ゴールデンカムイの料理まとめ

『ゴールデンカムイ』とは、野田サトルによるサバイバルバトル漫画、およびそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品である。
陸軍に所属していた杉元佐一は、日露戦争が終結した後、幼馴染の病を治す為、北海道で砂金採りをしていた。その時、杉元はアイヌが秘蔵していた金塊の存在を知る。杉元はアイヌの少女・アシㇼパと共に金塊を追い求める。
作中にはマタギやアイヌのユニークな料理が多数登場する。

相撲を取ることにした一同

くじら汁

『くじら肉』と名付けられているが、使われているのはくじらではなく、シロイルカである。シロイルカの肉に、ギョウジャニンニク、ニリンソウを加え、味噌で味付けしたもの。

その他の焼き物

エゾハナカジカを串で刺し、塩をつけて丸焼きにした料理。
冬のカジカは脂がのって非常に非常に美味。

イトウの刺し身と塩焼き

イトウの刺身

イトウの塩焼き

川で獲ったイトウを使った料理。獲れたのは白石を飲み込むほど巨大なイトウであった。
味は絶品であり、杉元は「川のトロ」、白石は「サーモンより上品」と評した。
杉元はイトウを捌いた際にアシㇼパから

シシャモの焼き物

シシャモはアイヌの間では飢餓の時以外あまり食されない。焼いて食された。
鮭漁が終わった後に川に上がってくる。

その他の一品料理・食材

にしん蕎麦

身欠きニシン(ニシンを干したもの)の甘露煮を乗せた蕎麦。発祥は京都だが、北海道でもニシンはたくさん採れた為、北海道でも食べられた。北海道の味付けは関東と一緒で濃いめになっている。

ニヘイゴハン 心臓焼きましたッ

凄腕のマタギである二瓶鉄造が作った料理。
仕留めた熊の心臓を串刺しにして焼いたもの。噛めば噛むほど血の味がする、と言っていた。

ニヘイゴハン 血の腸詰め

熊の小腸を血で洗い、そこへ熊の血を詰めて茹でた料理。
熊の血は飲むと体温が上がり、滋養強壮の薬としても煎じられてきた。

鮭のルイペ

鶴の恩返し
鶴の恩返し
@tsuru-no-ongaeshi

Related Articles関連記事

NEW

ゴールデンカムイの入れ墨の脱獄囚まとめ

『ゴールデンカムイ』とは、野田サトルによるサバイバルバトル漫画、およびそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品である。 日露戦争から生きて戻った杉元佐一は、幼馴染である梅子の病を治すために金が必要だった。そんな時、杉元はある男が隠したアイヌの金塊の存在を知る。その金塊の在処は、網走監獄の脱獄囚の身体に入れ墨として彫られていた。杉元は、アイヌの少女・アシㇼパと共に金塊を探し求める。

Read Article

ゴールデンカムイ(Golden Kamuy)のネタバレ解説まとめ

2014年より「週刊ヤングジャンプ」で連載されている漫画。作者は野田サトル。2016年には「マンガ大賞」を受賞している。舞台は明治末期の北海道。主人公杉元佐一は幼馴染・梅子の治療費を得るため大金を求め、一攫千金を目指してゴールドラッシュに湧いた北海道で砂金を集める生活を送っていた。そんな杉元にあるアイヌ人が隠した埋蔵金の話が舞い込み、手がかりである入れ墨と一攫千金を巡るサバイバルバトルが開幕する。

Read Article

ゴールデンカムイ(Golden Kamuy)の名言・名セリフまとめ

ゴールデンカムイは週刊ヤングジャンプに連載中の野田サトルによる漫画作品。明治時代の北海道を舞台に日露戦争で「不死身の杉元」と呼ばれた帰還兵杉元佐一とアイヌの少女アシリパを中心に隠された金塊をめぐる冒険漫画。過激な描写が特徴で作中では次々と個性的なキャラクターが登場するためインパクトのある名言・セリフが多い。

Read Article

目次 - Contents