幽☆遊☆白書(幽遊白書・幽白)のネタバレ解説まとめ

『幽☆遊☆白書』とは、集英社『週刊少年ジャンプ』にて1990年から1994年にかけて連載された冨樫義博によるバトル漫画。1992年からスタジオぴえろによってTVアニメ化され、当時人気を博した。不良少年浦飯幽助は子供をかばって事故死した事をきっかけに霊界探偵となり、師匠・玄海師範の修行を受け、桑原和真、蔵馬、飛影と共に妖怪たちと戦い心身ともに強くなって行く。

CV : 江原正士

魔界三大妖怪の一人。
三大妖怪の中では一番若く、野心家で狡猾。
元々は妖狐蔵馬と共に盗賊をしていたが、身勝手な性格と血の気の多さが禍して蔵馬に見限られ、蔵馬の雇った刺客によって両目を失った。
視覚が失われた事で音や空気の流れを読んで戦う術を身に付けていき、それと共に耳の数も増え、性格も辛抱強く知的で落ち着いたものに変わる。
現在は人の心拍数や国中を把握できる聴力と頭脳を持ち、二大妖怪と呼ばれていた雷禅と軀と並び、三大妖怪と呼ばれるまでになった。
蔵馬の雇った刺客は捕まえてギリギリ死なない程度に痛めつけて幽閉している。
現在では自分がここまで成長するきっかけとなった蔵馬や刺客に感謝の気持ちすら覚えていると言うが、内心どう思っているかは不明。
雷禅曰く、霊界や人間界まで侵略しようと考えていた様子。
しかし魔界統一トーナメントを開くことになり、幽助の気持ちや、雷禅の旧友のパワーなどに影響されて、野心と作り上げた国家を捨てて1人の男として戦うことを望んだ。
トーナメントでは息子の修羅と戦い勝利。修羅に対しては厳しくも親バカな面を持っている。
幽助との戦いでは長時間の激闘の末に勝利。しかし披露から雷禅の旧友・煙鬼との戦いで敗北した。
トーナメント終了後は幽助に賞賛を述べ、わだかまりのあった蔵馬と和解し、修羅と共に旅に出た。

修羅(しゅら)

CV:大谷育江

黄泉の息子。
培養器で作られ生まれており、培養器の中に居た時点でも妖力値が8万(奇淋と同じくらい)を超えていた。
トーナメント開催時には幽助と同じくらいの戦闘力を持つと言われており、暗に幽助と黄泉には大人と子供ほどの差がある事も示していた。
性格は生意気で、年齢相応に黄泉の事をパパと呼ぶ。黄泉は修羅に親バカ気味。
トーナメント予選で父・黄泉と当たり、親子対決になる。
真剣勝負で戦うが修羅は手も足も出ず負け「殺せ」と言うが、黄泉に「未熟者」と一喝され負けを認めた。
アニメ版では父を本気にさせるために負けを認める不利をして不意打ちをしかけるも、結果は変わらなかった。
トーナメント終了後は父と旅に出ている。

鯱(しゃち)

CV:辻親八

黄泉国家の軍事総長。元ナンバー2。
将来有望な人材を暗殺してナンバー2を保守していたが、蔵馬にその座を奪われてしまう。
部下の「空(から)」に命令し、人間界にいる蔵馬の義弟を人質に取る。
空は蔵馬を脅そうとするが逆に脅されてしまい、鯱を裏切って蔵馬側につく。
戦闘力では自分の方が上だと思い蔵馬と戦うが、妖狐蔵馬に変身した蔵馬に一瞬で倒され、人間の体の蔵馬から妖狐蔵馬に変身する事で爆発的に妖力が上がった事に驚愕しながら死亡した。
黄泉は鯱が裏で暗殺をしていた事などを見透かし、鯱に変わるナンバー2候補が来るまで泳がせ、ナンバー2に相応しいものに鯱を倒させるという踏み台にしていた。
また、蔵馬は引き連れて来た妖怪六人(酎・鈴駒・陣・凍矢・鈴木・死々若丸)と共に裏切ると黄泉に進言していたが、相手にされなかった。
それどころか無能扱いされたり、蔵馬は優秀な六人を連れて来たのに鯱は何もしていないといわれたり、黄泉には「確かに鯱の優れた妖力は誰もが認めるが、それ以外の事を求めるのは酷というものだ」と言われ散々な酷評を受けた。
鯱は単に蔵馬を貶めたかっただけであったが、皮肉にも実際に蔵馬は六人と共に謀反を起こし、黄泉は幽助の魔界統一トーナメントをするという提案を飲まなければならなくなった。

雷禅の大昔の喧嘩仲間

雷禅の大昔の喧嘩仲間たち。
一人一人が黄泉と同等またはそれ以上の強さを持っている。
純粋に戦うことを好み、政治的な野心がなく関心もない穏健派の集まり。
雷禅の息子である幽助の提案する、純粋に力を競う大会である魔界統一トーナメントに賛同し参加。
全員名を馳せるような行為をしてこなかったため魔界ではあまり名前が知られておらず、黄泉や軀は自分の知らない強者が沢山居た事に刺激され、野心を捨てて純粋に1人の妖怪として強さを競う道を選んだ。

煙鬼(えんき)

CV:飯塚昭三

雷禅の喧嘩仲間。
見た目は鬼であるが愛妻家で温厚な性格。
トーナメントでは軀を倒し、決勝戦で同じく雷禅の喧嘩仲間・才蔵を倒して優勝。
「人間に迷惑をかけないこと」と言うルールを作り、これまで対立関係にあった霊界と紳士協定を結び、霊界と魔界・魔界と人間界の和睦を目標にしている。
純粋な強さのみで魔界のトップに立った煙鬼が作ったルールだからか、優勝してからは人間界にいた妖怪も悪さをしなくなった。
試合後は腰痛持ちになり、妻・孤光に看病してもらっている。

孤光(ここう)

CV:雨蘭咲木子

雷禅の喧嘩仲間。
雷禅に惚れていたが、雷禅が人間の女に惚れてしまい失恋。
自暴自棄になっていたところを煙鬼に告白されて結婚。
愛妻家である煙鬼からはとても大事にされており、孤光も腰痛持ちの煙鬼の看病をしている。
トーナメントでは幽助と戦った後の黄泉と戦い勝利。その後、雷禅の喧嘩仲間の一人・九浄に敗退。

棗(なつめ)

CV:佐藤しのぶ

雷禅の喧嘩仲間。
アニメでは九浄の双子の妹という設定。
トーナメント一回戦(アニメでは予選)で酎と戦い、酎から一方的に惚れられ何度も勝負を挑まれアプローチを受ける。
本人も満更ではなくその戦いを律儀に受けており、九浄が酎を揶揄するととても怒った。
トーナメント二回戦で軀と当たり敗北。

九浄(くじょう)

CV:真殿光昭

雷禅の喧嘩仲間。
アニメでは棗の双子の兄。
トーナメントでは三回戦で蔵馬と戦い勝利。準決勝で才蔵に敗れる。
アニメでは凍矢とも戦い、妖力を凍矢と同じまで落として戦うも勝利。

痩傑(そうけつ)

CV:小杉十郎太

雷禅の喧嘩仲間。
トーナメントでは陣と戦い勝利。
陣以上の飛翔能力を持っており、陣の戦う姿に昔雷禅に挑んでいた頃の自分を重ねた。
その後トーナメントでは1008年ぶりに雷禅の喧嘩仲間・周と対決。
周にハンチング帽が似合ってないとツッコミを入れられた。

hinnketu
hinnketu
@hinnketu

Related Articles関連記事

幽☆遊☆白書(幽遊白書、幽白)の術・必殺技まとめ

『幽☆遊☆白書』とは、冨樫義博による漫画、およびそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品。 主人公である中学生の浦飯幽助は、自動車に轢かれて死にそうになった子どもを助けるために自分が死んでしまうが、霊界の協力で復活することができた。物語は大きく霊界探偵編、暗黒武術会編、魔界の扉編、魔界統一トーナメント編に別れる。特に暗黒武術会編の戸愚呂兄弟との戦い、魔界の扉編では仙水との戦いが人気である。 桑原の霊剣や蔵馬の植物に関する技など個性ある技が多く登場し、幽助の仲間たちも人気がある。

Read Article

幽遊白書の桑原和真は桑田選手・清原選手に影響を及ぼす男だった

冨樫義博の人気マンガ・幽遊白書。主人公である浦飯幽助にライバル心を燃やす、桑原和真という登場人物がいる。彼の名前の由来はプロ野球選手の桑田選手・清原選手であるのだが、名前をもらったはずの桑原が二人の野球選手に影響を及ぼしてしまっていた。にわかには信じられない架空のキャラクターと有名スポーツ選手たちとの奇妙なつながり。それが転じて原作にある変化をもたらした。その解説。

Read Article

レベルE(LEVEL E)のネタバレ解説まとめ

「レベルE」とは1995年から1997年まで週刊少年ジャンプにて掲載された作品で、作者は冨樫義博。前作は幽☆遊☆白書であり、この漫画は冨樫義博の3作目の作品である。 山形県を舞台に、頭は宇宙一切れると称されるが性格が悪いドグラ星のバカ王子を中心に物語が進んでいく。彼に振り回されるのは主に地球人の筒井雪隆、バカ王子の側近のクラフト隊長である。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)のネタバレ解説まとめ

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)とは、1998年から『週刊少年ジャンプ』で連載されている日本の漫画作品。原作は幽遊白書などでお馴染みの冨樫義博。くじら島に住む少年ゴン=フリークスは、居ないと思っていた父親が優秀なハンターであることを知り、強い憧れを抱く。そしてゴンはハンターを目指し、くじら島を旅立つ。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の幻影旅団まとめ

『HUNTER×HUNTER』とは、冨樫義博による漫画作品、及びそれを原作とした映画やアニメなどのメディアミックス作品である。 父親であるジンを探すため、そして憧れていたハンターになるためにゴンは旅に出る。その先で、キルア、クラピカ、レオリオという仲間と出会い、ゴンは様々な冒険を繰り広げる。 『幻影旅団』とは、A級賞金首達が集う盗賊集団である。敵キャラでありながらも個性的な面々が集う幻影旅団は、ファンからも深く愛されている。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の念能力・必殺技まとめ

1998年に連載が開始された冨樫義博氏が描くHUNTER×HUNTER。 くじら島出身の少年、ゴン=フリークスが、父親であるジン=フリークスを追い求める冒険の中での様々な人との出会い成長していく。熱いバトルが繰り広げられる冒険譚である本作品を楽しむためにはかかせない念能力の存在。今回は念能力とは何かをはじめ、登場するキャラクター達の念能力を系統別に解説する。

Read Article

レベルE(LEVEL E)の宇宙人種族まとめ

『レベルE』とは、冨樫義博による宇宙人を題材とした漫画、およびそれを原作としたアニメ作品である。 ある日、天才的な頭脳を持ちながら、人が真剣に悩んだり苦しんだりする姿を見るのが大好きな宇宙人・バカ王子が地球へやって来る。バカ王子は様々な悪戯を繰り広げて周囲の人間を困らせていく。 この作品では様々な宇宙人が地球に来訪している。登場する宇宙人には、冨樫義博らしく綿密でユニークな設定がつけられており、それが人気の要因の1つになっている。

Read Article

目次 - Contents