関谷輪一郎(ゴールデンカムイ)の徹底解説・考察まとめ

関谷輪一郎(せきや わいちろう)とは、『週刊ヤングジャンプ』で連載の野田サトル原作の漫画・アニメ作品『ゴールデンカムイ』の作品に登場する人物。24人の刺青囚人のうちの1人である。際立った戦闘力は無いが狡猾さと独自の信仰心を持ち、他人の命を「試練」と称し運任せで毒殺する異様な殺人を繰り返し投獄される。脱獄後は北海道の阿寒湖のほとりで刺青人皮を巡り土方一派を狙う。一時は土方と牛山を持ち前の狡猾さで戦うことなく倒して生き埋めにした。しかし仲間の門倉とキラウシの活躍で復活した土方に逆襲され力尽きる。

関谷輪一郎のプロフィール・人物像

性別:男
出身:不明(投獄前は北海道で活動していた)
職業:家畜獣医
特技:毒の作成
性格:狡猾
登場話:171話~176話

関谷輪一郎(せきや わいちろう)とは、漫画『ゴールデンカムイ』の登場人物で24人の刺青囚人の1人である。冬の阿寒湖周辺に潜伏し、自身を追う土方一派と頭脳戦を繰り広げた。

丸刈りの頭に太い眉、光の無い鋭い目つきが特徴の人物。神を熱心に信仰している。日曜日の教会に通う描写があることからキリスト教の信者であることが推測される。投獄前は北海道で家畜獣医として牧場の馬を診ていた。独特な信仰心から「運」というものに強い執着を持つ。この執着から人を「試練」と称した運試しで毒殺するという事件を連続で引き起こした。本人曰く「30人は殺した」とのこと。結果的に逮捕され、網走監獄に投獄される。そこでのっぺらぼうという囚人に刺青を掘られた後に脱獄。その後は刺青人皮を狙って冬の北海道阿寒湖周辺で刺青人皮を探す土方一派をターゲットにする。

この刺青を彫ったのっぺらぼうは、顔の皮を剥がされたアイヌであり、メインヒロインのアシㇼパの父親である。彼はアイヌの独立のために集めた金塊を仲間と共に北海道の何処かに隠した。そして仲間を殺し、金塊を一人占めしてしまったとされている。そしてその在処を示すため、のっぺらぼうは同じ監獄の囚人たちに仕掛けをした。関谷を含む24人の囚人に刺青を彫ったのだ。

彫られた刺青は暗号になっており、刺青ごと皮を剥ぎ取るか、写し取って24人分の刺青を集めてパズルのように組み合わせる仕掛けになっている。この仕掛けを解く事で金塊の在処を示す暗号が浮き上がるという仕組みになっていた。主人公の杉本佐一とヒロインでありのっぺらぼうの娘であるアシㇼパを始めとする様々な人間が、それぞれの思惑と欲望の為に刺青を追って金塊を狙う、というのが「ゴールデンカムイ」のメインストーリーである。

阿寒湖編ではその金塊を巡る一つの勢力である土方一派に焦点が当てられている。土方一派とは、旧幕府の元新選組副長土方歳三率いる金塊争奪戦の一勢力である。史実では土方歳三は戊辰戦争を最後まで戦い、北海道の五稜郭で戦死を遂げている。「ゴールデンカムイ」では土方歳三は生きていて網走監獄に収監されて年老いていた、という設定になっている。また、24人の刺青囚人の1人で彼の先導で刺青囚人は脱獄していた。脱獄後はかつての新選組の仲間や旧江戸幕府の関係者等を仲間にして金塊を狙っている。金塊を狙う目的は金塊を軍資金に北海道を「蝦夷共和国」として独立させる為だった。阿寒湖編では金塊の在処を示す刺青を狙って関谷輪一郎を追っていたが、逆に狙われる事になってしまう。

狡猾な殺人犯として登場

監獄での関谷

人を運試しで毒殺し投獄。本人曰く、「30人は殺した」とのこと。監獄では複数人の囚人と共に収監されていた。後に同じ刺青囚人の一人となる親分とも同じ房であった。そんな凶悪犯の多数いる房内でも凶行は続けられる。

外役(外での強制労働)の時に野生のトリカブトを房内に持ち込み、毒を密かに作成。それを食事の味噌汁に仕込む。ここでも運試しで人を殺すというこだわりで、房内の人間が不特定で一人死ぬように毒を仕込んだ。結果的に一人がこれを飲み絶命。同じ房のヤクザの親分(若山輝一郎)は自分を殺そうとした関谷を怒鳴りつけるも、その額には冷や汗が流れていた。本物のヤクザに怒鳴りつけられても顔色一つ変えず、また反省の色も一切なく平然としていた。駆けつけた看守達もその異様さに戸惑っていた。

自分の目的の為ならあらゆる手段を利用し、看守の目を盗んで殺しを行うという狡猾な殺人鬼として登場した。

実力が格上の人間を自分の得意分野で戦わせる知恵者

剣豪の土方に対して運試しで勝負を挑む

脱獄後、阿寒湖周辺にて刺青人皮を狙う土方一派をターゲットに定める。手始めに柔道の達人である牛山を狙う。その際、牛山の極度の女好きという悪癖を利用する。牛山の相手をする女郎を事前に買収し、女郎の手から毒を飲ませる。この時の毒は殺す事が目的ではなく、意識不明の状態にして拉致監禁する事が目的の毒だった。こうして巨漢で柔道の達人である牛山を戦う事なく倒した。その後は意識不明の牛山を根城へ持ち帰り、生き埋めにして閉じ込めた。

次に関谷は元新撰組副長で剣豪の土方歳三を狙う。この時は土方を一人で呼び出し、阿寒湖の上で既に捕らえている牛山を人質に交渉を行うというものだった。関谷は事前に氷の張る阿寒湖の畔に蚕の繭をくり抜き、その中に様々な種類の毒の丸薬と無毒の丸薬を詰めた繭の山を用意。関谷自身は木の影に隠れ、側には逃走用の馬を準備した。そして土方をそこに呼び出すと関谷はその中の丸薬を一つ土方に自ら飲むように指示。従わなければ捕らえている牛山は殺すと脅す。更に、牛山は土方が捕らえられていると言ったら迷わずその中の丸薬を一つ飲んで捕まった、と嘘で揺さぶりをかける。張り詰めた駆け引きの末に土方は毒の丸薬を飲み倒れてしまう。この時は殺す事を目的に致死量を超えた毒の丸薬を仕込んでいたが土方は死なず、意識不明の状態で辛うじて生きていた。関谷は驚嘆すると同時に、土方も人質として使う事を瞬時に思いつく。根城へ持ち帰り、生き埋めにして閉じ込めた。

柔道の達人であり巨漢の牛山、鬼の副長とかつて恐れられた剣豪土方歳三を関谷は戦う事なく捕らえる事に成功した。
分析能力が高く、牛山の場合は女好きという欠点を、土方の場合は仲間を思う義侠心を利用する事で毒を飲ませる、という自分の得意分野に勝負を持っていくのが上手い。また土方の時は逃走用の馬を敢えて見せる事で、強硬手段で土方が自分に切り掛かって来た場合、瞬時に逃走し行方をくらませてしまう事を悟らせた。土方の状況判断能力を逆手に取ったのである。用意周到で正面から戦えばまず勝てない相手でも、相手の特性や心理を分析して利用し毒を飲ませる狡猾さを見せた。

独自の信仰心からくる凶行

自分の命を懸けて1/2の確率で死ぬ賭けをする

関谷は生まれついての殺人鬼ではない。元々は神を熱心に信仰し娘を愛する好青年だった。が、落雷により理不尽に娘を失った事で神に対する不信と己の中の信仰心の狭間で深く悲しみ、苦しみ抜いた末に殺人鬼に変貌したという経緯を持つ。そのため己の欲望を満たすためではなく、信仰心の葛藤から殺人に及んでいる。

関谷自身の戦闘能力は皆無で、あくまでも頭を使って行動する。まずは相手の特徴や性格、人間関係を分析し、その上で相手の弱点を探り出し人質をとる。その際人質には致死性の無い毒を飲ませて意識不明の状態にしておき、棺に入れて几帳面に生き埋めにしておく。そして人質と引き換えに金銭を要求したり「試練」と称した一定の確率で死ぬ、所謂「毒のロシアンルーレット」を相手に強要するという手口である。単独犯で行動するので人質を見張れない為、生き埋めという手法を選択しているという。綿密に計画した上で関谷は人を殺すので、当時看守長だった門倉からは「狡猾」と評されている。また「試練」と称した毒のロシアンルーレットでターゲットが生き残る事も肯定している。殺人はあくまでも運試しであるため、必ずしも相手を仕留める訳では無いのが特徴だ。

関谷はあくまでも神の存在の有無を確認するために人を殺す。それ故に時として自分の命を賭ける事も厭わない。阿寒湖編の終盤では仮死状態の土方を巡って門倉と関谷は互いの命を賭けた「試練」を行う。その際、門倉に短刀を太腿に突き立てられて凄まれても取り乱す訳でもなく、土方の安否をチラつかせて自分と勝負する事を強要した。

相手に自分が用意した分野で勝負せざるを得ない状況を作り出し、「試練」と称した運試しで命を賭けさせる。更に行動原理が感情でも欲望でも無く、あくまでも「神の存在の有無を確かめる」事から来ている。それ故に狡猾で戦闘力が皆無であるにも関わらず、一人で剣豪や巨漢の柔道の達人を倒してしまうという恐ろしさを関谷は持っている。

殺人鬼の顔の裏に隠された本当の関谷輪一郎

殺人鬼になる前の関谷

かつての関谷は教会に通い、神を熱心に信仰し娘を愛する好青年であった。その頃の関谷の顔は、今とは全くの別人であるかのように穏やかであった。目には光があり、朗らかに笑っている。そんな彼が恐ろしい殺人鬼になってしまったのは、教会からの帰り道に雷に打たれて自分は生き残り、一緒に歩いていた娘が死んでしまった出来事からだ。それまで神を熱心に信仰していた関谷にとって、神の存在を疑う出来事になってしまった。
「どうして娘が選ばれたのか…」「なぜ俺じゃなかったのか」「運とは神の意志なのか」「俺のような人間を生き残らせるという事は神など存在しないのではないか」そんな想いが関谷の心に深い影を落としていく。延々と悩み苦しんだ末、関谷は「試練」と称した運試しで人を殺す殺人鬼となった。

狡猾に人を運試しで毒殺する殺人鬼の関谷であるが、その裏にあるのは娘への深い愛情である。愛情深く、神を熱心に信仰するが故に冷酷な殺人鬼に変貌してしまった。そこから見えるのは真面目で純粋な心を持ち、娘を愛した一人の父親の顔である。

関谷輪一郎の装備・能力

逃走用の馬

土方との駆け引きの際、用意した逃走用の馬。実際に乗馬する描写は無かったが、この馬の存在が土方に強硬手段を取らせない抑止力となった。土方に関谷が馬で逃げられるかもしれないという懸念を与えて武力行使を防ぎ、話し合いの駆け引きを行う状況を作り出した。戦闘力皆無である関谷の交渉のカードの一つである。

高い観察力と用意周到性

尻に刃物を隠していた事を瞬時に見抜く関谷

相手の目線の動き、行動から状況判断や意図を読み取る観察力。戦闘力の無い関谷の最大の武器である。この観察力を駆使して得られた情報から相手に対して有意に立てる状況を用意し、勝負を仕掛ける。劇中では牛山の女好きという性格を利用して人質にし、土方に武力を使う事なく毒を飲ませる事に成功した。その際に、「牛山は土方を助ける為に毒を飲んだ」という嘘で土方の義侠心を煽った。

人質の土方を巡って門倉を脅迫し氷の張った阿寒湖の中心を指定して駆け引きを行ったのも、スナイパーによる狙撃を防ぐためであった。また呼び出した門倉に武器を隠していないか服を脱がせ、尻に短刀を隠している事を瞬時に見抜いた。駆け引きの中で門倉が向いた視線の先から仲間がそちら方向に待機している事を察知し、事前に履いていたゲロリで氷上を滑って逃走した。この時の駆け引きはわざと失敗するように門倉達が仕組んでいたものであった。が、最終的に門倉達が関谷の居場所を特定する事を前提に行動していたので、駆け引きが成功するにしろ失敗するにしろ関谷の手の上で踊っていた事になる。居場所を特定される事を前提に行動していた為阿寒湖編の終盤、門倉を待ち受けて「毒のロシアンルーレット」を用意して待ち構えていた。

毒の知識

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

ゴールデンカムイの名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

ゴールデンカムイは週刊ヤングジャンプに連載中の野田サトルによる漫画作品。明治時代の北海道を舞台に日露戦争で「不死身の杉元」と呼ばれた帰還兵杉元佐一とアイヌの少女アシリパを中心に隠された金塊をめぐる冒険漫画。過激な描写が特徴で作中では次々と個性的なキャラクターが登場するためインパクトのある名言・セリフが多い。

Read Article

ゴールデンカムイ(金カム)のネタバレ解説・考察まとめ

『ゴールデンカムイ』とは、『週刊ヤングジャンプ』で連載されている漫画。作者は野田サトル。2016年には「マンガ大賞」を受賞している。舞台は明治末期の北海道。主人公・杉元佐一は幼馴染・梅子の治療費を得るため大金を求め、一攫千金を目指してゴールドラッシュに湧いた北海道で砂金を集める生活を送っていたが、そんな杉元にあるアイヌ人が隠した埋蔵金の話が舞い込む。手がかりは、脱獄した囚人の体に掘られた入れ墨。一攫千金を巡るサバイバルバトルが開幕する。

Read Article

ゴールデンカムイの入れ墨の脱獄囚まとめ

『ゴールデンカムイ』とは、野田サトルによるサバイバルバトル漫画、およびそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品である。 日露戦争から生きて戻った杉元佐一は、幼馴染である梅子の病を治すために金が必要だった。そんな時、杉元はある男が隠したアイヌの金塊の存在を知る。その金塊の在処は、網走監獄の脱獄囚の身体に入れ墨として彫られていた。杉元は、アイヌの少女・アシㇼパと共に金塊を探し求める。

Read Article

ゴールデンカムイの料理まとめ

『ゴールデンカムイ』とは、野田サトルによるサバイバルバトル漫画、およびそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品である。 陸軍に所属していた杉元佐一は、日露戦争が終結した後、幼馴染の病を治す為、北海道で砂金採りをしていた。その時、杉元はアイヌが秘蔵していた金塊の存在を知る。杉元はアイヌの少女・アシㇼパと共に金塊を追い求める。 作中にはマタギやアイヌのユニークな料理が多数登場する。

Read Article

谷垣源次郎(ゴールデンカムイ)の徹底解説・考察まとめ

谷垣源次郎は、『週刊ヤングジャンプ』に2014年から連載が開始された、野田サトル原作の漫画・アニメ『ゴールデンカムイ』の登場人物。時代は明治時代の北海道。日露戦争(1904年~05年)終結から間もないころ、アイヌ民族が隠したとされる莫大な金塊のうわさを聞き、様々な理由と野望を胸に秘めた男たちが、誇り高き北の大地に集結する。その中で谷垣は金塊を追っている屯田兵の部隊、大日本帝国陸軍最強と謳われた北海道の第七師団(道民は畏敬の念を含めて「北鎮部隊」と呼ぶ)27聯隊に一等卒として所属している。

Read Article

尾形百之助(ゴールデンカムイ)の徹底解説・考察まとめ

尾形百之助(おがた ひゃくのすけ)とは『週刊ヤングジャンプ』で連載されている野田サトル原作の漫画・アニメ作品『ゴールデンカムイ』の作品に登場する銃さばきの上手い軍人。大日本帝国陸軍の第七師団に所属していたが、途中軍隊の上司である鶴見中尉を裏切った。その後は脱走兵として土方歳三とアイヌの金塊を探すため一緒に行動し、金塊の鍵を握るのっぺらぼうに会うため網走監獄に潜入した。そこでのっぺらぼうと一緒にいた杉元の頭を撃ち抜いて逃げた。それから新たな金塊の情報を探るべく誰にもすがらずに自分で旅を続けている。

Read Article

杉元佐一(ゴールデンカムイ)の徹底解説・考察まとめ

杉元佐一(すぎもとさいち)とは『週刊ヤングジャンプ』で連載されている野田サトル原作の漫画・アニメ作品『ゴールデンカムイ』の作品に登場する主人公。日露戦争を戦い抜いてきた元・陸軍兵士で、体に無数の傷を追ってきたが全く命を落とすことが無かった。その活躍ぶりから、軍人の間では『不死身の杉元』と言われている。杉元が金塊を探しに北海道の山に入ると、アイヌの少女アシリパと出会う。後に少女の父は金塊を隠した人物であることを知り、お互いの目的を果たすために一緒に旅を始める。

Read Article

アシリパ(ゴールデンカムイ)の徹底解説・考察まとめ

アシリパとは『週刊ヤングジャンプ』で連載されている野田サトル原作の漫画・アニメ作品『ゴールデンカムイ』の作品に登場する主人公の1人である。北海道の小樽近辺の集落に住むアイヌの少女で、大人顔負けの精神力と狩猟技術と調理技術の持ち主。伝統を尊重しながら時代の変化を柔軟に受け入れ、「新しいアイヌ」たることを信念としている。アイヌが隠した金塊とそれを巡る殺人事件に父が関与していた事を知り、その真実と真意を知るため、元日本兵でもう1人の主人公である杉元と共に、隠し金塊の謎へと挑んでいる。

Read Article

白石由竹(ゴールデンカムイ)の徹底解説・考察まとめ

白石吉竹(しらいしよしたけ)とは『週刊ヤングジャンプ』で連載されている野田サトル原作の漫画・アニメ作品『ゴールデンカムイ』の作品に登場する人物。通称「脱獄王」の異名を持つ天才的な牢破りである。脱獄する際は看守を騙す詐術や狭い隙間を通るための関節外しなど、脱獄のための多彩な技術を持つ。体には金塊の隠し場所を描いた刺青が彫られており、同じ刺青が描かれている囚人の皮を集めるとありかが分かるようになっている。金塊の手掛かりとなる刺青を持つ囚人たちを探して、北海道で出会った仲間達と共に旅を続けている。

Read Article

辺見和雄(ゴールデンカムイ)の徹底解説・考察まとめ

辺見和雄(へんみ かずお)とは野田サトルの漫画作品『ゴールデンカムイ』の登場人物で、体に刺青を掘られた24人の囚人のうちの1人。この刺青は埋蔵金の手掛かりとなっていて、多くの人や組織に狙われている。表向きでは人当たりがいいが、その正体は日本各地で100人以上を殺してきた殺人鬼。幼少期にイノシシに無残に食い殺された弟の死に方に憧れ、自分を残酷に殺してくれる人を求めている。辺見の刺青を狙う主人公・杉元佐一と死闘を繰り広げた後、シャチに海に引き摺り込まれた。想像を超える死に方ができて満足気だった。

Read Article

姉畑支遁(ゴールデンカムイ)の徹底解説・考察まとめ

姉畑支遁(あねはたしとん)とは、『週刊ヤングジャンプ』で連載の野田サトル原作の漫画・アニメ作品『ゴールデンカムイ』の作品に登場する人物。刺青の囚人のうちの一人であり、動物学者。動物、植物をこよなく愛し、研究している。だが嫌がる動物を無理矢理犯したり植物を傷つけて射精するなど異常な性格の持ち主。自分の欲望のままに行為をしたにも関わらず、行為後は大変後悔をする。そして自分が犯した動物や植物に責任を一方的に擦り付け動物は殺害、植物はナイフで傷をつける、とかなり独善的で身勝手な行動をする。

Read Article

二瓶鉄造(ゴールデンカムイ)の徹底解説・考察まとめ

二瓶鉄造(にへいてつぞう)とは、『ゴールデンカムイ』の登場人物で、かつて網走監獄にてのっぺらぼうに暗号の入れ墨を入れられた脱獄囚のひとりである。猟師であり一度狙った獲物への執着心が強い。「冬眠中のヒグマもうなされる悪夢の熊撃ち」と評され、その名はアイヌや他のマタギに広まるほど。エゾオオカミ・レタラとの戦いで、レタラのつがいであるメスオオカミに首元を噛まれ、命を落とした。「山で死にたい」という思いがあった二瓶は、山で命を落とすことに満足気であった。その後杉元が入れ墨を剥がし、入れ墨人皮となる。

Read Article

江渡貝弥作(ゴールデンカムイ)の徹底解説・考察まとめ

江渡貝弥作(えどがいやさく)とは、野田サトルによる漫画作品『ゴールデンカムイ』の登場人物で、北海道・夕張で剥製工房を営んでいる青年である。剥製職人としての腕は良いが、人間の死体の皮で革細工を作るという歪んだ趣味を持っている。自分の実の母親を剥製にして所有。母親の偏った教育の下で成長したが、母を慕うなどマザコン気質の持ち主である。鶴見の依頼により贋物の刺青人皮を作成したが、刺青を狙う尾形や杉本に狙われる。初めて自分を受け入れてくれた鶴見を慕っており、最期は鶴見の為に自らの命を犠牲にした。

Read Article

NEW

月島基(ゴールデンカムイ)の徹底解説・考察まとめ

月島基(つきしま はじめ)とは『ゴールデンカムイ』の登場人物で大日本帝国陸軍第七師団、歩兵27部隊に所属している軍人。階級は「軍曹」。同部隊上司である鶴見中尉の側近として主人公である「杉本佐一」と対立する。一時は仲間として行動していたが、自身の任務を遂行するために再度敵として相まみえる。淡々と自身の任務を遂行していく傍らで、「江渡貝弥作」や「鯉登音之進」と接触していくことにより着実に感情が隠し切れない場面が出始めている。

Read Article

土井新蔵(ゴールデンカムイ)の徹底解説・考察まとめ

土井新蔵(どい しんぞう)とは野田サトルの漫画作品『ゴールデンカムイ』の登場人物である。埋蔵されたアイヌの金塊の暗号となっている刺青が体に彫られた24人の囚人の1人である。幕末に土佐藩の勤皇派におり、幕府の要人など何人も殺害した殺し屋であった。その後北海道・根室に流れ着きアイヌの女性と結婚するも、土井に恨みを持つ者が妻を拐った。妻を取り戻すために、妻を拐った人物を殺め、釧路の海岸で捉えられ囚人となった。妻が病で先が短いことを知り網走監獄を脱獄した。最期を看取った後は根室の漁場で働いている。

Read Article

NEW

犬童四郎助(ゴールデンカムイ)の徹底解説・考察まとめ

犬童四郎助(いぬどう しろすけ)とは野田サトルの漫画作品『ゴールデンカムイ』に登場するキャラクターで、網走監獄の典獄である。土方歳三が関わっている箱館戦争にて兄を亡くしているため恨みを持っており、職権を乱用し、私情で彼を幽閉していた。幽閉の日々を送る土方の目から“生きる希望”が消え去るのを待っていたが、アイヌの隠し金塊を巡る陰謀の中で土方は脱獄。「金塊の情報を求めて土方は再び網走監獄に戻ってくる」と予想し、その読み通りに現れた土方と死闘を繰り広げた末に、彼に斬られて息を引き取った。

Read Article

目次 - Contents