幽☆遊☆白書(幽遊白書・幽白)のネタバレ解説まとめ

『幽☆遊☆白書』とは、集英社『週刊少年ジャンプ』にて1990年から1994年にかけて連載された冨樫義博によるバトル漫画。1992年からスタジオぴえろによってTVアニメ化され、当時人気を博した。不良少年浦飯幽助は子供をかばって事故死した事をきっかけに霊界探偵となり、師匠・玄海師範の修行を受け、桑原和真、蔵馬、飛影と共に妖怪たちと戦い心身ともに強くなって行く。

円(えん)/ M-1号

「円」(真ん中)。

CV:亀井芳子

三田村の弟子。目元の隠れた少年。
三田村を助ける代わりに体を提供する契約をし、M-1号として操られる。
3人の弟子達を操っている体に移植したパーツを無理に外すと死んでしまうが、幻海の「修の拳・奥義(光浄裁)」によって解放され正気を取り戻す。
円状になった霊気「霊気の輪(エンゼルチャクラム)」を飛ばして戦う。

魁(かい)/ M-2号

魁(左)。

CV:中村大樹

三田村の弟子。髭の生えた男性。
円と同じく、三田村を助けるためにイチガキと契約し、M-2号として操られ、幻海の「修の拳・奥義(光浄裁)」によって正気を取り戻す。
霊気の棒で攻撃して戦う。技名はなかったが、アニメ版ではスイングクラッシュと名づけられた。

梁(りょう)/ M-3号

梁(右から二番目)。

CV:荒川太郎

三田村の弟子。長身の男性。
円・魁と同じく、三田村を助けるためにイチガキと契約し、M-3号として操られ、幻海の「修の拳・奥義(光浄裁)」によって正気を取り戻す。
手に霊気を集めた「霊気の拳(ハウンドクロー)」で戦い、一回戦では敵の大将の首を引き抜いた。
試合後、自分達のために傷ついた桑原の変わりに試合に出させて欲しいと申し出るが、ルール上不可能であった。

M-4号、M-5号

イチガキチームの科学者二名。
森で蔵馬と飛影の足止めをするが、片方は蔵馬と飛影によって瞬殺。
もう片方は妖鋼獣「ガタスバル」を使って二人を圧倒するが、蔵馬がガタスバルの制御を奪った事で形勢逆転。
その後二人から(アニメ版では飛影から)拷問を受け、イチガキの計画を吐かされ、最終的には闘技場に投げ捨てられた。

ガタスバル

イチガキが作った魔性力学の妖鋼獣。
対妖気防御用の陰呪水を塗り、痛みを感じない体を持つ。
壊れた箇所から蔵馬の薔薇棘刃鞭によって操られ停止させられた。
アニメオープニングにも一瞬登場。

魔性使いチーム

浦飯チームの三回戦の相手。
チームの全員が魔界の忍者「修羅の怪」のメンバーで、闇の世界の影で生きる暗躍組織。
闇で生きてきた故に光を求めており、大会で勝利した暁には首くくり島の独占を願い、島を拠点として表の世界(人間界)を支配しようとしている。
他のチームと比べると仲間でいる経歴が長く、服装も似ている。
スポンサーはBBCのメンバーの「豚尻」。
本来は二回戦と三回戦の間に休息があるが、豚尻の悪知恵で間を置かずに試合が始まってしまう。
そして結界師の「瑠架」を使い、休息が必要という理由で飛影と覆面戦士を結界内に拘束し、戦いに参加出来ないようにする。
二人が選ばれたのは一回戦と二回戦で浦飯チームの中でも抜きん出た実力を持つと豚尻が判断したためであったが、飛影は六遊怪チームとの戦いで出した黒龍波の反動で戦えず、覆面戦士はイチガキチームとの戦いで霊力を使い果たした状態であった。
浦飯チームは桑原がイチガキチームとの戦いで重傷を負っていたため、幽助・蔵馬の2人で戦わなければならず、勝ち抜き戦で戦うことになる。
一回戦は画魔と蔵馬が戦い、蔵馬の勝利。
二回戦は蔵馬と凍矢が戦い、蔵馬の勝利。
三回戦は蔵馬と爆拳が戦い、爆拳の勝利。
四回戦は幽助と爆拳が戦い、幽助の勝利。
五回戦は幽助と陣が戦い、引き分け。
六回戦は桑原と吏将が戦い、桑原が勝利。
勝ち抜いてきた幽助が引き分けで無効試合となったため、桑原と吏将の試合で全ての決着がつく形になり、浦飯チームの勝利となった。
幽助と陣の試合は事実上幽助の勝利であったが、豚尻と吏将の悪巧みにより引き分け扱いとなる。
卑怯なルールを使う事に、浦飯チームのメンバーは勿論、陣や凍矢も憤り感じ、観戦していた戸愚呂弟からも怒りを買う。
豚尻は、左京から「豚尻の命に免じて、この試合だけは豚尻のルールでやらせる」と提案され、戸愚呂弟にデコピンで頭を吹き飛ばされて死亡。

陣と凍矢は試合後も再登場があり、魔界統一トーナメント編でも登場。

画魔(がま)

CV:曽我部和恭

魔性使いチームの先鋒。
画魔の血には高い妖力が込められており、自分の血で自分に化粧を施して戦う化粧使い。
本来は陣が先鋒だったが、豚尻の策略により浦飯チームが幽助と蔵馬二名に減ったことで白けてしまい、先鋒を放棄。
爆拳が陣を上から目線で注意するが陣に睨みつけられ尻込みし、その不穏な雰囲気もあってか、画魔が自ら先鋒に名乗り出た。
顔に化粧を施す「戦闘の粧」と、蔵馬の動きを封じる「獄錠の粧」で蔵馬を捕縛するが、蔵馬が髪でローズウィップを使い重傷を受ける。
蔵馬にはもう戦うなと言われるが、仲間の勝利のために傷口から流れる血で「念縛封呪の粧」を使い、蔵馬の妖気を封じ絶命。
蔵馬からはは「死ぬには惜しい使い手」と評された。

凍矢(とうや)

CV : 松本保典

魔性使いチーム次鋒。
氷を操る妖怪の最上位ランクの呪氷使いで、飛影曰く青龍よりもはるかに格上。
これまで闇の世界のさらにその影で生きてきたため、魔性使いチームのメンバーの中でも「光」への執着が強い。
クールであるが仲間想いの性格で、画魔の死を無駄にしないためにも、連戦の蔵馬に容赦せず攻撃を仕掛ける。
策士な蔵馬の性格を危険視し、氷の粒を散弾銃のように飛ばす必殺技「魔笛霰弾射(まてきさんだんしゃ)」で遠距離攻撃をする。
しかし決定打は与えられず、右手を氷の剣にして接近攻撃に切り替える。
蔵馬はその間自らの体にシマネキ草の種を植えて発芽させており、シマネキ草で作った剣で凍矢の腹部を刺して倒す。
凍矢は自分を殺すように言うが、蔵馬は「君たちが求める光の先にあるものを俺も知りたい」と言って断った。
幽助と陣の戦いが引き分けになった時には、吏将に苦言を言うが原作では口上で沈黙させられ、アニメでは殴られて沈黙させられる。
試合後に鈴駒・酎・陣と共に再登場し、戸愚呂戦の試合を観覧。
魔界統一トーナメントでは、蔵馬の誘いを受けて幻海の元で修行し、S級妖怪にまで成長した。
原作では予選を勝ち抜き、その後何処まで行ったのかは不明。
アニメ版では予選を勝ち抜き、本選一戦目で九浄と戦って敗北。
小兎に片想いされており、「マジでカタくてとっつきにくそうな人なんだけど、本当は優しいんじゃないかって勝手に思ってる」と言われている。
凍矢本人は気づいていない。

爆拳(ばくけん)

hinnketu
hinnketu
@hinnketu

Related Articles関連記事

幽☆遊☆白書(幽遊白書、幽白)の術・必殺技まとめ

『幽☆遊☆白書』とは、冨樫義博による漫画、およびそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品。 主人公である中学生の浦飯幽助は、自動車に轢かれて死にそうになった子どもを助けるために自分が死んでしまうが、霊界の協力で復活することができた。物語は大きく霊界探偵編、暗黒武術会編、魔界の扉編、魔界統一トーナメント編に別れる。特に暗黒武術会編の戸愚呂兄弟との戦い、魔界の扉編では仙水との戦いが人気である。 桑原の霊剣や蔵馬の植物に関する技など個性ある技が多く登場し、幽助の仲間たちも人気がある。

Read Article

幽遊白書の桑原和真は桑田選手・清原選手に影響を及ぼす男だった

冨樫義博の人気マンガ・幽遊白書。主人公である浦飯幽助にライバル心を燃やす、桑原和真という登場人物がいる。彼の名前の由来はプロ野球選手の桑田選手・清原選手であるのだが、名前をもらったはずの桑原が二人の野球選手に影響を及ぼしてしまっていた。にわかには信じられない架空のキャラクターと有名スポーツ選手たちとの奇妙なつながり。それが転じて原作にある変化をもたらした。その解説。

Read Article

レベルE(LEVEL E)のネタバレ解説まとめ

「レベルE」とは1995年から1997年まで週刊少年ジャンプにて掲載された作品で、作者は冨樫義博。前作は幽☆遊☆白書であり、この漫画は冨樫義博の3作目の作品である。 山形県を舞台に、頭は宇宙一切れると称されるが性格が悪いドグラ星のバカ王子を中心に物語が進んでいく。彼に振り回されるのは主に地球人の筒井雪隆、バカ王子の側近のクラフト隊長である。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)のネタバレ解説まとめ

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)とは、1998年から『週刊少年ジャンプ』で連載されている日本の漫画作品。原作は幽遊白書などでお馴染みの冨樫義博。くじら島に住む少年ゴン=フリークスは、居ないと思っていた父親が優秀なハンターであることを知り、強い憧れを抱く。そしてゴンはハンターを目指し、くじら島を旅立つ。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の幻影旅団まとめ

『HUNTER×HUNTER』とは、冨樫義博による漫画作品、及びそれを原作とした映画やアニメなどのメディアミックス作品である。 父親であるジンを探すため、そして憧れていたハンターになるためにゴンは旅に出る。その先で、キルア、クラピカ、レオリオという仲間と出会い、ゴンは様々な冒険を繰り広げる。 『幻影旅団』とは、A級賞金首達が集う盗賊集団である。敵キャラでありながらも個性的な面々が集う幻影旅団は、ファンからも深く愛されている。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の念能力・必殺技まとめ

1998年に連載が開始された冨樫義博氏が描くHUNTER×HUNTER。 くじら島出身の少年、ゴン=フリークスが、父親であるジン=フリークスを追い求める冒険の中での様々な人との出会い成長していく。熱いバトルが繰り広げられる冒険譚である本作品を楽しむためにはかかせない念能力の存在。今回は念能力とは何かをはじめ、登場するキャラクター達の念能力を系統別に解説する。

Read Article

レベルE(LEVEL E)の宇宙人種族まとめ

『レベルE』とは、冨樫義博による宇宙人を題材とした漫画、およびそれを原作としたアニメ作品である。 ある日、天才的な頭脳を持ちながら、人が真剣に悩んだり苦しんだりする姿を見るのが大好きな宇宙人・バカ王子が地球へやって来る。バカ王子は様々な悪戯を繰り広げて周囲の人間を困らせていく。 この作品では様々な宇宙人が地球に来訪している。登場する宇宙人には、冨樫義博らしく綿密でユニークな設定がつけられており、それが人気の要因の1つになっている。

Read Article

目次 - Contents