ゴールデンカムイの料理まとめ

『ゴールデンカムイ』とは、野田サトルによるサバイバルバトル漫画、およびそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品である。
陸軍に所属していた杉元佐一は、日露戦争が終結した後、幼馴染の病を治す為、北海道で砂金採りをしていた。その時、杉元はアイヌが秘蔵していた金塊の存在を知る。杉元はアイヌの少女・アシㇼパと共に金塊を追い求める。
作中にはマタギやアイヌのユニークな料理が多数登場する。

『ゴールデンカムイ』の概要

『ゴールデンカムイ』とは、野田サトルによるサバイバルバトル漫画、およびそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品である。
『週刊ヤングジャンプ』で連載が始まり、看板作品となった。コミックスの累計発行部数は1000万部を超えている。

日露戦争が終結し、陸軍に所属していた杉元佐一は北海道で砂金採りをしていた。それは、幼馴染である梅子が抱える眼の病を治すためだった。その時、杉元はアイヌが秘蔵していた金塊の存在を知る。その金塊は、アイヌの『のっぺら坊』と呼ばれる男が強奪し、どこかへ隠していた。のっぺら坊は、網走監獄へ収監されていた。のっぺら坊は外にいる仲間に金塊の場所を知らせるために、網走監獄の囚人たちの身体に金塊の在処を示す入れ墨を入れ、脱走させた。
杉元佐一はのっぺら坊の子供であるアシㇼパと出会い、金塊を探し求める。

「グルメ漫画」「狩猟漫画」としての側面

「グルメ漫画」を掲げ、作中で北海道に縁ある食材や料理(主にアイヌ料理)が登場。調理や食事が描かれ各キャラクターが多様な表情を見せる。
元々は「狩猟漫画」として構想されていたが、それだけではネタが足らないと作者が考えたため、「金塊」「アイヌ」「埋蔵金伝説」といった要素が付け足された。元が狩猟漫画として練られていた為、多くの料理が登場する。アイヌであるアシㇼパが仲間にいる為に、アイヌの珍しい食文化も知ることができる。この食事シーンが、『ゴールデンカムイ』の魅力の一つとなっている。

チタタㇷ゚

新鮮な動物や魚の肉を包丁などで叩いた料理。『チタタㇷ゚』とは、アイヌの言葉であり「我々が(チ)刻む(タタ)もの(ㇷ゚)」という意味である。
『チタタㇷ゚』を作る時には、複数の者が代わりがわりに「チタタㇷ゚、チタタㇷ゚」と言いながら肉を叩くのが慣わしである。このルールを守らないとアシㇼパから怒られる。生のまま食べるのが普通だが、食べきれなかったり、生食に慣れない人がいた場合には、団子にして『オハウ(汁物)』の中に入れられる事もある。

作中に何度も登場する料理であり、多くの人物が口にしている。『チタタㇷ゚』を作ったある者は、『チタタㇷ゚』初心者になぜか優越感を持っている。『チタタㇷ゚』を作った事がなかった谷垣を見た杉元や白石は「チタタプ処女かよ源次郎ちゃん」「チタタプって上手に言えるかなぁ」「おお〜上手いじゃねえか。ほんとに上手いじゃねえか。ほんとに初めてか?ああ〜」と声をかけている。

エゾリスのチタタㇷ゚

毛を剥ぎ、内臓を抜いたエゾリスを丸ごとチタタㇷ゚にする。オハウの中に肉団子として入れられた。
エゾリスは肉が少ない為に脳ミソもチタタㇷ゚にする。この時、杉元はアシㇼパに脳ミソだけを食べさせられたが、微妙な顔をしていた。

イセポのチタタㇷ゚

『イセポ』とは『エゾユキウサギ』のことである。エゾユキウサギは体格の割に食べるところが少ないのでチタタㇷ゚にされることが多い。その際は、耳の部分も一緒にチタタㇷ゚にされる。
杉元はアシㇼパから獲物を捕った男だけが食べる事ができるウサギの目玉を食べさせられた。

ユㇰのチタタㇷ゚

『ユㇰ』とは、エゾシカの事である。セウリ(鹿の気管)も一緒にチタタㇷ゚にされた。
この時、アシㇼパに鹿の肺も生で食べると言われ、杉元がその肉にかぶりついたが、白石はその光景を冷ややかな目で見ていた。

ヤマシギのチタタㇷ゚

告げ口される尾形

尾形が銃で仕留めたヤマシギをチタタㇷ゚にした。
牛山と尾形はこれがチタタㇷ゚デビューとなった。尾形は「チタタㇷ゚」と言わずに肉を叩いており、それを杉元がアシㇼパに告げ口した。それを聞いたアシㇼパは、笑みを浮かべつつも呆れたようにため息をつき、「尾形ぁ〜……どうした?」と上から目線で話しかけた。
この時、牛島はヤマシギの脳ミソを生で食べるようにアシㇼパに勧められ、困惑していた。杉元はもう脳ミソは食べ慣れているようで、「ヒンナヒンナ!」と言いながら当然のように脳ミソを啜っていた。

脳ミソを勧められる牛山と、美味しそうに食べる杉元

コタンコㇿカムイのチタタㇷ゚

『コタンコㇿカムイ』とは、シマフクロウの事を指す。アシㇼパが罠で捕まえた。
気管、舌、脳味噌も一緒に刻まれる。杉元、白石、尾形はアシㇼパによって食べさせてもらった。その光景はまるで鳥の雛のようであった。

鮭のチタタㇷ゚

shuichi
shuichi
@shuichi

Related Articles関連記事

谷垣源次郎(ゴールデンカムイ)の徹底解説・考察まとめ

谷垣源次郎は、『週刊ヤングジャンプ』に2014年から連載が開始された、野田サトル原作の漫画・アニメ『ゴールデンカムイ』の登場人物。時代は明治時代の北海道。日露戦争(1904年~05年)終結から間もないころ、アイヌ民族が隠したとされる莫大な金塊のうわさを聞き、様々な理由と野望を胸に秘めた男たちが、誇り高き北の大地に集結する。その中で谷垣は金塊を追っている屯田兵の部隊、大日本帝国陸軍最強と謳われた北海道の第七師団(道民は畏敬の念を含めて「北鎮部隊」と呼ぶ)27聯隊に一等卒として所属している。

Read Article

尾形百之助(ゴールデンカムイ)の徹底解説・考察まとめ

尾形百之助(おがた ひゃくのすけ)とは『週刊ヤングジャンプ』で連載されている野田サトル原作の漫画・アニメ作品『ゴールデンカムイ』の作品に登場する銃さばきの上手い軍人。大日本帝国陸軍の第七師団に所属していたが、途中軍隊の上司である鶴見中尉を裏切った。その後は脱走兵として土方歳三とアイヌの金塊を探すため一緒に行動し、金塊の鍵を握るのっぺらぼうに会うため網走監獄に潜入した。そこでのっぺらぼうと一緒にいた杉元の頭を撃ち抜いて逃げた。それから新たな金塊の情報を探るべく誰にもすがらずに自分で旅を続けている。

Read Article

アシリパ(ゴールデンカムイ)の徹底解説・考察まとめ

アシリパとは『週刊ヤングジャンプ』で連載されている野田サトル原作の漫画・アニメ作品『ゴールデンカムイ』の作品に登場する主人公の1人である。北海道の小樽近辺の集落に住むアイヌの少女で、大人顔負けの精神力と狩猟技術と調理技術の持ち主。伝統を尊重しながら時代の変化を柔軟に受け入れ、「新しいアイヌ」たることを信念としている。アイヌが隠した金塊とそれを巡る殺人事件に父が関与していた事を知り、その真実と真意を知るため、元日本兵でもう1人の主人公である杉元と共に、隠し金塊の謎へと挑んでいる。

Read Article

二瓶鉄造(ゴールデンカムイ)の徹底解説・考察まとめ

二瓶鉄造(にへいてつぞう)とは、『ゴールデンカムイ』の登場人物で、かつて網走監獄にてのっぺらぼうに暗号の入れ墨を入れられた脱獄囚のひとりである。猟師であり一度狙った獲物への執着心が強い。「冬眠中のヒグマもうなされる悪夢の熊撃ち」と評され、その名はアイヌや他のマタギに広まるほど。エゾオオカミ・レタラとの戦いで、レタラのつがいであるメスオオカミに首元を噛まれ、命を落とした。「山で死にたい」という思いがあった二瓶は、山で命を落とすことに満足気であった。その後杉元が入れ墨を剥がし、入れ墨人皮となる。

Read Article

NEW

ゴールデンカムイ(金カム)のネタバレ解説・考察まとめ

『ゴールデンカムイ』とは、『週刊ヤングジャンプ』で連載されている漫画。作者は野田サトル。2016年には「マンガ大賞」を受賞している。舞台は明治末期の北海道。主人公・杉元佐一は幼馴染・梅子の治療費を得るため大金を求め、一攫千金を目指してゴールドラッシュに湧いた北海道で砂金を集める生活を送っていたが、そんな杉元にあるアイヌ人が隠した埋蔵金の話が舞い込む。手がかりは、脱獄した囚人の体に掘られた入れ墨。一攫千金を巡るサバイバルバトルが開幕する。

Read Article

白石由竹(ゴールデンカムイ)の徹底解説・考察まとめ

白石吉竹(しらいしよしたけ)とは『週刊ヤングジャンプ』で連載されている野田サトル原作の漫画・アニメ作品『ゴールデンカムイ』の作品に登場する人物。通称「脱獄王」の異名を持つ天才的な牢破りである。脱獄する際は看守を騙す詐術や狭い隙間を通るための関節外しなど、脱獄のための多彩な技術を持つ。体には金塊の隠し場所を描いた刺青が彫られており、同じ刺青が描かれている囚人の皮を集めるとありかが分かるようになっている。金塊の手掛かりとなる刺青を持つ囚人たちを探して、北海道で出会った仲間達と共に旅を続けている。

Read Article

杉元佐一(ゴールデンカムイ)の徹底解説・考察まとめ

杉元佐一(すぎもとさいち)とは『週刊ヤングジャンプ』で連載されている野田サトル原作の漫画・アニメ作品『ゴールデンカムイ』の作品に登場する主人公。日露戦争を戦い抜いてきた元・陸軍兵士で、体に無数の傷を追ってきたが全く命を落とすことが無かった。その活躍ぶりから、軍人の間では『不死身の杉元』と言われている。杉元が金塊を探しに北海道の山に入ると、アイヌの少女アシリパと出会う。後に少女の父は金塊を隠した人物であることを知り、お互いの目的を果たすために一緒に旅を始める。

Read Article

江渡貝弥作(ゴールデンカムイ)の徹底解説・考察まとめ

江渡貝弥作(えどがいやさく)とは、野田サトルによる漫画作品『ゴールデンカムイ』の登場人物で、北海道・夕張で剥製工房を営んでいる青年である。剥製職人としての腕は良いが、人間の死体の皮で革細工を作るという歪んだ趣味を持っている。自分の実の母親を剥製にして所有。母親の偏った教育の下で成長したが、母を慕うなどマザコン気質の持ち主である。鶴見の依頼により贋物の刺青人皮を作成したが、刺青を狙う尾形や杉本に狙われる。初めて自分を受け入れてくれた鶴見を慕っており、最期は鶴見の為に自らの命を犠牲にした。

Read Article

ゴールデンカムイの入れ墨の脱獄囚まとめ

『ゴールデンカムイ』とは、野田サトルによるサバイバルバトル漫画、およびそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品である。 日露戦争から生きて戻った杉元佐一は、幼馴染である梅子の病を治すために金が必要だった。そんな時、杉元はある男が隠したアイヌの金塊の存在を知る。その金塊の在処は、網走監獄の脱獄囚の身体に入れ墨として彫られていた。杉元は、アイヌの少女・アシㇼパと共に金塊を探し求める。

Read Article

NEW

ゴールデンカムイの名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

ゴールデンカムイは週刊ヤングジャンプに連載中の野田サトルによる漫画作品。明治時代の北海道を舞台に日露戦争で「不死身の杉元」と呼ばれた帰還兵杉元佐一とアイヌの少女アシリパを中心に隠された金塊をめぐる冒険漫画。過激な描写が特徴で作中では次々と個性的なキャラクターが登場するためインパクトのある名言・セリフが多い。

Read Article

目次 - Contents