ゴールデンカムイの料理まとめ

『ゴールデンカムイ』とは、野田サトルによるサバイバルバトル漫画、およびそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品である。
陸軍に所属していた杉元佐一は、日露戦争が終結した後、幼馴染の病を治す為、北海道で砂金採りをしていた。その時、杉元はアイヌが秘蔵していた金塊の存在を知る。杉元はアイヌの少女・アシㇼパと共に金塊を追い求める。
作中にはマタギやアイヌのユニークな料理が多数登場する。

『ゴールデンカムイ』の概要

『ゴールデンカムイ』とは、野田サトルによるサバイバルバトル漫画、およびそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品である。
『週刊ヤングジャンプ』で連載が始まり、看板作品となった。コミックスの累計発行部数は1000万部を超えている。

日露戦争が終結し、陸軍に所属していた杉元佐一は北海道で砂金採りをしていた。それは、幼馴染である梅子が抱える眼の病を治すためだった。その時、杉元はアイヌが秘蔵していた金塊の存在を知る。その金塊は、アイヌの『のっぺら坊』と呼ばれる男が強奪し、どこかへ隠していた。のっぺら坊は、網走監獄へ収監されていた。のっぺら坊は外にいる仲間に金塊の場所を知らせるために、網走監獄の囚人たちの身体に金塊の在処を示す入れ墨を入れ、脱走させた。
杉元佐一はのっぺら坊の子供であるアシㇼパと出会い、金塊を探し求める。

「グルメ漫画」「狩猟漫画」としての側面

「グルメ漫画」を掲げ、作中で北海道に縁ある食材や料理(主にアイヌ料理)が登場。調理や食事が描かれ各キャラクターが多様な表情を見せる。
元々は「狩猟漫画」として構想されていたが、それだけではネタが足らないと作者が考えたため、「金塊」「アイヌ」「埋蔵金伝説」といった要素が付け足された。元が狩猟漫画として練られていた為、多くの料理が登場する。アイヌであるアシㇼパが仲間にいる為に、アイヌの珍しい食文化も知ることができる。この食事シーンが、『ゴールデンカムイ』の魅力の一つとなっている。

チタタㇷ゚

新鮮な動物や魚の肉を包丁などで叩いた料理。『チタタㇷ゚』とは、アイヌの言葉であり「我々が(チ)刻む(タタ)もの(ㇷ゚)」という意味である。
『チタタㇷ゚』を作る時には、複数の者が代わりがわりに「チタタㇷ゚、チタタㇷ゚」と言いながら肉を叩くのが慣わしである。このルールを守らないとアシㇼパから怒られる。生のまま食べるのが普通だが、食べきれなかったり、生食に慣れない人がいた場合には、団子にして『オハウ(汁物)』の中に入れられる事もある。

作中に何度も登場する料理であり、多くの人物が口にしている。『チタタㇷ゚』を作ったある者は、『チタタㇷ゚』初心者になぜか優越感を持っている。『チタタㇷ゚』を作った事がなかった谷垣を見た杉元や白石は「チタタプ処女かよ源次郎ちゃん」「チタタプって上手に言えるかなぁ」「おお〜上手いじゃねえか。ほんとに上手いじゃねえか。ほんとに初めてか?ああ〜」と声をかけている。

エゾリスのチタタㇷ゚

毛を剥ぎ、内臓を抜いたエゾリスを丸ごとチタタㇷ゚にする。オハウの中に肉団子として入れられた。
エゾリスは肉が少ない為に脳ミソもチタタㇷ゚にする。この時、杉元はアシㇼパに脳ミソだけを食べさせられたが、微妙な顔をしていた。

イセポのチタタㇷ゚

『イセポ』とは『エゾユキウサギ』のことである。エゾユキウサギは体格の割に食べるところが少ないのでチタタㇷ゚にされることが多い。その際は、耳の部分も一緒にチタタㇷ゚にされる。
杉元はアシㇼパから獲物を捕った男だけが食べる事ができるウサギの目玉を食べさせられた。

ユㇰのチタタㇷ゚

『ユㇰ』とは、エゾシカの事である。セウリ(鹿の気管)も一緒にチタタㇷ゚にされた。
この時、アシㇼパに鹿の肺も生で食べると言われ、杉元がその肉にかぶりついたが、白石はその光景を冷ややかな目で見ていた。

ヤマシギのチタタㇷ゚

告げ口される尾形

尾形が銃で仕留めたヤマシギをチタタㇷ゚にした。
牛山と尾形はこれがチタタㇷ゚デビューとなった。尾形は「チタタㇷ゚」と言わずに肉を叩いており、それを杉元がアシㇼパに告げ口した。それを聞いたアシㇼパは、笑みを浮かべつつも呆れたようにため息をつき、「尾形ぁ〜……どうした?」と上から目線で話しかけた。
この時、牛島はヤマシギの脳ミソを生で食べるようにアシㇼパに勧められ、困惑していた。杉元はもう脳ミソは食べ慣れているようで、「ヒンナヒンナ!」と言いながら当然のように脳ミソを啜っていた。

脳ミソを勧められる牛山と、美味しそうに食べる杉元

コタンコㇿカムイのチタタㇷ゚

『コタンコㇿカムイ』とは、シマフクロウの事を指す。アシㇼパが罠で捕まえた。
気管、舌、脳味噌も一緒に刻まれる。杉元、白石、尾形はアシㇼパによって食べさせてもらった。その光景はまるで鳥の雛のようであった。

鮭のチタタㇷ゚

鶴の恩返し
鶴の恩返し
@tsuru-no-ongaeshi

Related Articles関連記事

NEW

ゴールデンカムイの入れ墨の脱獄囚まとめ

『ゴールデンカムイ』とは、野田サトルによるサバイバルバトル漫画、およびそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品である。 日露戦争から生きて戻った杉元佐一は、幼馴染である梅子の病を治すために金が必要だった。そんな時、杉元はある男が隠したアイヌの金塊の存在を知る。その金塊の在処は、網走監獄の脱獄囚の身体に入れ墨として彫られていた。杉元は、アイヌの少女・アシㇼパと共に金塊を探し求める。

Read Article

ゴールデンカムイ(Golden Kamuy)のネタバレ解説まとめ

2014年より「週刊ヤングジャンプ」で連載されている漫画。作者は野田サトル。2016年には「マンガ大賞」を受賞している。舞台は明治末期の北海道。主人公杉元佐一は幼馴染・梅子の治療費を得るため大金を求め、一攫千金を目指してゴールドラッシュに湧いた北海道で砂金を集める生活を送っていた。そんな杉元にあるアイヌ人が隠した埋蔵金の話が舞い込み、手がかりである入れ墨と一攫千金を巡るサバイバルバトルが開幕する。

Read Article

ゴールデンカムイ(Golden Kamuy)の名言・名セリフまとめ

ゴールデンカムイは週刊ヤングジャンプに連載中の野田サトルによる漫画作品。明治時代の北海道を舞台に日露戦争で「不死身の杉元」と呼ばれた帰還兵杉元佐一とアイヌの少女アシリパを中心に隠された金塊をめぐる冒険漫画。過激な描写が特徴で作中では次々と個性的なキャラクターが登場するためインパクトのある名言・セリフが多い。

Read Article

目次 - Contents