ゴールデンカムイ(金カム)のネタバレ解説まとめ

『ゴールデンカムイ』とは、『週刊ヤングジャンプ』で連載されている漫画。作者は野田サトル。2016年には「マンガ大賞」を受賞している。舞台は明治末期の北海道。主人公・杉元佐一は幼馴染・梅子の治療費を得るため大金を求め、一攫千金を目指してゴールドラッシュに湧いた北海道で砂金を集める生活を送っていたが、そんな杉元にあるアイヌ人が隠した埋蔵金の話が舞い込む。手がかりは、脱獄した囚人の体に掘られた入れ墨。一攫千金を巡るサバイバルバトルが開幕する。

『ゴールデンカムイ』の概要

2014年に発売された『週刊ヤングジャンプ』38号より連載されている野田サトルによるサバイバルバトル漫画。アイヌ語研究者の中川裕がアイヌ語監修を務めている。登場人物同士の命をかけた激しいバトルやコミカルなギャグ、資料取材、監修に基づいたアイヌの風習や文化の細やかな描写、グルメ漫画のような食事風景が見どころである。2016年には書店員などに選ばれる漫画賞である「マンガ大賞」を受賞、さらに2018年には「第22回手塚治虫文化賞」のマンガ大賞を受賞した。

『ゴールデンカムイ』のあらすじ・ストーリー

明治末期の北海道。日露戦争を生き延び、「不死身の杉元」の異名を持つ元軍人・杉元佐一は、眼病に冒された幼馴染・梅子の治療費を得るため大金を求めていた。
ゴールドラッシュに沸く北海道に赴いた杉元は、ここで砂金さらいを始める。すでに大半が採り尽くされていたのかこれといった成果が出ない中、杉元は同僚の飲兵衛から“アイヌの隠し金塊”の話を聞かされる。

和人の弾圧に対抗するための軍資金として、かつて一部のアイヌが北海道中から大量の砂金を集めたのだという。しかしその隠し場所を知る7人のアイヌは、金の独占を目論むとある男に殺されてしまう。唯一金塊の隠し場所を知るその男も警察に捕らえられ、網走監獄に収監される。男が外にいる仲間に金塊の隠し場所を報せたい一方で、金塊の横取りを狙う看守たちは情報を得ようと徹底的に彼を見張る。脚の腱を切られて脱獄することもままならなくなった男は、作業の合間を見て秘密の暗号を用意した。
網走監獄にいた死刑囚たちに、隠し金塊の情報を暗号化した入れ墨を彫り込み、彼らに「ここから脱獄したら金塊を半分やる」と持ちかけたのだ。入れ墨は全員分で1つの暗号として成立するらしく、首尾よく脱獄した入れ墨の死刑囚たちは今も北海道のどこかを逃げ回っている。

酔っ払いの与太話だとほとんど聞き流していた杉元だが、ヒグマに襲われて死んだその飲兵衛の体に暗号らしき入れ墨が施されているのを見て、先ほどの彼の話は真実だったのだと確信する。自身も別のヒグマに襲われ、危ういところをアイヌの少女アシリパに助けられた杉元は、「飲兵衛の死体を取り戻しにヒグマが戻って来る、死にたくなければ死体を捨てて逃げろ」という彼女に隠し金塊の情報を打ち明ける。梅子の治療のためには大金が必要で、そのためにはここで飲兵衛の死体をヒグマに食われるわけにはいかないからだ。
突拍子もないこの話を、しかしアシリパは「信じる」と言い切る。殺された7人のアイヌの中には、彼女の父親もいたのだ。協力してヒグマを仕留めた後、杉元は金塊を手に入れるために、アシリパは父の仇討ちのために、彼らは手を組んで入れ墨の死刑囚探しに取り組むこととなる。

隠し金塊を求め、その手掛かりとなる入れ墨の死刑囚を探しているのは杉元たちだけではなかった。心身ともに尋常ならざる切れ者の鶴見篤四郎中尉と、彼に付き従う陸軍第七師団。戊辰戦争で死んだはずが密かに生き延び、自身も網走監獄で入れ墨を施された土方歳三とその仲間たち。さらに脱獄王の異名を持つ白石由竹、元マタギの兵士・谷垣源次郎、第七師団を離反した凄腕の狙撃手・尾形百之助、元第七師団でアシリパの親族であるキロランケもそこに加わり、敵味方が激しく入れ替わる中、金塊の暗号を記した入れ墨の争奪戦は混迷を深めていく。

そして杉元たちは、「アシリパの父親は死んでいない」という衝撃の事実を知る。網走監獄に収監され、拷問によって顔の皮膚を溶かされた“のっぺら坊”と呼ばれる男こそ、自分の死を偽装してまでアイヌの隠し金塊を守ろうとしたアシリパの父ウイルクだったのだ。
杉元たちは土方一味と一時休戦し、網走監獄に潜入する。「娘のアシリパになら隠し金塊についての情報を教えるかもしれない」と考えた土方たちに、ウイルクに会って事の真偽を確かめたいアシリパが乗った形である。そこに同じくウイルクの身柄を狙う第七師団が乗り込み、隠し金塊の独占を目論む看守と混乱に乗じて逃げ出そうとする囚人に向けて攻撃を開始。網走監獄は戦場さながらの地獄絵図と化す。

混乱の中、仲間とはぐれた杉元はウイルクと邂逅する。彼が娘の仲間だと知ったウイルクは、「アシリパにはもう暗号を解くための手掛かりを与えてある」こと、「大国に虐げられる少数民族が独立するためのリーダーとしてアシリパを育てた」ことを口にする。隠し金塊も、ウイルクにとってはその時に備えた軍資金だったのだ。
戦場という地獄を知る杉元は、当然のように娘を戦争の道具にせんとするウイルクに激昂する。アシリパ個人の幸せのために憤る杉元を見たウイルクは、彼を信用に足る人物だと判断したのか「7人のアイヌを殺したのは自分ではない」と新たな事実を打ち明ける。しかしその時、一発の銃弾がウイルクの頭部を貫く。直後、杉元も頭部を撃ち抜かれてその場に倒れるのだった。

杉元を撃ったのは、土方一味に協力していたはずの尾形だった。密かにキロランケと通じていた尾形は、彼の命令でウイルクを、そして自分の独断で杉元を撃ったのだった。
キロランケは樺太アイヌの血を引く少数民族の生まれで、彼とその仲間たちは独立のために大国ロシアと戦い続けてきた。しかしもはや民族は消滅寸前、自分たち抵抗勢力もほぼ壊滅。そのためキロランケは当時からの仲間であるウイルクと共に北海道へと渡り、再起の準備に奔走していた。
しかしその中でウイルクは北海道のアイヌの在り方に魅せられ、次第に独自行動が増えていく。これをウイルクの“裏切り”だと判断したキロランケは、網走監獄でのやり取りの中でもはや彼と共に歩むことはできないと悟り、尾形に狙撃させたのだ。

暗号の秘密を知る者がアシリパだけになれば、彼女を確保している者だけが隠し金塊を手に入れられる。ウイルクが死に、直前に彼と何か話をしていた(=隠し金塊の情報を教えられた可能性がある)杉元も死んだ今、アシリパが暗号の秘密を思い出せばキロランケたちの勝利は確定する。キロランケと尾形は自分たちがウイルクと杉元を殺したことを秘密にしたまま、大切な人を一度に2人も失い意気消沈するアシリパ、彼女を案じて勝手についてきた白石と共に樺太へと渡る。そこでウイルクの過去を学ばせることで、彼女が教わったはずの隠し金塊につながる情報を思い出させようというのだ。

しかし杉元は死んではいなかった。谷垣によって危ういところを救われ、頭部を撃ち抜かれながらも恐るべき生命力を発揮して生還、わずかな期間で歩けるまでに回復していた。
アシリパから暗号の秘密を聞き出すために杉元を手懐けておきたい第七師団は、土方一味と袂を分かった彼を治療し、協力を申し出る。それを承諾し、アシリパとその親族に個人的な恩義を感じて協力する谷垣、第七師団の青年将校・鯉登音之進(こいとおとのしん)、ベテランの兵士で鯉登のお目付け役である月島基(はじめ)らと共に、杉元はアシリパ捜索の先遣隊として樺太を目指すのだった。

樺太の監獄に収監されていた、ウイルクとキロランケのかつての仲間であるソフィア・ゴールデンハンドという女性を脱獄させたキロランケ一行。海峡に流れ着いた流氷を渡り、大陸を目指して逃走する。ソフィアとの会話の中で、父・ウイルクの名前の由来を聞かれたアシリパは、昔ウイルクから聞かされたアイヌ語の名前「ホロケウオシコニ」について思い出す。それは、金塊の隠し場所につながる記憶であった。その様子に一人気づいていた尾形は、2人きりになったタイミングで、アシリパに何かを思い出したのではないかと問い詰める。白石は流氷が割れて一行とはぐれてしまい海に落ちそうになるが、それを助けたのは一行に追いついた杉元であった。再会を喜ぶ白石に、杉元は尾形とキロランケが結託してウイルクと自分を撃ったのだと説明する。キロランケ一行に近づこうとする杉元にいち早く気付いた尾形は、アシリパを連れて逃げ出す。一方、杉元を見失った谷垣、鯉登、月島たちは、ソフィアを置いてアシリパ達を探しにきたキロランケと遭遇する。インカラマッの件で因縁がある谷垣が即座に襲い掛かり、戦闘に発展。殴り合いの末、谷垣がキロランケの腹に、インカラマッが刺された際のマキリを刺す。

尾形はアシリパから何を思いだしたかを聞き出そうと嘘をつくも、看破され逆に毒矢を向けられる。諦めた尾形は、殺しをせずに清くあろうとするアシリパへの苛立ちから自分がウイルクを殺したことを話し殺してみろとけしかけるが、アシリパは矢を撃つことはできなかった。今度は尾形が銃を向けようとすると、そこに杉元が追いつく。「尾形!!」と叫ぶ杉元の声に驚いたアシリパは矢を引き絞っていた手を放してしまい、矢が尾形の右目に突き刺さる。笑みを浮かべながら倒れる尾形に、呆然と膝をつくアシリパ。杉元はナイフを手に取り尾形に切りかかるが、それはトドメをさすためではなく、アシリパを人殺しにさせまいと毒が回る前に目を摘出するためであった。尾形を手当てした杉元はアシリパとの再会を喜び抱き合う。杉元が生きていたことを泣いて喜ぶアシリパだったが、杉元の服の凍ったボタンにまぶたがくっついてしまい、それを白石のオシッコで溶かすのであった。

倒れている谷垣を見つけた鯉登と月島はキロランケの血痕をたどるが、仕掛けられた爆弾で月島が負傷する。キロランケに追いついた鯉登は戦闘の末に、「よくも私の部下たちをッ!」の声とともにキロランケの腹に刺さったマキリを抜いて首元に突き刺し、直後に追いついた月島と谷垣も銃でキロランケを撃つ。トドメをさそうとする谷垣だが、そこにアシリパがかけつける。ソフィアとの話の中で重要な記憶を思い出したことをアシリパがキロランケにひっそりと伝えると、キロランケは「この旅は無駄ではなかったのだ」と樺太での旅や家族のこと、ソフィアのことを思い起こし、アシリパに思いを託して絶命する。その様子を遠くから見ていたソフィアは、何もできない悔しさに叫んでいた。

ウイルクを殺したのかをキロランケに聞けなかったアシリパは、やはり父がアイヌを殺したのかと悩むが、杉元が網走監獄でウイルクはアイヌを殺していないと言っていたと話す。それを聞いたアシリパはキロランケから事情を聞いていそうなソフィアを探すも、既に姿は見当たらない。一行は一旦、負傷者のためにも北海道に戻ることとし、キロランケの遺体を残してその場をあとにした。そして、一行が去ってからソフィアがキロランケのもとに駆け付け、別れを告げるのであった。

ニヴフ民族の集落でケガの手当を受けた杉元たち。杉元は鶴見中尉と組んで金塊の分け前をもらう話になっていることをアシリパに話し、アシリパは金塊を見つけることで父・ウイルクやアイヌに起こったことの真相に近づきたいと言う。お互いの目指す道が同じであることを再確認し、改めて相棒としての絆を確認する二人。そして杉元は早く金塊を見つけてアシリパを血みどろの争いから解放することを決意する。

情報を聞き出すため、アシリパに負い目を感じさせないために、杉元たちは現地の医者に尾形の治療を頼むが、治療後の一瞬のスキをついて尾形は逃げ出してしまう。その際、鯉登が尾形から言われた言葉をきっかけに、鯉登は幼少期に攫われて鶴見中尉に助けられた出来事が、鶴見中尉自身が仕向けた狂言だったと気づく。

『ゴールデンカムイ』の登場人物・キャラクター

杉元佐一(すぎもとさいち)

主人公。元・大日本帝国陸軍第一師団一等卒白襷隊隊員。日露戦争を生き延び、満期で除隊した。
致命的な傷を受けても翌日には治り、格闘術、銃剣術に秀で鬼神のごとく戦場を駆け戦果を挙げたことなどから「不死身の杉元」としてその名が知られている。
親友・寅次の妻であり、幼馴染でかつての想い人であった梅子の治療費を得るため、ゴールドラッシュに沸く北海道に一人赴き、砂金を集めていた。
飲兵衛からアイヌの埋蔵金の噂話を聞き、手がかりである脱獄囚の刺青と埋蔵金を巡る争いへ加わることとなる。
慣れない土地で羆に襲われていたところをアシリパに救われ行動を共にするようになる。
普段は気さくで情に厚い性格だが、アシリパに危機が及ぶ時には激昂し殲滅を行う。
名前の由来は作者の曽祖父から。

アシリパ

アイヌ人の少女。羆に襲われていた杉元を救う。金塊の隠し場所を囚人に刺青として彫った「のっぺら坊」に父親を殺される。父の仇討ちも含めて杉元の埋蔵金探しに協力することになった。
アイヌ特有の豊富なサバイバル知識と狩猟技術を持ち、その都度、行動を共にする杉元たちに教えている。
味噌を「オソマ(大便)」と勘違いし嫌悪していたが、美味しさを知って以降は好んで食す。
名である「アシリパ」はアイヌ語で「新年」、「未来」を意味する。幼名は「エカシオトンプイ(意・祖父の尻の穴)」、和名「小蝶辺明日子(こちょうべあすこ)」。
なおアシリパの「リ」はアイヌ語の小書き「リ」で表記される。

renote.jp

白石由竹(しらいしよしたけ)

脱獄囚。「脱獄王」と呼ばれる脱走の天才。小細工と関節を脱臼させることを得意とする。
入れ墨を持つ脱獄囚であるが、第七師団に杉元が監禁された際に金塊の分け前を貰うことを条件に杉元を救い、行動を共にするようになる。
作中におけるネタキャラ。
実在する脱獄囚「白鳥由栄」がモデル。

renote.jp

キロランケ

ロシア系のアイヌ人。アシリパの父の友人。元・大日本帝国陸軍第七師団工兵部隊隊員。爆薬などの扱いに長けている。
アシリパに「のっぺら坊」の正体がアシリパの父親であることを教え、網走監獄を目指す杉元たちと行動を共にするようになる。

土方一行

土方歳三(ひじかたとしぞう)

元・新撰組副局長。入れ墨を持つ脱獄囚の一人。
史実では箱館戦争で戦死したとされているが、作中では生き延びて月形樺戸集治監に幽閉されていた。後に網走監獄に収監された。
北海道の独立を目指し、手始めに第七師団の殲滅を目論む。高齢だが刀の腕は健在。

hayasaka_sacas
hayasaka_sacas
@hayasaka_sacas

Related Articles関連記事

ゴールデンカムイの名言・名セリフまとめ

ゴールデンカムイは週刊ヤングジャンプに連載中の野田サトルによる漫画作品。明治時代の北海道を舞台に日露戦争で「不死身の杉元」と呼ばれた帰還兵杉元佐一とアイヌの少女アシリパを中心に隠された金塊をめぐる冒険漫画。過激な描写が特徴で作中では次々と個性的なキャラクターが登場するためインパクトのある名言・セリフが多い。

Read Article

NEW

アシリパ(ゴールデンカムイ)の徹底解説まとめ

アシリパとは『週刊ヤングジャンプ』で連載されている野田サトル原作の漫画・アニメ作品『ゴールデンカムイ』の作品に登場する主人公の1人である。北海道の小樽近辺の集落に住むアイヌの少女で、大人顔負けの精神力と狩猟技術と調理技術の持ち主。伝統を尊重しながら時代の変化を柔軟に受け入れ、「新しいアイヌ」たることを信念としている。アイヌが隠した金塊とそれを巡る殺人事件に父が関与していた事を知り、その真実と真意を知るため、元日本兵でもう1人の主人公である杉元と共に、隠し金塊の謎へと挑んでいる。

Read Article

白石由竹(ゴールデンカムイ)の徹底解説まとめ

白石吉竹(しらいしよしたけ)とは『週刊ヤングジャンプ』で連載されている野田サトル原作の漫画・アニメ作品『ゴールデンカムイ』の作品に登場する人物。通称「脱獄王」の異名を持つ天才的な牢破りである。脱獄する際は看守を騙す詐術や狭い隙間を通るための関節外しなど、脱獄のための多彩な技術を持つ。体には金塊の隠し場所を描いた刺青が彫られており、同じ刺青が描かれている囚人の皮を集めるとありかが分かるようになっている。金塊の手掛かりとなる刺青を持つ囚人たちを探して、北海道で出会った仲間達と共に旅を続けている。

Read Article

NEW

谷垣源次郎(ゴールデンカムイ)の徹底解説まとめ

谷垣源次郎は、『週刊ヤングジャンプ』に2014年から連載が開始された、野田サトル原作の漫画・アニメ『ゴールデンカムイ』の登場人物。時代は明治時代の北海道。日露戦争(1904年~05年)終結から間もないころ、アイヌ民族が隠したとされる莫大な金塊のうわさを聞き、様々な理由と野望を胸に秘めた男たちが、誇り高き北の大地に集結する。その中で谷垣は金塊を追っている屯田兵の部隊、大日本帝国陸軍最強と謳われた北海道の第七師団(道民は畏敬の念を含めて「北鎮部隊」と呼ぶ)27聯隊に一等卒として所属している。

Read Article

ゴールデンカムイの入れ墨の脱獄囚まとめ

『ゴールデンカムイ』とは、野田サトルによるサバイバルバトル漫画、およびそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品である。 日露戦争から生きて戻った杉元佐一は、幼馴染である梅子の病を治すために金が必要だった。そんな時、杉元はある男が隠したアイヌの金塊の存在を知る。その金塊の在処は、網走監獄の脱獄囚の身体に入れ墨として彫られていた。杉元は、アイヌの少女・アシㇼパと共に金塊を探し求める。

Read Article

ゴールデンカムイの料理まとめ

『ゴールデンカムイ』とは、野田サトルによるサバイバルバトル漫画、およびそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品である。 陸軍に所属していた杉元佐一は、日露戦争が終結した後、幼馴染の病を治す為、北海道で砂金採りをしていた。その時、杉元はアイヌが秘蔵していた金塊の存在を知る。杉元はアイヌの少女・アシㇼパと共に金塊を追い求める。 作中にはマタギやアイヌのユニークな料理が多数登場する。

Read Article

目次 - Contents