谷垣源次郎(ゴールデンカムイ)の徹底解説・考察まとめ

谷垣源次郎は、『週刊ヤングジャンプ』に2014年から連載が開始された、野田サトル原作の漫画・アニメ『ゴールデンカムイ』の登場人物。時代は明治時代の北海道。日露戦争(1904年~05年)終結から間もないころ、アイヌ民族が隠したとされる莫大な金塊のうわさを聞き、様々な理由と野望を胸に秘めた男たちが、誇り高き北の大地に集結する。その中で谷垣は金塊を追っている屯田兵の部隊、大日本帝国陸軍最強と謳われた北海道の第七師団(道民は畏敬の念を含めて「北鎮部隊」と呼ぶ)27聯隊に一等卒として所属している。

『ゴールデンカムイ』の概要

出典: www.google.com

ゴールドラッシュに沸いたころの北海道。その頃、鮭や鹿の猟を禁止し土地を奪うなどして先住民=アイヌ民族を迫害してきた日本人に対抗するために、一部のアイヌたちが密かに軍資金(砂金)を貯めていた。それを持っていたアイヌたちをひとりの男が皆殺しにし、強奪したという。
その男は警察に追われ、奪った金塊を北海道のどこかへ隠した。
やがて男は捕まり、死刑囚として地の果ての牢獄「網走監獄」に収監される。外にいる仲間に金塊の隠し場所を伝えるために男がしたことは、同房になった死刑囚たちの体に埋蔵金のありかをしるした暗号の入れ墨を彫り、ここ「網走監獄」からの脱獄に成功したものには金塊の分け前をやる、と脱獄を促すことだった。そして、その入れ墨は全員でひとつの暗号になっているらしい。

入れ墨を彫られた囚人は全部で24人。
金塊を手に入れるための「刺青人皮」を、ある者は手段を選ばず、また入れ墨を持つ囚人同士も協力しながらそれを集めていく。アイヌを皆殺しにして金塊を強奪し、果てには囚人たちに入れ墨をほどこし脱獄までさせた「その男」と関わりがあるアイヌの少女アシㇼパと、日露戦争から満期除隊となり「惚れたオンナのため」一攫千金を狙い北海道にやってきた杉元佐一の二人が奇しくもめぐり逢い、野望の渦に飛び込んでゆく壮大なサバイバルストーリー。

カント オㇿワ ヤク サㇰ ノ アランケㇷ゚ シネㇷ゚ カ イサㇺ

アイヌのことわざで、コミックスの表紙カバーの袖に必ず書かれてある言葉。
「天から役目なしに降ろされた物はひとつもない」
ゴールデンカムイを理解し、楽しむために覚えておきたい言葉だ。また、アイヌ言葉を表記するにあたり、小文字が用いられている。現在アイヌ語はカナとローマ字で書かれているが、カナはもともと日本語を表記するための文字なので、これは日本語に無い発音をより正確に伝えるためにされた工夫で、百年以上前から使われているものである。

谷垣源次郎のプロフィール・人物像

プロフィール

名前:谷垣源次郎
身長:作中では詳細不明。装備している銃の全長などから類推すると、170センチ~175センチほどではないかと思われる。
明治という時代を考えれば、大柄なほうであろう。
体重:作中では詳細不明だが、見るからに良いガタイをしている。新日本プロレスに所属するレスラーで、172センチ83キロの「BUSHI」という選手がいるので参考になるのではないか。
胸囲:124センチ

胸囲もさることながら濃い体毛もまた素晴らしい。

年齢:作中では詳細は不明。当時の徴兵義務年齢が二十歳からであったことなどから推測して、20代前半~半ばくらいではないかと考えられる。
設定として「ゴールデンカムイ公式サイト」の質問箱で作者が公開している情報によれば「オソマ < チカパシ < アシㇼパ< 夏太郎 < 鯉登少尉≒江渡貝くん < 杉元≒谷垣≒二階堂 < 尾形 < インカㇻマツ≒白石 < 月島軍曹 < キロランケ≒鶴見 < 辺見 < 牛山 < 二瓶 < 家永≒永倉 < 土方≒フチ」となる。

誕生日:6月28日 蟹座
血液型:A型
出身地:秋田県阿仁
好きなもの:きりたんぽ
嫌いなもの:しいたけ

人物像

義理堅く真っ直ぐな性格。漢気が人の形を成したかのような、熱い魂を持つ。雪深い国の猟師であることもあってか、心身ともに忍耐強い。
情にも厚く涙もろい一面もあり、一緒に旅をしたチカパシとの別れの際には惜別の涙を流した。
後の物語の中で、月島軍曹とともに曲芸の演目の脇で踊る少女たちの舞踊チーム「少女団」に配属されてしまうのだが、生来の真面目さで、文句一つこぼさずひたすら一生懸命に少女たちと可愛く踊るための練習に励んだ。

真面目過ぎる阿仁の踊り子。

また、練習の中でも自分の踊りの不出来さに「俺は少女団のお荷物です…ッ うまく…踊れない!!」と責任を感じ涙を見せていた。本作品において、屈指の体格の良さと真剣さを誇る谷垣だが、素直な感情表現も彼の数ある魅力の中の一つ。そして、純粋で真面目過ぎるがあまり、作品中屈指のいじられキャラでもある。

谷垣源次郎の装備・技術

武器

三十年式歩兵銃

作品中での開発者は「有坂成蔵」だが、現実には「有坂成章(アリサカナリアキラ)」

1897年(明治30年)に陸軍で採用され、国産連発式小銃として日露戦争において陸軍の主力小銃として使用された。弾は5発装填できる。
当初は軍からの刺客の役割を担い杉元らを追っていたため、杉元を含めた登場人物はほぼこの銃を装備している。

村田銃(十八年式単発銃)

開発者は薩摩藩・日本陸軍の火器専門家だった村田経芳。1880年(明治13年)に日本軍が採用した最初の国産小銃。

山中で負傷し行き倒れていた谷垣を助けた「伝説の熊撃ち」二瓶鉄造の愛用銃。1発づつしか弾が入らない。
マタギである谷垣の父親も使っていたらしく、二瓶に向かって「そういうのは“こだわりふじゃねぇ 時代遅れっていうんだ」と毒づくが、後に彼の生き方に関わるほど重要な意味を持つことになる。

Jirotake1115
Jirotake1115
@Jirotake1115

Related Articles関連記事

ゴールデンカムイ(金カム)のネタバレ解説・考察まとめ

『ゴールデンカムイ』とは、『週刊ヤングジャンプ』で連載されている漫画。作者は野田サトル。2016年には「マンガ大賞」を受賞している。舞台は明治末期の北海道。主人公・杉元佐一は幼馴染・梅子の治療費を得るため大金を求め、一攫千金を目指してゴールドラッシュに湧いた北海道で砂金を集める生活を送っていたが、そんな杉元にあるアイヌ人が隠した埋蔵金の話が舞い込む。手がかりは、脱獄した囚人の体に掘られた入れ墨。一攫千金を巡るサバイバルバトルが開幕する。

Read Article

白石由竹(ゴールデンカムイ)の徹底解説・考察まとめ

白石吉竹(しらいしよしたけ)とは『週刊ヤングジャンプ』で連載されている野田サトル原作の漫画・アニメ作品『ゴールデンカムイ』の作品に登場する人物。通称「脱獄王」の異名を持つ天才的な牢破りである。脱獄する際は看守を騙す詐術や狭い隙間を通るための関節外しなど、脱獄のための多彩な技術を持つ。体には金塊の隠し場所を描いた刺青が彫られており、同じ刺青が描かれている囚人の皮を集めるとありかが分かるようになっている。金塊の手掛かりとなる刺青を持つ囚人たちを探して、北海道で出会った仲間達と共に旅を続けている。

Read Article

アシリパ(ゴールデンカムイ)の徹底解説・考察まとめ

アシリパとは『週刊ヤングジャンプ』で連載されている野田サトル原作の漫画・アニメ作品『ゴールデンカムイ』の作品に登場する主人公の1人である。北海道の小樽近辺の集落に住むアイヌの少女で、大人顔負けの精神力と狩猟技術と調理技術の持ち主。伝統を尊重しながら時代の変化を柔軟に受け入れ、「新しいアイヌ」たることを信念としている。アイヌが隠した金塊とそれを巡る殺人事件に父が関与していた事を知り、その真実と真意を知るため、元日本兵でもう1人の主人公である杉元と共に、隠し金塊の謎へと挑んでいる。

Read Article

ゴールデンカムイの入れ墨の脱獄囚まとめ

『ゴールデンカムイ』とは、野田サトルによるサバイバルバトル漫画、およびそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品である。 日露戦争から生きて戻った杉元佐一は、幼馴染である梅子の病を治すために金が必要だった。そんな時、杉元はある男が隠したアイヌの金塊の存在を知る。その金塊の在処は、網走監獄の脱獄囚の身体に入れ墨として彫られていた。杉元は、アイヌの少女・アシㇼパと共に金塊を探し求める。

Read Article

ゴールデンカムイの料理まとめ

『ゴールデンカムイ』とは、野田サトルによるサバイバルバトル漫画、およびそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品である。 陸軍に所属していた杉元佐一は、日露戦争が終結した後、幼馴染の病を治す為、北海道で砂金採りをしていた。その時、杉元はアイヌが秘蔵していた金塊の存在を知る。杉元はアイヌの少女・アシㇼパと共に金塊を追い求める。 作中にはマタギやアイヌのユニークな料理が多数登場する。

Read Article

ゴールデンカムイの名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

ゴールデンカムイは週刊ヤングジャンプに連載中の野田サトルによる漫画作品。明治時代の北海道を舞台に日露戦争で「不死身の杉元」と呼ばれた帰還兵杉元佐一とアイヌの少女アシリパを中心に隠された金塊をめぐる冒険漫画。過激な描写が特徴で作中では次々と個性的なキャラクターが登場するためインパクトのある名言・セリフが多い。

Read Article

杉元佐一(ゴールデンカムイ)の徹底解説・考察まとめ

杉元佐一(すぎもとさいち)とは『週刊ヤングジャンプ』で連載されている野田サトル原作の漫画・アニメ作品『ゴールデンカムイ』の作品に登場する主人公。日露戦争を戦い抜いてきた元・陸軍兵士で、体に無数の傷を追ってきたが全く命を落とすことが無かった。その活躍ぶりから、軍人の間では『不死身の杉元』と言われている。杉元が金塊を探しに北海道の山に入ると、アイヌの少女アシリパと出会う。後に少女の父は金塊を隠した人物であることを知り、お互いの目的を果たすために一緒に旅を始める。

Read Article

目次 - Contents