ゴールデンカムイの料理まとめ

『ゴールデンカムイ』とは、野田サトルによるサバイバルバトル漫画、およびそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品である。
陸軍に所属していた杉元佐一は、日露戦争が終結した後、幼馴染の病を治す為、北海道で砂金採りをしていた。その時、杉元はアイヌが秘蔵していた金塊の存在を知る。杉元はアイヌの少女・アシㇼパと共に金塊を追い求める。
作中にはマタギやアイヌのユニークな料理が多数登場する。

アイヌがつくる穀物酒。ヒエ、アワ、キビなどが原料となるが、場所によって原料が違うらしく、釧路の方では馬鈴薯(ジャガイモ)や麦が原料とされていた。

デザート

花園だんご

小樽の花園公園で名物となっている団子。杉元が敵対している鶴見中尉から貰った。

豆菓子

大豆を煎り、それに砂糖を纏わせたお菓子。

樺太アイヌ料理

フレップワイン

樺太の特産となっているワイン。夏に実るフレップ(コケモモの実)を原料としている。
甘酸っぱく、鯉登少尉から好評だった。

フレップの塩漬け

ワインの原料にもなっているフレップ(コケモモの実)を塩漬けしたもの。しょっぱくて甘みがある。

ウイルタ料理

馴鹿の乳

『馴鹿』とはトナカイの事である。ウイルタ民族によって振舞われた。
濃厚で甘く、好評だった。

アリを塗ったリペースカ

『アリ』とは、飼われているトナカイの乳で作ったバターである。麦粉で作った丸く平たいパン『リペースカ』に『アリ』を塗って食す。

ロシア料理

スーシュカ

ロシア産の、真ん中がくりぬかれたドーナツ状の小さなパン。鯉登少尉がティータイムに楽しんでいた。

鶴の恩返し
鶴の恩返し
@tsuru-no-ongaeshi

Related Articles関連記事

NEW

ゴールデンカムイの入れ墨の脱獄囚まとめ

『ゴールデンカムイ』とは、野田サトルによるサバイバルバトル漫画、およびそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品である。 日露戦争から生きて戻った杉元佐一は、幼馴染である梅子の病を治すために金が必要だった。そんな時、杉元はある男が隠したアイヌの金塊の存在を知る。その金塊の在処は、網走監獄の脱獄囚の身体に入れ墨として彫られていた。杉元は、アイヌの少女・アシㇼパと共に金塊を探し求める。

Read Article

ゴールデンカムイ(Golden Kamuy)のネタバレ解説まとめ

2014年より「週刊ヤングジャンプ」で連載されている漫画。作者は野田サトル。2016年には「マンガ大賞」を受賞している。舞台は明治末期の北海道。主人公杉元佐一は幼馴染・梅子の治療費を得るため大金を求め、一攫千金を目指してゴールドラッシュに湧いた北海道で砂金を集める生活を送っていた。そんな杉元にあるアイヌ人が隠した埋蔵金の話が舞い込み、手がかりである入れ墨と一攫千金を巡るサバイバルバトルが開幕する。

Read Article

ゴールデンカムイ(Golden Kamuy)の名言・名セリフまとめ

ゴールデンカムイは週刊ヤングジャンプに連載中の野田サトルによる漫画作品。明治時代の北海道を舞台に日露戦争で「不死身の杉元」と呼ばれた帰還兵杉元佐一とアイヌの少女アシリパを中心に隠された金塊をめぐる冒険漫画。過激な描写が特徴で作中では次々と個性的なキャラクターが登場するためインパクトのある名言・セリフが多い。

Read Article

目次 - Contents