幽☆遊☆白書(幽遊白書・幽白)のネタバレ解説まとめ

『幽☆遊☆白書』とは、集英社『週刊少年ジャンプ』にて1990年から1994年にかけて連載された冨樫義博によるバトル漫画。1992年からスタジオぴえろによってTVアニメ化され、当時人気を博した。不良少年浦飯幽助は子供をかばって事故死した事をきっかけに霊界探偵となり、師匠・玄海師範の修行を受け、桑原和真、蔵馬、飛影と共に妖怪たちと戦い心身ともに強くなって行く。

三盗賊編

剛鬼(ごうき)

CV:若本規夫

魂を食べる吸魂鬼。
飛影・蔵馬と共に霊界から宝を盗み、剛鬼は魂を集める餓鬼玉を所有。
特に子供の魂を好み、食べた魂の消化には一日かかる。
普段は人間体だが、本来の姿は鋼の様な肉体を持つ。
飛影・蔵馬と違い前科が12あり、霊界の追跡者も十数人手に掛けている。
餓鬼玉を使って子供の魂を食べ、幽助と戦う。
幽助はこの時一日一回しか使えなかった霊玉を既に一発使ってしまっていたため苦戦を強いられる。
ぼたんの機転で一度逃げ、その後再度対決し、木の棒を剛鬼の口に縦に突っ込み口を閉じないようにし、口の中に霊玉を撃って倒した。
死んだわけではなく霊界の者によって逮捕された。
飛影・蔵馬と違って凡人妖怪で、性格も救いようのない悪人で、逮捕後は回想のみで登場。
はじめは妖狐では無い蔵馬を蔑んでいたが、蔵馬に睨まれて態度を改めた。

幻海師範 門下生大選考会編

乱童(らんどう) / 少林(しょうりん)

CV:井上瑤(2007年ゲーム:皆川純子)

99人の霊能力者を殺し、その奥義を自分の物にしてきた妖怪。
霊玉を一度見ただけで使えるなど模倣能力と格闘センスが優れている。
100人目の霊能力者を幻海にしようと思い、幻海の弟子選考会に参加し、霊光波動拳の後継者になろうと企む。
初めは「少林」という名前の少年の姿で、戦闘能力もやや低く、地味な存在であった。
準決勝二戦目で桑原と戦い、桑原に押され気味だったが「縮身の術」という相手を小さく縮めてしまう技を使用し、桑原を両手で握りつぶし全身の骨を砕いて倒した。
見た目から幼い少年だと思われていたが、この辺りから残酷な本性が現れていく。
決勝で幽助と当たり、幽助のクロスチョップを受けて少林から乱童としての本性を表す。
幽助を妖気の糸で縛り痛めつけ、沼に魔界魚という魚を召喚し、幽助をその餌にしようとする。
沼に落ちた幽助は魚に襲われ溺れてしまうが、桑原の魂から渇を入れられ息を吹き返し糸を引き千切り沼から脱出。
乱童は縮身の術を幽助にかけようとするが、幽助の耳に藻が詰まっており呪文が聞こえず、縮身の術は失敗し効果が自分に跳ね返り、乱童が縮んでしまう。
元の姿に戻ろうとするが、それよりも早く幽助の全体重をかけたエルボードロップを受け敗北。
小さい状態のままぼたんに連行され、霊界の金庫に入れられることになった。
原作では少林の時も乱童の時も言動や性格が同じだが、アニメ版だと乱童の時の方がやや荒っぽくなり一人称が「僕」から「俺」に変わる。

四聖獣編

朱雀(すざく)

CV:飛田展男

四聖獣のリーダー。
危険であるため霊界によって迷宮城という所に閉じ込められていたが、蟲笛で魔回虫という虫を操り人間に奇声させて操ることができ、混乱を起こして霊界に人間界への移住権を求めた。
闇奥義と雷の技の使い手。
他の四聖獣と比べると人間よりの見た目をしており、前髪にある赤い触覚で闇奥義をコントロールする。
自分以外の四聖獣が倒されたあと、魔回虫を使って螢子とぼたんを襲わせ、その光景を映像で幽助に見せて苦しませる。
はじめは片手だけで戦っていたが、幽助から思わぬ反撃を受けてしまい、分身技「暗黒妖籠陣」を使って7人に増え、6人で闇奥義「六獄暗黒雷光波」を使って幽助を追い詰める。
「彼女(螢子)の心臓を食うと誓えば、お前(幽助)の魂を魔界で浄化して、妖怪に転生させてやる」と言って幽助を屈服させようとするが、幽助が拒み失敗。
分身たちが幽助を捕らえ電撃をくらわせ動けなくし、螢子とぼたんが死ぬのを見せようとするが、螢子とぼたんは力を合わせピンチを切り抜け、幽助は幻海に教わった臨界行からの念で復活。
幽助のショットガンを受けて分身6人が致命傷を受けるも、1人だけ致命傷を受けず、その1人が残り6人を吸収して全回復し、再び七人に増える。
幽助の生命力を使ったショットガンに対し七人で「七獄暗黒雷光波」を撃つが、実は幽助の最初に撃った霊玉によって触覚に攻撃を受けており、時間差で闇奥義が制御できなくなりショットガンを受けて敗北。
人気のあるキャラクターで、本作のゲームでもプレイヤーキャラとして登場し、スマホゲームではSR・SSRキャラとして登場。

玄武(げんぶ)

CV:島香裕

四聖獣の先兵。
岩の部屋を自由に移動し、体を分離する事が出来る。
体をバラバラにされても「中枢岩」という格がある限り元の状態に戻る事が出来る。
蔵馬と戦い、不意打ちで蔵馬の腹部に傷を負わせる。不運にも当たった所が以前飛影によって負わされた古傷がある場所であった。
蔵馬の薔薇によって居場所を特定され華厳裂斬肢で切り刻まれるも、中枢岩によって元の姿に戻る。
何度か復元しているうちに中枢岩の存在を見破った蔵馬に奪われ、バラバラになった体を復元する際に頭が股間についた状態で復元してしまい、桑原と幽助に笑われる。
その後蔵馬に中枢岩を破壊され砕け散った。
本編では蔵馬との戦闘以外での出番はないが、アニメ版のオープニングで登場。

白虎(びゃっこ)

CV:渡部猛

四聖獣の一人。
自身の毛を分身妖獣にしたり、体毛で霊力を吸ったり、爪を飛び道具にしたり、口からは触れたものを塵にする「超振動弾・鳴虎衝壊波」を出す。
初めは桑原一人の相手ならと分身妖獣だけを戦わせるが、桑原の戦略によって妖獣たちは一列に並ばされ伸びる霊剣で貫かれ、塔に縛り付けられてしまう。
そのため次は自身で戦うことなり、霊剣の妖気を吸ってパワーアップするが、桑原の霊気の方が僅かに多く、許容量を越えたため腹が破裂し風船のように飛んでしまう。
戦う場所を濃獄酸だらけの部屋に移動し、桑原の足場を超振動弾・鳴虎衝壊波で壊すも、濃獄酸に落とされ敗北。
死んだかと思われたが生きており、瀕死状態で清龍の元に行き妖力を分けて欲しいと頼むが、清龍に凍らされ魔闘凍霊拳で頭以外を破壊される。
アニメ版では落ちた首が無念で涙しており、清龍からは「利用価値のない負け犬はただのクズだ」と言われツバを穿きかけられた。
仲間を仲間とも思わない態度に幽助たちは怒り、次の相手であった飛影が白虎の頭部にマントをかけた。
アニメ版では無念が晴れたのか、勝負が終わった後白虎の頭は消えていた。
アニメオープニングでは螢子・ぼたんを追いかけ幽助たちに倒されるシーンが描かれた。ちなみに本編にその様なシーンは無い。

青龍(せいりゅう)

CV:千田光男

四聖獣の一人。
仲間を仲間と思わない冷徹な性格で、飛影と戦う前に百虎を処刑。
飛影を同じ穴の狢と呼び、アニメ版では土下座したら仲間にしてやるなどと挑発。
原作では怒る飛影によって一瞬で切り刻まれ敗北。
アニメ版では部屋を凍らせ飛影の足を凍らすなど多少活躍したが、絶命直前に自分が何度も切り刻まれていた事に気づき消滅した。
飛影は清龍を16回切断したと言うが、幽助は原作では半分までアニメ版では15回までしか数えられなかったと悔しがり、蔵馬は「初太刀以外は何回斬ったか分からず、閃光が糸状のように走って見えた」と言い、桑原は気づいたら清龍がバラバラだったとコメント。
後に飛影は、魔性使いチームの氷使いの「凍矢」を清龍よりはるかに格上と言っている。

ムルグ

ムルグ(朱雀の肩に乗る鳥)

CV:横山智佐/近藤玲子(ナムコ版ゲーム)

朱雀の使い魔の妖鳥。
人の言葉を喋り、朱雀を「朱雀様」と呼んでとても心酔している。
他の四聖獣を見下し彼らが死んだと聞くとあざ笑った。
朱雀の命令で人間界へ行って幽助の事を調べ、螢子の事を朱雀に報告し、朱雀は螢子を抹殺する計画を立てた。
アニメ版では朱雀が倒れた時に蟲笛を守り、幽助と朱雀のぶつかり合いで生じた衝撃に巻き込まれて消滅。
原作では途中からいなくなり生死不明。

hinnketu
hinnketu
@hinnketu

Related Articles関連記事

幽☆遊☆白書(幽遊白書、幽白)の術・必殺技まとめ

『幽☆遊☆白書』とは、冨樫義博による漫画、およびそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品。 主人公である中学生の浦飯幽助は、自動車に轢かれて死にそうになった子どもを助けるために自分が死んでしまうが、霊界の協力で復活することができた。物語は大きく霊界探偵編、暗黒武術会編、魔界の扉編、魔界統一トーナメント編に別れる。特に暗黒武術会編の戸愚呂兄弟との戦い、魔界の扉編では仙水との戦いが人気である。 桑原の霊剣や蔵馬の植物に関する技など個性ある技が多く登場し、幽助の仲間たちも人気がある。

Read Article

幽遊白書の桑原和真は桑田選手・清原選手に影響を及ぼす男だった

冨樫義博の人気マンガ・幽遊白書。主人公である浦飯幽助にライバル心を燃やす、桑原和真という登場人物がいる。彼の名前の由来はプロ野球選手の桑田選手・清原選手であるのだが、名前をもらったはずの桑原が二人の野球選手に影響を及ぼしてしまっていた。にわかには信じられない架空のキャラクターと有名スポーツ選手たちとの奇妙なつながり。それが転じて原作にある変化をもたらした。その解説。

Read Article

レベルE(LEVEL E)のネタバレ解説まとめ

「レベルE」とは1995年から1997年まで週刊少年ジャンプにて掲載された作品で、作者は冨樫義博。前作は幽☆遊☆白書であり、この漫画は冨樫義博の3作目の作品である。 山形県を舞台に、頭は宇宙一切れると称されるが性格が悪いドグラ星のバカ王子を中心に物語が進んでいく。彼に振り回されるのは主に地球人の筒井雪隆、バカ王子の側近のクラフト隊長である。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)のネタバレ解説まとめ

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)とは、1998年から『週刊少年ジャンプ』で連載されている日本の漫画作品。原作は幽遊白書などでお馴染みの冨樫義博。くじら島に住む少年ゴン=フリークスは、居ないと思っていた父親が優秀なハンターであることを知り、強い憧れを抱く。そしてゴンはハンターを目指し、くじら島を旅立つ。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の幻影旅団まとめ

『HUNTER×HUNTER』とは、冨樫義博による漫画作品、及びそれを原作とした映画やアニメなどのメディアミックス作品である。 父親であるジンを探すため、そして憧れていたハンターになるためにゴンは旅に出る。その先で、キルア、クラピカ、レオリオという仲間と出会い、ゴンは様々な冒険を繰り広げる。 『幻影旅団』とは、A級賞金首達が集う盗賊集団である。敵キャラでありながらも個性的な面々が集う幻影旅団は、ファンからも深く愛されている。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の念能力・必殺技まとめ

1998年に連載が開始された冨樫義博氏が描くHUNTER×HUNTER。 くじら島出身の少年、ゴン=フリークスが、父親であるジン=フリークスを追い求める冒険の中での様々な人との出会い成長していく。熱いバトルが繰り広げられる冒険譚である本作品を楽しむためにはかかせない念能力の存在。今回は念能力とは何かをはじめ、登場するキャラクター達の念能力を系統別に解説する。

Read Article

レベルE(LEVEL E)の宇宙人種族まとめ

『レベルE』とは、冨樫義博による宇宙人を題材とした漫画、およびそれを原作としたアニメ作品である。 ある日、天才的な頭脳を持ちながら、人が真剣に悩んだり苦しんだりする姿を見るのが大好きな宇宙人・バカ王子が地球へやって来る。バカ王子は様々な悪戯を繰り広げて周囲の人間を困らせていく。 この作品では様々な宇宙人が地球に来訪している。登場する宇宙人には、冨樫義博らしく綿密でユニークな設定がつけられており、それが人気の要因の1つになっている。

Read Article

目次 - Contents