Fate/Apocrypha(フェイト アポクリファ)のネタバレ解説まとめ

『Fate/Apocrypha』とは、ビジュアルノベルゲーム『Fate/stay night』の外伝作品、及びそこから派生したアニメと漫画作品である。「聖杯」と呼ばれる万能の力を持った杯を巡り二つの陣営に分かれた14人の魔術師(マスター)と14騎の英霊(サーヴァント)が戦い、競い合う「聖杯大戦」を描く。アニメは2017年7月から12月まで全25話構成で放送された。

宝具(ほうぐ)

サーヴァントが持つ、神話や伝説などの幻想を骨組みにして作り上げられた武装のことを呼び、英霊たちが生前に持っていた武器や固有の能力・魔術・特徴、あるいは彼らを英霊たらしめる伝説や象徴が具現化したものがほとんどである。

武具の形を持っているものもあれば、身体能力として常時発動するようなものも含まれており、ひとりの英霊が持つ宝具の数は、その英霊の伝承の数や種類によって異なる。

ルーラー:我が神はここにありて(リュミノジテ・エテルネッル)

ルーラーが旗を掲げることで発動する宝具で、天使の祝福によって味方を守護する聖なる結界を展開する。宝具も含むあらゆる種別の攻撃に対する守りに変換できる優れた防御性能を誇るが、使用中は攻撃も含めた一切の行動が不可能となり、さらに攻撃を防いだ代償は旗に損傷となって蓄積され、濫用すれば最終的には使用不能となってしまう。

ルーラー:紅蓮の聖女(ラ・ピュセル)

「主よ、この身を委ねますーー」という辞世の句を発動の呪文とする形で起動する宝具で、ルーラーの生前の火炙りを具現化したもの。
腰に差している剣で、生前は一度も振るうこともなかった聖カトリーヌの剣で己の掌を傷つけながら祈りと共に発動させ、自身を炎の聖剣と化すことで敵対者全てを焼き尽くし、破壊する。しかしこの炎の聖剣自体がルーラーとなっており、この剣を発現させた戦闘の後に消滅することから、正真正銘の自爆攻撃となっている。

空中庭園の最終決戦でシロウの捨て身の攻撃を打ち消し、彼が起動していた聖杯の8割以上を破壊する威力を発揮した。そして憑代となっていたレティシアについては、憑依していたルーラー自身が消滅のデメリットを全て負ったことで無傷で済んだ。

黒のセイバー:幻想大剣・天魔失墜(バルムンク)

黒のセイバーが主な武器として扱う魔剣。柄に填め込まれた青い宝玉には膨大な力が貯蔵されており、この宝玉の力を解放することで大剣を中心とした半円状に拡散する強力な衝撃波を放つ。
また、竜種の血を引く者に対しては威力が倍増する。

黒のセイバー:悪竜の血鎧(アーマー・オブ・ファヴニール)

黒のセイバーが纏っている鎧で、生前に討伐した魔竜ファヴニールの血を浴びることで得た常時発動型の宝具。物理攻撃と魔術によるダメージを大幅に軽減するほどの高い防御力を持っており、作中では赤のランサーの槍の一撃を受けても微傷程度ですむ頑強さを発揮した。

しかし、伝承の通り背中にある、葉のような形の跡が残っている部分だけは効果が発揮されないという弱点があり、さらにその個所を隠すこともできず、背中に防具を纏うこともできない。

黒のアーチャー:天蠍一射(アンタレス・スナイプ)

天空の射手座から放たれる矢によって相手を射抜く攻撃で、威力と精密性においては彼の持つ攻撃手段の中でもトップクラスを誇る。さらに注目すべき特徴として、空にある射手座は「すでに矢を番えて引き絞っている」ため、ただ標的を定めるだけですぐに攻撃することができる優れ物となっている。

しかし、1日に1度しか使用できないという弱点があり、1度発動すると次の夜になるまで使用不能となり、使い所を見極めるのがこの宝具の使い道となっている。

黒のランサー:極刑王(カズィクル・ベイ)

半径1km以内の空間に最大2万本もの杭を出現させ、その空間にいる全ての敵を串刺しにする宝具。3秒間発動させただけで500人以上の敵をまとめて捕捉して串刺しにすることができる上に、さらに次第に数を増やすことで敵の退路を塞ぎ、時間が経つごとに回避を困難にして追い込むこともできる。

そして一方で、杭の数が増すと見る者に恐怖と精神的圧迫感による心理効果を与え、さらに攻撃だけでなく防御にも使うことができ、おおよその飛び道具や魔術を防ぐこともできる。

黒のランサー:鮮血の伝承(レジェンド・オブ・ドラキュリア)

「串刺し公」と並ぶ黒のランサーのもう一つの伝説である「吸血鬼」、すなわちドラキュラ像を具現化させることで吸血鬼へと変身する。
この宝具が発動すると前項の極刑王も含めたランサーとしての能力を封印される代わりに、身体能力の大幅な強化、動物や霧への形態変化、治癒能力、魅了の魔眼といった特殊能力を得て飛躍的なパワーアップを遂げる。しかしその代償として、陽の光や聖印など神聖なものやその力を持った武器に弱いという弱点も得てしまう。

黒のランサーは生前に付けられた吸血鬼の伝承を消すために聖杯大戦を戦っているのでこの宝具を忌み嫌っており、たとえ敗北と死を前にしても自らの意思で使うことは決してなく、召喚されてすぐにダーニックに使用を強制すれば殺すとも警告した。しかしダーニックは黒のランサーに対して臣下の礼をとっていたが、本心では聖杯大戦を勝ち抜くための駒としか見ていなく、赤の陣営によって聖杯が奪われ、奪取に向かった先で劣勢に追い込まれた時、最終手段として令呪を発動させることで迷わず使用した。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

Fateシリーズ(Fate/stay night)のネタバレ解説まとめ

2004年にTYPE-MOONから発売されたテレビゲームおよびそれらを原作としたアニメ、小説、漫画作品。あらゆる願いを叶える万能の杯「聖杯」に選ばれた7人の魔術師と対になる7人の英霊たちが、己の願いを叶えるべく、最後の1組となるまで殺し合う「聖杯戦争」。聖杯戦争に巻き込まれた少年・衛宮士郎は、偶然にも召喚した英霊の少女・セイバーと共に、苦難の道を歩み始める。

Read Article

Fate/Grand Order(FGO)のネタバレ解説まとめ

「Fate/Grand Order」とは2015年に配信を開始したスマートフォン用アプリゲーム。原作は2004年に発表されたゲーム「Fate/stay night」で、Fateシリーズのキャラクターや今作のオリジナルキャラなどを召喚して戦うRPG。2016年の年末に第一部のストーリーが完結し、大きな話題となった。その後も動きがあるたびに話題を呼ぶ大人気ゲーム。

Read Article

Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-(FGOバビロニア)のネタバレ解説まとめ

『Fate/Grand Order -絶対魔獣戦線バビロニア-』とは、スマホアプリゲーム『Fate/Grand Order』から派生したアニメ作品である。魔術王ソロモンによって奪われた人間の歴史を取り戻すため、「聖杯」と呼ばれる万能の力を持った杯を探し求めて時代を渡り歩く魔術師の少年・藤丸立香が、紀元前2700年の古代メソポタミアの世界に降り立って、人類の滅亡を目論む「三女神同盟」に立ち向かう姿を描いた物語となっている。

Read Article

Fate/Zero(フェイト ゼロ)のネタバレ解説まとめ

『Fate/Zero』とはニトロプラスの虚淵玄の伝奇ライトノベル、及びそこから派生したアニメと漫画作品である。 「聖杯」と呼ばれる万能の力を持った杯を巡り、7人の魔術師(マスター)と7騎の英霊(サーヴァント)が戦い、競い合う「聖杯戦争」を描いた物語で、アニメは2011年1月から第1期が全13話、2012年4月から第2期が全12話構成で放送された。

Read Article

Fate/stay night(フェイト ステイナイト)のネタバレ解説まとめ

『Fate/stay night』とは、TYPE-MOONが開発するビジュアルノベルゲームのアニメ作品で、「聖杯」と呼ばれる万能の力を持った杯を巡り7人の魔術師(マスター)と7騎の英霊(サーヴァント)の物語を描いている。本作はその原作のストーリーのひとつであるセイバーがヒロインにしたルートを脚本にしている。2006年1月から6月まで全24話で放送された。

Read Article

Fate/stay night [Unlimited Blade Works](UBW)のネタバレ解説まとめ

『Fate/stay night [Unlimited Blade Works]』とは、ビジュアルノベルゲーム「Fate/stay night」のアニメ作品で、「聖杯」と呼ばれる万能の力を持った杯を巡り7人の魔術師(マスター)と7騎の英霊(サーヴァント)が戦う物語を描いている。本作はその原作のストーリーのひとつである遠坂凛がヒロインにしたルートを脚本としている。 2014年10月から12月にかけて第1期、2015年4月から6月にかけて第2期がそれぞれ13話ずつで放映された。

Read Article

Fate/EXTRA Last Encore(アニメ)のネタバレ解説まとめ

『Fate/EXTRA Last Encore』とは、マーベラスエンターテイメントから発売されたゲーム『Fate/EXTRA』を原作としたテレビアニメ作品である。2018年1月末に放送開始され、全13話が放映された。 月に存在するあらゆる願いを叶える力を持った霊子コンピューター「ムーンセル・オートマトン」内に作られた霊子虚構世界「SE.RA.PH」を舞台に”月の聖杯”をかけた魔術師と英霊による聖杯戦争を描いた物語。

Read Article

Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ(アニメ・漫画)のネタバレ解説まとめ

『Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ』とは、月刊コンプエースで連載されていた漫画、及びそれを原作として2013年に全10話が放送されたテレビアニメ作品である。普通の小学五年生のイリヤスフィール・フォン・アインツベルン(愛称はイリヤ)が「魔術礼装:カレイドステッキ」であるマジカルルビーの力により魔法少女にし転身し、同じ魔法少女である、美遊・エーデルフェルト(愛称は美遊)と協力し、町に散らばるクラスカードを回収する任務をこなしていく。

Read Article

Fate/stay night[UBW] に隠された「アーチャー=衛宮士郎」の共通点と伏線に迫る!

Fate/stay night [Unlimited Blade Works]における最大の秘密と言っても過言ではない「アーチャー=衛宮士郎」のキーワード。それ故に、本編ではこれを示唆する伏線・共通点が巧妙に描かれています。物語途中で気づいちゃった人もそうでない人も、とりあえず踏まえておいて損はないであろうシーンを振り返っていきましょう。

Read Article

目次 - Contents