ボーン・アルティメイタム(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ボーン・アルティメイタム』とは『ボーンシリーズ』の3作目で、2007年公開のサスペンス・アクション映画。記憶を失くした元CIAトップ工作員ジェイソン・ボーンは、CIAの極秘計画の暴露記事を書こうとする記者と接触したことで存在が見つかり、またもやCIAに狙われる。その一方、CIA内部の人間と協力し、極秘計画に絡んだ組織の陰謀を暴き、とうとう記憶を取り戻す。その場にいるかのような臨場感溢れる映像やスピーディなストーリー展開、スリリングな逃走劇など息もつかせぬシーンの連続で観る者を引き込む最高傑作。

『ボーン・アルティメイタム』の概要

『ボーン・アルティメイタム』とは、『ボーンシリーズ』の3作目で、2007年に公開されたサスペンス・アクション映画。原作はロバート・ラドラムの小説のシリーズ3作目『最後の暗殺者』だが内容は小説とは異なっている。映画の『ボーンシリーズ』は全5作で、1作目は『ボーン・アイデンティティー』、2作目が『ボーン・スプレマシー』、4作目以降は公開順に『ボーン・レガシー』『ジェイソン・ボーン』。シリーズのうち『ボーン・レガシー』のみ主人公が異なり、時系列で『ボーン・スプレマシー』と『ボーン・アルティメイタム』の間のスピンオフ的作品となっている。
監督は前作に引き続き、ポール・グリーングラスが担当。グリーングラスは1972年の北アイルランドで起きた「血の日曜日」事件を描いた社会派ドラマ『ブラディ・サンデー』で、2002年ベルリン国際映画祭金熊賞の受賞歴がある。主人公ジェイソン・ボーンを『グッド・ウィル・ハンティング/旅立ち』、『オデッセイ』、『フォードvsフェラーリ』などのマット・デイモン、ボーンを追う立場でありながらも彼と協力して陰謀を暴くCIAのパメラ・ランディを『ザ・コンテンダー』のジョアン・アレンが続投。出演は他に、『グッドナイト&グッドラック』のデヴィッド・ストラザーンなど。
グリーングラス監督は、前作同様、手持ちカメラを用いた撮影を行いており、沢山の短いカットを繋ぐ編集をしている。その場にいる人間の視線の落ち着かない動きを想定したドキュメンタリー的なこの演出方法により、観客がその場にいるかのように感じるのだ。今作は前2作よりさらにカット数が多く、上映時間105分の中に3200ものカットも詰め込まれていて、シリーズの中でもキレとスピード感、臨場感のあるシーンが満載となっている。アクションシーンも多彩で、特に土地や家屋の特性を活かしたモロッコのタンジールでの追跡と格闘や、大都市ニューヨークでのカーチェイスはスリリングな展開の連続で観る者を引き込んでいく。タイトルの『アルティメイタム(ultimatum)』は最後通牒を意味する。
北アメリカでは2007年7月にプレミア上映されたのち、8月に公開され、週末興行成績で初登場1位になった。日本では同年11月に公開された。第80回アカデミー賞では編集賞、録音賞、音響効果賞、英国アカデミー賞では編集賞、音響賞、ラスベガス映画批評家協会賞では編集賞など数多くの賞を受賞している。

CIAの元トップ工作員だったジェイソン・ボーンはアフリカ某国の元独裁者であるウォンボシの暗殺任務失敗が原因で記憶を失い、CIAに追われる身となった。ボーンを追っていたCIAの責任者コンクリンに「自分を追ったら殺す」と最後通牒を突きつけてから2年後、恋人マリーを殺されたボーンはなぜ自分を狙うのか知るため、CIAの情報を探るなか、自らの最初の任務の記憶を取り戻す。最初の任務で暗殺したロシアの政治家ネスキー夫妻の娘に会うため、ロシアのモスクワに向かったボーンは、暗殺者やロシア警察に追われるが振り切り、ネスキーの娘の家に行き、両親の死の真実を話し謝罪して去っていった。
その6週間後、イギリスのガーディアン紙の記者サイモン・ロスがCIAの極秘計画「トレッドストーン」のバージョンアップ版の「ブラックブライアー」についてCIA内部から証言を得て記事を書こうとしていた。ボーンはロスが自分について書いた記事を読み、ロスに近づき話を聞くが、直後ロスは記事を書かれることを恐れたCIAの対テロ極秘調査局の局長ヴォーゼンの指示で暗殺者に殺されてしまう。ロスに証言したCIAマドリッド支局のニール・ダニエルズはロスが殺されたことをニュースで見て慌てて逃げる。ボーンはダニエルズを追い、マドリッド支局に異動していた顔見知りのニッキーと出会う。ボーンはニッキーと共にダニエルズを追うが、彼は逃亡先のタンジールでCIAの暗殺者に殺される。ボーンとボーンに協力したニッキーも暗殺者に追われるがボーンが倒し、ニッキーはボーンと別れて逃げた。ボーンはダニエルズの所持品からCIAニューヨーク支部に向かう。そこで以前ベルリンの事件で知り合ったCIAニューヨーク支部のパメラから自分が暗殺者となった始まりの研究所の住所を教えられてそこに向かった。そこでヴォーゼンから連絡を受けてボーンを待っていた「トレッドストーン」の訓練発案者のアルバート博士と話すうちにジェイソン・ボーンとなった経緯を思い出した。追いかけて来た暗殺者やCIAから逃げるため、ボーンは10階建てのビル屋上から川に飛び込み逃走した。パメラはボーンがヴォーゼンの部屋に侵入し盗んだ「ブラックブライアー」の資料を世間に公表し、関係者は逮捕された。

『ボーン・アルティメイタム』のあらすじ・ストーリー

前作までのあらすじ

CIAの元トップ工作員だったボーンは任務失敗が原因で記憶を失い、CIAに追われる身となった。ボーンを追っていたCIAの責任者コンクリンに「自分を追ったら殺す」と最後通牒を突きつけてから2年後、ボーンは恋人マリーと共にインドのゴアで生活していた。ボーンの記憶は完全には戻っておらず、断片的なシーンを夢に見るだけだったが、その記憶の欠片をノートに書きとめ、過去の新聞などから情報を集め続け、自分が何者かを知ろうとしていた。ある日、暗殺者がやってきたことに気づいたボーンはマリーと車で逃げるが、車内でマリーが射殺されてしまった。自分たちの痕跡をすべて消し、ボーンはなぜ自分を狙うのか知るため、CIAの情報を探ろうとする。
CIAではある事件の捜査を進めており、犯人が残したと思われる指紋がボーンのものと一致した。捜査責任者のパメラ・ランディはボーンを追う途中で、CIA幹部のワード・アボットの様子がおかしいことに気づく。ボーンもCIAの職員ニッキーからの情報で、アボットが自分に暗殺者を差し向けた人物だと探り当てる。アボットがCIAの金を石油王に横流しして自分も利益を得ていたこと、その罪をボーンに被せ、口封じとしてボーンを殺そうとしていたことがわかり、ボーンはアボットとの会話の録音テープをパメラに残した。パメラがアボットを問い詰めるため訪れた時、アボットは自殺。アボットを追う過程で最初の任務の記憶がフラッシュバックしていたボーン。その記憶を頼りに過去の記事を調べ、自分が行ったはずのホテルに行き自分が暗殺任務を遂行したことを思い出した。ボーンは最初の任務で、ロシアの政治家ネスキーとその妻を暗殺し、ネスキーを妻が殺し妻は自殺したように工作していたのだ。最初の任務の記憶を思い出したボーンはネスキーの娘の元へ行くためロシアに向かった。ロシアでは彼が生きていることを知った暗殺者やCIAから連絡を受けたロシア警察に追われるが振り切り、ボーンはネスキーの娘の家に行き、真実を話し、去っていった。

モスクワでのボーンの逃走とボーンは危険だと判断したCIA長官

出典: momo-rex.com

病院で応急手当をするボーン

その直後、雪の積もるモスクワで、暗殺者とのカーチェイスで負傷した体をひきずりながら警察から逃げるボーン。列車に乗ったと見せかけ、近隣の病院に忍び込み、傷を治療するため薬品や備品を盗んで洗面所で応急手当をしていた。洗面台で水が流れていくのを見たボーンにフラッシュバックが起きる。水が入れられた大きな容器、41という数字、研究所のような白い建物の中で男に連れられ入っていった部屋で「計画遂行を誓うか?」と訊かれたこと、「できません」と答えた自分に黒い布が被せられたことなどの映像が脳裏によぎった。フラッシュバックで苦しむボーンの脳裏にさらにその場にいた男の顔や自分が拘束されていくシーンが浮かぶ。病院の中を調べに来た警察官2人が洗面所のドアのノブに付いた血を見て怪しみ、ボーンのいる洗面所に入ってくるがフラッシュバックで苦しんでいるボーンは気づかない。声をかけても気づかないボーンに警察官が手をかけた瞬間、ボーンは反射的に警察官を倒しその銃を奪っていた。もう1人の警察官から無線を奪い、ボーンは逃走する。

出典: dragonsmoviez.blog.fc2.com

報告を聞くクレイマー長官

その6週間後、アメリカ合衆国バージニア州ラングレーにあるCIA本部では、エズラ・クレイマー長官の部屋で、ボーン捜索の指揮を執ったパメラ・ランディやその部下のトムらの姿があった。CIAの金をロシア人に横流しして自らも利益を得ていたCIA幹部アボットが自殺する前にボーンと会話した録音テープを聞いていたのだ。「アボットに復讐した後は我々を狙っている。危険な逃亡者だ」と言う長官に、パメラは「彼には目的がある。モスクワにボーンが殺した男の娘がいることから、自分の過去を辿り何かを知ろうとしている」と言うパメラ。「ボーンはCIAの敵では?」と疑う長官に、パメラは「敵ならCNNに送るはず」と返す。長官は「今から送るかも」と言い、「最上を望み、最悪に備えた計画を立てるべし」と告げ、危険ではないという証拠が出るまでボーンは危険だと判断した。

ボーンについて調べる新聞記者ロスとマリーの兄に彼女の死を報告するボーン

出典: www.listal.com

部屋の中に入り込んでいたボーンに驚くマーティン

イタリアのトリノでは、イギリスのガーディアン紙の記者サイモン・ロスがカフェで男と待ち合わせをしていた。ロスはCIAが国際警察に配ったボーンの写真を出し、ナポリ、ベルリン、モスクワに現れてまた消えたことと彼の恋人マリーが地球の裏側で殺されたこととどう繋がるのか男に訊いた。渋っていた男だったがオフレコを条件に話し出した。

フランスではパリに住んでいるマリーの兄のマーティンの家にボーンが現れた。家に入り込んでいたボーンに「妹は?」と訊くマーティン。ボーンは、マリーが自分の身代わりに殺されたこと、殺した相手を倒したことなどを話す。これからどうするのかマーティンが訊くと、ボーンは「これを仕組んだ奴らを見つけ出す」と告げて去っていった。

CIA対テロ極秘調査局ノア・ヴォーゼンはロスの調査を命じ、ボーンはロスに連絡する

出典: www.hilobrow.com

ロスを調べるよう指示するヴォーゼン

ロンドンに戻ったロスは編集長に電話し「ボーンは氷山の一角だ。『ブラックブライアー』を知っているか?」と話す。CIAロンドン支部では検索キーワードとして設定していたCIAの極秘作戦名の「ブラックブライアー」という言葉がエシュロンに探知されたことから、すぐにCIA本部に報告する。本部からニューヨーク支部の対テロ極秘調査局に連絡が入り、局長のノア・ヴォーゼンに報告が上がった。ヴォーゼンの部下ウィリスはロスを追尾し彼のアパートを捜索するチームを派遣したと報告する。ヴォーゼンは「ブラックブライアー」の情報源を突き止めろと命令し、ロスの逮捕手続きを取り、念のため要員配置をするよう指示する。さらに、彼の電話、PDA、アパート、車、銀行預金、カード、旅行履歴など最優先で徹底的に調べるよう指示した。

出典: www.folarino.com

列車の中で新聞を読むボーン

一方パリで駅に向かっていたボーンは途中でガーディアン紙を買い、車内で自分の名前が載っている記事を読んだ。ジェイソン・ボーンとは何者なのか、また彼の恋人マリーの死はどう繋がるのか等の記事を書いたのは保安専門記者のサイモン・ロスだった。記事を読んでいたボーンの脳裏にマリーとの思い出や彼女の死に際、記憶を失う以前の自分が布を被せられ水槽に顔を入れられたことなどがよぎった。

会社に戻ったロスを見張るCIAニューヨーク支部の対テロ極秘調査局。固定電話の盗聴を準備していたが、別の固定電話にロス宛ての電話が入る。電話の相手はボーンで、ロスは30分後にウォータールー駅南口に一人で来るように言われる。電話を切りすぐに会社を出るロス。対テロ極秘調査局でもロスを追尾するよう道路に要員を配置する。ホテルに待機していた暗殺者のパズも対テロ極秘調査局の指示でウォータールー駅に向かった。

ボーンとの接触後、暗殺者に射殺されるロス

出典: www.pinterest.at

ロス(画像左)と話すボーン(画像右)

ロスはタクシーを拾いウォータールー駅へ向かう。ウォータールー駅に着いたボーンがプリペイド携帯を購入し、周囲を窺っているとCIAらしき男たちが続々と到着してきたことに気づく。ボーンは南口で待っていたロスの背後から近づき、ロスの上着のポケットにプリペイド携帯を入れた。その携帯に電話をかけたボーンはロスにCIAの監視班が乗っている車やCIA要員が配置されている場所を伝え、歩く方向を指示した。対テロ極秘調査局ではロスの携帯電話の盗聴準備をしていたが、ボーンが渡したプリペイド携帯で話しているため内容が聞こえず、拉致班にロスを拉致するよう指示する。ロスはバス停にいるフードを被った男に近づくようボーンに指示され、CIAも追う。ボーンの指示でタイミングを計りフードを被った男と接触したふりをしてバスが停まったらバス停を離れるロス。CIAではフードを被った男が連絡係ではないかと疑い、ロスもバスに乗ったと思い、拉致班にバスに乗りフードを被った男を確保するよう命令する。その間にロスは異動し、コンコースへ繋がる通路を抜けてボーンに指示された売店へ向かう。そのロスの姿をボーンは追い、ロスを追いかける監視要員を倒す。指定された売店にロスが到着すると、ボーンがやってきて「情報源は誰だ?『トレッドストーン』の誰と話した?」と訊く。「トレッドストーン」は2年前に修了したCIAの極秘作戦名で、ボーンは「トレッドストーン」要員として作られた特殊工作員だったのだ。「言えない」と言うロスに「わかってない。殺されるぞ」と言うボーン。自分が追われる原因は「ブラックブライアー」か尋ねるロスに「『ブラックブライアー』とは?」と訊くボーン。「『トレッドストーン』のアップグレード名で君がきっかけで作られた。君はマズい存在だと言っていた」とロスが答えていると迫ってくる拉致要員にボーンが気づいた。

出典: bourne.fandom.com

ボーンから携帯電話で行動の指示を受けるロス

「携帯で話す」と伝え、ロスから離れたボーンは、ロスの数メートル背後からロスを追う。ボーンは複数の拉致要員の動向や駅の構内に設置された複数の監視カメラの動きを見ながら、ロスがCIAに見つからないようにイヤフォンマイクでロスに動きや行く方向を指示する。ボーンの指示通りに動いていたロスだが、近づいてきた本物の清掃人をCIAだと勘違いし、ボーンの制止を振り切って逃げ出してしまう。監視カメラに映ったロスを見つけた対テロ極秘調査局から指示された拉致要員がロスを追う。ボーンはロスに、人混みを歩き、店に入り出口から出るよう指示しながら、ロスを追っていた拉致要員に近づき素早く武器を奪って倒す。その頃、対テロ極秘調査局ではヴォーゼンがロスが誰かの指示を受けて動いていることに気づいた。店の出口から出たロスを追った拉致要員全員を倒したボーンだが、その場所にあった監視カメラに映ってしまう。監視カメラの映像を見ていたヴォーゼンはボーンが生きていてその場所にいることに驚き、ロスの情報源がボーンだと考え、2人とも殺そうとする。

出典: bourne.fandom.com

ライフルを構えるパズ

StoryMaker
StoryMaker
@StoryMaker

Related Articles関連記事

ボーン・スプレマシー(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ボーン・スプレマシー』とは『ボーンシリーズ』の2作目で、2004年に公開されたサスペンス・アクション映画。記憶を失くした元CIAトップ工作員ジェイソン・ボーンの2年後を描く。インドでマリーと暮らしていたボーンの元に暗殺者が現れ代わりにマリーが殺されてしまう。自分を追う理由を知るため動き出したボーンだが、ある事件の容疑者に仕立てられる。CIAの追跡をかわしながら自分を巡る陰謀の真相を探るボーン。トンネルの中のカーチェイスなど前作以上にスピード感あるスリリングなシーンの連続で観る者を魅了する。

Read Article

ボーン・レガシー(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ボーン・レガシー』とは『ボーンシリーズ』の4作目で、2012年公開のサスペンス・アクション映画。記憶を失くした元CIAトップ工作員ジェイソン・ボーンをめぐる陰謀を描いた前3部作の裏で同時進行していたストーリーを描くスピンオフ的作品。ボーンの存在によりCIA上層部でさえ知らない国家的極秘計画が暴かれる危機が発生。計画隠蔽のために襲われた工作員アーロン・クロスの逃避行が描かれる。『ボーンシリーズ』の世界観を継承したストーリー展開に加え、前3部作後のCIAの状況もわかるファン必見の物語である。

Read Article

ジェイソン・ボーン(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ジェイソン・ボーン』とは『ボーンシリーズ』の5作目で、2016年公開のサスペンス・アクション映画。記憶を失くした元CIAトップ工作員ジェイソン・ボーンが、CIAの極秘計画を暴いてから9年後。地下格闘技で生計を立てていたボーンの元に、彼の過去に関する新たな事実や極秘作戦を探り当てたかつての協力者ニッキーが現れる。情報の暴露を恐れたCIAに襲われる2人。一方CIAの女性捜査官ヘザーは愛国心のあるボーンを復帰させようとする。スリリングな展開、ラスベガスでのシリーズ屈指の激しいカーチェイスは必見。

Read Article

ボーン・アイデンティティー(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ボーン・アイデンティティー』とは、『ボーンシリーズ』の1作目で、2002年に公開されたサスペンス・アクション映画。原作はロバート・ラドラムの『暗殺者』。記憶を失くした男が、皮下に埋め込まれたマイクロカプセルを手掛かりにわかった名前はジェイソン・ボーン。自分が何者かを辿るなか、行く先々で警察やCIAに追われるが、知力と体に染みついた高い戦闘スキルで追跡をかわし、襲ってくる暗殺者を倒し、窮地を脱する。偶然知り合ったマリーと逃げる間に見せる人間らしさや生身の体で対決する迫力の格闘シーンも必見。

Read Article

羊たちの沈黙(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『羊たちの沈黙』とは、1991年にアメリカで製作されたサイコ・スリラー映画で、アカデミー賞主要5部門を獲得した大ヒット作品である。トマス・ハリスの同名小説をジョナサン・デミ監督が映像化した。ジョディ・フォスターとアンソニー・ホプキンスが主演を務める。連続殺人事件の調査として、FBIは実習生クラリス・スターリングを抜擢。収監中の猟奇殺人犯で、元精神科医のハンニバル・レクターに捜査の協力をさせるべく派遣する。クラリスはレクターとの奇妙な関係を築く一方、自らの過去と対峙してゆくことになる。

Read Article

ビッグ・フィッシュ(Big Fish)のネタバレ解説・考察まとめ

『ビッグ・フィッシュ』とは2003年に公開されたアメリカ合衆国のファンタジー映画である。原作は『ビッグフィッシュ - 父と息子のものがたり』で、ティム・バートン監督による作品。病が悪化した父エドワードの看病をするために実家に妻とともに戻ったウィル。父はウィルが小さいころから自分の人生をおとぎ話のように語っており、ウィルは年を取るにつれその話を信じなくなり二人の間の関係は悪くなる。しかし、看病を通して時間を過ごすうちに二人の父子の関係は少しずつ変化していく。

Read Article

オデッセイ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『オデッセイ』は、2015年にリドリー・スコットが監督を務めたアメリカ映画。原作は2011年に出版されたアンデイ・ウィアーのヒット小説『火星の人』。 過酷な状況に置かれながらも人間性を失わず、生存の危機に立ち向かう宇宙飛行士。そして、彼を助けようと奮闘する人々を描いた。NASAが全面的に協力し、惑星科学部門の責任者、ジェームズ・グリーンが科学技術面のアドバイザーとして雇用されている。

Read Article

フォードvsフェラーリ(Ford v Ferrari)のネタバレ解説・考察まとめ

『フォードvsフェラーリ』とは、アメリカ合衆国で2019年に公開された、”ル・マン24”でフォードとフェラーリがしのぎを削る実話を基にした作品である。キャロル・シェルビー、ケン・マイルズ、ヘンリー・フォード2世などの実在の人物が登場する。1965年の”ル・マン24”でマイルズがドライバーから外される描写があるが、実際はドライバーとして参戦(リタイア)しているなど、脚色されている部分もある。伝説といわれる、1966年の”ル・マン24”を描く。第92回アカデミー賞「音響編集賞」「編集賞」受賞作品。

Read Article

インターステラー(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『インターステラー』とは鬼才クリストファー・ノーラン監督が世に放った壮大なSF映画である。最新技術と物理学者の協力によって映像化された、物理法則に忠実で当時最も本当の姿に近いといわれたブラックホール、ワームホールが話題となった。何年も雨が降らず、深刻な食糧問題を抱えた、人類滅亡の危機に瀕する近未来。元宇宙飛行士のジョセフ・クーパーは、居住可能な星を探す計画、「ラザロ計画」にスカウトされることになる。クーパーは娘に必ず戻ると約束し、広大な宇宙へと旅立った。果たして彼は人類を救うことができるのか。

Read Article

バックドラフト(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『バックドラフト』とは、消防士の兄弟の火災現場での活躍と葛藤、謎の放火犯を追う物語。監督は『ビューティフル・マインド』『ダ・ヴィンチ・コード』で知られるロン・ハワードが務めており、出演者はカート・ラッセル、ロバート・デ・ニーロなど豪華な顔ぶれが揃っている。火災現場の視覚効果をアメリカの特殊効果及びVFXの制作会社インダストリアル・ライト&マジックが務めている。エグゼクティブ・プロデューサーはブライアン・グレイザーと『砂の惑星』のラファエラ・デ・ラウレンティスが務めている。

Read Article

目次 - Contents