Fate/Apocrypha(フェイト アポクリファ)のネタバレ解説まとめ

『Fate/Apocrypha』とは、ビジュアルノベルゲーム『Fate/stay night』の外伝作品、及びそこから派生したアニメと漫画作品である。「聖杯」と呼ばれる万能の力を持った杯を巡り二つの陣営に分かれた14人の魔術師(マスター)と14騎の英霊(サーヴァント)が戦い、競い合う「聖杯大戦」を描く。アニメは2017年7月から12月まで全25話構成で放送された。

CV:野中藍

カウレスと契約する狂戦士の英霊。身に纏った白いドレスと虚ろな瞳が特徴的な可憐な少女。
真名はヴィクター・フランケンシュタインが産み出した人造人間フランケンシュタイン。一般的には醜い大男の姿をした怪物と知られており、それをイメージしていたカウレスもその容姿に戸惑った。

力と引き換えに理性の大半を奪われた狂戦士のクラスでありながら、思考能力を持っているという類稀なるケースの英霊であり、冷静沈着で思慮深い性格。言葉をしゃべることはできないが、単純なコミュニケーションなら取ることができる。

カウレス・フォルヴェッジ・ユグドレミニア

CV:小林裕介

黒のバーサーカーのマスター。フィオレの弟で、魔術の才能に恵まれる優秀な姉とは違って凡庸な人物。
魔術を学ぶこと、使うことは好きだが、聖杯大戦のような魔術を用いた戦いと、魔術のために平然と他人を犠牲にするような非人道的な魔術師の在り方を嫌っており、聖杯大戦のマスターに選ばれてしまったことも不本意に思っている。

黒のバーサーカーとの絆は確かなもので、戦いの中でやむなく彼女の切り札となる自爆攻撃の使用を指示したことを幾度となく悔いていた。そして、バーサーカー脱落後は後方支援に徹していたが、ダーニックの死後は急遽後釜を継ぐことになった姉を支えるために奔走する。

赤の陣営のマスター・サーヴァント

赤のセイバー

CV:沢城みゆき

獅子劫と契約する剣兵の英霊で、白銀の鎧を纏った仮面の騎士。仮面の兜に隠された素顔は、20代にも年齢が届いていない小柄な少女である。
気性が荒く傲岸不遜で好戦的な性格で、過剰なまでに自信に溢れており、マスターである獅子劫に対しても上から目線で、女扱いされることを殺意を剥き出しにするほど嫌悪する。しかし、一般人を巻き込むことを嫌う騎士道精神としての高潔さも持ち合わせている。

真名はアーサー王伝説に登場する円卓の騎士のひとりで、父であるアーサー王(「Fate/stay night」のセイバーことアルトリア・ペンドラゴン)に叛旗を翻した叛逆の騎士・モードレッド。自分こそが王に相応しかったと証明するため、かつて父が王になるために挑んだ「選定の剣」を抜く儀式に挑戦するという願いを抱いて聖杯大戦に参戦する。

獅子劫界離(ししごう がいり)

CV:乃村健次

赤のセイバーのマスターで、聖杯大戦に向けて魔術協会が雇った魔術師のひとりで、死者や亡霊の召喚・使役といった魔術を専門とする死霊魔術師(ネクロマンサー)。
顔の傷痕、剃刀のような目つき、筋骨隆々とした肉体と相当の強面が特徴的な男で、魔獣から剥いだとされる皮で仕立てたジャケットを羽織っている。

見かけによらず用心深い性格で、常に笑顔と丁寧さを忘れない好漢だが、賞金稼ぎとして様々な修羅場を駆け抜けてきた人物でもあり、血と火薬の濃厚な臭いを漂わせている。
魔術協会の重鎮である知人からの依頼で、ユグドミレニア討伐と大聖杯の確保、そして自分の生まれである獅子劫一族の繁栄という自らの願いを叶えるために聖杯大戦へ参加し、赤の陣営のマスターの一人となる。そして、味方であるはずのシロウと赤のアサシンの危険性を見抜き、共闘を拒否し赤のセイバーと共に単独行動を取る。

赤のアーチャー

CV:早見沙織

赤の陣営に所属する弓の英霊で、翠緑の衣装を身につけ、獣の耳と尻尾を持った野性味と気品を併せ持つ少女。
真名はギリシャ神話に登場する純潔の狩人・アタランテ。かつて、生前に親である神に捨てられて獣に育てられることになったという不遇の過去から子供達への強烈な慈愛の志を持っており、「全ての子供たちが幸福に暮らせる世界」の実現を夢見て聖杯大戦に参戦する。

自身を召喚したマスターに「ロットウェル・ベルジンスキー」という魔術師の男がいたが、シロウと赤のアサシンによって召喚される前から洗脳され、傀儡となっており、以後、マスターとの「仲介人」を名乗るシロウの思惑で行動させられる羽目となる。そして、黒の陣営との戦いの最中、ルーラーが自身の慈愛の対象である幼い子供の外見をした黒のアサシンの思念を切り捨てる選択をしたことに激昂し、それ以降は何かに取り憑かれたかのようにルーラーを付け狙う。

赤のランサー

CV:遊佐浩二

赤の陣営に所属する槍兵の英霊で、肉体と一体化したかのような黄金の鎧を纏う青年。極めて冷静沈着で感情を表に出すことはほとんどないが、誇り高き戦士であり、味方であろうと敵であろうと相手の実力が賞賛するものであれば素直に賞賛する。
真名はインドの叙事詩「マハーバーラタ」に登場する不死身の大英雄カルナで、「Fate/stay night」に登場した英雄王ギルガメッシュに匹敵するとされる圧倒的な戦闘能力を誇る赤陣営最強のサーヴァント。

自身を召喚したマスターは、イギリスのロンドンにある魔術師たちの総本山「時計塔」の魔法学校の一級講師を務める「フィーンド・ヴォル・センベルン」だが、シロウと赤のアサシンの奸計によって洗脳され、指揮権を全面的にシロウに譲り渡されている。そしてシロウに従う身となりながらも本来のマスターであるセンベルンに仕えることを第一義とし、聖杯を勝ち取ることで彼への義理を果たそうとしている。

赤のライダー

CV:古川慎

赤の陣営に所属する騎乗兵の英霊。威容を誇る鎧を身にまとった、陽気だが荒々しい性格の美丈夫。マスターに「キャビック・ベンテル」という魔術師がいるが、シロウと赤のアサシンによって洗脳されて指揮権を譲り渡されていることから、シロウの指揮下に置かれている。

真名はギリシャ神話に登場する英雄で、トロイ戦争で活躍したギリシャ軍の勇将アキレウス。赤のランサーに匹敵するほどの大英雄と言われており、オリンポスの神々からの祝福(呪い)の力で、自分と同じ神の祝福を持つ者以外の攻撃をほぼ無効化する強力な能力を持つ。
同郷となる赤のアーチャーを「姐さん」と呼んで慕っており、さらに同じく同郷である黒のアーチャーとは自らを育ててくれた師ではあるが強い因縁が芽生えており、一騎討ちで戦うことを強く望んでいる。ちなみにシロウたちを信用しておらず、特に赤のアサシンとは王族で傲慢な性格であることから仲は非常に険悪。

赤のキャスター

CV:稲田徹

赤の陣営に所属する魔術師の英霊で、中世ヨーロッパ風の洒脱な衣装を身に纏った伊達男。一人称に「吾輩」を用い、芝居掛かった喋り方を主とするナルシスト。

真名は16世紀のイギリスの劇作家ウィリアム・シェイクスピア。自らが召喚された現世にて、自分が「至高」と呼べるほどの価値のある「物語」を目撃することを至上の目的としている。その「物語」のためならば手段を選ばず、味方を死地へ平気で追いやることはもちろん、多くの罪のない人間が踏みにじられ、命を奪われることになっても一向に構わない。そんな性格のため、自身を召喚した「ジーン・ラム」という女魔術師を裏切り、シロウをマスターとしてあっさりと鞍替えしている。

赤のアサシン

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

Fateシリーズ(Fate/stay night)のネタバレ解説まとめ

2004年にTYPE-MOONから発売されたテレビゲームおよびそれらを原作としたアニメ、小説、漫画作品。あらゆる願いを叶える万能の杯「聖杯」に選ばれた7人の魔術師と対になる7人の英霊たちが、己の願いを叶えるべく、最後の1組となるまで殺し合う「聖杯戦争」。聖杯戦争に巻き込まれた少年・衛宮士郎は、偶然にも召喚した英霊の少女・セイバーと共に、苦難の道を歩み始める。

Read Article

Fate/Grand Order(FGO)のネタバレ解説まとめ

「Fate/Grand Order」とは2015年に配信を開始したスマートフォン用アプリゲーム。原作は2004年に発表されたゲーム「Fate/stay night」で、Fateシリーズのキャラクターや今作のオリジナルキャラなどを召喚して戦うRPG。2016年の年末に第一部のストーリーが完結し、大きな話題となった。その後も動きがあるたびに話題を呼ぶ大人気ゲーム。

Read Article

Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(FGOバビロニア)のネタバレ解説まとめ

『Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-』とは、スマホアプリゲーム『Fate/Grand Order』から派生したアニメ作品である。魔術王ソロモンによって奪われた人間の歴史を取り戻すため、「聖杯」と呼ばれる万能の力を持った杯を探し求めて時代を渡り歩く魔術師の少年・藤丸立香が、紀元前2700年の古代メソポタミアの世界に降り立って、人類の滅亡を目論む「三女神同盟」に立ち向かう姿を描いた物語となっている。

Read Article

Fate/Zero(フェイト ゼロ)のネタバレ解説まとめ

『Fate/Zero』とはニトロプラスの虚淵玄の伝奇ライトノベル、及びそこから派生したアニメと漫画作品である。 「聖杯」と呼ばれる万能の力を持った杯を巡り、7人の魔術師(マスター)と7騎の英霊(サーヴァント)が戦い、競い合う「聖杯戦争」を描いた物語で、アニメは2011年1月から第1期が全13話、2012年4月から第2期が全12話構成で放送された。

Read Article

Fate/stay night(フェイト ステイナイト)のネタバレ解説まとめ

『Fate/stay night』とは、TYPE-MOONが開発するビジュアルノベルゲームのアニメ作品で、「聖杯」と呼ばれる万能の力を持った杯を巡り7人の魔術師(マスター)と7騎の英霊(サーヴァント)の物語を描いている。本作はその原作のストーリーのひとつであるセイバーがヒロインにしたルートを脚本にしている。2006年1月から6月まで全24話で放送された。

Read Article

Fate/stay night [Unlimited Blade Works](UBW)のネタバレ解説まとめ

『Fate/stay night [Unlimited Blade Works]』とは、ビジュアルノベルゲーム「Fate/stay night」のアニメ作品で、「聖杯」と呼ばれる万能の力を持った杯を巡り7人の魔術師(マスター)と7騎の英霊(サーヴァント)が戦う物語を描いている。本作はその原作のストーリーのひとつである遠坂凛がヒロインにしたルートを脚本としている。 2014年10月から12月にかけて第1期、2015年4月から6月にかけて第2期がそれぞれ13話ずつで放映された。

Read Article

Fate/EXTRA Last Encore(アニメ)のネタバレ解説まとめ

『Fate/EXTRA Last Encore』とは、マーベラスエンターテイメントから発売されたゲーム『Fate/EXTRA』を原作としたテレビアニメ作品である。2018年1月末に放送開始され、全13話が放映された。 月に存在するあらゆる願いを叶える力を持った霊子コンピューター「ムーンセル・オートマトン」内に作られた霊子虚構世界「SE.RA.PH」を舞台に”月の聖杯”をかけた魔術師と英霊による聖杯戦争を描いた物語。

Read Article

Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ(アニメ・漫画)のネタバレ解説まとめ

『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ』とは、月刊コンプエースで連載されていた漫画、及びそれを原作として2013年に全10話が放送されたテレビアニメ作品である。普通の小学五年生のイリヤスフィール・フォン・アインツベルン(愛称はイリヤ)が「魔術礼装:カレイドステッキ」であるマジカルルビーの力により魔法少女にし転身し、同じ魔法少女である、美遊・エーデルフェルト(愛称は美遊)と協力し、町に散らばるクラスカードを回収する任務をこなしていく。

Read Article

Fate/stay night[UBW] に隠された「アーチャー=衛宮士郎」の共通点と伏線に迫る!

Fate/stay night [Unlimited Blade Works]における最大の秘密と言っても過言ではない「アーチャー=衛宮士郎」のキーワード。それ故に、本編ではこれを示唆する伏線・共通点が巧妙に描かれています。物語途中で気づいちゃった人もそうでない人も、とりあえず踏まえておいて損はないであろうシーンを振り返っていきましょう。

Read Article

目次 - Contents