ゴールデンカムイの料理まとめ

『ゴールデンカムイ』とは、野田サトルによるサバイバルバトル漫画、およびそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品である。
陸軍に所属していた杉元佐一は、日露戦争が終結した後、幼馴染の病を治す為、北海道で砂金採りをしていた。その時、杉元はアイヌが秘蔵していた金塊の存在を知る。杉元はアイヌの少女・アシㇼパと共に金塊を追い求める。
作中にはマタギやアイヌのユニークな料理が多数登場する。

『クンネ・エチンケ』とは、アオウミガメのことである。
海水を水で薄め、昆布と干した魚で出汁をとる。そこへアオウミガメの肉に内臓、オカヒジキが入っている。また、アオウミガメのお腹側の甲羅が細かく刻まれて入っている。汁はとろみがついており、アオウミガメの肉は鶏肉のようにさっぱりしているらしい。

その他の鍋料理

カワウソの頭の丸ごと煮

カワウソの頭を丸ごと煮た料理。肉をカジりとって食べるのだが、杉元は非常に食べずらそうにしていた。

オオワシの丸ごと煮

オオワシを丸ごと煮た料理。オオワシの足を食べようとした杉元はどこから食べていいのか悩み、白石は爪が顔に突き刺さっていた。

桜鍋

東京で流行している馬肉を使ったすき焼き風の鍋。鍋に薄く切った馬肉、キャベツとごぼうを入れ、砂糖、醤油、酒、味噌で味付けを行う。馬肉が桜色になった食べ頃で、溶き卵につけて食す。

トッカリの塩茹で

『トッカリ』とはアザラシのことであり『海の周りを移動する』という意味がある。
アザラシを塩茹でしただけの料理。アザラシは血が濃く、肉は血なまぐさい。しかし、しっかり煮込むことで血生臭さが消えて美味な肉となる。
アザラシは、アシㇼパが木の棒で殴打して仕留めた。

アザラシを仕留めるアシㇼパ

なんこ鍋

馬の腸を味噌で煮込んだ料理。いわゆるモツ煮である。
空知地方の郷土料理で、炭鉱夫の間で広まったらしい。

あんこう鍋

尾形の母親がよく作っていた料理。アンコウは安値で手に入れることができ、庶民の食卓によく並んでいた。

ラッコ鍋

道すがら出会った老人から貰ったラッコの肉で作った鍋。ラッコの肉を煮るときに出る匂いは、人を欲情させると効果があるとされており、食べる場合は男女の数を揃えて食べるように推奨されていた。杉元たちは男5人でラッコを食べた結果、互いがいつもより男前に見えるようになった。そして何故かみんなで相撲を取ることになった。

shuichi
shuichi
@shuichi

Related Articles関連記事

ゴールデンカムイの入れ墨の脱獄囚まとめ

『ゴールデンカムイ』とは、野田サトルによるサバイバルバトル漫画、およびそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品である。 日露戦争から生きて戻った杉元佐一は、幼馴染である梅子の病を治すために金が必要だった。そんな時、杉元はある男が隠したアイヌの金塊の存在を知る。その金塊の在処は、網走監獄の脱獄囚の身体に入れ墨として彫られていた。杉元は、アイヌの少女・アシㇼパと共に金塊を探し求める。

Read Article

ゴールデンカムイ(Golden Kamuy)のネタバレ解説まとめ

2014年より「週刊ヤングジャンプ」で連載されている漫画。作者は野田サトル。2016年には「マンガ大賞」を受賞している。舞台は明治末期の北海道。主人公杉元佐一は幼馴染・梅子の治療費を得るため大金を求め、一攫千金を目指してゴールドラッシュに湧いた北海道で砂金を集める生活を送っていた。そんな杉元にあるアイヌ人が隠した埋蔵金の話が舞い込み、手がかりである入れ墨と一攫千金を巡るサバイバルバトルが開幕する。

Read Article

ゴールデンカムイ(Golden Kamuy)の名言・名セリフまとめ

ゴールデンカムイは週刊ヤングジャンプに連載中の野田サトルによる漫画作品。明治時代の北海道を舞台に日露戦争で「不死身の杉元」と呼ばれた帰還兵杉元佐一とアイヌの少女アシリパを中心に隠された金塊をめぐる冒険漫画。過激な描写が特徴で作中では次々と個性的なキャラクターが登場するためインパクトのある名言・セリフが多い。

Read Article

目次 - Contents