尾形百之助(ゴールデンカムイ)の徹底解説・考察まとめ

尾形百之助(おがた ひゃくのすけ)とは『週刊ヤングジャンプ』で連載されている野田サトル原作の漫画・アニメ作品『ゴールデンカムイ』の作品に登場する銃さばきの上手い軍人。大日本帝国陸軍の第七師団に所属していたが、途中軍隊の上司である鶴見中尉を裏切った。その後は脱走兵として土方歳三とアイヌの金塊を探すため一緒に行動し、金塊の鍵を握るのっぺらぼうに会うため網走監獄に潜入した。そこでのっぺらぼうと一緒にいた杉元の頭を撃ち抜いて逃げた。それから新たな金塊の情報を探るべく誰にもすがらずに自分で旅を続けている。

尾形百之助のプロフィール・人物像

氏名:尾形百之助(おがたひゃくのすけ)
身長:不明
体重:不明
誕生日:1月22日
年齢:不明
出身:茨城県(生まれは東京府)
好きなもの:あんこう鍋
嫌いなもの:しいたけ

CV:津田健次郎

性格:人の命を奪うことをためらわず、邪魔だと思うものは簡単に銃を使って殺してしまう。腹違いの弟である花沢勇作と戦争で人を殺すことについて話していると、弟の考え方や父親に大事にされて育ったことに羨ましさと苛立ちを感じたのか、銃で殺害してしまった。他にも大人になってから父親に会いに行き、いつも父を待っていた愛人だった尾形の母の死と父への思いを伝えた後、腹部に刀を突き刺して殺害をした。このように何も抵抗なく殺害してしまうが、そんな尾形でもまれに殺すことに情を憶えて銃を外すこともある。

金塊争奪戦の動き:最初の動きは、小樽の雪山で杉元とアシリパが刺青囚人を捕まえたところを尾形が見つけ、遠くから囚人の頭を撃ち抜いた。それから囚人の取り合いになるも、尾形は杉元達から囚人を奪うことが出来ずに、杉元と交錯している間に崖から落ちていまい命を落としそうになった。
その後は杉元や土方の集団に手を貸しながら、刺青人皮について情報を得ていた。そして金塊や刺青の情報源になっているのっぺらぼうに会いに網走監獄に行くも、のっぺらぼうが一緒にいた杉元に何か話そうとする際に射殺してしまう。おそらく杉元に金塊についての情報が流れそうだと危険を察して、撃ち抜いたように想像できる。
のっぺらぼうを殺害した後は、金塊の情報を探すべくのっぺらぼうのゆかりのあるロシアに向かっていった。
尾形は何か大きな野心を持っているわけでも、仲間を手伝うために尽力しているわけでもなく、命懸けの金塊争奪戦に参加している理由は不明瞭なままとなっている。作中の人物からは「軍部を裏切ろうとしている鶴見中尉と第七師団を見限り、彼らの動きを中央に密告しようとしている。その手土産として金塊の在処も突き止めようとしている」と推測されているも、実際に尾形が軍部と連絡を取り合っている様子は無い。
アイヌの旗印となるべく育てられたアシリパと、かつて日露戦争で部隊の旗手を務め最後は自らの手で殺めた弟の勇作を比較しているような描写がたびたびあり、彼女を通して「この世に“誰も殺さない”人間などいない」という自分の思想を確かめようとしている節も見られる。

尾形百之助の装備品

三十年式歩兵銃/三八式歩兵銃

三十年式歩兵銃。

三八式歩兵銃。

三十年式歩兵銃は日本陸軍が明治30年に正式採用した歩兵銃であり、日露戦争で使用された。三八式歩兵銃とほとんど同じ形をしていて、三十年式歩兵銃で三八式の銃弾を使うことが出来る。そのため、作中で銃の違いを見分けるのが難しい。
ロシア兵の小銃より弾が小さく射程距離と命中率は上で、殺傷力が弱いので不殺銃と言われている。相手に当てやすく致命傷を与えられないが、尾形の腕なら300メートル以内なら確実に相手の頭を撃ち抜けるので相性が良い銃だと話す。森で撃つ際は木にナイフを真横に刺して銃を安定させて撃っているが、ナイフを刺せない場合は座り込み、肩を使って銃を安定させている。

ベルダンM1870

三十年式と三八式と比べて、銃の先の作りが違う。

アメリカの銃器専門家によって1868年に設計され、1870〜1891年までロシア軍が使用していた。
159話で尾形が間違ってウイルタ民族の飼っているトナカイを狩猟のために撃ってしまったために、民族からその補償のために山トナカイを狩りを手伝うことになった。その時尾形の銃が弾切れになったので、近くにいた民族が持っていたベルダンM1870を借りて撃つことになる。単発の古い銃なのだが、尾形が使えば目の前にいた山トナカイの群れを単発でも、あっという間に全て仕留めることができた。

拳銃

尾形が珍しく短銃を持っている。

78話で剥製家の江渡貝宅に侵入した際に、中に潜んでいた月島軍曹と争った時に使った拳銃で、接近戦で使用していた。だがこれ以外に使用しているシーンはなく、歩兵銃以外に使用しているとても貴重な戦闘である。

刺青人皮

捕まえた死刑囚から刺青人皮を書き写そうとするアシリパ(左)。

刺青人皮とは、ある男がアイヌが隠し持っていた金塊を盗んで北海道のどこかに隠した場所を、牢獄された網走監獄の死刑囚の背中に刺青として掘ったものである。囚人達の刺青を1つに合わせると、金塊の隠し場所を示す暗号が完成するとされている。この刺青の噂を聞いた役人や屯田兵達は、自分たちで暗号を解こうと死刑囚達を移送する。これは極秘に彼らを殺して刺青を奪うことが目的だったが、逆に囚人達は移送中に護衛の兵隊を皆殺しにし、全員がどこかに消えてしまった。刺青が彫られた囚人の体には線が書いてあり、その線に沿って皮を剥ぐようになっている。刺青人皮を集めて大金を求める連中が他にも現れ、第日本帝国陸軍の第七師団では偽物の人皮を作って、混乱を引き起こそうとしていた。狙う者それぞれに目的のために一生懸命金塊を探そうとするも、刺青を掘った人物の“のっぺらぼう”が収監されていた網走監獄で頭を撃ち抜かれて死亡してしまった。狙う者達はのっぺらぼうに縁のある場所を訪れて、刺青人皮の情報を集めるために悪戦苦闘している。

尾形百之助の来歴・活躍

北海道

杉元達が捕まえていた刺青囚人を奪うために争う

初めて杉元と会うシーン。

第七師団に所属している尾形は小樽の山奥で、戦死した幼馴染の遺言を叶えるためにアイヌの金塊を集めている杉元と金塊のありかを知る父を探すアイヌのアシリパが、金塊が隠されている場所を記した刺青が彫られている刺青囚人を捕まえて刺青を模写しているところを見つけ、遠くから囚人の頭を撃ち抜いた。杉元達は危険を察知して生木をくべて煙を出し、囚人を置いて逃げていると尾形は囚人のもとへ行き、周りを物色していた。周りを銃で突っついて確認していると、アシリパの仕掛けた獲物用の罠に銃が引っかかり、隠れていた杉元が襲いかかってきた。尾形は杉元が携帯している剣を奪い、交戦するも杉元の力が上で地面に押さえつけられてしまったが、諦めずに押さえ付けられたまま指で杉元の目を突いて逃げた。だが逃げていた尾形は、杉元が投げた銃が後頭部に当たり、その衝撃から崖から転落して真冬の川に落ちてしまった。その後第七師団の仲間に下流で発見され、命を取り留めることができた。

ひっそりと小樽にあるアイヌの村に足を運ぶ

アイヌの村で谷垣を待ち伏せる尾形。

尾形は雪山の川で倒れて助けられた後、病院に運ばれていた。だがそこから抜け出して、同じ部隊の二階堂を引き連れて小樽にあるアイヌの村に向かった。向かった理由は、旅の途中でアイヌの村の人間に出会い、村に怪我をした兵士がいることを知ったため潜入した。アシリパのおばあちゃんがいる家で潜んでいると、外から戻ってきた第七師団に所属していて地元秋田ではマタギ(狩猟を専業とする者)をしている谷垣と鉢合わせになり緊張感が走る。尾形は谷垣に第七師団として雪山を行動していた玉井伍長らと杉元の存在を確認したが、特に情報は得られなかった。この後尾形と二階堂はアイヌの家を後にして村の近くの高台に行き、遠くから谷垣達のいる家に向かって銃弾を撃った。尾形や玉井伍長たちは、軍部を裏切り独自行動を取る第七師団を見限り、彼らの情報を手土産に中央の軍部へと寝返ろうとしていた。玉井伍長たちは行方を絶っており、その直前まで谷垣と行動を共にしていた。これを「谷垣は自分や玉井伍長たちの背信行為について知ってしまい、これを巡って殺し合いになったのではないか」と考えたため、尾形は改めて口封じしようと谷垣を狙ったのだった。尾形の銃弾は谷垣をかすめ、それから谷垣が家にいる人間を巻き込まなように裏から山に逃げたため、尾形達は跡を追った。すると途中一緒にいた二階堂が熊に襲われてしまったので、尾形は銃で対抗していると谷垣が銃声の方向に向かって銃弾を撃った。見事に尾形の胸が打ち抜かれて倒れると、そこには尾形達を尾行していた第七師団の兵士が谷垣と鉢合わせになった。谷垣達が状況について話をしていると、仕留めたはずの尾形が尾行していた兵士の頭を撃ち抜いて山奥に逃げてしまった。谷垣を探すために使用していた双眼鏡がたまたま盾となり、尾形は一命を取り留めていたのであった。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

谷垣源次郎(ゴールデンカムイ)の徹底解説・考察まとめ

谷垣源次郎は、『週刊ヤングジャンプ』に2014年から連載が開始された、野田サトル原作の漫画・アニメ『ゴールデンカムイ』の登場人物。時代は明治時代の北海道。日露戦争(1904年~05年)終結から間もないころ、アイヌ民族が隠したとされる莫大な金塊のうわさを聞き、様々な理由と野望を胸に秘めた男たちが、誇り高き北の大地に集結する。その中で谷垣は金塊を追っている屯田兵の部隊、大日本帝国陸軍最強と謳われた北海道の第七師団(道民は畏敬の念を含めて「北鎮部隊」と呼ぶ)27聯隊に一等卒として所属している。

Read Article

アシリパ(ゴールデンカムイ)の徹底解説・考察まとめ

アシリパとは『週刊ヤングジャンプ』で連載されている野田サトル原作の漫画・アニメ作品『ゴールデンカムイ』の作品に登場する主人公の1人である。北海道の小樽近辺の集落に住むアイヌの少女で、大人顔負けの精神力と狩猟技術と調理技術の持ち主。伝統を尊重しながら時代の変化を柔軟に受け入れ、「新しいアイヌ」たることを信念としている。アイヌが隠した金塊とそれを巡る殺人事件に父が関与していた事を知り、その真実と真意を知るため、元日本兵でもう1人の主人公である杉元と共に、隠し金塊の謎へと挑んでいる。

Read Article

ゴールデンカムイ(金カム)のネタバレ解説・考察まとめ

『ゴールデンカムイ』とは、『週刊ヤングジャンプ』で連載されている漫画。作者は野田サトル。2016年には「マンガ大賞」を受賞している。舞台は明治末期の北海道。主人公・杉元佐一は幼馴染・梅子の治療費を得るため大金を求め、一攫千金を目指してゴールドラッシュに湧いた北海道で砂金を集める生活を送っていたが、そんな杉元にあるアイヌ人が隠した埋蔵金の話が舞い込む。手がかりは、脱獄した囚人の体に掘られた入れ墨。一攫千金を巡るサバイバルバトルが開幕する。

Read Article

杉元佐一(ゴールデンカムイ)の徹底解説・考察まとめ

杉元佐一(すぎもとさいち)とは『週刊ヤングジャンプ』で連載されている野田サトル原作の漫画・アニメ作品『ゴールデンカムイ』の作品に登場する主人公。日露戦争を戦い抜いてきた元・陸軍兵士で、体に無数の傷を追ってきたが全く命を落とすことが無かった。その活躍ぶりから、軍人の間では『不死身の杉元』と言われている。杉元が金塊を探しに北海道の山に入ると、アイヌの少女アシリパと出会う。後に少女の父は金塊を隠した人物であることを知り、お互いの目的を果たすために一緒に旅を始める。

Read Article

白石由竹(ゴールデンカムイ)の徹底解説・考察まとめ

白石吉竹(しらいしよしたけ)とは『週刊ヤングジャンプ』で連載されている野田サトル原作の漫画・アニメ作品『ゴールデンカムイ』の作品に登場する人物。通称「脱獄王」の異名を持つ天才的な牢破りである。脱獄する際は看守を騙す詐術や狭い隙間を通るための関節外しなど、脱獄のための多彩な技術を持つ。体には金塊の隠し場所を描いた刺青が彫られており、同じ刺青が描かれている囚人の皮を集めるとありかが分かるようになっている。金塊の手掛かりとなる刺青を持つ囚人たちを探して、北海道で出会った仲間達と共に旅を続けている。

Read Article

ゴールデンカムイの料理まとめ

『ゴールデンカムイ』とは、野田サトルによるサバイバルバトル漫画、およびそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品である。 陸軍に所属していた杉元佐一は、日露戦争が終結した後、幼馴染の病を治す為、北海道で砂金採りをしていた。その時、杉元はアイヌが秘蔵していた金塊の存在を知る。杉元はアイヌの少女・アシㇼパと共に金塊を追い求める。 作中にはマタギやアイヌのユニークな料理が多数登場する。

Read Article

ゴールデンカムイの入れ墨の脱獄囚まとめ

『ゴールデンカムイ』とは、野田サトルによるサバイバルバトル漫画、およびそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品である。 日露戦争から生きて戻った杉元佐一は、幼馴染である梅子の病を治すために金が必要だった。そんな時、杉元はある男が隠したアイヌの金塊の存在を知る。その金塊の在処は、網走監獄の脱獄囚の身体に入れ墨として彫られていた。杉元は、アイヌの少女・アシㇼパと共に金塊を探し求める。

Read Article

ゴールデンカムイの名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

ゴールデンカムイは週刊ヤングジャンプに連載中の野田サトルによる漫画作品。明治時代の北海道を舞台に日露戦争で「不死身の杉元」と呼ばれた帰還兵杉元佐一とアイヌの少女アシリパを中心に隠された金塊をめぐる冒険漫画。過激な描写が特徴で作中では次々と個性的なキャラクターが登場するためインパクトのある名言・セリフが多い。

Read Article

目次 - Contents