女王陛下のお気に入り(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『女王陛下のお気に入り』とは、18世紀を舞台に、宮廷で女王の寵愛を奪い合う女性2人の攻防を描いた実話に基づく歴史コメディ映画である。本作は『ロブスター』で鬼才な才能を持つ、ヨルゴス・ランティモスが監督を務めた。第91回アカデミー賞では最多9部門10ノミネートを獲得し、オリヴィア・コールマンが主演女優賞を受賞している。気まぐれな女王アンに代わって絶対的権力を握る側近のサラと、貴族の地位に返り咲く陰謀を企てるアビゲイルの、愛憎に満ちた人間ドラマが繰り広げられる。

『女王陛下のお気に入り』の概要

『女王陛下のお気に入り』とは、18世紀のイングランドを舞台に、宮廷で女王の寵愛を奪い合う女性2人の攻防を描いた事実に基づく歴史コメディ映画である。また本作はイギリス・アイルランド・アメリカ合作の歴史コメディ映画となっており、監督はヨルゴス・ランティモス、脚本はデボラ・デイヴィスとトニー・マクナマラである。本作は2018年8月30日の第75回ヴェネツィア国際映画祭で世界初上映され、審査員大賞と女優賞(オリヴィア・コールマン)を受賞した。一館あたりの平均オープニング興収は10万5603ドルとなり、その年最高の平均オープニング興収を叩き出した。さらに、批評家からも絶賛を受け、特に脚本と演出、撮影、衣装デザイン、音楽、そして、主演3人(オリヴィア・コールマン、エマ・ストーン、レイチェル・ワイズ)の演技が絶賛された。第91回アカデミー賞では『ROMA/ローマ』と並び最多9部門10ノミネートを獲得し、オリヴィア・コールマンが主演女優賞を受賞している。
18世紀のグレートブリテン王国(現イギリス)はフランスと戦争の渦中だった。その為、戦争による増税が懸念されていた。しかし女王のアンは政治に関心がなく気まぐれな性格だった。そして持病の痛風に悩まされており、体調が思わしくなかった。アン女王は、親友であり側近のマールバラ公爵夫人サラに全てのことを任せており、サラがアン女王の意志決定を半ば代行し、宮廷を公私にわたり取り仕切っていたのだった。また2人は同性愛関係にあり、サラはアン女王のお気に入りだった。
しかしある時、サラの従妹であり没落貴族のアビゲイル・メイシャムが宮廷へやってくると、サラが握っているアン女王のお気に入りの座が危うくなり始める。アビゲイルはアン女王のお気に入りになることで再び貴族に返り咲く策略を企て、ついにはアン女王と同性愛関係になるのだった。アン女王は次第にサラを疎ましく思うようになる。また増税の阻止を提唱する、政治家のロバート・ハーレーとアビゲイルが手を組んだことにより、サラはついに宮廷から追放されてしまうのだった。
気まぐれな女王アンに代わって絶対的権力を握る側近のサラと、貴族の地位に返り咲く陰謀を企てるアビゲイルの、愛憎に満ちた人間ドラマが繰り広げられる。

『女王陛下のお気に入り』のあらすじ・ストーリー

プロローグ

議会後のアン女王の姿。

18世紀のイングランド王国(現イギリス)はフランスとの戦争の渦中にあった。王であったウィリアム3世の死後、妻であるメアリーの妹アンが王の座を継承をした。しかしアン女王は気まぐれで、政治に関心がない。国のことよりもマールバラ公爵夫人サラとの時間を大切に思っていたのだった。
議会を終えたアン女王の冠が、女中の手によってゆっくりと下ろされた。部屋から女中たちが立ち去ると、アン女王は辺りに目配せをしてから、サラにスピーチの出来を確認した。「(スピーチに)不明瞭なところはなかった?」と不安そうに尋ねるアン女王に、「完璧だった」とサラは笑った。2人は目を合わせると微笑みあう。
アン女王は17回の流産を経験していた。子供の代わりに17匹のウサギを飼育し、可愛がっていた。アン女王はウサギに挨拶をするようにサラに伝えるが、サラは「やめておく。不気味よ。愛しているけど、愛には限界があるわ」と拒んだ。アン女王はサラの言葉に「限界はいけないわ」とハッキリとした口調で返事をした。アン女王は限りのない愛を求めているのだった。
その後アン女王はサラに目隠しをさせて別室へ案内した。そこには宮殿の模型が置かれており、その模型の前にサラを連れてきた。アン女王は時期建つであろう宮殿をプレゼントするつもりだったのだ。しかし戦時下にこのような浪費をするアン女王に対してサラは「気が変だわ」と取り合わなかった。アン女王はまだ戦時中であることを知らなかったのだ。サラが喜ぶだろうと当然のように思っていたアン女王は落胆した。

宮廷を訪れたアビゲイル

サラに怪物の真似をするように命じられ、怪物の真似をするアビゲイルの姿。

没落貴族のアビゲイル・メイシャムは複数の男女が乗り合わせる馬車に揺られていた。馬車に乗り合わせている人間たちは皆、身寄りがなく行き場のない者たちだった。目の前に座る男と目が合い、アビゲイルは微笑みかけた。しかし男はアビゲイルを自慰のネタにしていたのだった。アビゲイルを見つめながら自慰を行う。そんな男の姿にアビゲイルは動揺し、目のやり場に困った。
間もなくして宮廷前で馬車が停まり、アビゲイルは馬車から降りようと立ち上がった。その瞬間自慰をしていた男がアビゲイルの尻を触り外へ押し出す。アビゲイルは馬車から転落し、汚物まみれの泥の中に飛び込む羽目になってしまったのだった。
アビゲイルは全身に泥をつけ、異臭を放った状態で宮廷を訪れた。扉を叩くと中から女中が顔を出し、アビゲイルは持っていた手紙を渡した。手紙には伯母からのもので、身寄りのないアビゲイルに対して「従妹であるサラを頼るように」と書かれていた。女中は手紙を一通り読み終えると中に通し、「まずは汚れを落とすように」と伝えた。次に引き継いだ女中に案内され、「扉の向こうで体を洗ってきて」と言われその通りに従ったが、なんと扉の奥にいたのは2人の貴族の男とサラだったのだ。
体を洗うつもりだったアビゲイルは驚くも、サラに声をかけた。汚物まみれのアビゲイルの姿にサラは「下水がここまできているの?」と疑わし気な視線を向けた。アビゲイルはサラの従妹であることを告げ、伯母からの手紙に宮廷を尋ねるように書かれていたことを伝えた。アビゲイルがあまりにも汚かったので、サラはアビゲイルが誰なのか分かっていないようだった。アビゲイルは改めて名前を伝えると、サラは「ヒル家?」と驚く。周りにいた貴族が「“ホイスト”で負けて無一文になり、屋敷ごと焼け死んだ男だ」と口々に言った。
サラはアビゲイルに「望みはなに?」と尋ねた。アビゲイルは「ここで雇ってください。何かの役目で」とお願いすると、サラは「子供遊び相手の“怪物”?」とアビゲイルの黒く汚れた顔を見て言った。アビゲイルは「はい、ぜひ」と喜んで怪物の真似をしてみせたのだった。

アン女王とサラの関係性

サラにメイクが「アナグマみたい」と言われ、手鏡で確認するアン女王。

宮廷では貴族たちがアヒルのレースを優雅に楽しんでいた。そこには戦争反対派の政治家ロバート・ハーレーや、サラの夫のジョン、イングランド首相のシドニー・ゴドルフィンの姿もあった。颯爽と現れたサラをハーレーは睨みつけ勢いよく近づくと、「宮殿だと!」と声を荒げた。ハーレーが声を荒げたのは、ジョンが1704年の「ブレンハイムの戦い」で勝利を収め、その褒美としてアン女王が宮殿を建設しているということを知った為だった。ハーレーは戦争反対派の政治家で、また増税を懸念していた。国が財政難であるのになぜそのような贅沢をするのか分からなかったのだ。しかもアン女王はサラの話にしか耳を傾けず、サラの耳打ちによってアン女王と野党の関りを絶たせていた。ハーレーは「アン女王は野党の意見も聞くべきだ!」と訴えたが、サラは戦争でジョンを支持したホイッグ党びいきである為、トーリー党であるハーレーの意見を取り合う気にはならなかった。
ある日ロシア大使との話合いに参加するアン女王の化粧を見て、サラは驚いた。黒く塗られたアン女王の目元を見て、「アナグマみたい」と厳しい言葉を投げかけた。アン女王は今にも泣きそうな顔をしながら、サラが渡した手鏡で自分の目元を確認した。「アナグマね」と涙をこらえながら答える。「その顔でロシア大使に会うの?」とサラに言われ、アン女王は更に泣きそうになる。サラがアン女王の化粧の手直しをすると告げると、アン女王は礼を言って自室に踵を返した。サラに厳しくされ感情がかき乱されたアン女王は、自室の前に立つ従僕に「私を見た?」といきなり怒鳴りつけた。従僕は横に首を振ったが、アン女王は「見なさい!」と怒鳴る。従僕は言われるがままにアン女王を見るが、アン女王は「見るな!無礼者!」と逆上したのだった。

女中の嫌がらせ

アビゲイルが睡眠中のアン女王の脚に薬草を塗っているところ。

女中になったアビゲイルは毎日宮廷の為に尽くしていた。ある日女中の1人がアビゲイルに床磨きを頼み、液体の入った桶を持ってきた。桶には灰汁のある水が入っていたが、それを知らないアビゲイルは躊躇なく右手を桶の中に入れた。そして床を磨き始めた瞬間、水につけた右手に激痛が走った。アビゲイルが叫び声をあげると、床磨きを頼んだ女中は嬉しそうに「手袋しないと。灰汁は危険よ」と言うのだった。アビゲイルは急いで右手を水につける。美しいアビゲイルは女中たちに疎まれていたのだった。
ある晩、アン女王は痛風でうなされる。アビゲイルはアン女王の寝室でサラに従い看病をした。初めての出来事にアビゲイルは動揺しながらも、懸命に働いた。アン女王は泣き叫びサラの名前を呼んでいた。サラはアン女王の気を紛らわすために「何か喋って」と声をかける。するとアン女王は痛みに耐えながら、サラとの出会いを話し始めた。「意地悪な男の子が私を押さえつけて、顔中によだれを垂らした」とアン女王が話始めると、サラは「それから?」と次を催促する。アン女王が話す過去の話によると、サラは意地悪な男を殴りつけたのだった。サラはその男の子の顎が外れたことを思いだし、アン女王に「あの男のことを覚えてる?」と言って話し始めた。アン女王はサラの言葉に「覚えてるわ」と言って笑った。アビゲイルはそんな2人の様子を窺っている。間もなくしてアン女王の容態が安定し、サラはアビゲイルに部屋から出るように伝えたのだった。
翌朝アビゲイルはアン女王の為に薬草を摘みに外へ出た。宮廷の馬を使用し、厳選した薬草を自身の右手にすり込む。すると背後から馬に乗った若い男が現れた。男は政治家のサミュエル・マシャム大佐だった。様子を窺うサミュエルに気付いたアビゲイルは、急いで馬に乗るとそのまま宮廷へ戻って行った。
アビゲイルは早速薬草をすりつぶすと、アン女王の寝室へ急いだ。寝室の前に立つ従僕がアビゲイルに「何の用だ」と尋ねる。アビゲイルは「陛下がお医者に大至急と。緊急案件です」と噓をつくが、従僕は「アン女王は眠っておられる」と通そうとしない。しかしアビゲイルは「女王を危険に晒せば後悔することになる」と従僕を脅し、なんとか寝室への侵入を成功したのだった。
アビゲイルは眠っているアン女王の脚に今朝摘んだ薬草を丁寧に塗りつけた。そこへサラがやってきて、アビゲイルに「勝手に入らないで」と言うと、従僕を呼んで「頭に6回ムチを打つように」とアビゲイルへのムチ打ちを命じた。
アビゲイルがムチで打たれようとしている頃、サラは目を覚ましたアン女王の横に寄り添っていた。アン女王は脚の痛みが良くなっていることに気付き、「脚が良くなったわ。何を塗ったの?」とサラに尋ねる。アン女王の言葉にサラは視線を泳がせた。

侍女への昇格

アン女王を待つ(左)ロバート・ハーレーと(右)シドニー・ゴドルフィン。

アビゲイルの行いによって救われたアン女王。サラはアビゲイルの行いを認めて「侍女」に任命した。また、サラはアビゲイルの右手の包帯に気付き女中から嫌がらせを受けていることを知った。アビゲイルは、サラがそのことに関して同情の色を見せた為、無一文になった父親が金の為に自分を売り、ドイツ人の手込めにされた過去まで語った。サラは「冗談でしょ?」と言い、アビゲイルの過去を哀れんだのだった。しかしこのサラの行いはただの同情ではなく、自分より地位が低い人間を哀れむことで、己の優越感を満たしているだけに過ぎなかった。
侍女になったアビゲイルは、毎日サラの横について歩いた。サラの高圧的な振る舞いを間近で見るアビゲイルは、自分の立ち振る舞い方を考える。ある日ハーレーが「戦争終結」に対しての返事を求め宮廷にやってきたが、立ち会ったのはアン女王ではなくサラと侍女のアビゲイルだった。アン女王と話し合いが行われるのを1時間以上待っている上に現れたのがアン女王でなかったことに、ハーレーは機嫌が悪くなる。「女王はなんと?」と尋ねたハーレーに対して、サラは「『ハーリー(ハーレー)は飾りすぎの臭い老娼婦』」と高圧的に返事をし、「『戦争は継続。勝利を重ねてこそ交渉に有利』」とそれがアン女王の言葉であるかのように続けた。土地の税を倍額にしたものを戦争の費用にあてると話すサラに、ハーレーは「正気じゃない。民が女王に反旗を翻す」と反論するが、「心で死者を嘆き、愛する夫を戦争に送る」とサラは自分の意見を押し通す。ハーレーの横に座っているゴドルフィンが、「1度の勝利で講話など腰抜けの印」とサラの意見を煽った。
口論は白熱し、ハーレーは苛立った。「話にならん。女王と話す」と言うが、「私が聞くわ。笑えそう」とサラによって対話の機会が流されてしまう。ハーレーがサラに勢いよく近づき、2人は数秒の間睨み合う。痺れを切らしたハーレーは勢いよく部屋から出ていったのだった。険悪な空気が漂う中、アビゲイルは実権を握っている者がサラであることに気付き、また党同士で激しい対立が起きていることを知るのだった。

アビゲイルの覚醒

サラに誘われ鳩を打つアビゲイルの姿。

ジョンが戦地に旅立つある日、アビゲイルはサラの部屋で本を手に取り読んでいた。背後から突然「どれでもどうぞ」とサラの声がかかる。アビゲイルは驚き、慌ててサラにお礼を言った。「感謝します。仕事の件も」とアビゲイルが伝えると、サラは「弱い人が好き」とアビゲイルに笑いかけたのだった。後にジョンが、サラに戦地へ旅立つ前の別れの挨拶をしにやってきた。サラは「お気をつけて」とジョンにキスをした。
サラはアン女王と窓辺に立ち、旅立つ夫に手を振った。サラは「夢を見た。血まみれのフランス人が夫の頭にチーズをのせていた」と珍しく弱音を吐くと、「彼は立派な軍人よ」とアン女王に励まされる。やがてアン女王を乗せた車椅子がその場を立ち去ろうとした時、アン女王が目の前にさしかかったところでアビゲイルは大きく咳きこんだ。アン女王の命令により従僕は車椅子の動きを停めた。アビゲイルは「失礼を、陛下」と一礼し、「薬草を摘み風邪をひきました」と伝える。アン女王は「(薬草を塗ったのは)あなたね」と笑いかけ、アビゲイルは自分の名を伝えた。アビゲイルの名前を聞いたところでアン女王は去っていった。アビゲイルはアン女王から一目置かれることに成功したのだった。
アン女王が去った後、サラはアビゲイルに「何か打ちましょう」と機嫌よく提案し、2人は庭で鳩撃ちを始めた。戦争の渦中にあるのにも関わらず毅然としたサラの姿に、アビゲイルは「あなたは戦争推進派。夫君も前線に。平気ですか?命が危険なのに」と質問をするが、サラは「正しいことだから」と自分の行いを認めているのだった。アビゲイルは「亡くなったら?」と更に質問を続けたが、「犠牲は覚悟している」とサラの強気な姿勢は変わらなかった。アビゲイルはそのサラの言葉に吹っ切れたように笑いを浮かべ、鳩を撃ち殺した。「殺し屋の素質ね」とサラはアビゲイルを褒めたのだった。
次にアビゲイルは政治家のサミュエルとの接近を試みた。サミュエルは、貴族社会に返り咲く為には必要な駒であった。目の前を歩くサミュエルの後を追いかけては、サミュエルが振り返ると踵を返して反対方向に歩き出す。サミュエルは「僕をつけているのか?」とアビゲイルに言うが、「つけているのはあなたです。私はあなたの前を歩いています」と言い返される。サミュエルは「馬に乗っていたのは君だな」と言い当て、「服を剥ぎ、ムチで打つ」と脅すが、アビゲイルは「待ち遠しい」と言って面白がるだけだった。アビゲイルが去っていった後に、ハーレーがサミュエルの横に現れた。「モノにする気か?」とハーレーが尋ねると「僕をその気にさせる」とサミュエルは答えた。サラの侍女であるアビゲイルの接近をハーレーは面白がり、アビゲイルはサミュエルの気を引くことに成功したのだった。

アン女王とサラの関係

舞踏会で踊るサラとサミュエルの姿。

その夜宮廷では舞踏会が開かれ、大勢の政治家や貴族が集まった。部屋には豪華な食事が並び、それぞれが煌びやかな衣装を身に纏っていた。ハーレーはアン女王に近づくと、ここぞとばかりに戦争の話題を振り、増税により国民の反感を買っていることを伝えた。その話にアン女王は「本当に?」と驚いたが、ハーレーが次の言葉を発する間もなくサラが現れ「ハーリー、退屈な人ね。今宵は舞踏会なのよ」と話を中断する。次にハーレーが発言をするとアン女王は「今は音楽を」とサラの調子に合わせるのだった。
ダンスが始まると、サラはサミュエルを指名し2人は部屋の中心で踊り始める。アン女王はその様子を楽しんでみていたが、やがて自分が車椅子に乗っている為にダンスに参加できない悔しさと、2人の楽しそうな様子に嫉妬し「やめて!」と音楽を中止させた。驚いたサラは急いでアン女王の元に「何事?」と言って駆け寄ると、アン女王は自分を部屋に連れて帰るように伝えた。そしてアン女王はサラへの当てつけとして、ハーレーを呼びつけ「戦争の為の増税は過ちだった。今のままに」と伝えるのだった。ハーレーはアン女王からの思いがけない言葉に、笑みを浮かべるのだった。
アン女王の不機嫌な様子にサラは「ごめんなさい」と謝った。アン女王はサラの頬に平手打ちをするが、すぐに打ち解け合う。サラはアン女王の車椅子を走りながら押し、2人は笑い声を上げながらサラの部屋へ入った。電気が消された暗い部屋にはアビゲイルがおり、蠟燭の灯りで本を読んでいた。アビゲイルは突然入ってきた2人の姿に驚き息をひそめる。アビゲイルの存在に気付いていないアン女王とサラはキスをすると、アン女王は「やって」とサラに愛撫を求めた。2人が同性愛関係にあることにアビゲイルは驚き、忍び足でサラの部屋から退室した。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

アメイジング・スパイダーマン2(マーク・ウェブ版)のネタバレ解説・考察まとめ

「アメイジング・スパイダーマン2」は、映画「スパイダーマン」のリブート(再始動)作品。 恋人「グウェン」を危険にさらさないという、彼女の亡き父との約束に悩む「スパイダーマン」こと「ピーター」は、両親の死に繋がる大きな陰謀に巻き込まれ、運命に翻弄されていく。

Read Article

アメイジング・スパイダーマン(マーク・ウェブ版)のネタバレ解説・考察まとめ

「アメイジング・スパイダーマン」は、映画「スパイダーマン」のリブート(再始動)作品。 幼いころ両親を亡くした青年「ピーター」は、ある時遺伝子操作された蜘蛛に噛まれ超人的な力を身につける。両親の死の真相を知るため、伯父を殺した犯人を探し出すため、彼は「スパイダーマン」となった。

Read Article

ボーン・レガシー(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ボーン・レガシー』とは『ボーンシリーズ』の4作目で、2012年公開のサスペンス・アクション映画。記憶を失くした元CIAトップ工作員ジェイソン・ボーンをめぐる陰謀を描いた前3部作の裏で同時進行していたストーリーを描くスピンオフ的作品。ボーンの存在によりCIA上層部でさえ知らない国家的極秘計画が暴かれる危機が発生。計画隠蔽のために襲われた工作員アーロン・クロスの逃避行が描かれる。『ボーンシリーズ』の世界観を継承したストーリー展開に加え、前3部作後のCIAの状況もわかるファン必見の物語である。

Read Article

ラ・ラ・ランド(La La Land)のネタバレ解説・考察まとめ

『ラ・ラ・ランド』とは2016年公開のミュージカル映画。売れないジャズピアニストのセバスチャン(セブ)が弾くピアノに惹かれてバーに入った女優志望のミア。後日あるパーティ会場でミアはセブに再会する。2人は急速に恋に落ち、互いの夢のために励まし合いながら共に暮らすが、ミアの夢を叶えるチャンスを掴むために別れる決断をする。往年の名作ミュージカル映画をオマージュした美しい映像や楽曲、ミアとセブの表現力溢れる歌声やダンス、切ないストーリーで観るもの全てが恋に落ちる極上のエンターテイメント。

Read Article

目次 - Contents