ゴールデンカムイの料理まとめ

『ゴールデンカムイ』とは、野田サトルによるサバイバルバトル漫画、およびそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品である。
陸軍に所属していた杉元佐一は、日露戦争が終結した後、幼馴染の病を治す為、北海道で砂金採りをしていた。その時、杉元はアイヌが秘蔵していた金塊の存在を知る。杉元はアイヌの少女・アシㇼパと共に金塊を追い求める。
作中にはマタギやアイヌのユニークな料理が多数登場する。

カワヤツメのうな重

川で獲れたヤツメウナギを背開きにし、酒、醤油、砂糖などで蒲焼きにする。それをご飯の上に乗せた料理。
鰻より身がプリプリしており、軟骨のコリコリとした食感も楽しむことができる。

クトゥマ(筒焼き)

オオウバユリ(アイヌの言葉でトゥレㇷ゚)の鱗茎からとったデンプンをヨブスマソウの茎の中に入れて蒸し焼きにして作る団子。葛切りのような食感らしい。ニジマスの筋子を基にしたタレをつけて食べる。杉元が味噌を取り出すとアシㇼパは飛びついた。

ハマナスの実

真っ赤に熟したものはそのまま食べられる。アイヌでは煮て魚の油に漬け込んで食される。栄養満点で乾燥させて冬の保存食にもされる。
生で食べると酸味がある。

ペカンペ

『ペカンぺ』とはヒシの実の事で、『水の上にあるもの』という意味がある。塩茹でにしてご飯に混ぜ込んで食されることが多い。味は栗に似ている。乾燥させて保存食にすることもできる。その場合は粉にして団子などの原料とされる。

ニセウ

どんぐりの事。一度煮たてたものを乾燥させる渋みが抜けて甘みがでる。
そのまま食すか、挽いて粉にして団子にして食べる。

チポㇷ゚サヨ

米とヒエで作ったお粥にイクラを入れた料理。

チポㇿラタㇱケㇷ゚

塩茹でしたジャガイモにイクラを入れたもの。

エタㇱペの脂身

『エタㇱペ』とはトドの事である。アイヌの間では珍味として食されるが、白石は「物凄く臭い脂身」と評しており、口に合わなかった。

飲み物

冷製札幌ビール

札幌の洋食屋で飲んだビール。一同相当に酔っ払い、アシㇼパは牛山の額のコブを取ろうと奮闘していた。

トノト

鶴の恩返し
鶴の恩返し
@tsuru-no-ongaeshi

Related Articles関連記事

NEW

ゴールデンカムイの入れ墨の脱獄囚まとめ

『ゴールデンカムイ』とは、野田サトルによるサバイバルバトル漫画、およびそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品である。 日露戦争から生きて戻った杉元佐一は、幼馴染である梅子の病を治すために金が必要だった。そんな時、杉元はある男が隠したアイヌの金塊の存在を知る。その金塊の在処は、網走監獄の脱獄囚の身体に入れ墨として彫られていた。杉元は、アイヌの少女・アシㇼパと共に金塊を探し求める。

Read Article

ゴールデンカムイ(Golden Kamuy)のネタバレ解説まとめ

2014年より「週刊ヤングジャンプ」で連載されている漫画。作者は野田サトル。2016年には「マンガ大賞」を受賞している。舞台は明治末期の北海道。主人公杉元佐一は幼馴染・梅子の治療費を得るため大金を求め、一攫千金を目指してゴールドラッシュに湧いた北海道で砂金を集める生活を送っていた。そんな杉元にあるアイヌ人が隠した埋蔵金の話が舞い込み、手がかりである入れ墨と一攫千金を巡るサバイバルバトルが開幕する。

Read Article

ゴールデンカムイ(Golden Kamuy)の名言・名セリフまとめ

ゴールデンカムイは週刊ヤングジャンプに連載中の野田サトルによる漫画作品。明治時代の北海道を舞台に日露戦争で「不死身の杉元」と呼ばれた帰還兵杉元佐一とアイヌの少女アシリパを中心に隠された金塊をめぐる冒険漫画。過激な描写が特徴で作中では次々と個性的なキャラクターが登場するためインパクトのある名言・セリフが多い。

Read Article

目次 - Contents