Fate/Apocrypha(フェイト アポクリファ)のネタバレ解説まとめ

『Fate/Apocrypha』とは、ビジュアルノベルゲーム『Fate/stay night』の外伝作品、及びそこから派生したアニメと漫画作品である。「聖杯」と呼ばれる万能の力を持った杯を巡り二つの陣営に分かれた14人の魔術師(マスター)と14騎の英霊(サーヴァント)が戦い、競い合う「聖杯大戦」を描く。アニメは2017年7月から12月まで全25話構成で放送された。

発動準備開始。背中の装飾が翼のような形状になり、槍とその体に纏った力が物凄い勢いで高まっていく。

完全に顕現し、発動準備完了となった光の槍。ここから放たれる一撃の威力はもちろん、雰囲気も見ているだけで圧巻の一言に尽きる。

赤のランサーの持つ槍の全力解放形態。自分の体の一部である黄金の鎧を脱ぎ捨て、合体させることで顕現する、光を纏った巨大な槍。
発動すると同時にその鎧を合体させることで槍を変形・巨大化させ、背中にある翼のような装飾を展開し、光の翼を形成して空高く飛翔し、上空から敵に向かって光を纏った槍を投げつけ、大爆発を引き起こす。

さらに発動時には周囲に強力な熱を放つことができ、周囲の岩塊を瞬時に融解・蒸発させており、辺り一面をマグマに変えてしまうほどの威力を誇る。

赤のライダー:彗星走法(ドロメウス・コメーテース)

赤のライダーが乗騎としている、三頭の馬の戦車から降りることで起動する常時発動型の宝具で、広大な戦場を一呼吸で駆け抜ける超高速移動を行う。

フィールド上に障害物があっても速度は鈍らず、弱点であるアキレス腱、すなわち踵が露出してしまうが、赤のライダーの速度を捕捉できる英雄は数少ない。ただし、踵を破壊されるとこの宝具は消滅し、速度も大幅に抑えられる。

赤のライダー:勇者の不凋花(アンドレアス・アマラントス)

赤のライダーの肉体そのものである宝具で、彼の母である女神テティスによって不死の祝福と加護が与えられた肉体。全身に不死の祝福と加護がかけられたことで如何なる攻撃を受けても無効化するが、彼と同じ神の祝福を持つ英雄が相手だとこの効果は発揮されない。

さらに伝承に伝わる通り、急所である踵には効果がなく、踵を破壊されると不死の祝福と加護自体が消滅し、その瞬間にこの宝具は無力化される。

赤のライダー:宙駆ける星の穂先(ディアトレコーン・アステール・ロンケーイ)

赤のライダーが主な武器として扱う青銅とトネリコの槍で、生前、黒のアーチャーに師事していた頃、彼の手によって作られたものである。
普通に武器としても使えるが、真骨頂は地面に突き立てる事で発動する、生前のトロイア戦争の宿敵・ヘクトールを決戦の場に引きずり出すために赤のライダーが自ら編み出した大魔術で、制作者である黒のアーチャーすら知らない奥義とされている。

槍を基点として空間そのものを切り取る形で、闇の壁に包まれた特殊な空間を作り出す。そして、その空間の効果は「公平無私の一騎打ちを強制する闘技場」で、誰にも横槍を入れられることなく、赤のライダーが望むがままの一騎討ちを実現することができるものである。

赤のライダー:蒼天囲みし小世界(アキレウス・コスモス)

女神テティスが鍛冶神ヘパイストスに懇願して作らせた、「世界そのもの」を表すとされる赤のライダーの大盾。全面に渡る世界の紋様が精密に刻み込まれているのが特徴的。発動することで盾に刻み込まれた世界の守りが展開され、あらゆる宝具を防ぎきる破格の防御性能を発揮する。

赤のキャスター:開演の刻は来たれり、此処に万雷の喝采を(ファースト・フォリオ)

赤のキャスターが手にしている本を開くことで発動する宝具で、対象者の精神に働きかけ、赤のキャスターが描いた物語を幻覚のように体験させることができる強力な精神干渉能力。

自身と対象の記憶・認識に依存する宝具であるため、相手のよく知る人物を鮮明に映し出すこともできる。さらに物語の登場人物となる「劇団」として相手の親しい人や因縁のある人物、トラウマとなった人間を呼び出し、ピンポイントで心の隙を突く悪辣な精神攻撃も実現できる。

赤のアサシン:虚栄の空中庭園(ハンキングガーデンズ・オブ・バビロン)

赤のアサシンが生前に作り上げたと伝えられている空中庭園で、想像を絶する外観を誇る巨大な浮遊要塞。シロウと共に協力して完成させることで召喚され、赤の陣営の事実上の拠点となった。

規則正しく並べられた緑豊かな浮島と、大理石で出来た床や柱で構成されており、庭園らしく全体にあらゆる種の植物が絡んでおり、混沌の醜さと絢爛の美しさが同一化しているのが特徴的。そして周囲には11基の巨大なプレート型砲台「十と一の黒棺(ティアムトゥム・トゥームー)」が設置されており、圧倒的な破壊力を誇る光弾による魔術攻撃で近づく敵全てを殲滅する。
その巨大さゆえに移動速度は遅く、隠密性にもやや欠けているが、魔術による一般人も含めた認識阻害と、魔術へのジャミング機能も持っており、魔術協会の捜索の目もこれで逃れられている。極め付けに7500メートルという高度に位置していること自体が鉄壁の防御機構として働いているため、攻略は非常に困難である。

以上のように破格の性能を誇る宝具だが、赤のアサシンの力をもっての直接的な召喚は不可能となっている。まずは彼女が生きていたイラクのバグダット周辺の土地にある木材・石材・鉱物・植物・水といった庭園を形作る材料を全て揃え、3日以上の長時間の儀式を行うことで初めて召喚できる。このように、面倒というに他ならない召喚までの複雑な手順が必要なのは、赤のアサシンが実際は空中庭園など建設していなく、後付けの神秘として彼女自身に逸話として刻み付けられたためで、「虚栄」とは事実に反する紛い物である事を意味する。

赤のアサシン:驕慢王の美酒(シクラ・ウシュム)

水の一滴に至るまでの場にあるもの全てを毒に変換させ、そして場にいる全ての敵を攻撃する。

作中では兜によって毒への耐性を持っている赤のセイバーをここまで追い詰め、さらに獅子劫にも重傷を負わせるという凶悪な威力を発揮した。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

Fateシリーズ(Fate/stay night)のネタバレ解説まとめ

2004年にTYPE-MOONから発売されたテレビゲームおよびそれらを原作としたアニメ、小説、漫画作品。あらゆる願いを叶える万能の杯「聖杯」に選ばれた7人の魔術師と対になる7人の英霊たちが、己の願いを叶えるべく、最後の1組となるまで殺し合う「聖杯戦争」。聖杯戦争に巻き込まれた少年・衛宮士郎は、偶然にも召喚した英霊の少女・セイバーと共に、苦難の道を歩み始める。

Read Article

Fate/Grand Order(FGO)のネタバレ解説まとめ

「Fate/Grand Order」とは2015年に配信を開始したスマートフォン用アプリゲーム。原作は2004年に発表されたゲーム「Fate/stay night」で、Fateシリーズのキャラクターや今作のオリジナルキャラなどを召喚して戦うRPG。2016年の年末に第一部のストーリーが完結し、大きな話題となった。その後も動きがあるたびに話題を呼ぶ大人気ゲーム。

Read Article

Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(FGOバビロニア)のネタバレ解説まとめ

『Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-』とは、スマホアプリゲーム『Fate/Grand Order』から派生したアニメ作品である。魔術王ソロモンによって奪われた人間の歴史を取り戻すため、「聖杯」と呼ばれる万能の力を持った杯を探し求めて時代を渡り歩く魔術師の少年・藤丸立香が、紀元前2700年の古代メソポタミアの世界に降り立って、人類の滅亡を目論む「三女神同盟」に立ち向かう姿を描いた物語となっている。

Read Article

Fate/Zero(フェイト ゼロ)のネタバレ解説まとめ

『Fate/Zero』とはニトロプラスの虚淵玄の伝奇ライトノベル、及びそこから派生したアニメと漫画作品である。 「聖杯」と呼ばれる万能の力を持った杯を巡り、7人の魔術師(マスター)と7騎の英霊(サーヴァント)が戦い、競い合う「聖杯戦争」を描いた物語で、アニメは2011年1月から第1期が全13話、2012年4月から第2期が全12話構成で放送された。

Read Article

Fate/stay night(フェイト ステイナイト)のネタバレ解説まとめ

『Fate/stay night』とは、TYPE-MOONが開発するビジュアルノベルゲームのアニメ作品で、「聖杯」と呼ばれる万能の力を持った杯を巡り7人の魔術師(マスター)と7騎の英霊(サーヴァント)の物語を描いている。本作はその原作のストーリーのひとつであるセイバーがヒロインにしたルートを脚本にしている。2006年1月から6月まで全24話で放送された。

Read Article

Fate/stay night [Unlimited Blade Works](UBW)のネタバレ解説まとめ

『Fate/stay night [Unlimited Blade Works]』とは、ビジュアルノベルゲーム「Fate/stay night」のアニメ作品で、「聖杯」と呼ばれる万能の力を持った杯を巡り7人の魔術師(マスター)と7騎の英霊(サーヴァント)が戦う物語を描いている。本作はその原作のストーリーのひとつである遠坂凛がヒロインにしたルートを脚本としている。 2014年10月から12月にかけて第1期、2015年4月から6月にかけて第2期がそれぞれ13話ずつで放映された。

Read Article

Fate/EXTRA Last Encore(アニメ)のネタバレ解説まとめ

『Fate/EXTRA Last Encore』とは、マーベラスエンターテイメントから発売されたゲーム『Fate/EXTRA』を原作としたテレビアニメ作品である。2018年1月末に放送開始され、全13話が放映された。 月に存在するあらゆる願いを叶える力を持った霊子コンピューター「ムーンセル・オートマトン」内に作られた霊子虚構世界「SE.RA.PH」を舞台に”月の聖杯”をかけた魔術師と英霊による聖杯戦争を描いた物語。

Read Article

Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ(アニメ・漫画)のネタバレ解説まとめ

『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ』とは、月刊コンプエースで連載されていた漫画、及びそれを原作として2013年に全10話が放送されたテレビアニメ作品である。普通の小学五年生のイリヤスフィール・フォン・アインツベルン(愛称はイリヤ)が「魔術礼装:カレイドステッキ」であるマジカルルビーの力により魔法少女にし転身し、同じ魔法少女である、美遊・エーデルフェルト(愛称は美遊)と協力し、町に散らばるクラスカードを回収する任務をこなしていく。

Read Article

Fate/stay night[UBW] に隠された「アーチャー=衛宮士郎」の共通点と伏線に迫る!

Fate/stay night [Unlimited Blade Works]における最大の秘密と言っても過言ではない「アーチャー=衛宮士郎」のキーワード。それ故に、本編ではこれを示唆する伏線・共通点が巧妙に描かれています。物語途中で気づいちゃった人もそうでない人も、とりあえず踏まえておいて損はないであろうシーンを振り返っていきましょう。

Read Article

目次 - Contents