ゴールデンカムイの料理まとめ

『ゴールデンカムイ』とは、野田サトルによるサバイバルバトル漫画、およびそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品である。
陸軍に所属していた杉元佐一は、日露戦争が終結した後、幼馴染の病を治す為、北海道で砂金採りをしていた。その時、杉元はアイヌが秘蔵していた金塊の存在を知る。杉元はアイヌの少女・アシㇼパと共に金塊を追い求める。
作中にはマタギやアイヌのユニークな料理が多数登場する。

『ルイぺ』はアイヌの言葉で『とけた(ル)食べ物(イペ)』を意味している。立木にぶら下げて、身を半分凍らせた鮭の切り身。
シャリシャリとした食感で、口の中で凍った身が溶けていく。

ニシン漬

ニシンを干した『身欠きニシン』、キャベツ、大根、人参を塩麹で発酵させた料理。

鯱の竜田揚げ

浜に乗り上げていた鯱を使って作った。鯱の脂肪を炙って油を捻出し、酒と醤油で味付けした赤身肉に片栗粉をつけて揚げた料理。

子持ち昆布の串揚げ

子持ち昆布を鯱の脂身から捻出した油で揚げたもの。アシㇼパが美味しさのあまり変な口調で絶賛していた。

エゾシカ肉のライスカレー

札幌の洋食店で杉元たちが食べたカレー。鹿の肉が使われている。
カレーを初めて目の当たりにしたアシㇼパは「オソマ(うんこ)…」と恐れていた。しかし、カレーを一口食べたアシㇼパは、「ヒンナ(美味しい)すぎるオソマ…」といって机に突っ伏した。

カレーを初めて目にしたアシㇼパ

松前漬け

松前藩が発祥の料理。数の子に細かく刻んだスルメイカ、そして昆布を加えて、醤油で味付けした料理。

刻んだ沢庵を乗せた茶漬け

ご飯に細かく刻んだたくあんを乗せ、お茶をかけたシンプルな料理。

カネ餅

山に入るマタギが携帯する食料。日月にちなんだ縁起物。
極寒の山でも凍りにくく、保存もきく。マタギが一番最後に食べる食料。米粉に水を混ぜたものを灰の下で焼いて作られる。地域のよって味付けが変わり、塩や味噌が加えられる。谷垣はクルミを入れていた。

鶴の恩返し
鶴の恩返し
@tsuru-no-ongaeshi

Related Articles関連記事

NEW

ゴールデンカムイの入れ墨の脱獄囚まとめ

『ゴールデンカムイ』とは、野田サトルによるサバイバルバトル漫画、およびそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品である。 日露戦争から生きて戻った杉元佐一は、幼馴染である梅子の病を治すために金が必要だった。そんな時、杉元はある男が隠したアイヌの金塊の存在を知る。その金塊の在処は、網走監獄の脱獄囚の身体に入れ墨として彫られていた。杉元は、アイヌの少女・アシㇼパと共に金塊を探し求める。

Read Article

ゴールデンカムイ(Golden Kamuy)のネタバレ解説まとめ

2014年より「週刊ヤングジャンプ」で連載されている漫画。作者は野田サトル。2016年には「マンガ大賞」を受賞している。舞台は明治末期の北海道。主人公杉元佐一は幼馴染・梅子の治療費を得るため大金を求め、一攫千金を目指してゴールドラッシュに湧いた北海道で砂金を集める生活を送っていた。そんな杉元にあるアイヌ人が隠した埋蔵金の話が舞い込み、手がかりである入れ墨と一攫千金を巡るサバイバルバトルが開幕する。

Read Article

ゴールデンカムイ(Golden Kamuy)の名言・名セリフまとめ

ゴールデンカムイは週刊ヤングジャンプに連載中の野田サトルによる漫画作品。明治時代の北海道を舞台に日露戦争で「不死身の杉元」と呼ばれた帰還兵杉元佐一とアイヌの少女アシリパを中心に隠された金塊をめぐる冒険漫画。過激な描写が特徴で作中では次々と個性的なキャラクターが登場するためインパクトのある名言・セリフが多い。

Read Article

目次 - Contents