月島基(ゴールデンカムイ)の徹底解説・考察まとめ

月島基(つきしま はじめ)とは『ゴールデンカムイ』の登場人物で大日本帝国陸軍第七師団、歩兵27部隊に所属している軍人。階級は「軍曹」。同部隊上司である鶴見中尉の側近として主人公である「杉本佐一」と対立する。一時は仲間として行動していたが、自身の任務を遂行するために再度敵として相まみえる。淡々と自身の任務を遂行していく傍らで、「江渡貝弥作」や「鯉登音之進」と接触していくことにより着実に感情が隠し切れない場面が出始めている。

月島基のプロフィール・人物像

銃撃戦の中冷静に照明弾を投げる月島

生年月日:4月1日 牡牛座
出身:新潟県佐渡島
特技:ロシア語
CV:竹本英史

『ゴールデンカムイ』はアイヌを殺害し金塊を奪った男「のっぺら坊」が、網走監獄の獄中から仲間に金塊の存在を伝えるため、同房の囚人たちに金塊の隠し場所を示す刺青を彫り、脱獄をさせた事から始まる。
その「刺青人皮」は獣の皮のように剥がし、全てを集めて暗号を解く必要があった。
”不死身の杉本”と恐れられていた元兵士である主人公の「杉本佐一(すぎもと さいち)」は幼馴染の眼病の治療費を得るため、アイヌの少女「アシリパ(あしりぱ)」は殺されたアイヌの中にいた父親の仇を討ち、残りの金塊をアイヌの手に戻すべく、共に行動し金塊の謎を解くために奔走する。
同じく金塊を狙い行動しているのが陸軍第七師団歩兵第27部隊に所属する情報将校「鶴見篤四郎(つるみ とくしろう)」中尉は、日露戦争で活躍しながらも報われなかった師団員のため、北海道征服を目論んでおり、その軍資金のために金塊をさがしている。

月島基(つきしま はじめ)とは『ゴールデンカムイ』の登場人物で、大日本帝国陸軍の第七師団、鶴見中尉率いる歩兵第27部隊に所属している。
第七師団は北辺の守りを担う重要部隊であり、その強さから北鎮部隊と呼ばれている。
情報将校である鶴見中尉の側近として常に傍に控えており、「軍曹」の階級を持つ軍人である。
第七師団で戦争に従軍した経験があるため、白兵戦では常人よりはるかに高い戦闘能力を持ち合わせている。
『ゴールデンカムイ』の登場人物内で、ずば抜けた冷静さを持ち合わせており、その代表として、網走監獄突入した回では、銃弾が飛び交う中で、顔色も変えずに鶴見中尉の命令を実行し、照明弾を投げつけるシーンがある。
ファンからは「冷静な軍曹に惚れた」という声が多数上がった。
また、第七師団から脱走した反乱分子「尾形百之助」と対峙する場面では、銃のエキスパートである尾形の特性を把握して、接近戦を迫り尾形を一時撤退させるなどの活躍を見せている。
杉本と共に参加したロシアの格闘技スチェンカの回では、小柄ながら軍人らしい引き締まった身体も披露した。
体格の大きいロシア人にも一切ひるまずに真正面からの攻撃を避けて強烈なボディブローを相手へ叩きつけ、圧倒的な強さを見せつけた。
個性的なキャラクターに囲まれながらも、読者からは「真顔芸」とも呼ばれるリアクションの薄さでキャラクターが確立されている。

月島基の装備・能力

突然の襲撃にも順応できる

水平二連式散弾銃と歩兵銃

月島の装備として30話では水平二連式銃、13~79話まで三十年式歩兵銃、94話~三十八式歩兵銃となっている。
水平二連式銃は散弾銃であり、銃身が左右(横)に並んでいる。
耐久は上下二連式と比較すると劣るが、軽量でコンパクトなため狩猟などで持ち運ぶことに適している。
三十年式歩兵銃は陸軍の軍人に配属されれば入手できる比較的メジャーな銃だ。
主人公である「杉本佐一」も持参していることもあり、そこまで珍しいものではない。
月島が所持している三十年式歩兵銃も、もしかすれば、軍内での配備品である可能性が高い。

三十年式、三十八式歩兵銃の弱点と違い

簡単にボルトを外せるのは尾形しかいない

三十年式、三十八式歩兵銃の弱点は銃茎がボトルシュラウドに覆われておらず、露出しているためコッキングの状態が明らかに判別できることである。
また、ボトルアクションで安全装置を解除する仕組みになっているため、ボルトを外されると発砲できない。
そのため、尾形と対峙した谷垣が、持参した三十年式歩兵銃を使用しようとした際に、尾形に外されてしまったことは最大の失態と言える。
三十八式歩兵銃は三十年式歩兵銃の改良版で、大きな違いは機関部位を覆うダストカバーの有無だ。
また、小口径弾を使用したため、射手の肩にかかる反動衝撃が小さく発射音や銃口ブラストも小さいのが特徴だ。
小柄な射手でもガク引きを起こしにくく、狙いを定めて引き金を絞ることができる。
全体的に月島の装備は歩兵として一般的な装備だといえる。
ほかにも、南部式大型自動拳銃を携帯しているシーンが描かれている。
南部式大型自動拳銃は装弾数8発ストライカーによる発火構造を持ち、銃全面にあるグリップ・セーフティーが唯一の安全増値である。
屋内での戦闘などでは小回りの利く自動拳銃の方が取り扱いしやすいだろう。
この拳銃は日露戦争にて実際に使用されている記録があるため、日露戦争に参加している月島が携帯していても不思議はない。
しかし、陸軍兵士への供給は大正時代からであり、こういった背景からすると鶴見中尉からの供給品である可能性は高い。

月島の身体能力

身体能力としては、漫画内では基本的に危なげなく猛者たちと対等に立ち回っているため、”陸軍最強”とも称される第七師団の兵士として、並み以上の能力を持っているといえる。
さらに、地元では「悪童」として有名だった経緯もあって喧嘩慣れしており、体格差のある相手にも臆さない。
その証拠に尾形からも「屈強な兵士」と評価されている場面がある。
また、スチェンカの回では引き締まったエイトパックを惜しげもなく晒しており、効果音は「バキッバキ」である。
相当鍛え抜いていると考えられる。

月島基の来歴・活躍

”いご草ちゃん”との思い出

月島は新潟の佐渡島で生まれたが、父親が人殺しの罪人であったため、故郷の島の住人からは蔑まれて育った。
その迫害に反発するように、自身を馬鹿にする島の住人との喧嘩に明け暮れ、しまいには”悪童”、”荒くれ者”と呼ばれ、さらに煙たがられる存在になっていた。
ただし、「いご草」だけは「人殺しの息子」として島の人間から快く思われていなかった月島に対しても、「基ちゃん」と呼んで、優しく接していた。
「いご草」は、髪の毛が”いご草”のようなくせ毛だったため、島の子供たちからは、「いご草」と呼ばれてからかわれていたが、月島は父親からも島の住人からも呼ばれない、自分の名前を呼んでくれる「いご草」を守っていた。
月島と「いご草」はお互いを守り合う中で、引かれ合うようになっていった。
しかし、「いご草」への思いとは裏腹に、悪い噂のつきまとう父親のせいで故郷の島に居場所のない月島は、その後新発田の第2師団へ入隊を決意する。
第2師団へ入隊後に日清戦争が始まり、戦争へ招集されることとなった月島は、「いご草」へ「俺を名前で呼んでくれるおめが好きらすけ、その髪も俺にとってはいとしげら」と自身の思いを打ち明け、戦争後に一緒に駆け落ちをする約束をするのだった。

父との確執

しかし、無事に戦争から帰郷した月島は「月島は戦死した」というデマ耳をにする。
そして、「いご草」が海辺に履物を残して10日も行方不明だと島の者から聞いた月島は、必死に彼女の姿を故郷の海で探すが、彼女は見つからない。
海面に浮かぶ”いご草"が視界に入るたび、彼女なのではないかと、不安に駆られていた月島だったが、ふと「誰が戦死のデマを流したのか」と考えるようになっていく。
戦死のデマを流した犯人を捜していくうちに、ついに自身の父親がデマを流した犯人であることが発覚する。
父親は「いご草」の両親から金銭を受け取り、「いご草」の縁談を取り付けるための工作に加担していたのだった。
しかし、詳細を知らない月島は、犯人が自身の父親であると発覚したと同時に、「デマの信じたため彼女は自殺した」と考え、今まで溜まっていた怒りが溢れ、激高し、デマを流した張本人である実の父親を殺害する。

鶴見中尉の来訪

父親を殺した月島は死刑囚となった。
そんな中、今後のロシアとの戦いに向けて、死刑囚として収監されていた月島を部下にしたいと考えた鶴見中尉が月島のもとへ訪問してくる。
月島は死刑囚になった理由も含めて、自分の過去を鶴見中尉に話す。
月島が死刑囚となった経緯を知った鶴見中尉は「いご草」について調査する。
すると、「いご草ちゃんは縁談が決まり、現在は両親と共に関東にいる」ということが判明した。
そのことを鶴見から告げられ、「いご草」が生きていることが分かった月島は生きる気力を取り戻し、「ロシア語の堪能な通訳係」として監獄からでるため、月島は鶴見中尉の方便にのり、ロシア語を習得する。
その後勃発する日露戦争へ、鶴見中尉とともに赴くこととなった。

日露戦争にて

日露戦争の末期・奉天会戦の戦場で、月島は同郷の兵士と偶然出会う。
その同郷の兵士から「いご草ちゃんの遺体が月島の家から発見された」という話を聞いて衝撃を受ける。
「いご草」が生きていると教えて生きる気力を取りもどさせた命の恩人と、信頼を寄せていた鶴見中尉が自身を利用するためだけに、いご草との大切な思い出を利用していたことに感情的になった月島は真実を問いただすために鶴見中尉へ掴みかかる。
感情的になっている月島へ鶴見中尉は言葉を続けようした瞬間、問答をしている両者の元にロシア軍の砲弾が飛んでくる。
月島は咄嗟に鶴見中尉を庇うが、二人とも重傷を負ってしまう。
野戦病院へ運び込まれ、一命をとりとめるが、鶴見中尉の怪我は酷く、月島は戦火の中である事を忘れ、私情の会話をしていた自身の感情に任せた軽率な行動を悔やみ責任を感じる。
なんとか生き延びた鶴見中尉は「いご草ちゃんの遺体は偽装工作であり、月島の罪を軽くし、監獄から出すためにやった」と語った。
さらに「いご草ちゃんが関東で生きているのは本当だ」と続ける鶴見中尉に、月島は戦争に参加している自身にはいご草が生きていると確かめるすべもなく、大切にしていたいご草との思い出を利用されていたこと、さらに自分だけでなく命の恩人である鶴見中尉まで巻き込み怪我を負わせたことで感情が振り切れる。
鶴見中尉と会話をしていくうちに、自身にはもうどうやっても従い生きる道しか残されていないことを認識し、過去への決別を決意する。
月島は、戦争が終わった後の小樽でいご草が生きていようが、死んでいようが構わないというように、暗い海へと「いご草」の遺髪を投げ捨てるのだった。

金塊争奪戦の開始

日露戦争後、月島は鶴見中尉とともに小樽へと移動し、着実にアイヌの金塊を入手するために奔走していた。
そして、刺青人皮の秘密を知ったアシリパと杉本を追ううちに、上官である「和田大尉」が鶴見中尉の反逆を知り、月島へ鶴見中尉を射殺するように命じたが、月島は逆に和田大尉を口封じのために射殺する。
鶴見中尉はその後、剥製のスペシャリストに刺青人皮の偽物を作らせ、争奪戦に混乱をもたらそうという策を立てる。
その作戦のため、目を付けられたのが夕張で剥製所を営む「江渡貝弥作(えどがい やさく)」という青年だった。

荒ぶる江渡貝にも臆さない月島

octopus42
octopus42
@octopus42

Related Articles関連記事

ゴールデンカムイの名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

ゴールデンカムイは週刊ヤングジャンプに連載中の野田サトルによる漫画作品。明治時代の北海道を舞台に日露戦争で「不死身の杉元」と呼ばれた帰還兵杉元佐一とアイヌの少女アシリパを中心に隠された金塊をめぐる冒険漫画。過激な描写が特徴で作中では次々と個性的なキャラクターが登場するためインパクトのある名言・セリフが多い。

Read Article

ゴールデンカムイ(金カム)のネタバレ解説・考察まとめ

『ゴールデンカムイ』とは、『週刊ヤングジャンプ』で連載されている漫画。作者は野田サトル。2016年には「マンガ大賞」を受賞している。舞台は明治末期の北海道。主人公・杉元佐一は幼馴染・梅子の治療費を得るため大金を求め、一攫千金を目指してゴールドラッシュに湧いた北海道で砂金を集める生活を送っていたが、そんな杉元にあるアイヌ人が隠した埋蔵金の話が舞い込む。手がかりは、脱獄した囚人の体に掘られた入れ墨。一攫千金を巡るサバイバルバトルが開幕する。

Read Article

ゴールデンカムイの入れ墨の脱獄囚まとめ

『ゴールデンカムイ』とは、野田サトルによるサバイバルバトル漫画、およびそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品である。 日露戦争から生きて戻った杉元佐一は、幼馴染である梅子の病を治すために金が必要だった。そんな時、杉元はある男が隠したアイヌの金塊の存在を知る。その金塊の在処は、網走監獄の脱獄囚の身体に入れ墨として彫られていた。杉元は、アイヌの少女・アシㇼパと共に金塊を探し求める。

Read Article

ゴールデンカムイの料理まとめ

『ゴールデンカムイ』とは、野田サトルによるサバイバルバトル漫画、およびそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品である。 陸軍に所属していた杉元佐一は、日露戦争が終結した後、幼馴染の病を治す為、北海道で砂金採りをしていた。その時、杉元はアイヌが秘蔵していた金塊の存在を知る。杉元はアイヌの少女・アシㇼパと共に金塊を追い求める。 作中にはマタギやアイヌのユニークな料理が多数登場する。

Read Article

谷垣源次郎(ゴールデンカムイ)の徹底解説・考察まとめ

谷垣源次郎は、『週刊ヤングジャンプ』に2014年から連載が開始された、野田サトル原作の漫画・アニメ『ゴールデンカムイ』の登場人物。時代は明治時代の北海道。日露戦争(1904年~05年)終結から間もないころ、アイヌ民族が隠したとされる莫大な金塊のうわさを聞き、様々な理由と野望を胸に秘めた男たちが、誇り高き北の大地に集結する。その中で谷垣は金塊を追っている屯田兵の部隊、大日本帝国陸軍最強と謳われた北海道の第七師団(道民は畏敬の念を含めて「北鎮部隊」と呼ぶ)27聯隊に一等卒として所属している。

Read Article

尾形百之助(ゴールデンカムイ)の徹底解説・考察まとめ

尾形百之助(おがた ひゃくのすけ)とは『週刊ヤングジャンプ』で連載されている野田サトル原作の漫画・アニメ作品『ゴールデンカムイ』の作品に登場する銃さばきの上手い軍人。大日本帝国陸軍の第七師団に所属していたが、途中軍隊の上司である鶴見中尉を裏切った。その後は脱走兵として土方歳三とアイヌの金塊を探すため一緒に行動し、金塊の鍵を握るのっぺらぼうに会うため網走監獄に潜入した。そこでのっぺらぼうと一緒にいた杉元の頭を撃ち抜いて逃げた。それから新たな金塊の情報を探るべく誰にもすがらずに自分で旅を続けている。

Read Article

杉元佐一(ゴールデンカムイ)の徹底解説・考察まとめ

杉元佐一(すぎもとさいち)とは『週刊ヤングジャンプ』で連載されている野田サトル原作の漫画・アニメ作品『ゴールデンカムイ』の作品に登場する主人公。日露戦争を戦い抜いてきた元・陸軍兵士で、体に無数の傷を追ってきたが全く命を落とすことが無かった。その活躍ぶりから、軍人の間では『不死身の杉元』と言われている。杉元が金塊を探しに北海道の山に入ると、アイヌの少女アシリパと出会う。後に少女の父は金塊を隠した人物であることを知り、お互いの目的を果たすために一緒に旅を始める。

Read Article

アシリパ(ゴールデンカムイ)の徹底解説・考察まとめ

アシリパとは『週刊ヤングジャンプ』で連載されている野田サトル原作の漫画・アニメ作品『ゴールデンカムイ』の作品に登場する主人公の1人である。北海道の小樽近辺の集落に住むアイヌの少女で、大人顔負けの精神力と狩猟技術と調理技術の持ち主。伝統を尊重しながら時代の変化を柔軟に受け入れ、「新しいアイヌ」たることを信念としている。アイヌが隠した金塊とそれを巡る殺人事件に父が関与していた事を知り、その真実と真意を知るため、元日本兵でもう1人の主人公である杉元と共に、隠し金塊の謎へと挑んでいる。

Read Article

白石由竹(ゴールデンカムイ)の徹底解説・考察まとめ

白石吉竹(しらいしよしたけ)とは『週刊ヤングジャンプ』で連載されている野田サトル原作の漫画・アニメ作品『ゴールデンカムイ』の作品に登場する人物。通称「脱獄王」の異名を持つ天才的な牢破りである。脱獄する際は看守を騙す詐術や狭い隙間を通るための関節外しなど、脱獄のための多彩な技術を持つ。体には金塊の隠し場所を描いた刺青が彫られており、同じ刺青が描かれている囚人の皮を集めるとありかが分かるようになっている。金塊の手掛かりとなる刺青を持つ囚人たちを探して、北海道で出会った仲間達と共に旅を続けている。

Read Article

辺見和雄(ゴールデンカムイ)の徹底解説・考察まとめ

辺見和雄(へんみ かずお)とは野田サトルの漫画作品『ゴールデンカムイ』の登場人物で、体に刺青を掘られた24人の囚人のうちの1人。この刺青は埋蔵金の手掛かりとなっていて、多くの人や組織に狙われている。表向きでは人当たりがいいが、その正体は日本各地で100人以上を殺してきた殺人鬼。幼少期にイノシシに無残に食い殺された弟の死に方に憧れ、自分を残酷に殺してくれる人を求めている。辺見の刺青を狙う主人公・杉元佐一と死闘を繰り広げた後、シャチに海に引き摺り込まれた。想像を超える死に方ができて満足気だった。

Read Article

姉畑支遁(ゴールデンカムイ)の徹底解説・考察まとめ

姉畑支遁(あねはたしとん)とは、『週刊ヤングジャンプ』で連載の野田サトル原作の漫画・アニメ作品『ゴールデンカムイ』の作品に登場する人物。刺青の囚人のうちの一人であり、動物学者。動物、植物をこよなく愛し、研究している。だが嫌がる動物を無理矢理犯したり植物を傷つけて射精するなど異常な性格の持ち主。自分の欲望のままに行為をしたにも関わらず、行為後は大変後悔をする。そして自分が犯した動物や植物に責任を一方的に擦り付け動物は殺害、植物はナイフで傷をつける、とかなり独善的で身勝手な行動をする。

Read Article

二瓶鉄造(ゴールデンカムイ)の徹底解説・考察まとめ

二瓶鉄造(にへいてつぞう)とは、『ゴールデンカムイ』の登場人物で、かつて網走監獄にてのっぺらぼうに暗号の入れ墨を入れられた脱獄囚のひとりである。猟師であり一度狙った獲物への執着心が強い。「冬眠中のヒグマもうなされる悪夢の熊撃ち」と評され、その名はアイヌや他のマタギに広まるほど。エゾオオカミ・レタラとの戦いで、レタラのつがいであるメスオオカミに首元を噛まれ、命を落とした。「山で死にたい」という思いがあった二瓶は、山で命を落とすことに満足気であった。その後杉元が入れ墨を剥がし、入れ墨人皮となる。

Read Article

江渡貝弥作(ゴールデンカムイ)の徹底解説・考察まとめ

江渡貝弥作(えどがいやさく)とは、野田サトルによる漫画作品『ゴールデンカムイ』の登場人物で、北海道・夕張で剥製工房を営んでいる青年である。剥製職人としての腕は良いが、人間の死体の皮で革細工を作るという歪んだ趣味を持っている。自分の実の母親を剥製にして所有。母親の偏った教育の下で成長したが、母を慕うなどマザコン気質の持ち主である。鶴見の依頼により贋物の刺青人皮を作成したが、刺青を狙う尾形や杉本に狙われる。初めて自分を受け入れてくれた鶴見を慕っており、最期は鶴見の為に自らの命を犠牲にした。

Read Article

関谷輪一郎(ゴールデンカムイ)の徹底解説・考察まとめ

関谷輪一郎(せきや わいちろう)とは、『週刊ヤングジャンプ』で連載の野田サトル原作の漫画・アニメ作品『ゴールデンカムイ』の作品に登場する人物。24人の刺青囚人のうちの1人である。際立った戦闘力は無いが狡猾さと独自の信仰心を持ち、他人の命を「試練」と称し運任せで毒殺する異様な殺人を繰り返し投獄される。脱獄後は北海道の阿寒湖のほとりで刺青人皮を巡り土方一派を狙う。一時は土方と牛山を持ち前の狡猾さで戦うことなく倒して生き埋めにした。しかし仲間の門倉とキラウシの活躍で復活した土方に逆襲され力尽きる。

Read Article

土井新蔵(ゴールデンカムイ)の徹底解説・考察まとめ

土井新蔵(どい しんぞう)とは野田サトルの漫画作品『ゴールデンカムイ』の登場人物である。埋蔵されたアイヌの金塊の暗号となっている刺青が体に彫られた24人の囚人の1人である。幕末に土佐藩の勤皇派におり、幕府の要人など何人も殺害した殺し屋であった。その後北海道・根室に流れ着きアイヌの女性と結婚するも、土井に恨みを持つ者が妻を拐った。妻を取り戻すために、妻を拐った人物を殺め、釧路の海岸で捉えられ囚人となった。妻が病で先が短いことを知り網走監獄を脱獄した。最期を看取った後は根室の漁場で働いている。

Read Article

犬童四郎助(ゴールデンカムイ)の徹底解説・考察まとめ

犬童四郎助(いぬどう しろすけ)とは野田サトルの漫画作品『ゴールデンカムイ』に登場するキャラクターで、網走監獄の典獄である。土方歳三が関わっている箱館戦争にて兄を亡くしているため恨みを持っており、職権を乱用し、私情で彼を幽閉していた。幽閉の日々を送る土方の目から“生きる希望”が消え去るのを待っていたが、アイヌの隠し金塊を巡る陰謀の中で土方は脱獄。「金塊の情報を求めて土方は再び網走監獄に戻ってくる」と予想し、その読み通りに現れた土方と死闘を繰り広げた末に、彼に斬られて息を引き取った。

Read Article

NEW

松田平太(ゴールデンカムイ)の徹底解説・考察まとめ

松田 平太(まつだ へいた)とは、『週刊ヤングジャンプ』で連載の野田サトル原作の漫画・アニメ作品『ゴールデンカムイ』の作品に登場する人物。刺青の囚人のうちの一人である。砂金の専門知識を持ち、北海道での砂金の採取に情熱を燃やしている。だが、その本性は多重人格の殺人鬼である。自分がかつて同居していた長兄夫婦、次兄、父親、ヒグマの人格を持つ。自分の家族がヒグマに襲われて殺され、自分もヒグマに襲われて殺される幻覚を見る。その後、自分の体をヒグマに乗っ取られて人を襲って食べるという異常な殺人を行う。

Read Article

デュラララ!!(Durarara!!)のネタバレ解説・考察まとめ

『デュラララ!!』とは、成田良悟による池袋を舞台としたライトノベル、及びそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品である。 非日常に憧れる少年・竜ヶ峰帝人は、幼馴染の紀田正臣の誘いにより上京して来良学園へと入学する。そして都市伝説の首なしライダー、闇医者、情報屋、池袋一強い男、ストーカー、カラーギャング、ヤクザなどの様々な人物と巡り合い、様々な事件に関わっていく。

Read Article

やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。(俺ガイル)のネタバレ解説・考察まとめ

「ガガガ文庫」より刊行されている渡航によるライトノベル(2011年~)、及びそれを原作としたアニメ(第一期2013年4月~6月 第二期2015年4月~6月)。自身の書いたひねくれた作文をきっかけに「奉仕部」なる部活に入部させられたぼっちな男子高校生比企谷八幡。彼と、そこで出会った雪ノ下雪乃、由比ヶ浜結衣たちがともに数々の経験を積み重ね、三者三様に変化していく様子がシニカルにコミカルに描かれている。

Read Article

学園ベビーシッターズ(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『学園ベビーシッターズ』とは、「時計野はり」による漫画作品。2009年に連載を開始。2017年に「ブレインズ・ベース」製作でアニメ化。主人公「鹿島竜一」と、その幼い弟「鹿島虎太郎」は、飛行機事故で両親を亡くしてしまう。二人を引き取ったのは森ノ宮学園の理事長「森ノ宮羊子」で、羊子は竜一を森ノ宮学園に通わせる。竜一は羊子の言いつけによって、学校に通いながら森ノ宮の教師の子供を預かった保育ルームでベビーシッターをすることになった。

Read Article

デュラララ!!の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

「デュラララ!!」は、成田良悟によるライトノベル。及びそれを原作としたアニメ、コミック。 非日常に憧れ都会の高校に進学した「竜ヶ峰帝人」は、上京初日、都市伝説の一つである「首無しライダー」を目撃した。そこから帝人は数々の非日常に巻き込まれていくことになる。 池袋を舞台とし、様々な人間や人ならざる存在が繰り広げる群像劇。「歪んだ愛の物語」というテーマであり、数々の名言も排出されている。

Read Article

NEW

ゴールデンカムイの登場人物モデル&元ネタまとめ

北海道を主な舞台に、アイヌの隠し金塊を巡る苛烈な争奪戦を描いたサバイバル・バトル・グルメ・アドベンチャー漫画『ゴールデンカムイ』。アイヌ民族の姿をダイナミックに描いた人気漫画で、『北海道アイヌ協会』などからも評価される作品である。 そんな『ゴールデンカムイ』の登場人物の多くにはモデルが存在し、それを考察するのもファンの楽しみのひとつとなっている。公式の発言やファンの考察で明らかとなった「キャラクターのモデル」を紹介していく。

Read Article

NEW

【イタコマンガ家】『ゴールデンカムイ』作者以外の漫画家風二次創作まとめ【金カムまつり】

『ゴールデンカムイ』とは、明治末期の北海道を舞台に繰り広げられる、アイヌの隠し金塊を巡る熾烈な争奪戦を描いた、野田サトルによる人気漫画である。 バトル、サバイバル、アドベンチャー、歴史ロマンなど様々なエッセンスを含み、アニメも4期シリーズまで続いている。ファンによる“作者以外の画風で描いた二次創作”、いわゆる「イタコマンガ家」イラストを紹介する。

Read Article

NEW

『ゴールデンカムイ』樺太編までの登場人物・キャラクターまとめ

『ゴールデンカムイ』とは、北海道を主な舞台として繰り広げられる金塊争奪戦に、バトル、グルメ、サバイバルの要素をてんこ盛りにした人気漫画である。 作中には日露戦争の英雄やアイヌ民族の少女、脱獄王や幕末の生き残りなど様々なキャラクターが登場。そのいずれもが一癖も二癖もある者ばかりで、それぞれの思惑で物語を引っ掻き回して作品を盛り上げている。そんな『ゴールデンカムイ』を彩るキャラクターたちを紹介する。

Read Article

NEW

【チタタプ】『ゴールデンカムイ』のアイヌグルメまとめ【脳みそ】

隠し金塊を巡る、アイヌ、軍部、幕末の生き残りたちの熾烈な争奪戦を描いた『ゴールデンカムイ』。バトル、アドベンチャー、サバイバル、歴史ロマンと数多くの要素を詰め込んだ人気漫画である。 作中に登場するアイヌの少女アシリパは、仲間たちに様々なアイヌ料理を振る舞っている。北海道のご当地料理などもたびたび登場し、激しい戦いが描かれる一方でグルメ漫画としての一面も持つ。そんな『ゴールデンカムイ』に登場する料理を紹介する。

Read Article

NEW

【ゴールデンカムイ】アシㇼパの画像まとめ【アイヌ】

アシㇼパとは、大人顔負けの狩りの腕前を持つアイヌ民族の少女で、『ゴールデンカムイ』のヒロイン兼もう1人の主人公である。 主人公・杉元佐一と共に、殺された父の足跡を追う形で隠し金塊の争奪戦に身を投じる。しかし物語が進む中でその父こそが全ての仕掛人であったこと、自身がアイヌの新しいリーダーとなるべく育てられたことが明らかとなり、彼女自身が争奪戦のキーマンとなっていく。そんなアシㇼパの画像を紹介する。

Read Article

NEW

『ゴールデンカムイ』の刺青人皮の囚人まとめ

明治末期の北海道を主な舞台に、バトル、アドベンチャー、歴史ロマン、サバイバル、そしてグルメといった様々な要素をてんこ盛りにした『ゴールデンカムイ』。アイヌ民族の姿をダイナミックに描き、『北海道アイヌ協会』などからも評価される人気漫画である。 そんな『ゴールデンカムイ』に登場する重要アイテムが、作中の多くの人物が追う“アイヌの隠し金塊”の在処を記した「刺青人皮」。その刺青人皮を彫り込まれた囚人たちを紹介する。

Read Article

NEW

【ゴールデンカムイ】江渡貝弥作の活躍まとめ【剥製職人】

「2016年マンガ大賞」にて大賞を、「2018年手塚治虫文化大賞」にてマンガ大賞を受賞するなど、高い評価を受ける『ゴールデンカムイ』。膨大な資料に基づいたダイナミックなストーリーの中で魅力的なキャラクターたちが躍動する人気漫画である。 中でも剥製職人の江渡貝弥作を巡る一連の展開は、未だにファンの間で語り草になっている。当時の反応を紹介する。

Read Article

NEW

【マンガ大賞】一攫千金サバイバル漫画『ゴールデンカムイ』の魅力まとめ【大賞受賞作】

日露戦争の英雄、アイヌ民族の少女、武装蜂起を目論む軍部、幕末の生き残りが繰り広げる「アイヌの隠し金塊」争奪戦を描いた人気漫画『ゴールデンカムイ』。その魅力的な世界観、かつてない設定、秀逸なストーリー、個性的なキャラクターたちで高い評価を博し、2016年には『マンガ大賞』の大賞、2018年には『手塚治虫文化大賞』でマンガ大賞を受賞するなど様々な栄冠に恵まれている。 そんな『ゴールデンカムイ』の序盤の展開と、キャラクターたちについて紹介する。

Read Article

NEW

『ゴールデンカムイ』 おもしろ画像&注目ツイートまとめ

バトル、サバイバル、アドベンチャー、歴史ロマン、そしてグルメと様々なエッセンスを詰め込んだ『ゴールデンカムイ』。「明治末期の北海道で繰り広げられるアイヌの隠し金塊争奪戦」という魅力的な題材を見事に描いた、野田サトルの人気漫画である。 ファンの活動も活発で、Twitter上では『ゴールデンカムイ』に関する様々な考察、感想、画像などが発信されている。ここではそれらを紹介する。

Read Article

目次 - Contents