「ボーンは他の作戦も暴露する気だと?」と訊くリーに「我々を破滅させようとしていることは確かだ」と答えるデューイ。

ボーンは、ニッキーが死に際に彼に向けて放った鍵でコインロッカーを開けた。そこにあった手帳に書いてある暗号からベルリンのディソルトの隠れ家の場所を知ったボーンはそこに向かった。

カルーアを利用しようとするデューイ

出典: twitter.com

カルーア(画像左)と話すデューイ(画像右)

アメリカのワシントンではディープドリーム社のカルーアが聴衆の前で、新しいインターネットのプラットホームについて発表していた。ユーザー数が既に15億人で、監視の目を持たないプラットホームは大拍手で迎えられた。
その後、デューイと会ったカルーアはCIAへのハッキングを自社に対する深刻なリスクと捉えているため、CIAへの協力を降りると告げた。デューイとの関係が明らかになると火の粉を被るとカルーアは言うが、デューイは「敵の動きは巧妙化しており、今のデータ収集では不十分なので君のシステムの裏口を使いたい」と話す。監視の目がなく自由に利用できるはずのプラットホームの情報を、CIAが内密に全て収集したいというのだ。カルーアは「プライバシーは自由の1つで、守るべき自由だ。今まで我慢したがもう降りる。客への裏切りだ」と話す。しかしデューイは「君は危険を感じて不安を隠している。監視ゼロのネットで世界を救う?実は世界の危機を拡大し、国の安全を守ることを困難にしているのだ。君はその責任を追っている。よく考えろ」と言って席を立った。

リーはCIA本部で、「トレッドストーン」のハーシュ博士の分析資料を読んでいた。資料には「ボーンは作戦から離脱し自己と生存理由を見失った。外界に心の平穏を見いだせず転機を迎えている。きっかけを与えれば作戦に復帰するだろう」と書かれていた。

ボーンの居所を突き止めたリー

出典: www.whosdatedwho.com

部屋に帰ってきてボーンを見つけたディソルト

ドイツのベルリンでは、ボーンがディソルトの隠れ家に到着し、部屋の中に潜んでいた。外出から戻ってきたディソルトにポケットの中の物を机の上に全部出させてから、コインロッカーの中にあったUSBメモリを渡し、暗号化されたファイルを開くように言う。
ディソルトがファイルを開けた途端、リーがそのファイルに送り込んでいた追尾ソフトが稼働し、ファイルが開けられた場所が特定された。リーはボーンがベルリンにいることをデューイに報告。現地チームが派遣された。リーはデューイに「我々は間違っているのでは?ボーンの目的は別にあるのではないか」と言うが、デューイは「君は奴を知らない」と言う。

ディソルトの隠れ家では、ディソルトがボーンに手を組まないか持ちかけていた。ボーンが「ブラックブライアー」を暴露したから狙いは同じではないかと言うのだ。腐敗した政府機関を打ち砕くというディソルトの狙いに対し、「俺の狙いは違う」と答えるボーン。開けたファイルの中から「トレッドストーン」のファイルを見つけたボーンはそれを開く。

CIA本部では、監視カメラからディソルトの隠れ家の中が映された映像を入手し、ボーンがパソコンに向かっている姿を捉えた。デューイは「阻止しろ。この情報がネットに上がったら作戦は挫折し、人が死ぬ」と言い、リーが動いた。リーはディソルトの隠れ家にある携帯電話のIPアドレスを特定し、それを使って遠隔操作でファイルを削除すると言うのだ。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

ボーン・アルティメイタム(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ボーン・アルティメイタム』とは『ボーンシリーズ』の3作目で、2007年公開のサスペンス・アクション映画。記憶を失くした元CIAトップ工作員ジェイソン・ボーンは、CIAの極秘計画の暴露記事を書こうとする記者と接触したことで存在が見つかり、またもやCIAに狙われる。その一方、CIA内部の人間と協力し、極秘計画に絡んだ組織の陰謀を暴き、とうとう記憶を取り戻す。その場にいるかのような臨場感溢れる映像やスピーディなストーリー展開、スリリングな逃走劇など息もつかせぬシーンの連続で観る者を引き込む最高傑作。

Read Article

ボーン・スプレマシー(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ボーン・スプレマシー』とは『ボーンシリーズ』の2作目で、2004年に公開されたサスペンス・アクション映画。記憶を失くした元CIAトップ工作員ジェイソン・ボーンの2年後を描く。インドでマリーと暮らしていたボーンの元に暗殺者が現れ代わりにマリーが殺されてしまう。自分を追う理由を知るため動き出したボーンだが、ある事件の容疑者に仕立てられる。CIAの追跡をかわしながら自分を巡る陰謀の真相を探るボーン。トンネルの中のカーチェイスなど前作以上にスピード感あるスリリングなシーンの連続で観る者を魅了する。

Read Article

ボーン・アイデンティティー(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ボーン・アイデンティティー』とは、『ボーンシリーズ』の1作目で、2002年に公開されたサスペンス・アクション映画。原作はロバート・ラドラムの『暗殺者』。記憶を失くした男が、皮下に埋め込まれたマイクロカプセルを手掛かりにわかった名前はジェイソン・ボーン。自分が何者かを辿るなか、行く先々で警察やCIAに追われるが、知力と体に染みついた高い戦闘スキルで追跡をかわし、襲ってくる暗殺者を倒し、窮地を脱する。偶然知り合ったマリーと逃げる間に見せる人間らしさや生身の体で対決する迫力の格闘シーンも必見。

Read Article

オデッセイ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『オデッセイ』は、2015年にリドリー・スコットが監督を務めたアメリカ映画。原作は2011年に出版されたアンデイ・ウィアーのヒット小説『火星の人』。 過酷な状況に置かれながらも人間性を失わず、生存の危機に立ち向かう宇宙飛行士。そして、彼を助けようと奮闘する人々を描いた。NASAが全面的に協力し、惑星科学部門の責任者、ジェームズ・グリーンが科学技術面のアドバイザーとして雇用されている。

Read Article

メン・イン・ブラック3(MIB3)のネタバレ解説・考察まとめ

SFアクションコメディーの大ヒット作「メン・イン・ブラック」シリーズの3作目。「魔法にかけられて」「アダムス・ファミリー」を手がけるバリー・ソネンフェルド監督、「E.T.」「宇宙戦争」などSFの名作を生み出したスティーヴン・スピルバーグ製作総指揮。秘密組織MIBのエージェントJは、相棒であるKや、地球の未来を救うため、タイムスリップし過去の歴史改変を行う敵と戦う。

Read Article

コードネーム U.N.C.L.E.(アンクル)のネタバレ解説・考察まとめ

『コードネーム U.N.C.L.E.(アンクル)』とは、2015年の英米合作で制作されたスパイ・アクション映画。1960年代に、アメリカや日本で放映されたテレビドラマ『0011ナポレオン・ソロ』をリメイクした映画。監督は『シャーロック・ホームズ』シリーズを手掛けたガイ・リッチーが務めた。アメリカの「タイム」誌は、本作を「2015年の映画トップ10」の第9位に挙げている。 東西冷戦下を舞台に、米ソ両国のエージェント同士が手を組み凶悪テロを阻止するというスリリングなストーリー。

Read Article

インターステラー(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『インターステラー』とは鬼才クリストファー・ノーラン監督が世に放った壮大なSF映画である。最新技術と物理学者の協力によって映像化された、物理法則に忠実で当時最も本当の姿に近いといわれたブラックホール、ワームホールが話題となった。何年も雨が降らず、深刻な食糧問題を抱えた、人類滅亡の危機に瀕する近未来。元宇宙飛行士のジョセフ・クーパーは、居住可能な星を探す計画、「ラザロ計画」にスカウトされることになる。クーパーは娘に必ず戻ると約束し、広大な宇宙へと旅立った。果たして彼は人類を救うことができるのか。

Read Article

メン・イン・ブラック2(MIB2)のネタバレ解説・考察まとめ

大ヒットSFコメディー映画『メン・イン・ブラック』の続編。『アダムス・ファミリー』などで独特な世界観を作ることで知られるバリー・ソネンフェルド監督。秘密組織MIBのエージェントJは、ある捜査に入るが25年前に起きた事件が関連していた。当時の事件担当であるKを連れ戻し再びコンビを結成。Kの記憶に眠る当時の事件を紐解きながら迫り来るエイリアンの陰謀を阻止すべく、地球の存亡をかけた戦いが始まる。

Read Article

ボーン・レガシー(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ボーン・レガシー』とは『ボーンシリーズ』の4作目で、2012年公開のサスペンス・アクション映画。記憶を失くした元CIAトップ工作員ジェイソン・ボーンをめぐる陰謀を描いた前3部作の裏で同時進行していたストーリーを描くスピンオフ的作品。ボーンの存在によりCIA上層部でさえ知らない国家的極秘計画が暴かれる危機が発生。計画隠蔽のために襲われた工作員アーロン・クロスの逃避行が描かれる。『ボーンシリーズ』の世界観を継承したストーリー展開に加え、前3部作後のCIAの状況もわかるファン必見の物語である。

Read Article

フォードvsフェラーリ(Ford v Ferrari)のネタバレ解説・考察まとめ

『フォードvsフェラーリ』とは、アメリカ合衆国で2019年に公開された、”ル・マン24”でフォードとフェラーリがしのぎを削る実話を基にした作品である。キャロル・シェルビー、ケン・マイルズ、ヘンリー・フォード2世などの実在の人物が登場する。1965年の”ル・マン24”でマイルズがドライバーから外される描写があるが、実際はドライバーとして参戦(リタイア)しているなど、脚色されている部分もある。伝説といわれる、1966年の”ル・マン24”を描く。第92回アカデミー賞「音響編集賞」「編集賞」受賞作品。

Read Article

メン・イン・ブラック(MIB)のネタバレ解説・考察まとめ

1997年公開のアメリカの都市伝説、メン・イン・ブラック(黒衣の男)を題材にコメディー要素も取り入れたSFアクション映画。監督は、「アダムス・ファミリー」を手がけたバリー・ソネンフェルド。ストーリーはローウェル・カニンガムのコミック「The Men in Black (1990)」を元に、地球上に住むエイリアンの監視を行う秘密組織MIB(メン・イン・ブラック)とエイリアンの共存と戦いを描いた作品。

Read Article

ブラック・スワン(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ブラックスワン』とは2010年公開のアメリカのサイコスリラー映画。日本では2011年にR15+指定作品として公開された。監督はダーレン・アロノフスキー。主演にナタリー・ポートマン。『白鳥の湖』で主役の座を射止め、清純な白鳥と官能的な黒鳥の2役を演じることになったバレリーナが役へのプレッシャーから徐々に精神が崩壊して行く様を描く。幻覚か現実かあやふやな描写が観客の目を惹きつけた。批評面、興行成績ともに成功を収め、第83回アカデミー賞では主演のナタリー・ポートマンがアカデミー主演女優賞を受賞した。

Read Article

ヴェノム(Venom)のネタバレ解説・考察まとめ

『ヴェノム(Venom)』とは、2018年に公開されたアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画である。日本での公開は2018年11月2日。ソニー・ピクチャーズの保有するマーベル・コミックのキャラクターを実写映画化した『ソニー・ユニバース』シリーズの第1作品目。 地球外生命体シンビオートに寄生され、ヴェノムに変身する特殊能力を手に入れたジャーナリストエディ・ブロックの闘いを描く。

Read Article

目次 - Contents