幽☆遊☆白書(幽遊白書・幽白)のネタバレ解説まとめ

『幽☆遊☆白書』とは、集英社『週刊少年ジャンプ』にて1990年から1994年にかけて連載された冨樫義博によるバトル漫画。1992年からスタジオぴえろによってTVアニメ化され、当時人気を博した。不良少年浦飯幽助は子供をかばって事故死した事をきっかけに霊界探偵となり、師匠・玄海師範の修行を受け、桑原和真、蔵馬、飛影と共に妖怪たちと戦い心身ともに強くなって行く。

その後

幽助は探偵業を復活させ、桑原は進学、蔵馬は中小企業に就職し、飛影は軀の所で魔界に迷い込んだ人間を助ける役割を担っていた。
霊界では閻魔大王が人間界で起こした妖怪の事件を水増し、悪さをする妖怪を取り締まるという名目で人間界を霊界の領土として扱おうとしていた事をコエンマに告発される。
この事に加え、魔界は煙鬼によって人間に迷惑をかけないというルールが作られ、殆どの妖怪がそれを守っているため、霊界は界境トンネルにある結界を解いた。
しかし結界を無くした事に反感を覚える霊界人によるクーデターが起こり、霊界では立てこもり事件が起こる。
幽助はその事件解決のために借り出され、クーデター犯たちを倒し、彼らの作った爆弾解除を一人買って出た。
爆弾は最後に赤と青の銅線どちらかを切る事で解除できる仕掛けであった。
どちらを切って良いか迷っていると、プーが現れた。
プーは突然喋り出し、幽助を励ます。
その声は玄海のものだった。
コエンマも幽助から見えない影で待機しており、幽助と運命を共にする覚悟でいた。
幽助が選んだのは螢子の好きな色の青で、見事爆弾解除に成功した。

その後、(原作版では)玄海が亡くなり幽助たちは葬式を開き、幽助・桑原・蔵馬・螢子・静流・雪菜などのメンバー一同が集まった。
プーに玄海が憑依していたのは、死の間際にいたからであった。
玄海は「自宅周辺の広大な山林を人間と妖怪が共存できるような場所にしてほしい」という遺言を残していた。
葬式後に一同は海へ行き、海水を掛け合って遊び、物語は静かに終わりを迎えた。

原作の最終ページ。

『幽☆遊☆白書』の主な登場人物・キャラクター

renote.jp

主要キャラクター

浦飯 幽助(うらめし ゆうすけ)

CV : 佐々木望

本作の主人公。皿屋敷中学校2年生の14歳。
未成年でありながら喫煙・飲酒・パチンコを嗜み、喧嘩早く短気で、学校に行かず頭も悪い、絵に書いたような不良少年として近所では有名な存在。
しかしある日、子どもを助けて交通事故にあって死亡してしまう。
コエンマから「霊界獣の卵を育てる」という試練を与えられる。
本来は卵が孵化してから復活するはずだったが、肉体と体が長く分離した状態だと元に戻れ亡くなってしまうため、コエンマから急遽「幽助が復活する事を知っている人間から24時間以内に口移しで生命エネルギーを貰わなければならない」という条件を出された。
幽助に口移しを行う事で幽助を救う夢を見た螢子が、口移しを行ったため幽助は無事復活する事ができた。
その後、霊界探偵となり人間界で悪さをする妖怪を退治する任務を任される。
必殺技は霊気を収束させて撃ち抜く『霊丸』。序盤では霊丸は一日一回が限度だったが、幽助が成長していくと威力と限度も上がっていく。
事故死前は敵が多く人望もなく交友関係は狭かったが、復活後は幽助が戦ったり助けたキャラクター達と交流を広げていく。
特に復活後からは気の良い性格が描かれ、破天荒で一本気のある所などが蔵馬・飛影などの数々のキャラクターを惹き付ける。
しかし事故死の原因も子供を救った事にあり、復活の試練でも多くの人を助けたことなどから、元々幽助は困っている人をほおって置けない性格でもある。
桑原とは事故死前からの知り合いで、桑原が一方的にライバル視し勝負を挑み幽助に叩きのめされていた。
しかし桑原に霊感があったことや幽助の死を悲しんでいた事などから腐れ縁になり、お互いに友情を感じるようになっていく。
格闘好きで、憎しみやビジネスではなく心から戦うことを楽しむ傾向があり、対戦者や観戦者にも影響を与えていく。
元々喧嘩三昧の生活をしていたため、戦闘能力は高く、幻海の弟子になってからは二回の修行を経て霊光波動拳の正式継承者となる。
魔界の扉編にて仙水に殺された事で、魔族の子孫であることが発覚し、魔族として覚醒する。
遺伝子上の父親は魔界で非常に強い存在だった雷禅で、雷禅と人間の食脱薬師の女性との間に魔族大隔世(長い年月を経て、何世代も後の子孫に魔族としての遺伝子が誕生する)で出来た子供。
最初の事故死で魔族に覚醒しなかったのは、覚醒に見合うだけの力が足りなかったため。
覚醒時は髪の毛が伸び、体に刺青のような模様が浮かぶ。原作では初覚醒の一回だけこの姿になり、アニメでは黄泉と戦うときにも同じ姿になった。
伸びた髪の毛は蔵馬に切ってもらった。
仙水との戦いの中で体を雷禅に乗っ取られ、仙水とちゃんと戦えなかった事に腹を立てる。
一度人間界に帰るが、魔族になったことにより霊界側からは危険視され、霊界探偵を解雇され、霊界に命を狙われる身となる。
その後魔界へ行き雷禅と対面し、雷禅を越えるために修行をする。
雷禅は長く人間を食べなかったため餓死してしまい、魔界の均衡が崩れそうになるが、幽助がトーナメントを提案・開催し、魔界のあり方が変えていく。
トーナメントでは黄泉と長時間に渡る戦いを行い敗北。その後人間界に戻るが、またトーナメントに出て魔界の頂点を目指す。

桑原 和真(くわばら かずま)

CV : 千葉繁

幽助のケンカ仲間であり腐れ縁。本作のムードメーカー的な存在。
単純だが義理人情に厚く仲間思いで、一方的な暴力は振るわず万引きやカツアゲなどの犯罪もしない主義。
アニメでは原作よりも軽めの性格で、「漢、桑原~!」と口上を言う事が多い。
不良仲間の大久保・桐島・沢村の3人組が親友。
数匹の猫を飼っており、不良にさらわれた猫の永吉を助けるため我を忘れる溺愛ぶりを見せる。
幽助とはライバル関係とされているが、桑原が一方的に絡み叩きのめされ、一話の時点で0勝156敗。
幽助に永吉を助けてもらった事や、幽助の復活に一役買った事など、幽助復活前から出番が多くあり、幽助が霊界探偵になった後も幽助の相棒的な立場として登場。
生まれつき霊感が高く、金縛りにあったり、ジャンケンが強いなどの傾向があった。
幻海に霊感の事を相談しに行き、成り行きで霊光波動拳門下生選考会に出て、武蔵との戦いで霊気の剣『霊剣』を操るようになる。
初めは武蔵の持っていた木刀から剣を生成していたが、パワーアップしていくうちに媒介を必要としなくなる。
次第に霊剣の使い方を覚えて行き、曲がったり伸びたり巨大化させたりなどの応用がきくようになる。
仙水編では仙水たちの求めていた能力「次元刀」の持ち主である事が分かり、攫われてしまう。
また霊力の高さからか他人の意識が流れ込むこともあり、捕らわれた雪菜の過去やドクターイチガキチームの戦士たちの事が流れ込み、彼らを救う。
蔵馬に対しては初めはいけ好かないと思っていたがすぐに打ち解け、良好な仲を築いている。
飛影とは初めから犬猿の仲で、顔を合わせれば憎まれ口を叩き合ったりしているが、お互いにお互いを認め合ってもいる。
雪菜に一目惚れし、雪菜を救う作戦に参加し、その後も一途に雪菜を守ろうとしている。
雪菜はまだ恋が分からないため桑原との恋愛的な発展はないが、桑原を友人として好ましいとは思っている。
桑原は雪菜救出作戦の際に届けられたコエンマからのビデオを最後まで見なかったため、雪菜が飛影の妹である事は知らず、幽助たちからも良かれと思って隠されている。
主要キャラの中で一番顔が良くないとされており、飛影からは「つぶれた顔」、死々若丸からは「失敗ヅラ」と呼ばれ、ルックスの悪さが公式でネタにされている。
戦闘力では色々な作戦を立てて勝利もするが能力の差で負けることも多々ある。
しかし幽助に叩きのめされ続けてきたからか耐久力は高く、戸愚呂に左胸を刺された際も生還。
このことを飛影は「桑原の防御力が予想以上に高かったんだろう」と語り、蔵馬は「戸愚呂は桑原くんを最初から殺す気はなかったんだと思う」と語った。
また雪菜に応援されるとどんな重傷の傷を負っていても蘇り、愛の力でパワーアップする。
魔界へ続くトンネルを通った際には、B級妖怪から仙水・蔵馬・飛影・桑原の4人が自分達より強いと評価されており、その時点で桑原はA級妖怪相当の強さを持っている。
魔界トーナメント編では人間界に残り猛勉強、元々成績は悪かったが努力の末に骸工大付属高校に補欠合格した。

蔵馬(くらま)/南野秀一(みなみの しゅういち)

CV : 緒方恵美 (妖狐:中原茂)

植物を操る能力を持つ、幽助たちの参謀的な存在の美男子。
進学校・盟王学園高校に通う優等生。
魔界でも有名な伝説の盗賊・妖狐蔵馬が霊界の追手に重傷を負わされ、霊体の状態で人間界へ行き、人間「南野志保利」のお腹に宿っていた子供に憑依し、「南野秀一」として転生。
初めは妖力が戻り次第姿を消すつもりだったが、幼少期に過って割れたガラスに転倒してしまい志保利に庇われ、志保利に怪我を負わせてしまい、罪悪感から側に居続けた。
その後志保利に病気が発覚し、志保利を救うために飛影・剛鬼と共に霊界から宝を盗み出す。
そして宝の一つ「暗黒鏡」を使って自分の命と引き換えに母を助けようとしていた。
この目的を蔵馬から語られた幽助は蔵馬に協力し、幽助と蔵馬の二人分の命で肩代わりした事から蔵馬は命を失わずに済み、志保利も助かった。
その後、一端霊界に捕らわれたが、社会奉仕として幽助たちと共に行動。
飛影とは転生して数年後に出会い、怪我を負っていた飛影を助け、二人で妖怪・八つ手を倒す。
暗黒武術会では、桑原を鍛えパワーアップさせ、浦飯チームの参謀として活躍。
武器は薔薇を鞭にして戦う「薔薇棘鞭刃(ローズ・ウィップ)」、花びらで切り刻む「風華円舞陣(ふうかえんぶじん)」など、植物を変化させたものを使う。
元々魔界の植物を使役する能力を持っていたが、人間の器では魔界の植物を召喚するのに命を引き換えにしなければならない。
裏浦島戦では裏浦島の若返る力のある逆玉手箱で妖狐の姿になり、その後美しい魔闘家鈴木に貰った前世の実を食べた事で、鴉戦でも妖狐の姿になった。
前世の実を食べた影響でその後人間の体に妖狐の力が戻り、魔界の植物を召喚するのに命を掛ける必要が無くなった。
また、前世の実の影響で制御しきれないほど強い敵意を持った時に約50%の確率で妖狐に変身。しかしその度に南野秀一の生命力をかなり削ってしまう。
人間の道徳心と妖怪の戦闘スタイルが融合しており、基本的に戦闘は好まずお人よしで、相手の話を聞き騙されてしまうこともある。
しかし仲間や家族を脅かされると冷徹になり、蔵馬と闘った相手は悲惨な死を迎える事が多く、飛影からは「最も敵にしたくない奴」「敵対する者に対しての残虐さはオレ以上」と言われている。
基本的には人間・南野秀一として生きており、高校卒業後は義父の経営する中小企業に就職。
桑原の同級生に女性と間違えられた事で、本人はそれをとても気にしている。
妖狐の頃は盗賊団の総長をしており、性格は極悪非道且つ冷静沈着。
副総長の黄泉を見限り、刺客を使って殺害しようとし、黄泉は生き延びたがこの事によって視力を失った。
人間である蔵馬よりも戦闘力は高く、人間と融合する前はA級妖怪、最終的にはS級妖怪になった。

飛影(ひえい)

CV : 檜山修之

幽助の戦友で、魔界の炎を操る「邪王炎殺拳」の使い手。
母親は妖怪・氷女の「氷菜」で、「雪菜」は双子の妹。
氷女は100年に一度一人で子供(女のみ)を生むが、男性と交わると男の赤子が生まれ、凶悪な性格に育つといわれている。
氷菜が男と交わってはいけないという氷女の掟を破り生まれたのが飛影。
赤子の状態で母の氷泪石を握らされ、天空にある氷河の国から魔界の森へ落とされた。
氷泪石とは氷女の涙が結晶化した宝石で、とても価値が高く、持っていると浄化作用がある。
氷女は生んだ子供に自分(母親)の氷泪石を一つ持たせるという風習がある。
飛影は盗賊に拾われ、5歳でA級妖怪になり、何処にあるか分からない故郷を探し出し、氷女たちを皆殺しにすることと、妹に会う事が生きる目標となる。
氷泪石を見ていると浄化作用により心が安らかになったが、油断から氷泪石を落として失くしてしまう。
故郷を探す事と氷泪石を探すために第三の目・邪眼を移植する手術を受け、手術後にはD級まで妖力が低下する。
その後氷河の国を見つけるが、母・氷菜は既に他界しており、氷女たちが暗くいじけた雰囲気であったため復讐を頓挫。
母の友人・泪から雪菜が人間界へ行ったという話を聞き、人間界に雪菜を探しに行く。
雪菜を食べた可能性のある八つ手と闘うが怪我を負い、それを蔵馬に助けられ、二人で八つ手を倒し、蔵馬と行動を共にするようになる。
その後、蔵馬・剛鬼と共に霊界から宝を盗み、降魔の剣を持つ。
本作の初登場はこの降魔の剣を持ちはじめた頃で、この頃はキャラクター設定が定まっていなかったのかは不明だが、饒舌で雑魚っぽい台詞を言っていた。
幽助に倒され霊界に捕まり、四聖獣編から幽助たちの仲間となり、この頃からはその後の飛影のイメージであるクールで憎まれ口をきくキャラクターとなった。
雪菜編で飛影と雪菜の関係が明かされ、雪菜に対してはぶっきらぼうではあるが兄としての気遣いや優しさを見せている。
暗黒武道会編では戦い方が邪王炎殺拳を用いたものになっており、炎殺黒龍波を極めてから右手に黒龍の痣があり、包帯(忌呪帯法)を巻いている。
武道会では無敗で、武威との戦いでは黒龍波を"喰らう"ことで爆発的な力を発揮している。しかし体力の消耗が激しく、使用後は約六時間の深い眠りが必要。
優勝した際に願うつもりだったのは「この大会に二度と呼ばれないために、大会の黒幕全員の抹殺」であったが、これは既に戸愚呂によって行われており、優勝する前から希望は叶っていた。
暗黒武術会終了したあたりで、階級はB級の中位くらいになったとされている。
仙水編では城戸たちに幽助が捕まった事を聞くが、幽助の不甲斐なさに呆れて同行を拒む。
しかし蔵馬から能力者の話を聞いたり、ぼたんから協力すれば霊界の監視下から外すといわれて同行。
その後は魔界に帰ると言って同行しなかったが、刃霧に苦戦する幽助を助け、幽助に活を入れた。
幽助から「欲しがっている黒の章(人間が行った犯罪で最も残酷で非道な物が何万時間も収められた犯罪録)と引き換えに桑原を助け出すまでで良いから手を貸してほしい」と言われ、仙水たちとの戦いに参加。
幽助が仙水に殺された怒りの衝動でB級からA級に上がり、幽助の弔い合戦として桑原・妖狐・コエンマたちと共に魔界で仙水と死闘を繰り広げた。
本当はそのままビデオ(黒の章)を貰い魔界に居残る予定でったが、戦闘で黒龍波を喰って寝ており、目が覚めたら人間界に戻されてしまっていた。
魔界トーナメント編では軀にスカウトされ魔界へ帰り、その際に雪菜から雪菜の氷泪石を預かる。
故郷を探し出し雪菜も探し出した今、失くした氷泪石を探すのが最後の目標であった飛影。
雪菜から預かったのは自分が失くしたものではなく雪菜の氷泪石であることは分かりつつも、生きる意味を見失ってしまう。
虚無感から死に場所を求め、軀の要塞で時雨と戦い相打ちになって死ぬ道を選んだ。
しかし軀によって蘇生され、その時に軀は飛影の記憶に触れ、変わりに軀は飛影に自分の真の姿と記憶を見せた。
飛影の氷泪石は軀が拾っており、時雨と闘った褒美として飛影に返還された。
トーナメント終了後は敗者として軀の下で魔界パトロールをし、魔界に迷い込んだ人間を救っている。
軀の誕生日には、蔵馬からヒトモドキという植物を調達してもらい、軀の父・痴皇にヒトモドキを寄生させ、植木鉢にして軀にプレゼントした。
軀は痴皇から受けた性暴力により年に一度欝になってしまうため、脳を破壊しない限り生き続ける痴皇を好きなだけ屠る機会を与え、軀の心を救った。
軀が過去に受けた性暴力の記憶はアニメ版ではカットされ、変わりにオリジナルエピソードとして魔界統一トーナメントで飛影が軀との戦いの中で軀の憎しみを解放し、過去の呪縛から救った。

幻海(げんかい)

CV : 京田尚子 (肉体全盛期:林原めぐみ)

毒舌で不遜、偽善行為が嫌いな70歳前後の女性。
武術・霊光波動拳の師範であり、幽助の師匠。
70歳前後の年齢であるが、霊波動で霊力を高め細胞を活性化することで一時的に肉体を全盛期まで若返らせることができる。
その頃の姿は人間も妖怪も見惚れる美少女で、作中でも死々若丸と戸愚呂兄がその容姿に惚れたと言っている。
武道の他にも読唇術を心得、ゲームが得意。
師範だけに覇気や威厳は強く、面倒見が良く思いやりのある性格。
幽助を罵倒し幽助からも罵倒される事があるが、師弟の絆は深い。
暗黒武術会に覆面をして浦飯チームの一員として参加し、その際は霊波動により若返った姿で登場。
幽助にも正体を明かしていなかったが、準決勝前に幽助に正体を明かし霊光波動拳の継承者の証である霊光玉を幽助に伝授。
霊光玉を幽助に渡した事で霊力を大量に消耗し、準決勝で死々若丸との戦いでは老いた姿で登場し、幻海に死刑と野次を飛ばす者や不正ではないかと戸惑う者で会場はざわめくが、戸愚呂が幻海は霊波動で若返る事が出来ると説明。
死々若丸と美しい魔闘家鈴木と連戦するが両方に勝利。武術会では飛影と同じく無敗。
その後、決勝前に幽助に霊光波動拳の奥義を伝授し、試合外で戸愚呂と戦いに挑む。
しかし80%の戸愚呂に成す統べなく敗北し、幽助に看取られて死亡。
実は、幻海は50年前の暗黒武術会に戸愚呂弟と共にゲスト出場しており、戸愚呂とは恋人未満の仲であった。
自分ではもう自分を止められない戸愚呂を止めるために幽助が戸愚呂に勝利する事を望んでいた。
幻海の遺体は戸愚呂がコエンマに「浦飯チームが優勝したときの願いは幻海の復活だろう」と言ったため冷凍保存され、予測通り浦飯チームの願いとして幻海は復活。
仙水編では幽助たちの相談役として活躍。
魔界統一トーナメントでは蔵馬の依頼で、酎・鈴駒・陣・凍矢・死々若丸・鈴木を指導し、彼らをS級まで引き上げた。
その後、霊界で起きた審判の門事件直後に死亡し、幽助たちの手で葬式が行われ、「自宅周辺の広大な山林を人間と妖怪が共存できるような場所にしてほしい」という遺言を残す。
アニメでは最終回の時点で存命で、原作と同じ遺言を桑原たちに伝えた。

霊界関係者

ぼたん

hinnketu
hinnketu
@hinnketu

Related Articles関連記事

幽☆遊☆白書(幽遊白書、幽白)の術・必殺技まとめ

『幽☆遊☆白書』とは、冨樫義博による漫画、およびそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品。 主人公である中学生の浦飯幽助は、自動車に轢かれて死にそうになった子どもを助けるために自分が死んでしまうが、霊界の協力で復活することができた。物語は大きく霊界探偵編、暗黒武術会編、魔界の扉編、魔界統一トーナメント編に別れる。特に暗黒武術会編の戸愚呂兄弟との戦い、魔界の扉編では仙水との戦いが人気である。 桑原の霊剣や蔵馬の植物に関する技など個性ある技が多く登場し、幽助の仲間たちも人気がある。

Read Article

幽遊白書の桑原和真は桑田選手・清原選手に影響を及ぼす男だった

冨樫義博の人気マンガ・幽遊白書。主人公である浦飯幽助にライバル心を燃やす、桑原和真という登場人物がいる。彼の名前の由来はプロ野球選手の桑田選手・清原選手であるのだが、名前をもらったはずの桑原が二人の野球選手に影響を及ぼしてしまっていた。にわかには信じられない架空のキャラクターと有名スポーツ選手たちとの奇妙なつながり。それが転じて原作にある変化をもたらした。その解説。

Read Article

レベルE(LEVEL E)のネタバレ解説まとめ

「レベルE」とは1995年から1997年まで週刊少年ジャンプにて掲載された作品で、作者は冨樫義博。前作は幽☆遊☆白書であり、この漫画は冨樫義博の3作目の作品である。 山形県を舞台に、頭は宇宙一切れると称されるが性格が悪いドグラ星のバカ王子を中心に物語が進んでいく。彼に振り回されるのは主に地球人の筒井雪隆、バカ王子の側近のクラフト隊長である。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)のネタバレ解説まとめ

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)とは、1998年から『週刊少年ジャンプ』で連載されている日本の漫画作品。原作は幽遊白書などでお馴染みの冨樫義博。くじら島に住む少年ゴン=フリークスは、居ないと思っていた父親が優秀なハンターであることを知り、強い憧れを抱く。そしてゴンはハンターを目指し、くじら島を旅立つ。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の幻影旅団まとめ

『HUNTER×HUNTER』とは、冨樫義博による漫画作品、及びそれを原作とした映画やアニメなどのメディアミックス作品である。 父親であるジンを探すため、そして憧れていたハンターになるためにゴンは旅に出る。その先で、キルア、クラピカ、レオリオという仲間と出会い、ゴンは様々な冒険を繰り広げる。 『幻影旅団』とは、A級賞金首達が集う盗賊集団である。敵キャラでありながらも個性的な面々が集う幻影旅団は、ファンからも深く愛されている。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の念能力・必殺技まとめ

1998年に連載が開始された冨樫義博氏が描くHUNTER×HUNTER。 くじら島出身の少年、ゴン=フリークスが、父親であるジン=フリークスを追い求める冒険の中での様々な人との出会い成長していく。熱いバトルが繰り広げられる冒険譚である本作品を楽しむためにはかかせない念能力の存在。今回は念能力とは何かをはじめ、登場するキャラクター達の念能力を系統別に解説する。

Read Article

レベルE(LEVEL E)の宇宙人種族まとめ

『レベルE』とは、冨樫義博による宇宙人を題材とした漫画、およびそれを原作としたアニメ作品である。 ある日、天才的な頭脳を持ちながら、人が真剣に悩んだり苦しんだりする姿を見るのが大好きな宇宙人・バカ王子が地球へやって来る。バカ王子は様々な悪戯を繰り広げて周囲の人間を困らせていく。 この作品では様々な宇宙人が地球に来訪している。登場する宇宙人には、冨樫義博らしく綿密でユニークな設定がつけられており、それが人気の要因の1つになっている。

Read Article

目次 - Contents