土井新蔵(ゴールデンカムイ)の徹底解説・考察まとめ

土井新蔵(どい しんぞう)とは野田サトルの漫画作品『ゴールデンカムイ』の登場人物である。埋蔵されたアイヌの金塊の暗号となっている刺青が体に彫られた24人の囚人の1人である。幕末に土佐藩の勤皇派におり、幕府の要人など何人も殺害した殺し屋であった。その後北海道・根室に流れ着きアイヌの女性と結婚するも、土井に恨みを持つ者が妻を拐った。妻を取り戻すために、妻を拐った人物を殺め、釧路の海岸で捉えられ囚人となった。妻が病で先が短いことを知り網走監獄を脱獄した。最期を看取った後は根室の漁場で働いている。

土井新蔵のプロフィール・人物像

CV:清川元夢、小野大輔(若き日の用一郎)

土井新蔵(どい しんぞう)とは野田サトルの漫画作品『ゴールデンカムイ』の登場人物で、アイヌの金塊の暗号を示した刺青が体に彫られている囚人の1人である。土井新蔵という名前は本名ではなく、用一郎が本名である。元々は幕末に活躍した土佐藩の武士で、幕府の要人を殺す殺し屋であった。土井はいい日本を築き上げるために「先生」と呼ぶ人物の指示に従い、何人もの人を天誅(天に代わり罰を加える)と称して殺した。しかし結局は「先生」に利用されていただけで最後は見捨てられてしまい、捕まった。
その後、北海道・根室に流れ着きアイヌ民族の住む集落でアイヌの女性と結婚し生活していた。生活は順調かに思われたが、土井が殺した幕府の要人の遺族が、土井を恨み土井の妻を人質に取った。土井は妻を取り戻すために、妻をさらった人物を殺めて網走監獄の囚人となった。土井は監獄内で妻が病気で寿命が近いことを知ると、妻の最期を看取るために網走監獄から脱獄した。妻の最期を看取った後は、アイヌの集落の近くにある漁場に勤めて仕事をしている。髪の毛は全体が白髪となり、痩せ細ってとぼとぼ歩いている様子が度々見られる。
土井は寝小便をしたり認知症気味であるが、ある日土井が殺した幕府の要人の遺族がやってきて土井を斬り殺そうとした時、土井は当時を思い出したのか、当時のまま時が止まっていたのか、かつての人斬り用一郎となった。土井の目には周りの人や景色全てが幕末の様になって映っていた。刺青を狙って土井のことを追っていた、元新撰組副長・土方歳三(ひじかた としぞう)、同じく元新撰組・永倉新八(ながくら しんぱち)、刺青の囚人・牛山辰馬(うしやま たつうま)もちょうど同じ時に土井の元へやってきた。幕末のまま時が止まっている土井は、土方の事も新撰組だった頃の姿に見えていた。土井は自分を狙うものを「天誅」(神の代わりに天罰を加えること)と言い次々殺していった。そして土方から逃げるように走っていくうちに、当時「先生」と呼んでいた人物に裏切られた事を思い出し、涙を流した。走り続けて崖の端に到達したところで、土井と土方は両者向かい合い刀を振り上げたが、土井は土方に腹を斬られた。事切れる直前、亡くなった土井の妻が土井のことを迎えにきたように、微笑んでそばに立っていた。それを見た土井は目を見開き驚いた表情をして、息を引き取った。

土井新蔵の装備・能力

剣術

若き日の人斬り用一郎

幕末、土井は土佐藩の武士であり、幕府の要人を何人も殺害する殺し屋であったため、剣術に長けている。当時は「人斬り用一郎」と言われていたため、かなり優秀な殺し屋だったであろう。老いてしまってからはその面影はなく寝小便をしたり認知症気味であったが、土井が殺害した幕府の要人の遺族が土井に襲いかかってきた際、当時の力を発揮した。土井の中では幕末のまま時が止まっていたため、当時の「人斬り用一郎」のように自分を追ってきたものを次々に斬り殺していった。

土井新蔵の来歴・活躍

ゴールデンカムイについて

アイヌの金塊伝説とは

『ゴールデンカムイ』ではアイヌの金塊伝説が物語の中心である。時は明治末期、かつてアイヌ民族から奪われた莫大な埋蔵金が北海道のどこかに眠っているという噂が広まった。その埋蔵金は日本の国家予算の三分の一と言われており、国外に持ち出せば相場は跳ね上がり高額になるという。そのため、それぞれ自らの目的のため埋蔵金を狙い争奪戦が起こった。金塊を狙う者は、元新撰組「鬼の副長」土方歳三、「不死身の杉元」と呼ばれる陸軍の杉元佐一(すぎもと さいち)や、陸軍最強と謳われる第七師団を率いる鶴見(つるみ)などがいる。

刺青の囚人とは

北海道・網走監獄に、アイヌ民族を殺害し金塊を奪ったと言われる男・のっぺら坊が収監されている。のっぺら坊は外にいる仲間に金塊の在処を教えるために、24人の囚人の体に暗号として刺青を掘り脱獄させた。24人の全ての刺青を集めることによって金塊の隠し場所がわかるようなっているため、金塊を狙う者同士での争いが北海道各所で起こっている。政治犯として網走監獄に収監されていた元新撰組・土方歳三が脱獄を指揮した。24人は脱獄後、金塊を狙って追ってくる者たちから身を隠しつつ、各々好きな人生を生きていた。金塊には全く興味がなく自らの人生を生きる者、金塊を狙って囚人同士で手を組む者もいる。

土井新蔵の過去

土井が「先生」と呼ぶ人物

30年ほど前、土井新蔵は幕末の土佐藩で活躍した武士であった。土井は「先生」と呼ぶ人物の「勤皇主義が日本国を身分差別のない良い国にする」という思想を信じ、幕府の要人たちを暗殺するという汚れ仕事を受け持った。しかし、土井は「先生」に良いように使われていただけで、土井が捕らえられても「先生」は助けることはしなかった。

エトピリカ

釧路にて、土方、牛山、永倉の3人は8年前に釧路の海岸で捕まり収監された土井新蔵を追っていた。網走監獄の隠し部屋から、土井が隠し持っていた持ち物が発見された。それは手のひらに乗る小さなもので、3人はその物が何かを街の人に尋ねた。その小さなものを知っている人はおらず、牛山がたまたま通りかかったアイヌのヤン衆(ニシン漁のために雇われて働く人たち)にその日の寝床を求めて話しかけた。アイヌの男性はキラウシという名前で、3人はそのアイヌのもとで泊まる事になった。夕食を囲んでいる最中、土方は土井新蔵の隠し持っていた持ち物についてキラウシに尋ねた。男はそれがエトピリカという鳥の嘴の部分である事を知っていた。男はエトピリカはアイヌ語で「嘴が美しい」という意味であり、嘴の部分は異性を惹きつける飾りのようなもので繁殖期が終わるとはがれ落ちるという事を3人に説明した。和人(アイヌから見た日本人のこと)はエトピリカは獲らないそうだ。その鳥は釧路より東の根室にしかいない鳥であるため、3人はそこに土井の手がかりがあるのではないかと思い、キラウシに根室のアイヌ集落まで案内してもらう事になった。土方は、土井新蔵は偽名であり、京都で土井新蔵に会った事があると話した。また、土井は「人斬り用一郎」と呼ばれ、幕末の要人などを何人も暗殺した殺し屋であったという。

北海道・根室

ぶつかった若者(左)、助けてくれた男性(右)

北海道・根室にて、土井は漁場で働いている。魚を背負って歩いていたところ、若者と衝突し転倒する。その若者は「いてぇな。じじい、真っ直ぐ歩け」と声を荒げるが、同じ漁場で働く別の男性は「お前も若いんだから避けろよ。爺さん、大丈夫か」と土井を気遣い立ち上がらせた。土井は助けてくれた男性と共に海沿い近くで休んでいると、男性に故郷や家族、名前などを尋ねられた。しかし何を質問されても土井は、「さぁ、なんだったかなぁ」と言い何も答えられなかった。
その頃、土井の捜索を依頼された4人の男が根室にやってきていた。土井は幕末にたくさんの幕府の要人を殺したため、要人の遺族の多くが土井のことを恨んでいる。土井が収容されていた網走監獄の監獄長である犬童四郎助(いぬどう しろすけ)は、網走監獄の元看守人たちに土井を捜索させたり、幕府の要人の遺族らに土井の情報を伝えるなどしていた。そのため、網走監獄の看守や、恨みを持つ要人の遺族など多くの刺客が土井のことを狙っている。4人の男もその刺客であり、自分たちが他のものより先に土井を見つけられるように急いだ。

アイヌの集落

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

ゴールデンカムイの名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

ゴールデンカムイは週刊ヤングジャンプに連載中の野田サトルによる漫画作品。明治時代の北海道を舞台に日露戦争で「不死身の杉元」と呼ばれた帰還兵杉元佐一とアイヌの少女アシリパを中心に隠された金塊をめぐる冒険漫画。過激な描写が特徴で作中では次々と個性的なキャラクターが登場するためインパクトのある名言・セリフが多い。

Read Article

ゴールデンカムイ(金カム)のネタバレ解説・考察まとめ

『ゴールデンカムイ』とは、『週刊ヤングジャンプ』で連載されている漫画。作者は野田サトル。2016年には「マンガ大賞」を受賞している。舞台は明治末期の北海道。主人公・杉元佐一は幼馴染・梅子の治療費を得るため大金を求め、一攫千金を目指してゴールドラッシュに湧いた北海道で砂金を集める生活を送っていたが、そんな杉元にあるアイヌ人が隠した埋蔵金の話が舞い込む。手がかりは、脱獄した囚人の体に掘られた入れ墨。一攫千金を巡るサバイバルバトルが開幕する。

Read Article

ゴールデンカムイの入れ墨の脱獄囚まとめ

『ゴールデンカムイ』とは、野田サトルによるサバイバルバトル漫画、およびそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品である。 日露戦争から生きて戻った杉元佐一は、幼馴染である梅子の病を治すために金が必要だった。そんな時、杉元はある男が隠したアイヌの金塊の存在を知る。その金塊の在処は、網走監獄の脱獄囚の身体に入れ墨として彫られていた。杉元は、アイヌの少女・アシㇼパと共に金塊を探し求める。

Read Article

ゴールデンカムイの料理まとめ

『ゴールデンカムイ』とは、野田サトルによるサバイバルバトル漫画、およびそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品である。 陸軍に所属していた杉元佐一は、日露戦争が終結した後、幼馴染の病を治す為、北海道で砂金採りをしていた。その時、杉元はアイヌが秘蔵していた金塊の存在を知る。杉元はアイヌの少女・アシㇼパと共に金塊を追い求める。 作中にはマタギやアイヌのユニークな料理が多数登場する。

Read Article

谷垣源次郎(ゴールデンカムイ)の徹底解説・考察まとめ

谷垣源次郎は、『週刊ヤングジャンプ』に2014年から連載が開始された、野田サトル原作の漫画・アニメ『ゴールデンカムイ』の登場人物。時代は明治時代の北海道。日露戦争(1904年~05年)終結から間もないころ、アイヌ民族が隠したとされる莫大な金塊のうわさを聞き、様々な理由と野望を胸に秘めた男たちが、誇り高き北の大地に集結する。その中で谷垣は金塊を追っている屯田兵の部隊、大日本帝国陸軍最強と謳われた北海道の第七師団(道民は畏敬の念を含めて「北鎮部隊」と呼ぶ)27聯隊に一等卒として所属している。

Read Article

尾形百之助(ゴールデンカムイ)の徹底解説・考察まとめ

尾形百之助(おがた ひゃくのすけ)とは『週刊ヤングジャンプ』で連載されている野田サトル原作の漫画・アニメ作品『ゴールデンカムイ』の作品に登場する銃さばきの上手い軍人。大日本帝国陸軍の第七師団に所属していたが、途中軍隊の上司である鶴見中尉を裏切った。その後は脱走兵として土方歳三とアイヌの金塊を探すため一緒に行動し、金塊の鍵を握るのっぺらぼうに会うため網走監獄に潜入した。そこでのっぺらぼうと一緒にいた杉元の頭を撃ち抜いて逃げた。それから新たな金塊の情報を探るべく誰にもすがらずに自分で旅を続けている。

Read Article

杉元佐一(ゴールデンカムイ)の徹底解説・考察まとめ

杉元佐一(すぎもとさいち)とは『週刊ヤングジャンプ』で連載されている野田サトル原作の漫画・アニメ作品『ゴールデンカムイ』の作品に登場する主人公。日露戦争を戦い抜いてきた元・陸軍兵士で、体に無数の傷を追ってきたが全く命を落とすことが無かった。その活躍ぶりから、軍人の間では『不死身の杉元』と言われている。杉元が金塊を探しに北海道の山に入ると、アイヌの少女アシリパと出会う。後に少女の父は金塊を隠した人物であることを知り、お互いの目的を果たすために一緒に旅を始める。

Read Article

アシリパ(ゴールデンカムイ)の徹底解説・考察まとめ

アシリパとは『週刊ヤングジャンプ』で連載されている野田サトル原作の漫画・アニメ作品『ゴールデンカムイ』の作品に登場する主人公の1人である。北海道の小樽近辺の集落に住むアイヌの少女で、大人顔負けの精神力と狩猟技術と調理技術の持ち主。伝統を尊重しながら時代の変化を柔軟に受け入れ、「新しいアイヌ」たることを信念としている。アイヌが隠した金塊とそれを巡る殺人事件に父が関与していた事を知り、その真実と真意を知るため、元日本兵でもう1人の主人公である杉元と共に、隠し金塊の謎へと挑んでいる。

Read Article

白石由竹(ゴールデンカムイ)の徹底解説・考察まとめ

白石吉竹(しらいしよしたけ)とは『週刊ヤングジャンプ』で連載されている野田サトル原作の漫画・アニメ作品『ゴールデンカムイ』の作品に登場する人物。通称「脱獄王」の異名を持つ天才的な牢破りである。脱獄する際は看守を騙す詐術や狭い隙間を通るための関節外しなど、脱獄のための多彩な技術を持つ。体には金塊の隠し場所を描いた刺青が彫られており、同じ刺青が描かれている囚人の皮を集めるとありかが分かるようになっている。金塊の手掛かりとなる刺青を持つ囚人たちを探して、北海道で出会った仲間達と共に旅を続けている。

Read Article

辺見和雄(ゴールデンカムイ)の徹底解説・考察まとめ

辺見和雄(へんみ かずお)とは野田サトルの漫画作品『ゴールデンカムイ』の登場人物で、体に刺青を掘られた24人の囚人のうちの1人。この刺青は埋蔵金の手掛かりとなっていて、多くの人や組織に狙われている。表向きでは人当たりがいいが、その正体は日本各地で100人以上を殺してきた殺人鬼。幼少期にイノシシに無残に食い殺された弟の死に方に憧れ、自分を残酷に殺してくれる人を求めている。辺見の刺青を狙う主人公・杉元佐一と死闘を繰り広げた後、シャチに海に引き摺り込まれた。想像を超える死に方ができて満足気だった。

Read Article

姉畑支遁(ゴールデンカムイ)の徹底解説・考察まとめ

姉畑支遁(あねはたしとん)とは、『週刊ヤングジャンプ』で連載の野田サトル原作の漫画・アニメ作品『ゴールデンカムイ』の作品に登場する人物。刺青の囚人のうちの一人であり、動物学者。動物、植物をこよなく愛し、研究している。だが嫌がる動物を無理矢理犯したり植物を傷つけて射精するなど異常な性格の持ち主。自分の欲望のままに行為をしたにも関わらず、行為後は大変後悔をする。そして自分が犯した動物や植物に責任を一方的に擦り付け動物は殺害、植物はナイフで傷をつける、とかなり独善的で身勝手な行動をする。

Read Article

二瓶鉄造(ゴールデンカムイ)の徹底解説・考察まとめ

二瓶鉄造(にへいてつぞう)とは、『ゴールデンカムイ』の登場人物で、かつて網走監獄にてのっぺらぼうに暗号の入れ墨を入れられた脱獄囚のひとりである。猟師であり一度狙った獲物への執着心が強い。「冬眠中のヒグマもうなされる悪夢の熊撃ち」と評され、その名はアイヌや他のマタギに広まるほど。エゾオオカミ・レタラとの戦いで、レタラのつがいであるメスオオカミに首元を噛まれ、命を落とした。「山で死にたい」という思いがあった二瓶は、山で命を落とすことに満足気であった。その後杉元が入れ墨を剥がし、入れ墨人皮となる。

Read Article

江渡貝弥作(ゴールデンカムイ)の徹底解説・考察まとめ

江渡貝弥作(えどがいやさく)とは、野田サトルによる漫画作品『ゴールデンカムイ』の登場人物で、北海道・夕張で剥製工房を営んでいる青年である。剥製職人としての腕は良いが、人間の死体の皮で革細工を作るという歪んだ趣味を持っている。自分の実の母親を剥製にして所有。母親の偏った教育の下で成長したが、母を慕うなどマザコン気質の持ち主である。鶴見の依頼により贋物の刺青人皮を作成したが、刺青を狙う尾形や杉本に狙われる。初めて自分を受け入れてくれた鶴見を慕っており、最期は鶴見の為に自らの命を犠牲にした。

Read Article

NEW

月島基(ゴールデンカムイ)の徹底解説・考察まとめ

月島基(つきしま はじめ)とは『ゴールデンカムイ』の登場人物で大日本帝国陸軍第七師団、歩兵27部隊に所属している軍人。階級は「軍曹」。同部隊上司である鶴見中尉の側近として主人公である「杉本佐一」と対立する。一時は仲間として行動していたが、自身の任務を遂行するために再度敵として相まみえる。淡々と自身の任務を遂行していく傍らで、「江渡貝弥作」や「鯉登音之進」と接触していくことにより着実に感情が隠し切れない場面が出始めている。

Read Article

関谷輪一郎(ゴールデンカムイ)の徹底解説・考察まとめ

関谷輪一郎(せきや わいちろう)とは、『週刊ヤングジャンプ』で連載の野田サトル原作の漫画・アニメ作品『ゴールデンカムイ』の作品に登場する人物。24人の刺青囚人のうちの1人である。際立った戦闘力は無いが狡猾さと独自の信仰心を持ち、他人の命を「試練」と称し運任せで毒殺する異様な殺人を繰り返し投獄される。脱獄後は北海道の阿寒湖のほとりで刺青人皮を巡り土方一派を狙う。一時は土方と牛山を持ち前の狡猾さで戦うことなく倒して生き埋めにした。しかし仲間の門倉とキラウシの活躍で復活した土方に逆襲され力尽きる。

Read Article

犬童四郎助(ゴールデンカムイ)の徹底解説・考察まとめ

犬童四郎助(いぬどう しろすけ)とは野田サトルの漫画作品『ゴールデンカムイ』に登場するキャラクターで、網走監獄の典獄である。土方歳三が関わっている箱館戦争にて兄を亡くしているため恨みを持っており、職権を乱用し、私情で彼を幽閉していた。幽閉の日々を送る土方の目から“生きる希望”が消え去るのを待っていたが、アイヌの隠し金塊を巡る陰謀の中で土方は脱獄。「金塊の情報を求めて土方は再び網走監獄に戻ってくる」と予想し、その読み通りに現れた土方と死闘を繰り広げた末に、彼に斬られて息を引き取った。

Read Article

目次 - Contents